最新のレシピ

私は魚を調理する方法を学ぶためにCIAブートキャンプに行きました

私は魚を調理する方法を学ぶためにCIAブートキャンプに行きました


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

NS カリナリーインスティテュートオブアメリカ ニューヨーク州ハイドパークにある(CIA)は、米国で最も評価の高い料理学校の1つです。多くの今有名な名前— アンソニー・ボーディン, チャーリーパーマー, キャットコーラ, ダフゴールドマン, マイケル・サイモン、 と グラント・アハッツ、いくつか例を挙げると、学校から若い希望者として現れ、大きな成功を収めています。

この血統のおかげで、私はシーフードを専門とする2日間の料理の「ブートキャンプ」クラスのために学校に通う機会に飛びつきました。 (他の2人の幸運な学生が Vosswater主催のコンテスト デイリーミールと組み合わせて。)

ブートキャンプは、研究所の一連の 食品愛好家プログラム、意欲的な料理人に、専門職学位を取得せずに大学の幅広い専門知識から学ぶ機会を提供します。ブートキャンプは、CIAのニューヨーク、カリフォルニア、テキサスのキャンパスで提供されており、長さは2日から5日です。基本的な料理のテクニック、農場から食卓までの練習、ペストリーのベーキングなど、さまざまなテーマをカバーしており、定期的に新しいトピックが追加され、「最高のブートキャンプ」クラスも利用できます。

私がいた前に 料理 ここTheDaily Mealの編集者で、私はプロのキッチンで10年近く働いていました。ガルドマンジェから人気のアプリ、パスタ、ローストまで、料理の世界に飛び込む前に、料理人やスーシェフとして駅ごとに仕事をしていました。しかし、プロとしての料理のすべての年で、私は実際に料理学校やいかなる種類の料理教室にも通ったことがありません。 CIAのハイドパークキャンパスに到着したとき、私は何を期待するのか分かりませんでした。

1日目

ハドソン川沿いの快適な電車の旅の後、仲間の学生と私は、コース全体を通してグループに残ったCIAの食品愛好家プログラムのマネージャーであるLorrie Gierloffに温かく迎えられ、料理以外の質問に答えてくれました。

ロリーは私たちを教室に連れて行き、そこでシェフのコートとチェックのズボンを渡されました。 折りたたまれたトーク帽、ネッカチーフ、健康法に準拠したCIAウォーターボトル、CIAペン、および次の40時間にわたって準備、調理、メッキされるレシピが満載のCIAバインダー。ユニフォームに着替えた後、シェフのインストラクター、デビッド・ブルーノに会いました。簡単な紹介とさまざまな調理技術に関する25分間のPowerPointプレゼンテーションの後、クラスは4つのグループに分かれ、キッチンに向かいました。

私たちの ミセエンプレイス まな板、牛刀、ペアリングナイフ、サイドタオルなどがすでに用意されており、すぐに使用できます。クラスのこの時点から、生徒たちは意外にも自分のデバイスに任せられました。シェフのブルーノは、魚を分解するためのさまざまなテクニックをデモしました。 生きているアカザエビを殺す サーモンの皮をむきましたが、クラス全体を通して、生徒は基本的に自分でタスクを実行することが期待されていたため、一部の生徒は少し慌てていました。

すべての料理が調理され、メッキされたら(予定より約40分遅れて)、私たちは皆座って食べました。食べ物は美しく見え、そのような印象的なスプレッドが学生によって調理されたことを知って興奮しました。学生の多くは、ほんの数時間前にクラブケーキよりも複雑なものを調理しようとしたことがなく、労働集約的なものは言うまでもありませんでした。ロブスタービスク(自家製ロブスターストック付き)または甘酸っぱいソースで揚げたサクサクの魚全体。

私たちは食事をし、グラスワインを飲み、各皿を皿ごとに話し合い、何が成功したのか、そして何が間違いを救うことができたのかを判断しました。

2日目

Lorrie Gierloffと一緒に学校を見学した後、学校のレストランの1つであるBocuseで昼食をとりました。そこでは、生徒は家の裏側(料理)と家の前側(サービス)の両方で2年生を終えました。

料理はまともで、料理学校に期待するものと同じでした。革新よりも技術に重点を置いたクラシックな料理で、おいしいが新しいものは何もありませんでした。前日に受講したクラスと、その日の午後のクラスへの期待について、生徒たちの間で話し合いが行われました。ブートキャンプの学生の多くは、私たちが調理することが期待されていたレシピの複雑さに少し圧倒されていました。彼らは主に、2日間で、簡単な魚の準備についての理解を深めることを望んでサインアップしていました。代わりに、シーフードソーセージを使ったパエリアデヴェルデュラス、カレールバーブを使ったハケフィレ、コキーユサンジャックを作っていることに気づきました。それでも、初心者の家庭料理人がディナーパーティーのために用意したいと思うようなシンプルな料理ではありませんでした。

ブートキャンプは、短時間で大量の資料をカバーします。これは理にかなっています。それ 結局のところ「ブートキャンプ」と呼ばれていましたが、最初のセッションでは、主にクラスの自由形式のために、神経質な視線と躊躇がたくさんあったようでした。学生は自分たちをグループに分け、 以内に それらのグループは、自分たちが調理したいレシピを自分たちに割り当てます。これは、自分が何を料理したいのか、何を料理したくないのかを知っている人にとっては問題ありませんが、料理の知識がほとんどまたはまったくない人にとっては、少し怖いかもしれません。

昼食後、それはチョッピングブロックに戻った。

今回は不安を感じながらも、生徒たちは自信を持ってキッチンを動き回り、道具や食材がどこにあるのかを知り、目的意識と楽しさを持って取り組んでいました。前日とは異なり、私たちは時間通りに夕食/批評に腰を下ろしました。食べ物は素晴らしくて美味しかったです(私はほとんどすべてに塩を加えたことを認めなければなりませんが)そして誰もがおしゃべりしたり、ワインを飲んだり、過去2日間があっという間に過ぎたという事実を振り返ったりして楽しい時間を過ごしました。

肉体的にも精神的にも要求が厳しく、負担がかかるのは、ブートキャンプの性質です。苦労は今のところとてもリアルに感じるかもしれませんが、経験が終わり、ミッションが完了すると、達成された知識と新しい理解の量がようやく明らかになります。新たに発見された自信と自分への信仰を植え付けるのは、(今のところとても疲れているように見えるかもしれない)行使された努力です。料理において、家庭料理人と専門家が料理の知識を追求する上で同様に前進することができるのは、まさにそのような恐れを知らないことと砂利です。

いよいよ卒業の時です!私たちは、仲間の学生から証明書と拍手喝采を受け取るために、一人ずつ呼び出されました。素晴らしい気分でした。コースの途中で不安を感じていたにも関わらず、私たちはあっという間にブートキャンプを通り抜け、陽気で達成感のある反対側に出てきました。

夕食が終わると私たちは皆別れ、各生徒は信じられないほどおいしい箱を持って出発しました クッキー 電車の中で吸い込んだ家に持ち帰り、その夜マンハッタンに戻った。

デイジーニコルズは、デイリーミールの料理編集者です。彼女はパスタを作ったり、クンツスプーンを手に入れたり、猫のマーリンと寄り添ったりするのが大好きです。 Instagram @ bestbirdで彼女をフォローできます。


It&#8217sFoodTime!

今日は5時間の夜の後早く始まり、授業の前にコーヒーを飲む時間はありませんでした。予定された開始時間の10分ほど後に現れるカリフォルニア全体のことは、CIAでのやり方ではないことは明らかです。私は3分遅れて、クラスの最後の人でした–西海岸のクラスでは決して起こらなかったでしょう!コーヒーの状況を考えると、カフェインの状況が最終的に修正された午前8時15分より前に起こったことはあまり覚えていません。

私たちは朝、チームで昼食を作って過ごしました。私たちのチームは主なタンパク質としてグリルサーモンを割り当てられ、他のチームはローストチキン、ポークチョップ、ローストビーフ、ショートリブを持っていました。料理は美味しくて見た目も良かったです! CIAのキッチンには肉を焦がすための大きなグリルがあり、インストラクターが鮭の塊でグリルをデモしたので、私は簡単だと思いました。私がする必要があるのは彼をコピーすることだけでしたね?それらのグリルは暑い日の太陽の表面のようなものであることがわかりました!馬鹿のように、私は魚をグリルに戻す方法の約2/3に置き、手が調理し始めるのを感じながら魚を回すために火山の熱に手を伸ばさなければならないことを確認しました。また、鮭は太陽の表面に当たると約3分で調理されることがわかり、グリルマークを付けるために90度回転させてから、両面を調理するために裏返しにする必要がありました。完全な混乱–焦げた手、壊れた魚、そして学んだ教訓。手始めに、長いヘラを使用してください!

昼食後、ワインの試飲(ウーフー!)とフードサービスの経済学の概要。フランス、イタリア、アメリカのワインを味わいました。卸売価格はすべて20ドル未満でした。当然のことながら、オレゴンのピノ・グリとナパのジンファンデルが断然最高だと思いました。 2005年のStorybookZinを20ドルの卸売りでメモしてください–素晴らしいワインです!

また、米国の外食産業(レストランなど)が毎年5,000億ドルの収益を上げていることも知りました。そして、何を推測しますか?マクドナルドは5%で最大のシェアを持っています!最も急成長しているセグメントの1つは、アップルビーズ、オリーブガーデン、アウトバックステーキハウスなど、幅広いメニューとボリュームのあるフルサービスのレストランです。高級レストランは市場のわずか0.6%を占めています!また、マーケティングに関するいくつかの指針を得ました。たとえば、「Scottish Organic Salmon」は、実際には昔ながらの大西洋で養殖されたサーモンです。かなり滑らか…

もう1つのヒント:スターバックスとサブウェイは、フルキッチンを設置したり料理人を雇ったりすることなく、温かい料理を提供できる新しい調理技術を使用して先駆者です。彼らは、電子レンジ、対流、および空気衝突(熱風のジェット)調理方法を組み合わせた新しい「スーパーオーブン」を使用しています。これらのオーブンは、従来の放射熱オーブンと比較して、文字通りほんのわずかな時間で食品を加熱および調理することができます。

CIAの学生は、料理の詳細を学ぶのに数年を費やすだけでなく、経済学とマーケティングも学ぶ必要があります。たとえば、学生は、収益性の高いレストランを経営するために、顧客数、メニューの複雑さ、スタッフのサイズ、および必要なメニュー価格の間の経済的関係を理解することが期待されます。私は、レストランを経営することは見た目よりもはるかに難しいと結論付けました。消費者の嗜好の変化もキャンパスに反映されており、CIAのフランス料理店と現代料理店は段階的に廃止され、アジア料理とラテン料理をテーマにしたレストランに置き換わる予定です。

ついに、その日は終わりに近づいています…元気を取り戻すためのエスプレッソ、土産物店での時間、そしてキャンパスのセントアンドリューズカフェでの有能で平穏な夕食、そしてそれは終わりです! (ちなみに、夕食には、非常に上質なマッシュルームスープと、今回は火と戦う必要のない別のサーモンを選びました。!)


It&#8217sFoodTime!

今日は5時間の夜の後早く始まり、授業の前にコーヒーを飲む時間はありませんでした。予定された開始時間の10分ほど後に現れるカリフォルニア全体のことは、CIAでのやり方ではないことは明らかです。私は3分遅れて、クラスの最後の人でした–西海岸のクラスでは決して起こらなかったでしょう!コーヒーの状況を考えると、カフェインの状況が最終的に修正された午前8時15分より前に起こったことはあまり覚えていません。

私たちは朝、チームで昼食を作って過ごしました。私たちのチームは主なタンパク質としてグリルサーモンを割り当てられ、他のチームはローストチキン、ポークチョップ、ローストビーフ、ショートリブを持っていました。料理は美味しくて見た目も良かったです! CIAのキッチンには肉を焦がすための大きなグリルがあり、インストラクターが鮭の塊でグリルをデモしたので、私は簡単だと思いました。私がする必要があるのは彼をコピーすることだけでしたね?それらのグリルは暑い日の太陽の表面のようなものであることがわかりました!馬鹿のように、私は魚をグリルに戻す方法の約2/3に置き、手が調理し始めるのを感じながら魚を回すために火山の熱に手を伸ばさなければならないことを確認しました。また、鮭は太陽の表面に当たると約3分で調理されることがわかり、グリルマークを付けるために90度回転させてから、両面を調理するために裏返しにする必要がありました。完全な混乱–焦げた手、壊れた魚、そして学んだ教訓。手始めに、長いヘラを使用してください!

昼食後、ワインの試飲(ウーフー!)とフードサービスの経済学の概要。フランス、イタリア、アメリカのワインを味わいました。卸売価格はすべて20ドル未満でした。当然のことながら、オレゴンのピノ・グリとナパのジンファンデルが断然最高だと思いました。 2005年のStorybookZinを20ドルの卸売りでメモしてください–素晴らしいワインです!

また、米国の外食産業(レストランなど)が毎年5,000億ドルの収益を上げていることも知りました。そして、何を推測しますか?マクドナルドは5%で最大のシェアを持っています!最も急成長しているセグメントの1つは、アップルビーズ、オリーブガーデン、アウトバックステーキハウスなど、幅広いメニューとボリュームのあるフルサービスのレストランです。高級レストランは市場のわずか0.6%を占めています!また、マーケティングに関するいくつかの指針を得ました。たとえば、「Scottish Organic Salmon」は、実際には昔ながらの大西洋で養殖されたサーモンです。かなり滑らか…

もう1つのヒント:スターバックスとサブウェイは、フルキッチンを設置したり料理人を雇ったりすることなく、温かい料理を提供できる新しい調理技術を使用して先駆者です。彼らは、電子レンジ、対流、および空気衝突(熱風のジェット)調理方法を組み合わせた新しい「スーパーオーブン」を使用しています。これらのオーブンは、従来の放射熱オーブンと比較して、文字通りほんのわずかな時間で食品を加熱および調理することができます。

CIAの学生は、料理の詳細を学ぶのに数年を費やすだけでなく、経済学とマーケティングも学ぶ必要があります。たとえば、学生は、収益性の高いレストランを経営するために、顧客数、メニューの複雑さ、スタッフのサイズ、および必要なメニュー価格の間の経済的関係を理解することが期待されます。私は、レストランを経営することは見た目よりもはるかに難しいと結論付けました。消費者の嗜好の変化もキャンパスに反映されており、CIAのフランス料理店と現代料理店は段階的に廃止され、アジア料理とラテン料理をテーマにしたレストランに置き換わる予定です。

ついに、その日は終わりに近づいています…元気を取り戻すためのエスプレッソ、土産物店での時間、そしてキャンパスのセントアンドリューズカフェでの有能で平穏な夕食、そしてそれは終わりです! (ちなみに、夕食には、非常に上質なマッシュルームスープと、今回は火と戦う必要のない別のサーモンを選びました。!)


It&#8217sFoodTime!

今日は5時間の夜の後早く始まり、授業の前にコーヒーを飲む時間はありませんでした。予定された開始時間の10分ほど後に現れるカリフォルニア全体のことは、CIAでのやり方ではないことは明らかです。私は3分遅れて、クラスの最後の人でした–西海岸のクラスでは決して起こらなかったでしょう!コーヒーの状況を考えると、カフェインの状況が最終的に修正された午前8時15分より前に起こったことはあまり覚えていません。

私たちは朝、チームで昼食を作って過ごしました。私たちのチームは主なタンパク質としてグリルサーモンを割り当てられ、他のチームはローストチキン、ポークチョップ、ローストビーフ、ショートリブを持っていました。料理は美味しくて見た目も良かったです! CIAのキッチンには肉を焦がすための大きなグリルがあり、インストラクターが鮭の塊でグリルをデモしたので、私は簡単だと思いました。私がする必要があるのは彼をコピーすることだけでしたね?それらのグリルは暑い日の太陽の表面のようなものであることがわかりました!馬鹿のように、私は魚をグリルに戻す方法の約2/3に置き、手が調理し始めるのを感じながら魚を回すために火山の熱に手を伸ばさなければならないことを確認しました。また、鮭は太陽の表面に当たると約3分で調理されることがわかり、グリルマークを付けるために90度回転させてから、両面を調理するために裏返しにする必要がありました。完全な混乱–焦げた手、壊れた魚、そして学んだ教訓。手始めに、長いヘラを使用してください!

昼食後、ワインの試飲(ウーフー!)とフードサービスの経済学の概要。フランス、イタリア、アメリカのワインを味わいました。卸売価格はすべて20ドル未満でした。当然のことながら、オレゴンのピノ・グリとナパのジンファンデルが断然最高だと思いました。 2005年のStorybookZinを20ドルの卸売りでメモしてください–素晴らしいワインです!

また、米国の外食産業(レストランなど)が毎年5,000億ドルの収益を上げていることも知りました。そして、何を推測しますか?マクドナルドは5%で最大のシェアを持っています!最も急成長しているセグメントの1つは、アップルビーズ、オリーブガーデン、アウトバックステーキハウスなど、幅広いメニューとボリュームのあるフルサービスのレストランです。高級レストランは市場のわずか0.6%を占めています!また、マーケティングに関するいくつかの指針を得ました。たとえば、「Scottish Organic Salmon」は、実際には昔ながらの大西洋で養殖されたサーモンです。かなり滑らか…

もう1つのヒント:スターバックスとサブウェイは、フルキッチンを設置したり料理人を雇ったりすることなく、温かい料理を提供できる新しい調理技術を使用して先駆者です。彼らは、電子レンジ、対流、および空気衝突(熱風のジェット)調理方法を組み合わせた新しい「スーパーオーブン」を使用しています。これらのオーブンは、従来の放射熱オーブンと比較して、文字通りほんのわずかな時間で食品を加熱および調理することができます。

CIAの学生は、料理の詳細を学ぶのに数年を費やすだけでなく、経済学とマーケティングも学ぶ必要があります。たとえば、学生は、収益性の高いレストランを経営するために、顧客数、メニューの複雑さ、スタッフのサイズ、および必要なメニュー価格の間の経済的関係を理解することが期待されます。私は、レストランを経営することは見た目よりもはるかに難しいと結論付けました。消費者の嗜好の変化もキャンパスに反映されており、CIAのフランス料理店と現代料理店は段階的に廃止され、アジア料理とラテン料理をテーマにしたレストランに置き換わる予定です。

ついに、その日は終わりに近づいています…元気を取り戻すためのエスプレッソ、土産物店での時間、そしてキャンパスのセントアンドリューズカフェでの有能で平穏な夕食、そしてそれは終わりです! (ちなみに、夕食には、非常に上質なマッシュルームスープと、今回は火と戦う必要のない別のサーモンを選びました。!)


It&#8217sFoodTime!

今日は5時間の夜の後早く始まり、授業の前にコーヒーを飲む時間はありませんでした。予定された開始時間の10分ほど後に現れるカリフォルニア全体のことは、CIAでのやり方ではないことは明らかです。私は3分遅れて、クラスの最後の人でした–西海岸のクラスでは決して起こらなかったでしょう!コーヒーの状況を考えると、カフェインの状況が最終的に修正された午前8時15分より前に起こったことはあまり覚えていません。

私たちは朝、チームで昼食を作って過ごしました。私たちのチームは主なタンパク質としてグリルサーモンを割り当てられ、他のチームはローストチキン、ポークチョップ、ローストビーフ、ショートリブを持っていました。料理は美味しくて見た目も良かったです! CIAのキッチンには肉を焦がすための大きなグリルがあり、インストラクターが鮭の塊でグリルをデモしたので、私は簡単だと思いました。私がする必要があるのは彼をコピーすることだけでしたね?それらのグリルは暑い日の太陽の表面のようなものであることがわかりました!馬鹿のように、私は魚をグリルに戻す方法の約2/3に置き、手が調理し始めるのを感じながら魚を回すために火山の熱に手を伸ばさなければならないことを確認しました。また、鮭は太陽の表面に当たると約3分で調理されることがわかり、グリルマークを付けるために90度回転させてから、両面を調理するために裏返しにする必要がありました。完全な混乱–焦げた手、壊れた魚、そして学んだ教訓。手始めに、長いヘラを使用してください!

昼食後、ワインの試飲(ウーフー!)とフードサービスの経済学の概要。フランス、イタリア、アメリカのワインを味わいました。卸売価格はすべて20ドル未満でした。当然のことながら、オレゴンのピノ・グリとナパのジンファンデルが断然最高だと思いました。 2005年のStorybookZinを20ドルの卸売りでメモしてください–素晴らしいワインです!

また、米国の外食産業(レストランなど)が毎年5,000億ドルの収益を上げていることも知りました。そして、何を推測しますか?マクドナルドは5%で最大のシェアを持っています!最も急成長しているセグメントの1つは、アップルビーズ、オリーブガーデン、アウトバックステーキハウスなど、幅広いメニューとボリュームのあるフルサービスのレストランです。高級レストランは市場のわずか0.6%を占めています!また、マーケティングに関するいくつかの指針を得ました。たとえば、「Scottish Organic Salmon」は、実際には昔ながらの大西洋で養殖されたサーモンです。かなり滑らか…

もう1つのヒント:スターバックスとサブウェイは、フルキッチンを設置したり料理人を雇ったりすることなく、温かい料理を提供できる新しい調理技術を使用して先駆者です。彼らは、電子レンジ、対流、および空気衝突(熱風のジェット)調理方法を組み合わせた新しい「スーパーオーブン」を使用しています。これらのオーブンは、従来の放射熱オーブンと比較して、文字通りほんのわずかな時間で食品を加熱および調理することができます。

CIAの学生は、料理の詳細を学ぶのに数年を費やすだけでなく、経済学とマーケティングも学ぶ必要があります。たとえば、学生は、収益性の高いレストランを経営するために、顧客数、メニューの複雑さ、スタッフのサイズ、および必要なメニュー価格の間の経済的関係を理解することが期待されます。私は、レストランを経営することは見た目よりもはるかに難しいと結論付けました。消費者の嗜好の変化もキャンパスに反映されており、CIAのフランス料理店と現代料理店は段階的に廃止され、アジア料理とラテン料理をテーマにしたレストランに置き換わる予定です。

ついに、その日は終わりに近づいています…元気を取り戻すためのエスプレッソ、土産物店での時間、そしてキャンパスのセントアンドリューズカフェでの有能で平穏な夕食、そしてそれは終わりです! (ちなみに、夕食には、非常に上質なマッシュルームスープと、今回は火と戦う必要のない別のサーモンを選びました。!)


It&#8217sFoodTime!

今日は5時間の夜の後早く始まり、授業の前にコーヒーを飲む時間はありませんでした。予定された開始時間の10分ほど後に現れるカリフォルニア全体のことは、CIAでのやり方ではないことは明らかです。私は3分遅れて、クラスの最後の人でした–西海岸のクラスでは決して起こらなかったでしょう!コーヒーの状況を考えると、カフェインの状況が最終的に修正された午前8時15分より前に起こったことはあまり覚えていません。

私たちは朝、チームで昼食を作って過ごしました。私たちのチームは主なタンパク質としてグリルサーモンを割り当てられ、他のチームはローストチキン、ポークチョップ、ローストビーフ、ショートリブを持っていました。料理は美味しくて見た目も良かったです! CIAのキッチンには肉を焦がすための大きなグリルがあり、インストラクターが鮭の塊でグリルをデモしたので、私は簡単だと思いました。私がする必要があるのは彼をコピーすることだけでしたね?それらのグリルは暑い日の太陽の表面のようなものであることがわかりました!馬鹿のように、私は魚をグリルに戻す方法の約2/3に置き、手が調理し始めるのを感じながら魚を回すために火山の熱に手を伸ばさなければならないことを確認しました。また、鮭は太陽の表面に当たると約3分で調理されることがわかり、グリルマークを付けるために90度回転させてから、両面を調理するために裏返しにする必要がありました。完全な混乱–焦げた手、壊れた魚、そして学んだ教訓。手始めに、長いヘラを使用してください!

昼食後、ワインの試飲(ウーフー!)とフードサービスの経済学の概要。フランス、イタリア、アメリカのワインを味わいました。卸売価格はすべて20ドル未満でした。当然のことながら、オレゴンのピノ・グリとナパのジンファンデルが断然最高だと思いました。 2005年のStorybookZinを20ドルの卸売りでメモしてください–素晴らしいワインです!

また、米国の外食産業(レストランなど)が毎年5,000億ドルの収益を上げていることも知りました。そして、何を推測しますか?マクドナルドは5%で最大のシェアを持っています!最も急成長しているセグメントの1つは、アップルビーズ、オリーブガーデン、アウトバックステーキハウスなど、幅広いメニューとボリュームのあるフルサービスのレストランです。高級レストランは市場のわずか0.6%を占めています!また、マーケティングに関するいくつかの指針を得ました。たとえば、「Scottish Organic Salmon」は、実際には昔ながらの大西洋で養殖されたサーモンです。かなり滑らか…

もう1つのヒント:スターバックスとサブウェイは、フルキッチンを設置したり料理人を雇ったりすることなく、温かい料理を提供できる新しい調理技術を使用して先駆者です。彼らは、電子レンジ、対流、および空気衝突(熱風のジェット)調理方法を組み合わせた新しい「スーパーオーブン」を使用しています。これらのオーブンは、従来の放射熱オーブンと比較して、文字通りほんのわずかな時間で食品を加熱および調理することができます。

CIAの学生は、料理の詳細を学ぶのに数年を費やすだけでなく、経済学とマーケティングも学ぶ必要があります。たとえば、学生は、収益性の高いレストランを経営するために、顧客数、メニューの複雑さ、スタッフのサイズ、および必要なメニュー価格の間の経済的関係を理解することが期待されます。私は、レストランを経営することは見た目よりもはるかに難しいと結論付けました。消費者の嗜好の変化もキャンパスに反映されており、CIAのフランス料理店と現代料理店は段階的に廃止され、アジア料理とラテン料理をテーマにしたレストランに置き換わる予定です。

ついに、その日は終わりに近づいています…元気を取り戻すためのエスプレッソ、土産物店での時間、そしてキャンパスのセントアンドリューズカフェでの有能で平穏な夕食、そしてそれは終わりです! (ちなみに、夕食には、非常に上質なマッシュルームスープと、今回は火と戦う必要のない別のサーモンを選びました。!)


It&#8217sFoodTime!

今日は5時間の夜の後早く始まり、授業の前にコーヒーを飲む時間はありませんでした。予定された開始時間の10分ほど後に現れるカリフォルニア全体のことは、CIAでのやり方ではないことは明らかです。私は3分遅れて、クラスの最後の人でした–西海岸のクラスでは決して起こらなかったでしょう!コーヒーの状況を考えると、カフェインの状況が最終的に修正された午前8時15分より前に起こったことはあまり覚えていません。

私たちは朝、チームで昼食を作って過ごしました。私たちのチームは主なタンパク質としてグリルサーモンを割り当てられ、他のチームはローストチキン、ポークチョップ、ローストビーフ、ショートリブを持っていました。料理は美味しくて見た目も良かったです! CIAのキッチンには肉を焦がすための大きなグリルがあり、インストラクターが鮭の塊でグリルをデモしたので、私は簡単だと思いました。私がする必要があるのは彼をコピーすることだけでしたね?それらのグリルは暑い日の太陽の表面のようなものであることがわかりました!馬鹿のように、私は魚をグリルに戻す方法の約2/3に置き、手が調理し始めるのを感じながら魚を回すために火山の熱に手を伸ばさなければならないことを確認しました。また、鮭は太陽の表面に当たると約3分で調理されることがわかり、グリルマークを付けるために90度回転させてから、両面を調理するために裏返しにする必要がありました。完全な混乱–焦げた手、壊れた魚、そして学んだ教訓。手始めに、長いヘラを使用してください!

昼食後、ワインの試飲(ウーフー!)とフードサービスの経済学の概要。フランス、イタリア、アメリカのワインを味わいました。卸売価格はすべて20ドル未満でした。当然のことながら、オレゴンのピノ・グリとナパのジンファンデルが断然最高だと思いました。 2005年のStorybookZinを20ドルの卸売りでメモしてください–素晴らしいワインです!

また、米国の外食産業(レストランなど)が毎年5,000億ドルの収益を上げていることも知りました。そして、何を推測しますか?マクドナルドは5%で最大のシェアを持っています!最も急成長しているセグメントの1つは、アップルビーズ、オリーブガーデン、アウトバックステーキハウスなど、幅広いメニューとボリュームのあるフルサービスのレストランです。高級レストランは市場のわずか0.6%を占めています!また、マーケティングに関するいくつかの指針を得ました。たとえば、「Scottish Organic Salmon」は、実際には昔ながらの大西洋で養殖されたサーモンです。かなり滑らか…

もう1つのヒント:スターバックスとサブウェイは、フルキッチンを設置したり料理人を雇ったりすることなく、温かい料理を提供できる新しい調理技術を使用して先駆者です。彼らは、電子レンジ、対流、および空気衝突(熱風のジェット)調理方法を組み合わせた新しい「スーパーオーブン」を使用しています。これらのオーブンは、従来の放射熱オーブンと比較して、文字通りほんのわずかな時間で食品を加熱および調理することができます。

CIAの学生は、料理の詳細を学ぶのに数年を費やすだけでなく、経済学とマーケティングも学ぶ必要があります。たとえば、学生は、収益性の高いレストランを経営するために、顧客数、メニューの複雑さ、スタッフのサイズ、および必要なメニュー価格の間の経済的関係を理解することが期待されます。私は、レストランを経営することは見た目よりもはるかに難しいと結論付けました。消費者の嗜好の変化もキャンパスに反映されており、CIAのフランス料理店と現代料理店は段階的に廃止され、アジア料理とラテン料理をテーマにしたレストランに置き換わる予定です。

ついに、その日は終わりに近づいています…元気を取り戻すためのエスプレッソ、土産物店での時間、そしてキャンパスのセントアンドリューズカフェでの有能で平穏な夕食、そしてそれは終わりです! (ちなみに、夕食には、非常に上質なマッシュルームスープと、今回は火と戦う必要のない別のサーモンを選びました。!)


It&#8217sFoodTime!

今日は5時間の夜の後早く始まり、授業の前にコーヒーを飲む時間はありませんでした。予定された開始時間の10分ほど後に現れるカリフォルニア全体のことは、CIAでのやり方ではないことは明らかです。私は3分遅れて、クラスの最後の人でした–西海岸のクラスでは決して起こらなかったでしょう!コーヒーの状況を考えると、カフェインの状況が最終的に修正された午前8時15分より前に起こったことはあまり覚えていません。

私たちは朝、チームで昼食を作って過ごしました。私たちのチームは主なタンパク質としてグリルサーモンを割り当てられ、他のチームはローストチキン、ポークチョップ、ローストビーフ、ショートリブを持っていました。料理は美味しくて見た目も良かったです! CIAのキッチンには肉を焦がすための大きなグリルがあり、インストラクターが鮭の塊でグリルをデモしたので、私は簡単だと思いました。私がする必要があるのは彼をコピーすることだけでしたね?それらのグリルは暑い日の太陽の表面のようなものであることがわかりました!馬鹿のように、私は魚をグリルに戻す方法の約2/3に置き、手が調理し始めるのを感じながら魚を回すために火山の熱に手を伸ばさなければならないことを確認しました。また、鮭は太陽の表面に当たると約3分で調理されることがわかり、グリルマークを付けるために90度回転させてから、両面を調理するために裏返しにする必要がありました。完全な混乱–焦げた手、壊れた魚、そして学んだ教訓。手始めに、長いヘラを使用してください!

After lunch, wine tasting (Woo-hoo!) and an overview of food service economics. We tasted French, Italian and US wines, all with wholesale prices under $20. Not surprisingly, I thought the Oregon Pinot Gris and the Napa Zinfandel were by far the best! Make a note of the 2005 Storybook Zin at $20 wholesale – a great wine!

I also learned that the US food service industry (restaurants, etc.) generate $500 Billion of revenue each year.そして、何を推測しますか? McDonalds has the largest share at 5%! One of the fastest growing segments are full service restaurants with wide menus and high volume like Applebee’s, Olive Garden and Outback Steakhouse. Fine dining accounts for only 0.6% of the market! We also got some pointers on marketing. For example, ‘Scottish Organic Salmon’ is actually plain old atlantic farmed salmon! Pretty slick…

One other tidbit: Starbucks and Subway are pioneering using new cooking technology that allows them to serve hot food without installing a full kitchen or hiring cooks. They are using a new “super-oven” that combines microwave, convection and air impingement (jets of hot air) cooking methods. These ovens can heat and cooks foods in literally a fraction of the time compared to a traditional radiant heat oven.

Not only do CIA students spend several years learning the ins & outs of cooking, they also need to learn economics and marketing. For example, students are expected to understand the economic relationship between the number of customers, the complexity of the menu, the size of staff, and required menu prices in order to run a profitable restaurant. I’ve concluded that running a restaurant is way harder than it looks! Even the changing tastes of consumers are being reflected on campus, with the French and contemporary restaurants at the CIA planned to be phased out and replaced with Asian and Latin themed restaurants.

At last, the day is drawing to a close … an espresso to get perked up, some time in the souvenir shop, and a competent and uneventful dinner at St. Andrew’s Café on campus and it’s a wrap! (By the way – for dinner, I opted for a very fine mushroom soup and another round of salmon that, this time, didn’t require me to fight fire.!)


It’sFoodTime!

Today started early after a 5 hour night and no time for coffee before class. It’s clear that the whole California thing of showing up 10 minutes or so after the scheduled start time is NOT how things are done at the CIA. I was 3 minutes late and was the last one in the class – would never have happened at a west coast class! Given the coffee situation, I can’t remember too much of anything that happened before 8:15 AM, when the caffeine situation was finally rectified.

We spent the morning working as teams building lunch. Our team was assigned grilled salmon as the main protein, while the other teams had roast chicken, pork chops, roast beef, and short ribs. The dishes tasted great and looked good too! The CIA kitchen has big grills for charring meats, and I thought I had it easy since our instructor demoed the grills with a chunk of salmon. All I needed to do was copy him, right? It turns out that those grills are like the surface of the sun on a hot day! Like an idiot, I put the fish about 2/3 of the way back on the grill, ensuring I would have to reach over the volcanic heat to turn the fish while feeling my hand begin to cook. It also turns out that salmon cooks in about three minutes when its on the surface of the sun, and I had to turn it 90 degrees to get grill marks and then turn it over to cook both sides. Total chaos – scorched hands, broken fish, and lessons learned. For starters, use the LONG spatula!

After lunch, wine tasting (Woo-hoo!) and an overview of food service economics. We tasted French, Italian and US wines, all with wholesale prices under $20. Not surprisingly, I thought the Oregon Pinot Gris and the Napa Zinfandel were by far the best! Make a note of the 2005 Storybook Zin at $20 wholesale – a great wine!

I also learned that the US food service industry (restaurants, etc.) generate $500 Billion of revenue each year.そして、何を推測しますか? McDonalds has the largest share at 5%! One of the fastest growing segments are full service restaurants with wide menus and high volume like Applebee’s, Olive Garden and Outback Steakhouse. Fine dining accounts for only 0.6% of the market! We also got some pointers on marketing. For example, ‘Scottish Organic Salmon’ is actually plain old atlantic farmed salmon! Pretty slick…

One other tidbit: Starbucks and Subway are pioneering using new cooking technology that allows them to serve hot food without installing a full kitchen or hiring cooks. They are using a new “super-oven” that combines microwave, convection and air impingement (jets of hot air) cooking methods. These ovens can heat and cooks foods in literally a fraction of the time compared to a traditional radiant heat oven.

Not only do CIA students spend several years learning the ins & outs of cooking, they also need to learn economics and marketing. For example, students are expected to understand the economic relationship between the number of customers, the complexity of the menu, the size of staff, and required menu prices in order to run a profitable restaurant. I’ve concluded that running a restaurant is way harder than it looks! Even the changing tastes of consumers are being reflected on campus, with the French and contemporary restaurants at the CIA planned to be phased out and replaced with Asian and Latin themed restaurants.

At last, the day is drawing to a close … an espresso to get perked up, some time in the souvenir shop, and a competent and uneventful dinner at St. Andrew’s Café on campus and it’s a wrap! (By the way – for dinner, I opted for a very fine mushroom soup and another round of salmon that, this time, didn’t require me to fight fire.!)


It’sFoodTime!

Today started early after a 5 hour night and no time for coffee before class. It’s clear that the whole California thing of showing up 10 minutes or so after the scheduled start time is NOT how things are done at the CIA. I was 3 minutes late and was the last one in the class – would never have happened at a west coast class! Given the coffee situation, I can’t remember too much of anything that happened before 8:15 AM, when the caffeine situation was finally rectified.

We spent the morning working as teams building lunch. Our team was assigned grilled salmon as the main protein, while the other teams had roast chicken, pork chops, roast beef, and short ribs. The dishes tasted great and looked good too! The CIA kitchen has big grills for charring meats, and I thought I had it easy since our instructor demoed the grills with a chunk of salmon. All I needed to do was copy him, right? It turns out that those grills are like the surface of the sun on a hot day! Like an idiot, I put the fish about 2/3 of the way back on the grill, ensuring I would have to reach over the volcanic heat to turn the fish while feeling my hand begin to cook. It also turns out that salmon cooks in about three minutes when its on the surface of the sun, and I had to turn it 90 degrees to get grill marks and then turn it over to cook both sides. Total chaos – scorched hands, broken fish, and lessons learned. For starters, use the LONG spatula!

After lunch, wine tasting (Woo-hoo!) and an overview of food service economics. We tasted French, Italian and US wines, all with wholesale prices under $20. Not surprisingly, I thought the Oregon Pinot Gris and the Napa Zinfandel were by far the best! Make a note of the 2005 Storybook Zin at $20 wholesale – a great wine!

I also learned that the US food service industry (restaurants, etc.) generate $500 Billion of revenue each year.そして、何を推測しますか? McDonalds has the largest share at 5%! One of the fastest growing segments are full service restaurants with wide menus and high volume like Applebee’s, Olive Garden and Outback Steakhouse. Fine dining accounts for only 0.6% of the market! We also got some pointers on marketing. For example, ‘Scottish Organic Salmon’ is actually plain old atlantic farmed salmon! Pretty slick…

One other tidbit: Starbucks and Subway are pioneering using new cooking technology that allows them to serve hot food without installing a full kitchen or hiring cooks. They are using a new “super-oven” that combines microwave, convection and air impingement (jets of hot air) cooking methods. These ovens can heat and cooks foods in literally a fraction of the time compared to a traditional radiant heat oven.

Not only do CIA students spend several years learning the ins & outs of cooking, they also need to learn economics and marketing. For example, students are expected to understand the economic relationship between the number of customers, the complexity of the menu, the size of staff, and required menu prices in order to run a profitable restaurant. I’ve concluded that running a restaurant is way harder than it looks! Even the changing tastes of consumers are being reflected on campus, with the French and contemporary restaurants at the CIA planned to be phased out and replaced with Asian and Latin themed restaurants.

At last, the day is drawing to a close … an espresso to get perked up, some time in the souvenir shop, and a competent and uneventful dinner at St. Andrew’s Café on campus and it’s a wrap! (By the way – for dinner, I opted for a very fine mushroom soup and another round of salmon that, this time, didn’t require me to fight fire.!)


It’sFoodTime!

Today started early after a 5 hour night and no time for coffee before class. It’s clear that the whole California thing of showing up 10 minutes or so after the scheduled start time is NOT how things are done at the CIA. I was 3 minutes late and was the last one in the class – would never have happened at a west coast class! Given the coffee situation, I can’t remember too much of anything that happened before 8:15 AM, when the caffeine situation was finally rectified.

We spent the morning working as teams building lunch. Our team was assigned grilled salmon as the main protein, while the other teams had roast chicken, pork chops, roast beef, and short ribs. The dishes tasted great and looked good too! The CIA kitchen has big grills for charring meats, and I thought I had it easy since our instructor demoed the grills with a chunk of salmon. All I needed to do was copy him, right? It turns out that those grills are like the surface of the sun on a hot day! Like an idiot, I put the fish about 2/3 of the way back on the grill, ensuring I would have to reach over the volcanic heat to turn the fish while feeling my hand begin to cook. It also turns out that salmon cooks in about three minutes when its on the surface of the sun, and I had to turn it 90 degrees to get grill marks and then turn it over to cook both sides. Total chaos – scorched hands, broken fish, and lessons learned. For starters, use the LONG spatula!

After lunch, wine tasting (Woo-hoo!) and an overview of food service economics. We tasted French, Italian and US wines, all with wholesale prices under $20. Not surprisingly, I thought the Oregon Pinot Gris and the Napa Zinfandel were by far the best! Make a note of the 2005 Storybook Zin at $20 wholesale – a great wine!

I also learned that the US food service industry (restaurants, etc.) generate $500 Billion of revenue each year.そして、何を推測しますか? McDonalds has the largest share at 5%! One of the fastest growing segments are full service restaurants with wide menus and high volume like Applebee’s, Olive Garden and Outback Steakhouse. Fine dining accounts for only 0.6% of the market! We also got some pointers on marketing. For example, ‘Scottish Organic Salmon’ is actually plain old atlantic farmed salmon! Pretty slick…

One other tidbit: Starbucks and Subway are pioneering using new cooking technology that allows them to serve hot food without installing a full kitchen or hiring cooks. They are using a new “super-oven” that combines microwave, convection and air impingement (jets of hot air) cooking methods. These ovens can heat and cooks foods in literally a fraction of the time compared to a traditional radiant heat oven.

Not only do CIA students spend several years learning the ins & outs of cooking, they also need to learn economics and marketing. For example, students are expected to understand the economic relationship between the number of customers, the complexity of the menu, the size of staff, and required menu prices in order to run a profitable restaurant. I’ve concluded that running a restaurant is way harder than it looks! Even the changing tastes of consumers are being reflected on campus, with the French and contemporary restaurants at the CIA planned to be phased out and replaced with Asian and Latin themed restaurants.

At last, the day is drawing to a close … an espresso to get perked up, some time in the souvenir shop, and a competent and uneventful dinner at St. Andrew’s Café on campus and it’s a wrap! (By the way – for dinner, I opted for a very fine mushroom soup and another round of salmon that, this time, didn’t require me to fight fire.!)