最新のレシピ

今週のサンドイッチ:ゴーボールズのGLT

今週のサンドイッチ:ゴーボールズのGLT


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ゴーボールズのGLT、満足のいくフライドチキンの皮の体験。

ブラボーのトップシェフのシーズン2を獲得した後(当時は現在のジャガーノートの影)、イランホールはカサモノの駅を出て、旅行をし、日当たりの良いカリフォルニアで最初のレストランを開く計画を立てて全国を旅しました。その設立、 ゴーボールズは、ロサンゼルスのトレンディなダウンタウンにあり、今週のサンドイッチオブザウィーク、GLTの本拠地です。

今週のサンドイッチはこちら

マヨネーズをまぶしたベーコン、レタス、トマトなど、誰もがクラシックなBLTに精通しています。しかし、シェフのホールは、彼のルーツを導き、彼のGLT(グリベネス、レタス、トマト)で豚肉の悪鬼に挑戦し、すべてのバージョンを1つ上げました。インスピレーションを得たフィリングは、鶏の皮に過ぎず、単に揚げて風味豊かでパリッとした完璧なものにしています。ことわざにあるように、「ベーコンはすべてを良くする」が、グリベネスは規則の例外かもしれない。

Today.comは尋ねました サンドイッチのインスピレーションについてのシェフホール。彼の返事? 「わかりません、それは理にかなっています!」そして、本当に、なぜ口の中で贈り物の馬を見るのですか?特にその口がフライドチキンの皮でいっぱいのとき。追加のボーナスとして、ホールと彼のチームは、ベーコンの代わりにグリベネスを使用する場合、サンドイッチはコーシャであることに気づきました。

その他の注目のサンドイッチはこちら または、2012年のサンドイッチとサンドイッチオブザウィークのスライドショーをご覧ください。特集すべきサンドイッチを知っていますか?デイリーミールをメールで送信するか、以下にコメントしてください。さらに良いことに、寄稿者になって記事を書く あなたの 今日のお気に入り!


Grace&#39s 221 Gardens:レシピと料理

私のお母さん、グレースは料理を楽しんでいて、それが得意です。私はこのブログで彼女のレシピのいくつかを共有し[そして私自身のレシピのいくつかを追加します]、いくつかの有用な情報になることを願っています。読んで楽しんでください!ダグラス。

マリネした山羊のチーズ、オリーブ、アーティチョーク、トマト。

これは、ビュッフェや昼食会に最適です。

  • 松の実1/2カップ
  • 1 1/2ポンドの新鮮な山羊チーズ、柔らかく
  • ローズマリーのみじん切り小さじ2
  • 刻んだタイム小さじ2
  • 小さじ1/2のホットパプリカ
  • 1クォートのエクストラバージンオリーブオイル
  • デリカウンターからの20個の調理済みベビーアーティチョークハート
  • レッドチェリートマトまたはグレープトマト1カップ
  • ニソワーズオリーブ1カップ
  • 赤ワインビネガー1/4カップ(サービングの日を追加)
  • トーストしたバゲットスライス、サービング用

マーガレットとキャロルのための昼食会。 6月26日日曜日。

デュプリン郡の優れたマスカダイン。

全粒粉パンケーキ。

混合と調理の方向:

あなたがする必要がある最初のことはあなたのグリドル加熱を得ることです。中程度の設定で炎を回します。鋳鉄製のフライパンを使用しています。ラブラブラブ鋳鉄。

またはそれは?
私の息子はこのサンドイッチが大好きで、私はほとんどの場合鶏の皮をむくので、彼が町にいるときにうまくいきます。私は、口蓋に「決して起こらない」と思いました。


ゴーボールズのGLT&#8212にグリベネス、レタス、トマトのサンドイッチを入れてください。
グリベネス 鶏肉の皮で、サクサクした歯ごたえのある風味のある鶏肉の層に、滑らかでビロードのような脂肪を薄く下塗りするまで揚げます。
ベーコンは本当に美味しいですが、鶏皮より良いものは本当にありますか?ゴーボールズは、サンドイッチが非常に人気があると言っています。シェフのイラン・ホールがなぜサンドイッチをメニューに入れるのかと尋ねられたとき、肉屋の孫は「わかりません、それは理にかなっています!」と言いました。
さらに、今では料理はコーシャです。

ロシアのオレンジティーミックス。

これは、秋や冬の日の寒さをすくめるのに最適な飲み物です。また、ホリデーエンターテインメントへの優れた追加にもなります。

唐オレンジドリンクミックス2カップ
インスタントティーミックス1/2カップ(プレーン)
1/2カップインスタントレモネードミックス
砂糖11/2カップ
小さじ1杯の挽いたシナモン
小さじ1/2のすりつぶしたクローブ

すべての材料をよく混ぜ、室温で密閉ジャーに保管します。

準備ができたら、大さじ2を入れます。コーヒーマグを混ぜて、沸騰したお湯を加えます。

グランマルニエ、シナモンスティック、トッピング用のReddiwhipのスプラッシュ(またはそれ以上)で、お辞儀をする準備が整いました。

最高のスパイスケーキ。

これは私の家での秋のシーズンと感謝祭のステープルのための優れたデザートです。ケーキのフロスティング/デコレーションに特別な注意を払うことが成功の本当の秘訣です。

3 / 4c。ふるいにかけた中力粉
大さじ3。コーンスターチ
大さじ4。パンプキンパイスパイス
1c。くるみ(香辛料で細かく挽いたもの)
大きな卵5個(常温)
2 / 3c。シュガー
大さじ31/2無塩バター(溶かし)

オーブンを350に予熱します。
9 "ラウンド/ 2"サイドのケーキパン、羊皮紙の底にバターと小麦粉をまぶします。
最初の3つの材料をボウルに移します。取っておきます。
卵と砂糖を大きなボウルに入れます。沸騰したお湯の鍋にボウルをセットします(ボウルは水に触れません)。軽くホイップしたクリームの粘稠度になるまで混合物を泡だて器で混ぜます(4分?)。ボウルを取り外します。
ミキサーを持ち上げると、混合物が冷えて混合物がリボンを形成するまで、電気ミキサーで混合物を叩きます。小麦粉を1/3ずつふるいにかけ、各部分を折り畳みます。クルミの混合物と溶かしたバターを加え、折り畳みます。
ねり粉を準備された鍋に移しなさい。 25分焼く。またはテスターがきれいになるまで。
ケーキの端の周りにfnifeを実行し、ケーキを冷却ラックに出します。完全に冷やす。

フロスティング/トッピング:

カーメル:1 1 / 2c。シュガー
1 / 2c。水
1c。ホイップクリーム

大きくて重いスアセパンで、砂糖と水を砂糖が溶けるまで中火にかけます。混合物の色が濃い琥珀色になるまで、火を強め、かき混ぜずに沸騰させます(湿ったペストリーブラシと時々渦巻く鍋で側面を磨きます)(9分?)。火から下ろし、滑らかになるまでクリームを入れてかき混ぜます。火に戻し、沸騰して色がわずかに暗くなるまでかき混ぜます(1分?)。ボウルに注ぎ、冷えるまで冷蔵します。この一部はフロスティングで使用されます。

シロップ: 1 / 2c。水
1 / 3c。シュガー
1 / 4c。バカルディダークラム

小さな鍋に水と砂糖を入れてかき混ぜます。火から下ろし、ラム酒を加え、冷まし、室温で保存します。

フロスティング: 15オンスクリームチーズ
大さじ6。未販売バター
1 1 / 3c。 カラメル

大きなボウルで、電気ミキサーを使用してこれら2つの成分を混ぜ合わせます。キャラメルを4分の1ずつ加え、毎回よく混ぜます。

装飾:1c。粗挽きクルミ

さあ、ケーキをまとめましょう。
ケーキを半分に切る。下半分を下半分に切り、プレートに置きます(私はケーキをフロスティング/装飾するためにケーキボードを好みます)。大さじ5で霧雨。 1 1 / 2cのシロップと霜。フロスティング。上半分を置き、側面を下にして、残りのシロップ(上)とフロスティング(上面と側面)を滴下します。落花生を側面に押し込みます。


ノート:
材料を折りたたまないでください。そうすると、ケーキのふわふわが少なくなる傾向があります。
私は自分の裁量で、トッピングを2倍にし、もう少し使用します。私の乗組員は彼らのデザートがとても甘いのが好きです。


ベーコンよりいい?ゴーボールズの折衷的で風変わりで時々おいしい料理[レビュー]写真付き!

この経済で新しいレストランを開くことは、特に料理の風景が控えめに言っても混雑している天使の街では、大変な努力になる可能性があります。すでに混雑している市場で目立つことは、おそらく最近の新しいシェフが直面している最大の課題です。だから私がイーターLAでハギスバーガー(!)、ベーコン巻きマッツォボール、その他の奇妙な料理を使ったゴーバルズについての最初のレポートを読んだとき、彼らは少なくとも部分的に成功し、折衷的なメニューで際立っていました。

トップシェフを見たことがないので、トップシェフシーズン2の優勝者としてシェフオーナーのイランホールが料理をしていることに慣れていないことを告白します。しかし、メニューだけでも興味をそそられ、シェフを試すのが待ちきれませんでした。 TheGorbalsのホールの料理。彼らのウェブサイトによると、ゴーボールズはスコットランドの移民地区にちなんで名付けられました。スコットランド人の友人の一人にレストランについて話したとき、彼はびっくりしました。彼と彼の友人がかつて避けていた「タフでタフな近所」に基づいたレストランがあることに驚きました。

Gorbalsは、ロサンゼルスのダウンタウンにある古いアレクサンドリアホテルのロビーにあります。ホテル自体は1906年に建てられたため、奇妙な場所にあります(非常に古く、荒廃した雰囲気が残っています)。アレクサンドリアに歩いて行くと、ホームレスの人々がうろついているのを見て、低所得の住民がロビーで休んでいるのを見るのは珍しいことではありません。それは確かに豪華でトレンディな設定ではありません。

レストランのインテリアはとても質素でシンプルです。白い壁、片方の端にジグザグのバーが付いたシンプルなテーブル、そしてシェフホールと彼のスタッフがいつでも何をしているのかを知りたい人のためにキッチンが完全に見えます。

シェフのホールは、クラフトニューヨークのトムコリッキオ、マリオバターリとアンディヌッサーのカサモノで働いてきました。ここTheGorbalsの料理にどのような影響が現れるのか興味がありました。

到着する最初の料理は、鶏卵入りのレアビットです。

私はRarebitの専門家ではありませんが(Chef Hallはギネスビール、チェダーチーズ、ウスターソース、カイエンペッパーのブレンドを使用しています)、最終的には少し圧倒されました。パンはトーストされておらず、かなり濃厚で、ソースはぬるま湯でした。卵黄を割ると一口ごとにクリーミーさが加わりますが、最終的には少し苦く、軽くクリーミーなウスターソースが主流のパンのような味がします。

次の料理は、ゴーボールズを訪れる理由だけです:グリベネス、レタス、ライ麦のトマト。

これは絶対に素晴らしいアイデアです。標準のBLTサンドイッチを使用し、ベーコンをグリベネス(超カリカリのローストチキンスキン)に置き換えて「GLT」を作ります。

クリスピーチキンスキンは、そのジューシーさで正直に魂を動かしています。ほんのり脂っこく、バターのような味わいで、サクサクしています。私はベーコンが大好きですが、少なくともこの料理では、グリベネスがベーコンに取って代わったのではないかと思います。 :)新鮮なレタスとトマト、そして美しく柔らかいライ麦と組み合わせると、それは本当においしいの定義です!おいしい! (^ _ ^)

彼らのハギスバーガー、カブのピクルス、ハイランドパークアイオリは、おそらく彼らのメニューの中で最もワイルドなサウンドの料理です(そしてレストランについて読んだときに最初に目を引いたのは)。

シェフホールは、ラムレバー、ラムハート、ラムミートをオートミールと玉ねぎと混ぜてブレンドしたこのハギスバーガーを作ります。ハギスパティは少しもろくてバラバラになりがちです。メタリックな肝臓の後味が少しガミネスと混ざり合っていますが、私が手に入れたいと思っていたラムのエッセンスは十分ではありませんでした。パンも柔らかすぎて、ハンバーガーが完成するずっと前にバラバラになります。

次の料理は、オープニングナイトからのいくつかの失敗を披露しました:キュウリサラダザアタル。

サーバーによると、シェフホールのザアタルは、ウルシ、ゴマ、ブラックペッパー、ヒソップのブレンドです。面白そうに聞こえますが、お料理が届いたら、黒胡椒と油のシンプルなドレッシングだけが味わえます。混乱して、サーバーに「ザアタルの準備ができていなかった」と言ったので、基本的にこれは新鮮なキュウリと揚げたゴマの葉を黒胡椒で和えた非常にシンプルなサラダでした。

Gefilte Fish and Chips、Dill Vinegarは、古典的な料理のもう1つの興味深い解釈です。

ホワイトフィッシュに卵とマッツォミールを混ぜて揚げ、新鮮なディルと混ぜます。その結果、少し塩味が強すぎますが、フィッシュアンドチップスのユニークなバージョンです。外側のクラストには軽いパリパリ感があり、内側には軽い噛み応えと肉質があります。

フライドポテトはすでにディルビネガーで味付けされており、タルトとハーブの香りが素晴らしいです。残念ながら、塩辛すぎます。

次に、マニッシュウィッツで煮込んだ豚バラ肉、クラップショット、マスタードが到着します。シェフホールは、マニッシュウィッツ赤ワインで豚バラ肉をマリネしてから、マッシュポテトとマッシュポテトにバターとチャイブを混ぜたクラップショットの上に盛り付けます。

ポークスキンは少し密度が高く、噛みにくいですが、ポークベリーの残りの部分はおいしいです。軽く味付けされており(さわやかです)、滑らかで肉質です。

クラップショットは素晴らしく美味しく、マッシュポテトとポテトの最高の食感とバターの量がうまくブレンドされています。不思議なことに、この料理のどこにもマスタードはありませんでした。

最後に、ラムブレストとミントが到着し、夜を締めくくります。

「ラムブレスト」という言葉を最初に聞いたとき、これがチキンブレストのような赤身のカットかどうか興味がありましたが、シェフホールはラムブレストと骨を使用し、オーブンで仕上げる前にコンフィをしていることがわかりました。

ラムブレストは非常に脂っこくてジューシーで、外皮がカリカリになっています。それは本当に素朴でワイルドで、ポークベリーのラムバージョンがあったとしたら、これはそれでしょう。 :)それは素晴らしくて罪深いものであり、Animalのいくつかの料理のように、2〜3人で共有するのが最適です(2、3回噛むだけで十分です:)。

最初の夜、The Gorbalsは、経験の浅いレストランのすべての不幸な問題を示しました。ペースの問題のため、夕食は3時間近く(!)かかりました。次の料理が到着するまで、30〜40分待つこともありました。私が注文した最後の料理であるターキーウィングは、約30分待っても表示されませんでした。サーバーは、「申し訳ありませんが、今夜はターキーウィングがありません」と言っています。見つけたばかりです。」ため息をつきます。

ゴーボールズへの2回目の訪問では、最初の訪問よりも状況が改善されることを期待していました。到着する最初の料理は砂嚢とレモンのタコです。

それは間違いなく奇妙な組み合わせです。結局、最後にチキン砂肝とタコが1つの料理に混ぜられているのを見たのはいつですか? :)しかし、この料理は少しがっかりしました。タコは加熱されすぎており、触手の多くが焦げており、チキン砂肝はカリカリなので、軽いファンクでしっとりしています。美味しいです。一緒にすると、この組み合わせは、「違う」ように一生懸命努力しているように感じます。

カシューナッツとコーンの入ったスイートブレッドは、その後すぐに到着します。

スイートブレッドは本質的にクリーミーなので、カシューナッツと小麦粉をまぶして揚げた後、バターをたっぷり使ったスイートコーンの上に乗せると、脂っこくて濃厚で圧倒されてしまいます。スイートブレッドには素晴らしいクラストがあり、コーンのスモークパプリカバターは本当にそれを歌わせます。とうもろこしの甘さを組み合わせると、揚げたスイートブレッドを一口か二口味わうことができ、五感を圧倒します。

もう1つの興味深いサウンドの料理がすぐに届きます。ベーコンで包んだマッツォボール、ホースラディッシュマヨネーズです。

原則として、ベーコンとマッツォボールの組み合わせですでに少し衝撃的ですが、味の面では単に素晴らしいです! :)完璧にカリカリにしたベーコンは、この甘美さを各マッツォボールに加え、ホースラディッシュマヨネーズを軽くたたくと、クラシックな組み合わせのような味がします。マヨネーズでもっと西洋わさびを味わいたいのですが、それ以外は素晴らしいです。

次の料理は少し誤解を招くものです:マニラクラムオムレツ、ネギ、ニンニク。しかし、それはゴーボールズの国境のない料理のコンセプトの一部だと思います。

名前だけでも、主に卵料理の中にアサリの塊が入った伝統的なオムレツを期待するかもしれません。シェフホールのバージョンは反対です。ほとんどがアサリ(およびシェル)で、全体に卵、ネギ、ニンニクの斑点があります。

マニラアサリは軽くブライニーで、卵のかけらにぴったりですが、料理全体が少し貧弱な感じがします。おそらくそれは邪魔になる「Omelet」の期待ですが、

卵の小さなビットを持つ7-8アサリは少し失望のように感じます。

彼らのエリンギ、温かい骨髄、クルミのビネグレットソースは私が本当に楽しみにしていた料理です(私は骨髄が大好きです:)。悲しいことに、エリンギは非常にタフで噛みにくいです。きのこは非常に酸っぱい味で完全に飽和しているので、ビネグレットソースも少し多すぎます。

骨髄は非常に軽く味付けされており、バターと脂っこい味がします。ビネグレットソースとマッシュルームの酸味は、おそらく骨髄の脂っこさを切り抜けることを目的としていますが、酸味は料理を圧倒します。

彼らのチルドトマトスープ、パンサラダも少しがっかりしていることがわかります。

ガスパチョと同様に、シェフホールはトマト、きゅうり、ローストした赤ピーマン、ニンニク、オリーブオイルをブレンドしています。しかし、一口飲むと、それは驚くほど酸っぱいです。素晴らしいファーマーズマーケットの農産物にアクセスでき、トマトはまだ旬であり、これらは季節外れのトマトのように味わいました。

ターキーウィング、ファットバックタブーリはうまくリバウンドします。

目玉は、素晴らしくサクサクしたオーブンでローストしたターキーウィングです。サクサクしたターキースキンと、内部で調理しただけのしっとりとした味わいです。

ファットバックタブーリは、そのコンセプトがとんでもないものです。 :)古典的な軽くてハーブの料理は、ポークファットバックを含めることで反対方向に取られます:タブーリにこの粘性のあるポークファットの品質がありますが、それでも香りのよい草のようなノートの一部が保持されています。この組み合わせはここではかなりうまく機能し、メニューのもう1つの傑出したものです。

夕方の最後の料理は、シェパードの卵入りポテトパイ(原文のまま)です。

シェフホールは、マリネした牛ひき肉とマッシュポテトをポテトスキンで焼き、その上にウズラの卵をのせます。ポテトスキンがカリカリになって食べられるといいなと思っていたのですが、とても厚くて切れにくいです。

牛肉、マッシュポテト、ウズラの卵は、非常に濃厚な料理になります。マッシュポテトはゴージャスなバターで、牛ひき肉の本来の脂っこさと半熟卵黄のクリーミーさを加えて、食べ過ぎになる前に一口か二口食べるのにもう一つのおいしい料理です。

2回目の訪問のペースは1回目よりもはるかに良かった:ほとんどの料理は

最終的に出てくるまでに30分以上かかった最後の2つの料理を除いて、お互いに5-10分。注意すべきもう一つのことは、ゴーボールズは*騒々しい*ということです。シンプルな壁とコンクリートの床、そしてオーディオの減衰がないため、CommeCaとOsteriaMozzaは比較して青白いです。

最初の訪問のサービスはやりがいがありました。サーバーは時々少し無知で、手遅れになるまで問題(ザアタルなし)や料理の不足について言及しませんでした。 2回目の訪問のサービスはより良く適切でした。価格は1皿あたり5ドルから15ドルの範囲です。

ゴーバルズは、ハギスバーガーからチ​​キン砂肝のタコまで、そのユニークなメニューで確かに際立っています。目を引く理論では非常に異なりますが、最も重要な側面である味に関する最終結果は少しです。ヒットオアミスの。それは非常に豊富で重いメニューです(少量にもかかわらず)、そしてシェフホールがそれをもう少しバランスをとる追加の料理を追加することを望むでしょう。いくつかの失望がありますが、いくつかの輝きもあります:グリベネス(クリスピーチキンスキン)、レタス、ライ麦のトマトは単に*素晴らしい*、ラムブレストコンフィ、マニッシュウィッツで煮込んだポークベリーとクラップショット、ベーコン巻きマッツォボールもすべて試す価値があります。シェフホールがメニューを明るくし、ペースとサービスの問題を解決できれば、ゴーボールズはまもなくダウンタウンに立ち寄る価値のある目的地になります。

ゴーボールズ
501 S. Spring St.
ロサンゼルス、CA 90013
Tel:(213)488-3408


パン粉をまぶした至福:7つのクレイジーサンドイッチ

しかし、これらのサンドイッチはおいしいですが、すべての種類でもあります。良い 。普通。創意工夫はどこにありますか?衝撃と畏怖はどこにありますか?

KFCはダブルダウンでアンティを上げ、エピックミールタイムの男たちはスーパーボウル用の300,000カロリーのサンドイッチでチャートから外れました。

次の作品は、パン粉をまぶした至福の芸術をまったく新しいレベルに引き上げ、カロリー計算を行い、勇敢な(または空腹の)人が試すのに十分なものを利用できます。

ニューヨーク市ShopsinsのMo'Betta

朝食用のバターミルクホットケーキの蒸し暑いスタックに勝るものはありません。クリーミーなバターと甘いメープルシロップが側面を流れています。甘い炭水化物を楽しみながら、マカロニアンドチーズをバッターに加えて、ピリッとしたチーズを数回打ってみませんか?たんぱく質は本当に重要なので、スクランブルエッグとメープルベーコンをケーキの間に入れましょう。それは、私の友達、ニューヨーク市のShopsinsのMo’Bettaです。これは、ボリュームたっぷりの朝食やランチに人気のサンドイッチです。甘く、塩辛く、炭水化物を含んだ、ポーキーで、マックとチーズのようなもので、もっと物乞いをしたり、慈悲を物乞いしたりできます。

ロサンゼルスのTheGorbalsのGLT

クラシックなBLTには、スモーキーベーコン、レタス、トマトにマヨネーズを贅沢にコーティングしたものが含まれています。この赤ちゃんはそのままでかなり完璧です。

ゴーボールズのGLT—グリベネス、レタス、トマトのサンドイッチを入力してください。

グリベネスは鶏肉の皮で、サクサクした歯ごたえのある風味のある鶏肉の層に、滑らかでビロードのような脂肪を薄く下塗りするまで揚げます。

ベーコンは本当に美味しいですが、鶏皮より良いものは本当にありますか?ゴーボールズは、サンドイッチが非常に人気があると言っています。シェフのイラン・ホールがなぜサンドイッチをメニューに入れるのかと尋ねられたとき、肉屋の孫は「わかりません、それは理にかなっています!」と言いました。

さらに、今では料理はコーシャです。

アリゾナ州サフォードのネイサンズリアルバーベキューのクアッドジラ。

誰かの最初のチーズバーガーは喜びです。彼らの最初のベーコンチーズバーガーは啓示です。一方、彼らの最初のQuadzillaは、数えられるべき恐ろしい巨獣です。 「上に4分の1ポンドのリブサンドイッチ、4つの3ポンドのハンバーガーパテ、8つの厚いベーコン、4つの非常に厚いペッパージャックチーズ、ピクルス、玉ねぎ、1トンのバーベキューソース」で構成されるこの赤ちゃんは肉厚です。彼女は大きくてビジネスを意味します。これまでに1人しか食べようとしなかったのですが、彼は肉の怪物に悲しげに打ち負かされました。金曜または土曜の夜にハンバーガーで自分の運を試すことができます。これはおそらく最も食欲をそそるでしょう。あなたが考慮しない限り、アメリカのハンバーガー。

ウィスコンシン州マディソンのファットサンドイッチカンパニーとイリノイ州シャンペーンのビッグファット醜いサンドイッチ。

チーズバーガー、ジャイロ、モッツァレラスティック、すべてのテレビのお母さんが購入する素晴らしいミニベーグルバイトですが、私のお母さんは決して購入しませんでした。

また、Fat SandwichCompanyのBigFat UglySandwichのコンポーネントにも名前を付けています。

大きいかもしれません。太っているかもしれません。しかし、これを醜いとあえて呼ぶかもしれない人には、私は言うことができるだけです。

その口でお母さんにキスしますか?

これらすべての有罪の喜びを1つのサンドイッチにまとめることについて醜いことは何ですか?構成は次のとおりです。

ロール2個、チーズバーガー4個、ダブルチーズステーキ、チキンチーズステーキ、ジャイロミート、グリルチキン、ベーコン、ソーセージ、モッツァレラスティック、チキンフィンガー、チキンナゲット、マックアンドチーズバイト、フライドマッシュルーム、ハラペノポッパー、ピザバイト、オニオンリング、ハッシュブラウン、アメリカンチーズ、マヨネーズ、ケチャップ、フライドポテト。

そしてそれは—私の計算によると—7,000カロリーをはるかに超えています。そして、おそらく、それだけの価値があります。

ペンシルベニア州フィラデルフィアのAdsumのTastykakeスライダー。

誰もがチョコレートが大好きです。誰もがハンバーガーが大好きです。しかし、誰がそれらをまとめるのに十分狂っているでしょうか?

フィラデルフィアのシェフ、マット・レビンは、これらのチョコレートとピーナッツバターのフィリースナックケーキに敬意を表して、甘酸っぱいミニバーガーのパンを実際に作っています。サミーは、サワーチェリーシラチャジャムとアメリカンチーズをトッピングした2つの自家製ブリスケットパテで構成され、それぞれが2つのピーナッツバターキャンディーケークの間に挟まれています。どうやら、ハンバーガーの酸味/スパイシーな側面は、Tastykakeの甘いナッツのバランスをとっています。 Levinは、Tastykakeが経済的な問題を抱えていることを知ったときに実際にハンバーガーを始め、メニューにスライダーを置いて会社の問題についての認識を高めました。しかし、ハンバーガーは少し支持されており、レビン氏は、地元や全国の報道機関のおかげで「かなり人気がある」と述べており、レストランでは1泊あたり10〜20個のハンバーガーを販売しています。

サンフランシスコのIke'sPlaceのクリプトナイト

これらの人がクリプトナイトと呼ぶものは、冬眠する前に最後の食事を夕食に食べる平均的なクマが夕食と呼ぶかもしれません。

しかし、私たちのほとんどにとっては。それは間違いなく私たちのクリプトナイトです:ローストビーフ、コンビーフ、パストラミ、サラミ、ターキー、ベーコン、ハム、モッツァレラスティック、詰め物のジャラペノポッパー、ビールでボロボロになったオニオンリング、アボカド、ペスト、ペッパージャックチーズ。

この肉のサンドイッチは、「Man vs. Food」のアダム・リッチマンを含む年間数百人のフォロワーを魅了し、5,700カロリー以上を記録しています。これは、年間を通して食べる必要がある唯一のものかもしれません。

メロ、カーネギーデリ、ニューヨーク市

ニューヨーカーが歓迎していないと誰が言いますか?カーネギーデリは、ニックスの最新作であるカーメロアンソニーに敬意を表しており、そびえ立つ肉乱交は適切にメロと名付けられています。 22ドルのサンドイッチ(それをそれと呼ぶのは控えめな表現のようです)は、パストラミ、コンビーフ、サラミ、ベーコン、レタス、トマト、ロシアンドレッシングをすべてライ麦のスライスの上に載せています。この巨大な挑戦にこれを取り入れたいですか?スポーツと食品のクリス・セズノが獣と戦う様子をご覧ください。

もっとクレイジーなサミーのインスピレーションが必要ですか?彼女の夢のサンドイッチについて話しているポーラ・ディーンをチェックしてください:


ブルックリンビートの母の日ブランチ

テレジェニックシェフのオーナーであるイランホールのファンにとって、春は良いニュースの二重の助けをもたらします。

まず、ホールと彼のビジネスパートナーは、ブルックリンの分派がオープンした直後に閉店したロサンゼルスのレストランを再開すると発表しました。ダウンタウンの食通のメッカであるグランドセントラルマーケットには、ホールがフォワードに語ったように、メニューが「ビーガンを歪める」新しいゴーボールズL.A.が収容されます。

第二に、ブルックリンのゴーボールズはブランチサービスを開始し、ホールの頭のいい、ジャンルを破壊する料理を、多くのゴータマイトがその週の最も重要な食事と見なしているものにもたらします。

ホールのエッグベネディクトのテイクは、ラトケスをイングリッシュマフィンに、蒸し肉をクラシックなカナダのベーコンに交換します。

タップで:エッグベネディクト(ポテトパンケーキベース)、キュウリサラダ(スマックとひよこ豆のフライ)、グリベネス、レタス、トマト、アボカドの「GLTA」サンドイッチなど、おなじみのお気に入りのホールの特徴的なスピン。

母の日を念頭に置いて、ホールはブランチボックスから抜け出し、ママにおいしいサプライズを与える秘訣を共有しました。彼がビデオで作った明るくておいしいキュウリのサラダについては、ここをクリックしてください。

Michael Kaminerは、Forwardに頻繁に寄稿しています。

ブルックリンビートの母の日ブランチ

タグ付き:

あなたのコメント

フォワードは、ユダヤ人コミュニティにとって重要な問題についての思慮深い議論を促進するために、読者のコメントを歓迎します。すべての読者はコメントを閲覧でき、すべてのフォワードサブスクライバーは会話に追加できます。市民フォーラムを維持するために、フォワードは、すべてのコメント投稿者が私たちのライター、他のコメント投稿者、および記事の主題に対して適切に敬意を払うことを要求します。活発な討論と合理的な批評は歓迎されます。名前を呼ぶことと個人的な嫌悪感はありませんし、削除されます。悪質なコメント投稿者や再犯者はコメントを禁止されます。通常、コメントを編集したり積極的にモデレートしたりすることはありませんが、スパムフィルターはほとんどのリンクと特定のキーワードの投稿を防ぎ、フォワードは何らかの理由でコメントを削除する権利を留保します。


レビュー:ロサンゼルスのダウンタウンにあるイランホールのゴーバル

翌朝目が覚めたとき、それはすべて夢だったと本当に思いました。ゴスのマイムが私たちのワインボトルを嗅ぎ、白い磁器のマスクをかぶった彼のコホートがテーブルを一周します。 50代の紳士は、3人の女性を目覚めさせて遅くまで歩き、長い共同テーブルで私たちの隣に座っていました。それはまるで製材所から来たかのように見える硬い木の粗いスラブです。粘着性のあるタフィープディングで誕生日を祝う女性が、反対側では、頭蓋骨のTシャツの美しさが、無邪気な顔をしているが腕が重く描かれている男をなだめました。

ゴーボールズでのちょうど別の夜。それは奇妙で楽しく、端が少し荒いですが、間違いなく心からです。価格は低く、部分は小さいです。しかし、すべてが本当の味を持っています。

友達と夕食に行きました。しかし、5番街と春の街に近づくと(実際には数ブロック前)、何百人もの人々が歩いているのが見えました。ウォーキング!ダウンタウン!夜に!入り口から貴族のような建物に音楽が流れ込んだ。蛍光ワンドを振っている駐車場係員が駐車場に車を押し込み、3人のフードトラックが空腹の群衆にタコスと豚バラ肉のサンドイッチを配り、歩道のテーブルの労働者が2010年の国勢調査を宣伝する無料のキャンバスバッグを配りました。

確かに、それは通常のダウンタウンアートウォークでしたが、それでもこのような群衆を引き出すことができると誰が知っていましたか?

ゴーボールズは6人以上のパーティーにしか予約できないため、予約をとることができなかったため、共同テーブルの4つの空きスペースを利用することにしました。私が行って夜が更けるにつれて忙しくなった他の時は、レストランはほとんど満員でした。 6時に到着したら、たとえば、あなたはスポットを得ることができると思いますが、あなたはあなたの孤独ですべてを食べているかもしれません。

しかし、行く前にこれを知っておいてください。ゴーボールズは、シェフの視点から見た独特の非常に個人的なレストランです。彼はニューヨークのCulinaryInstitute of Americaを卒業し、ニューヨークのナパバレーキャンパスでトムコリッキオとスペインのタパスプレイスであるカサモノでマリオバターリのために働いたペストリープログラムのイランホールです。 。

しかし、彼は「トップシェフ」のセカンドシーズンで優勝した子供として最もよく知られています。しかし、ホールは最近の勝者とは非常に異なる品種のようです。フレーバーから料理を作る料理人です。これらは知的演習ではありません。彼の料理の中には、食事の味覚の限界に挑戦するものもあり、食通のベルトに別のノッチを探している人にはおそらく感心しないでしょうが、ゴーボールズは新鮮で楽しいです。

その名前を選択することは、ホールのスコットランド人とイスラエル人の両親(どちらも東ヨーロッパ系の子孫)が育ったグラスゴーの近所のために、ホールの最も賢明な動きではなかったかもしれません。しかし、少なくともその背後にはいくつかの正直な気持ちがあります。

スコットランド系ユダヤ人のレストランと呼ばれることもありますが、ゴーボールズはそれだけではありません。それを世界的な移民料理と呼んでください。ここで推測しているだけですが、おそらく彼がガレージバンドで友達のために料理するような食べ物でしょう。小皿料理のコンセプトを除けば、レストランの料理の現在の傾向とはあまり関係がありません。

ホールは彼が好きな料理を作っている男として私を襲います。そして彼が好きなのはかなり折衷的です。彼は内臓を持っています。彼の料理にもたくさんのベーコンがありますが、動物の量にはほど遠いです(そして、ベーコンを使用する場合、ベーコンで包まれたふわふわのマッツォボールのように、組み合わせは素晴らしいですが、コーシャではありません)。そして、ホールが反逆的なフランス人シェフのルード・ルフェーブルと直接対決した場合、彼はおそらく磨きやテクニックで多くのポイントを獲得することはないでしょうが、彼は全体的な満足のために勝つかもしれません。彼の食べ物はきれいではありませんが、確かに風味があります。

「ここにいます、最愛の人」と私たちのサーバーは言います。型にはまらない、ファンキーな、そしてレモンの噴出でおいしいです。モモフクの豚バラ肉の彼のバージョンもあります。これは、中国の食感と味を模倣した少し甘いディナーロールにあります バオ、中には濃厚なオックステールの煮込みが入っています。そして、ソテーしたヒラタケの山、新鮮なクルミ、酢のスプラッシュを添えた骨髄の骨が大好きです。

伝統的なジャガイモの代わりにバターナッツスカッシュのラテを注文します。2ダースのおいしいパンケーキをかき混ぜるのに十分な栗のクリームを添えて、2つ注文して蒸します。実際、彼の野菜料理はすべて珍しい傾向があります。ここにはビバリーヒルズの刻んだサラダはありません。キャラウェイシードとクルミを添えた紫キャベツの煮込み、またはペルシャきゅうりとライスワインビネガーとゴマのサラダをご用意しています。

そして、その内臓?料理はいつもと同じです。ある夜、トライプがあり、フライドポテトのサイズと形を切り、深いクランチに揚げ、アイオリを添えてディップします。それは驚くべきことであり、食卓で脅迫された内臓でさえも楽しんでいます。 Another of Hall’s signature items is GLT, basically a BLT with fried chicken skin, or gribenes (that’s the G), substituted for the bacon. Mmm, crisp chicken skin. On skinny slices of rye bread, it looks like something your grandmother would put together for lunch.

Yes, the menu sometimes includes haggis, that much-maligned, heady mix of various organ meats and oatmeal cooked in a sheep or calf’s stomach. Here, it’s homemade and appears as a delicious stuffing in slices of chicken Balmoral, which is served with clapshot.何だって? It’s a homey mash of potatoes and turnips, perfect for the rainy weather.

As we taste our way through half a dozen dishes, candles flicker in my peripheral vision. The Gorbals space is makeshift and rude, put together obviously with very little money. A white door is grubby. Waiters dash in and out of a flap of black curtain. Customers at the bar sit on upended wooden crates. Beverly Hills it isn’t. In fact, I doubt you’ll see a designer logo in the place. This is hand-knit muffler, hoodie and leather jacket territory.

With no presence on the street except for a white flag emblazoned with the name, the restaurant feels something like an old-time speak-easy. In the Alexandria Hotel lobby, black-and-white photos of former star-studded banquets try to give the place a thin scrim of glamour. In actuality, it looks a little sad sack, the once famous Palm Court at one end of the lobby locked, a leasing office in the hallway where the down and out sometimes wander. And with no valet parking out front, you’ll have to hoof it from one of two parking garages on the block.

The wine list is quite minimal at the moment, about 20 wines by the glass or bottle, starting at $9 and $28, respectively, and including Chalone Pinot Noir, Goodnight Pinot Grigio or Chamisal Stainless Chardonnay. The beer selection is fairly standard: Anchor Steam, Sierra Nevada and the like, which I suspect is more due to lack of funds than policy. However, if you enjoy Scotch, Hall’s got a sweet little list of single malts, including a 16-year-old Lagavulin or a 14-year-old Clynelish, both $10.

For sweets, go with the sticky toffee pudding, which is more cake than pudding, served with espresso ice cream and a touch of Maldon salt.

But don’t expect the mime troupe every night. They were members of the Wandering Marionettes who perform upstairs in the hotel on the weekends drumming up business.どうでも。 There’s plenty of entertainment and soul at this new downtown spot, even without them. And 5-inch Balenciaga heels not required.


Sandwich of the Week: The Gorbals' GLT - Recipes

In an age where meeting new people is as easy as walking your dog, feeding your baby at the Nordstrom Women's Lounge, or starting a food blog, the number of friends, acquaintances, and internet chat buddies you have in your life suddenly becomes a little overwhelming. And to be perfectly honest, as much as I usually like the people I've met in my lifetime, I tend to like some more than others.

I recently thought long and hard about what the common thread is amongst the people who I get along with the best. And that common thread is simply.

。 that the people I tend to get along with the best are not uptight.

People who are open minded, people who love to laugh and who can laugh about others as well as themselves-- those are my peeps.

So it was completely appropriate that I met up with WeezerMonkey, yutjangsah, and The Delicious Life--a few of LA's most un-uptight local food bloggers--at Ilan Hall's most un-uptight new Downtown Los Angeles restaurant, The Gorbals .

One might have expected the atmosphere and surrounding environments of a Top Chef Season 2 winner's restaurant to lean somewhat on the swankier, more upscale side, but The Gorbals is quite the contrary. I had to Austin Powers my way out of the bordering-on-sketchy underground parking garage when its valet attendants were too busy trying to cram a car inside a freight elevator to acknowledge me. I finally made may way to the restaurant, located in the dingy lobby of the Alexandra Hotel, a historic hotel-turned-affordable housing complex. The stark rectangular space is, with its few wood and steel accents, minimalist-cool on one hand, and with its rows of wooden tables, a bit reminiscent of a dining hall on the other.

And if the setting wasn't enough to get that stick out of your ass, the food at The Gorbals just might be that extra pull you need. Named after a neighborhood in Glasgow, Scotland were Hall's father grew up, The Gorbals' menu draws inspiration from that neighborhood's post-war culture, where poor immigrants of varying ethnicities lived and ate. Hall created his menu, therefore, to know no boundaries, ethnicities or labels: it's "a spot for new and diverse ideas" and "tasty, oddball food that is there for anyone who is willing to eat something that does not fall into a category."

The restaurant's bacon-wrapped matzo balls with horseradish mayonnaise are probably the best example of Chef Hall's playful tribute to both the Kosher and the non-Kosher. This edible oxymoron was, from what I've heard, something the chef originally created as a joke for a non-Kosher Jewish friend's birthday party. I liked this dish, not only because I am usually a fan of bacon-wrapped anything, but mainly because of the sense of humor behind its concept. Hey, what can I say? I'm a rebel by old school Chinese standards myself.

Manischewetz-braised pork belly with clapshot and apples would also normally be a big no-no in Kosher circles, but leave it to Chef Hall to combine the two into a creation where pork and the Jewish faith can hold hands and coexist in peace. Not the best pork belly dish I've had around town (hint: Animal ) but this version certainly works. And the Manischewetz reduction was quite tasty.

Butternut squash latkes with chestnut cream were a welcome alternative to traditional potato latkes, the light-as-a-feather chestnut cream being the star of the show here. Yutjangsah liked them so much that she'd eat Ding Dongs stuffed with this. We also told the chef that we really liked his cream and he told us it was really easy to make. Wait, that didn't come out right, did it?

Octopus with gizzards and lemon is a dish that would normally be right up my alley--I love chewy-tasties! Yutjangsah and The Delicious had already ordered this prior to my and WeezerMonkey's arrival and unfortunately, it had gotten a little cold and glazed over by the time I sampled. I'd totally love to try it fresh out of the kitchen next time.

Sweet oxtail buns with turnip pickles were this particular restaurant's version of everyone's obligatory slider. These were a little reminiscent of Manwich served on King's Hawaiian Rolls, which would normally be totally fine if they weren't one of the priciest options on that night's menu at $15.

Worcestershire sauce-spiked Welsh rarebit with fried egg was something I could probably eat for breakfast everyday if I wasn't fearful of food coma, clogged arteries and weighing 300 pounds.

Roasted marrow with king oyster mushrooms and walnuts was a tasty treat I loved the acidic bite of the mushrooms against the velvety richness of the marrow. There was also bread to sop everything up.天才。


Some of the wacky topics of conversation I had with the girls up to this point included white meat vs. dark meat chicken and earwax. I won't go into details but it was damn funny.

See, even Chef Hall is getting in on the humor. Here he is about to serve us our Gribenes sandwich :

Yes, the Gribenes sandwich. Chicken skin, lettuce (well, in this case arugula) and tomato nestled between rye bread and you've got yourself a "GLT."もっと言う必要がありますか?

I have to admit that it wasn't love at first bite with the Gribenes I was a little concerned about the binding ability of the cold rye against the tower of ingredients, but a couple more bites and I was hooked. Chicken skin crack.

Apparently, the gribenes wasn't the only crack in the Gorbals that evening.

I really wanted to like our dessert more since I've heard good things, but I just wasn't thrilled with our sticky toffee pudding, nutella-buttermilk ice cream with maldon salt . Perhaps it was an off night, but whatever the case, our toffee pudding was dry and the ice cream lacked a little j'ne sais quoi , which is just fancy talk for a little somethin' somethin'. I'd love to give it another shot however.

We ran into H.C. of LA and OC Foodventures and mooched off his Israeli couscous, pumpkin ice cream and bacon brittle dessert, which to me was like a cross between oatmeal and tapioca pudding. Just OK, but I thought the bacon brittle was really cool.

Being relatively new, I think The Gorbals has a little bit to go in finding its groove, but nevertheless, I had quite the enjoyable dining experience. From the wacky, sacriligious, but tasty-for-the-most-part food to Chef Hall's down-to-earth personality to planning a boba/legal/mani-pedi/dry cleaning truck with some awesome bloggers, it was all good. If you're one of those stuffy, upturned-nose kind of people, though, this isn't the place for you.


The Gorbals
501 South Spring Street
Los Angeles, CA 90013
(213) 488-3408
www.thegorbalsla.com


Anatomy of a Dish: Banh Mi Poutine

At his new restaurant, The Gorbals, in Williamsburg, 最高のシェフ winner Ilan Hall can add one more title to his resume: Stoner Food Champion.

His Banh Mi Poutine ($14) was inspired by a toke: The L.A. outpost of the restaurant, opened in 2009, used to serve a バインミー サンドイッチ。 After smoking a joint in the restaurant's back alley one night after service—"behavior I in no way condone," Hall jokes—two line cooks, riddled with the munchies, took the sandwich's fillings and piled them on top of fries.

After realizing they'd discovered late-night snacking gold, they told Hall about their mash-up.

"I played with the elements, and they just worked," Hall says. "It's not necessarily even my favorite dish on the menu, but it's craveable. Once you start eating it, you can't stop."

1. Hall geeked out on the thrice-cooked fries, which have already gotten attention in L.A. To make them, he brines and simmers Kennebec potatoes in salt, sugar, garlic and fresh dill. They're then blanched in peanut oil, frozen—which "helps the outside get really crisp, while the inside just warms up"—and fried again at a higher temperature before serving.

2. "Hillbilly sous vide" is how Hall describes cooking the spicy, super-tender chunks of Vietnamese-style pork: A whole shoulder is mummified in layers of plastic wrap and foil, then roasted low and slow for 15 hours on a wood-fired grill. After cooling in the bag, the meat is pulled apart and tossed in a simple-but-rich gravy of dark chicken stock and hoisin sauce.

3. House-made pickled carrots and Persian cucumbers and some fried jalapeños add crunch and acid to the fried-and-meaty mess.

4. The entire dish is drizzled with a little Sriracha and a house-made Kewpie-style mayo, which starts with a bonito flake and kombu dashi and incorporates rice vinegar and lemon. "This isn't a light dish," Hall says, "so the lemon brightens it up."


The rules for the best BLT

How is it that we’re creeping up on Labor Day and I’ve yet to write about BLTs? I mean, seriously—seems like someone has been shirking his responsibilities.

What I do know is that I’m out at the beach this week, and I intend to eat as many BLTs as possible. And here’s how I’ll be making mine (with some input from select friends and family):

Yes, I love a cast-iron skillet as much as everyone else at BA。 But I’m making my BLT bacon in the oven. Wire rack, set into a sheet tray, 400°. Never not perfect. And ideal for a crowd. And by “crowd,” I’m setting the bar at two people, because who ever eats just one homemade BLT?

As for the bacon itself, I’m fine with regular old supermarket bacon: crispy but not brittle. I’ll save the super thick-cut stuff for steakhouse visits.

レタス
On next week’s ボナペティ Foodcast, Amiel Stanek argues strongly for “shrettuce”—shredded iceberg lettuce, the kind you get on drive-in style smash burgers. Shrettuce provides the crisp, coolness of iceberg without the whole-leaf slippage you often get when biting down on the sandwich.

Occasionally, if I’m feeling fancy—or just at some creative sandwich shop—I’m okay with peppery arugula. It stands up nicely to the bacon. But please don’t take this as a formal endorsement.

When I go to the Gee Whiz diner near our office on a random (perhaps slightly hungover) Wednesday, and I’m absolutely jonesing for a BLT, I’m fine with a thoroughly underwhelming grocery-store variety of tomato.

But this time of year, which is the only time I make BLTs at home, it’s gotta be the real deal: plump, heavy heirloom tomatoes, streaked with yellow and blood red, maybe some purple or green. And when you slice into them with your serrated knife, their clear, fragrant juices pool up on your cutting board.

One thing: Don’t forget to salt your tomatoes when building your sandwich. Yes, bacon is salty, but tomatoes need their own attention. A little freshly cracked pepper never hurts, either.

パン
Okay, here’s where we’re likely to disagree. Pursuits insist on white bread (toasted, obviously). And I get it—when you look up BLT in a dictionary, that’s what you’ll see. But at some point in my life (perhaps during my years at the University of California at Berkeley go Bears!), I became a multi-grain, whole-wheat guy. I want my bread to have heft and texture.

In terms of wild card varieties, I’m not mad at toasted ciabatta. It’s basically white bread, but with attitude.

Mayo—mayo, mayo, mayo. Top and bottom. I ride with Hellmann’s, but when my Instagram friends down South DM me about Duke’s, I’m not one to argue. Just send me a case.

And if my fancy friends want to whip up some herby, homemade aioli,, I won’t argue with them, either.

Avocado? I love avocado. On pretty much everything. But a peak-season BLT shouldn’t need one. Middle of the winter? Different story.

Egg. My wife loves a crispy, olive oil-fried egg on her BLT. Bite into the sandwich, and the yolks runs down the layers of bacon. Kind of genius. But when I’m making BLTs for a crowd (see above), you know what I don’t have time to do? Make crispy, olive oil-fried eggs. Sorry, Simone!


Oven Fried Chicken Skin – The Delicious Daily 12.19.2009

No idea what happened to the chicken. All I got was the entire skin, salted, pressed between two baking sheets and oven fried.

Chicken Skin will be the “bacon” of 2010.

How to Make Chicken Skin:

材料:

chicken skin, rinsed and dried

方向:

オーブンを華氏350度に予熱します。

Remove any large globules of fat from the skin, pull out any “hairs,” (gross! sorry! the idea of chicken hairs makes me want to puke, too) rinse and pat skin dry.

Sprinkle a pinch of salt on both sides of chicken skin. Spread out onto baking sheet, top with another baking sheet, and place a cast iron skillet or other heavy, oven-proof pot or pan to weigh it down.

Bake until cooked through and crisp, about 45 minutes total, but check after 20 minutes.

At his downtown Los Angeles restaurant The Gorbals, Chef Ilan Hall serves a GLT sandwich that uses chicken skin (“gribenes”) instead of bacon. His recipe is on Squid Ink | LA Weekly.

wait, no chicken, just skin? damn girl you are a true lover of it. I didn’t believe it, but now, oh yeah.

dawn: it was so good, taking the entire thing, breaking it up into pieces and eating them like “chips.” Geez, how amazing would these chicken skin chips be for nachos?!

Eddie: the chicken skin was a gift from someone – someone who clearly knows that fat-fried fat is the way to this girl’s heart (attack).

I believe all you need to do is peel the skin off the chicken in one big piece and flatten it best you can between two heavy baking sheets.

So funny, I love crispy chicken skin but at the same time find it utterly disgusting. What a dichotomy.

Chicken skin is already the new “chicken skin” of 2009… and pretty much every year before that we’ve been eating the bird. Where have you been?

Y’ALL ARE SICK FUCKS! I have been eatin the bird all ma life and i aint never done eat none o dat chicken skin and globules of anythang!病気!
FUCKS!

Lori: I am with you. In fact, the sight of chicken skin in its raw state really grosses me out.

But damn does it taste good when it’s fried.

Aaron: Chicken skin – in *any* format – has been the chicken skin of every year in The Delicious Life. I used to share fried chicken with my sisters – gave them the white meat of the breast to them after I pulled off the grease-dripping crisp, battered fried skin.

Then I discovered the pure skin of a roast chicken (which I didn’t know growing up).

Only in the last few years have I gotten to know the joy that is pure chicken skin, fried.

Joe: Um…more for me, I guess? :)

I’m just going to trust you on the taste, but is there any real redeeming factor otherwise?
I know I “don’t know what I’m missing” but perhaps we could set up a trade? My leftover chicken skins (which would otherwise go uneaten) for an extra bit of meat? :)

Kevin: The taste is exactly what you remember the last time you peeled the chicken skin off a roast chicken (or fried chicken, though it’s slightly adulterated with the fry batter). I think the fact that chicken skin is so crisp AND salty is what does it for me.

So yes, you send me your leftover chicken skins and you can have all the white meat and drumsticks you want (I could never give up a chicken thigh).

わお! This was great. I had a recipe that called for a couple of skinless chicken breasts so I peeled of the skin and gave it your treatment. I left the little knobs of fat on and when the skin was mostly done, I poured the schmaltz off to use for something else. The crispy, salty skin didn’t last 10 minutes in this house.すっごくいいね! So thanks Sarah. I love Google. Joe, not so much.

It was so funny to see the episode of the chicken skin. It is really “baked” chicken skin. I have been making chicken skin for 20 years and it is true fried chicken skin, although I call them chicken chips. Most don’t realize when chicken skin is fried (baked) it changes consistence. Instead of slightly chewy if pulled off fried chicken, fried or bake just dissolves in you mouth. I stopped at the Farmers Market on Fairfax on a visit and got the chicken vendor to save me 5 lbs of skin and took it back to Sacramento and had a huge chicken chip party.

When I say the show I thought they had taped me laying out a breast skin as it is exactly like I have done it for years. I have found a whole skin does not fry as evenly as when I cut up the whole into 4 pieces, a really sharp knife. My recipe is linked below and there are step by step pics. I also have a recipe on the site for Fried Chicken and if you like prime rib, look for the “Perfect Prime Rib” . Totally yummy stuff and hope you enjoy another recipe for chicken skin (artery clogging, heart stopping good stuff. JJ.



コメント:

  1. Ordwald

    当然のことながら、説明ありがとうございます。

  2. Pulan

    どうして良くできなかったのでしょう!

  3. Caolabhuinn

    正確にターゲットに:)

  4. Shilo

    申し訳ありませんが、それが邪魔をしました...私にも同様の状況があります。話し合いましょう。ここまたは午後に書いてください。



メッセージを書く