最新のレシピ

40年間の旅行で学んだ40の教訓

40年間の旅行で学んだ40の教訓


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

30年前、私はコロラドに向かう途中で家族の郊外の後ろに山積みになりました。 20年前、私は無責任な大学生で、週末だけグアダルーペ川でテキサスを横断するロードトリップをしていました。 10年前、私は高校の英語を教えていて、ニューオーリンズで夏の最後の少しきしむ音を立てていました。今日、私は次にどこに行くのかよくわかりません。メールを開くだけで計画が変わる可能性があります。私、数十年で何が違うのか。

信じられませんが、正式には40代です。その数十年の間、私はこの地球のかなりの部分を経験することができてとても幸運でした。実際、おそらく一部の人が一生のうちに目にすることはないでしょう。それらの機会は本当に祝福でしたが、いつも私はもっと欲しがっています。おなじみのテキサスの環境で1週間、また出発したいと思っています。私が永遠にいる限り 行く状態 そうすれば、私の世界はすべて順調です。明らかに、私は中毒者であり、旅行は私の選択の薬です。

旅行の結果として学んだことをすべて振り返ることができないので、頭に浮かんだ最初の40のリストをまとめることにしました。簡潔なものではなく、意識の流れのリストと呼んでください。したがって、40年間の旅行で学んだ40のことをここに示します。

空の旅

1. 自分のボトル入り飲料水を持参してください。これは、空中で制御できる数少ないものの1つです。

2. 航空会社のロイヤルティプログラムに参加します。航空会社の好みに関係なく、フライトマイルを無駄にしないようにし、有効期限が切れないようにしてください。

3. 航空会社のブランドのクレジットカードを入手して、そのメリットを心から学びましょう。何らかの理由で通常の航空会社とは異なる航空会社を利用する場合は、クレジットカードの取得も検討してください。多くの場合、初年度は無料で、マイレージボーナスが付いています。このタイプのクレジットカードでは、通常、無料のチェックバッグ、優先チェックイン、優先搭乗などの特典があります。

4. SeatGuruはあなたの親友です。サイトにアクセスして、どの航空会社の座席が完全に後ろに傾いていないか、バシネットがどこにあるかを確認します{絶対に回避できるように}。

5.真ん中に座っている人は、常に肘掛けに最初のディブをします。同意しない人は、真ん中の席に飛んだことがないか、利己的なジャッカスです。

6. ビジネスクラスのアップグレードを確保することを期待してゲートアテンダントに話しかけるのはばか者の用事です。それは起こっていませんが、あなたがそれを最も期待しないとき、人はただあなたの膝に落ちるかもしれません。

7.泣いている乳児を持つ親に汚い顔をしないでください。制御不能な7歳の親のためにそれらを保存します。

8. Boseのノイズキャンセリングヘッドホンのペアは、飛行の煩わしさをすべて処理します。 {#7を参照}

9. 飛行機のバスルームは嫌ですが、拒否とバス&ボディワークス抗菌ジェルは飛行中にそれを作るために驚異的です。

10. 誰もがベテランのチラシであるとは限らないので、手錠で飛行機から運び出されないように、忍耐が不可欠です。

空港ラウンジ

11. 空港ラウンジはあなたの個人的な居間ではありません。靴は履き続け、足は床にとどまります。そして、スナイドの見た目は、問題の当事者のマナーを変えることはめったにありません。

12. 酒は無料かもしれませんが、バーテンダーはまだチップを払う必要があります。

13.素晴らしい空港ラウンジを見つけることは、尊敬され、常に感謝されるべきものです。ユナイテッドラウンジだけで寿司とビールのマシンを求めて東京を飛びます。

14. 飛行機に搭乗する前に、果物、お茶、軽食、スプレンダを必ず手に入れてください。駐機場でどれだけ長く立ち往生するかはわかりません。そのリンゴは、低血糖のタンタルを防ぐだけかもしれません。

15. Skype通話、iChat、映画にはヘッドフォンが必要です。この規則に例外はありません。

ホテル

16. ホテルに直接予約すると、アップグレードを取得したり、製氷機に入れられなかったりする可能性が高くなります。ホテルグループの忠誠心のメンバーであることもその点で役に立ちます。

17. トイレタリーが気に入らなくても持っていきましょう。家でシャワーを浴びようとしていて、石鹸のスライバーに落ち着いていることに気付いたときは、誓約のような香りのレモンバーベナバーに感謝するでしょう。

18.メイドにチップを渡します。彼らはおそらくホテルの他の誰よりも一生懸命働いています。

19. 家では毎日新しいタオルを使ったりシーツを交換したりしないのに、なぜホテルでそれが必要なのですか?ホテルにたくさんのお金を節約するための策略であっても、プロパティの保護活動に参加してください。

20. シャワーキャップを捨てる代わりに、靴の裏を覆うためにそれらを使用してください。スーツケースの中の服が地下鉄の駅のようなにおいがするのを防ぎます。

ロードトリップ

21. 最も直接的な道は、通常、最も風光明媚でも、最も楽しいものでもありません。

22. ニューヨーク証券取引所で取引されている場所で食べ物を求めて立ち寄らないでください。ママとポップのガソリンスタンドとダイナーは時々最高の食べ物を持っているか、少なくとも何人かの最高の人々が周りを見回しています。

23. 道端のバスルームブレイクの芸術をマスターしましょう。このスキルは、今後何年にもわたって役立ちます。

24. GPSに依存するのではなく、実際の地図を読むことを学びます。 4G、3G、またはインターネットがすべて一緒にない場所があり、それらの場所は通常かなり素晴らしいです。

25. 紙の地図を読むことを学んだら、それを折りたたむ方法を知ることが不可欠です。ラミネート加工されたものはカウントされません。

26. 北、東、南、西を決定する方法を知ることは不可欠です。そして、いや、北はただ上にあるだけではありません。

27. 道に迷うことは必ずしも悪いことではありません。しかし、ガスのタンクの1/8未満で迷子になることは、悲劇的なことかもしれません。タンクから目を離さないでください。

28. 時間をかけて、ルートから逸脱することを恐れないでください。ワニと格闘している男を目撃したり、自分の桃を選んだりする機会はいつありますか?それがあなたの興味をそそるなら、それをしてください。少なくとも、それは良い話になります。

29. バックミラーの赤と青の点滅ライトのように、ロードトリップのムードを損なうものはありません。制限速度を運転するか、チケットから抜け出す方法を見つけてください。

30.旅は目的地と同じくらい重要であることを知ってください。走行した1マイルごとに吸収します。

ランダム

31. あなたが小さな子供であるとき、家族の写真のためにあなたの兄弟にあなたの靴を履かせないでください。彼らは間違った立場に立つ可能性があります。写真は永遠に生き続け、あなたは右から左へと知らなかった馬鹿のように見えるでしょう。

32. 飛行機の中でたくさん見つけたら、それを購入して、後で残りを見つけてください。次回見たときに売り切れてしまう可能性があります。

33. レンタカーのメーカー、モデル、色、または3つすべてを忘れた場合は、レンタカーの写真を撮ることが不可欠です。また、日陰のレンタカー会社を扱うときにも役立ちます。

34. 両親や兄弟と一緒に家族での休暇をとらない日が来ることを覚えておいてください。お互いを殺さないようにして、一緒に時間を楽しんでください。

35. 心を開いたままにしておけば、神に見捨てられた場所でも美しさと楽しさを見つけることができます。

36.一人で旅行し、頻繁にそれを行います。あなたの経験は大きく異なり、しばしばよりやりがいがあります。

37. 疑わしい場合は、保険を購入してください。後悔するよりは安全である方がいいです。

38. 本当にやりたいことをやらない理由をお金にしないでください。計画を作成し、それを実現する方法を見つけます。

39.恐れは、やりがいのある旅行へのクリプトナイトです。

40. 英語に苦しんでいる人に安心してもらいましょう。 結局のところ、彼らはおそらくあなたが知らない少なくとも1つの言語に堪能です。 それどころか、あなたが訪問している国の言語でいくつかの基本的な単語を知っていることは、地元の人々にとって大いに役立ちます。英語のスノッブであることはそうではありません。

そして、成長するもの…

41.カメラを下に置き、iPhoneを離します。それは永遠に続くことはないので、その瞬間を吸収してください。

これらの基本的なレッスンを超えて、旅行は私に様々な文化、宗教、食べ物、政治、言語、そして習慣について教えてくれました。テキサスとアメリカのバブルを超えた存在全体が存在すること、そしてそれは私に教えてくれました 私たちの 方法はありません それだけ 道。旅行は、食料品店のバーコードスキャナー、信頼できるWi-Fi、母国語でのコミュニケーションの基本的な能力などを高く評価することを教えてくれました。 おそらく何よりも、旅行は思い出が物事よりも指数関数的に価値があることを私に教えてくれました。

40年間の旅行を通じて学んだ40の教訓は、LeahTravelsに最初に掲載されました。


なぜイスラエルは40年間の荒野をさまよって呪われたのですか?

「荒野をさまよう」とは、不従順と不信仰によるイスラエル人の窮状を指します。ほぼ3、500年前、主は出エジプト記の第1章から第12章で説明されているように、エジプトの束縛から彼の民を救い出されました。彼らは、神が彼らの先祖に約束された土地、「牛乳と蜂蜜が流れる」土地を所有することになっていました(出エジプト記3:8)。しかし、入る前に、彼らは、神が彼らにそうすることができると彼らに言われたとしても、彼らがその土地の現在の住民を追い出すことができないと確信するようになりました。神の言葉と約束に対する彼らの信念の欠如は、神の怒りを引き起こしました。彼は、約束の地に足を踏み入れることなく、信じられない世代が死ぬまで、40年間の荒野をさまよって彼らを呪いました。

7年間の飢饉は、最終的にエジプトにたどり着く神の選民の原因でした。当初、彼らはファラオに次ぐ国の責任者であるヨセフの指導の下で繁栄しました。 「それから、ヨセフについて知らなかった新しい王がエジプトで権力を握りました」(出エジプト記1:8)、そしてすぐに「エジプト人はイスラエル人を恐れるようになりました」(出エジプト記1:12)。次の数世紀の間、イスラエル人は「彼らを冷酷に働いた」エジプト人によって奴隷にされました(出エジプト記1:13)。やがて、神は彼らの叫びを聞き(出エジプト記2:23-25)、モーセとアーロンを送って彼らを救いました。 10の災いの最後、つまり長男たちの死に耐えた後、ファラオはついにイスラエル人を解放することに同意しました。

カナンの約束の地に隣接するカデシュバルネアに到着すると、彼らは土地とその人々を調査するために12人のスパイを送りました(民数記13:18-25)。彼らは40日間の探検の後に戻ってきました。スパイの10人は悪い報告をしました:「私たちは彼らが私たちより強いそれらの人々を攻撃することはできません...私たちが見たすべての人々は大きなサイズでした...私たちは自分の目にはバッタのように見えました」(民数記13:31-33 )。ヨシュアとカレブだけが反対しました(民数記14:6-7)。 10人の疑惑者の報告を信じて、人々は心を失い、反抗しました。彼らは「声を上げて大声で泣きました」とモーセとアーロンに不平を言い、「もし私たちがエジプトで死んだなら! またはこの砂漠で! なぜ主は私たちをこの地に連れて来て、私たちを剣で倒すだけなのですか」(民数記14:1-2、強調を加えた)。

それから主はモーセに言われた、「わたしが彼らの間で行ったすべての奇跡的なしるしにもかかわらず、彼らはいつまでわたしを信じることを拒むのだろうか。私は彼らを疫病で打ち倒し、彼らを滅ぼします」(民数記14章11節)。しかし、モーセは再び彼の民のために介入し、神の怒りを避けました(民数記14:13-20)。神は彼らを許しましたが、「私が彼らの先祖に誓った土地を見ることは決してないだろう」と決心しました。私を軽蔑して扱った人は誰もそれを見ることはありません」(民数記14章23節)。むしろ、彼らは40年間、彼らが土地を探検した40日ごとに1年間、荒野をさまよって苦しむでしょう(民数記14:34)。さらに、神は彼らが求めたことを彼らに与えてくださいました。「私はあなたが言うのを聞いたとおりに行います。この砂漠では、あなたの体は倒れます。さらに、悪い報告をした10人の男性は打ち倒され、主の前で疫病で亡くなりました(民数記14章37節)。ヨシュアとカレブだけが生き残りました。神が彼らに土地を譲るという約束を信じた2人の忠実なスパイです。

神は彼らに勝利を約束されました。彼が彼らに入って取るように命じた土地はすでに彼らが単に信頼して従わなければならなかった彼らのものでした、しかしこれは彼らがしませんでした。神の恵みが私たちに与えられない、または神の力が私たちを保護できないところで、神は決して私たちを導きません。確かに、イスラエル人は出エジプトの災いと奇跡の間に神の力強い手が働いているのを見ました。しかし、多くの人々のように、彼らは信仰ではなく視覚によって歩み、彼らの不信仰は神を不快にさせました。 「信仰がなければ、神を喜ばせることは不可能です」(ヘブル11:6)。彼らが神の言葉を信じなかったために、彼らは約束の地に入ることができませんでした。この真実は決して変わっていません。


なぜイスラエルは40年間の荒野をさまよって呪われたのですか?

「荒野をさまよう」とは、不従順と不信仰によるイスラエル人の窮状を指します。ほぼ3、500年前、主は出エジプト記の第1章から第12章で説明されているように、エジプトの束縛から彼の民を救い出されました。彼らは、神が彼らの先祖に約束された土地、「牛乳と蜂蜜が流れる」土地を所有することになっていました(出エジプト記3:8)。しかし、入る前に、彼らは、神が彼らにそうすることができると彼らに言われたとしても、彼らがその土地の現在の住民を追い出すことができないと確信するようになりました。神の言葉と約束に対する彼らの信念の欠如は、神の怒りを引き起こしました。彼は、約束の地に足を踏み入れることなく、信じられない世代が死ぬまで、40年間の荒野をさまよって彼らを呪いました。

7年間の飢饉は、最終的にエジプトにたどり着く神の選民の原因でした。当初、彼らはファラオに次ぐ国の責任者であるヨセフの指導の下で繁栄しました。 「それから、ヨセフについて知らなかった新しい王がエジプトで権力を握りました」(出エジプト記1:8)、そしてすぐに「エジプト人はイスラエル人を恐れるようになりました」(出エジプト記1:12)。次の数世紀の間、イスラエル人は「彼らを冷酷に働いた」エジプト人によって奴隷にされました(出エジプト記1:13)。やがて、神は彼らの叫びを聞き(出エジプト記2:23-25)、モーセとアーロンを送って彼らを救いました。 10の災いの最後、つまり長男たちの死に耐えた後、ファラオはついにイスラエル人を解放することに同意しました。

カナンの約束の地に隣接するカデシュバルネアに到着すると、彼らは土地とその人々を調査するために12人のスパイを送りました(民数記13:18-25)。彼らは40日間の探検の後に戻ってきました。スパイの10人は悪い報告をしました:「私たちは彼らが私たちより強いそれらの人々を攻撃することはできません...私たちが見たすべての人々は大きなサイズでした...私たちは自分の目にはバッタのように見えました」(民数記13:31-33 )。ヨシュアとカレブだけが反対しました(民数記14:6-7)。 10人の疑惑者の報告を信じて、人々は心を失い、反抗しました。彼らは「声を上げて大声で泣きました」とモーセとアーロンに不平を言い、「もし私たちがエジプトで死んだなら! またはこの砂漠で! なぜ主は私たちをこの地に連れて来て、私たちを剣で倒すだけなのですか」(民数記14:1-2、強調を加えた)。

それから主はモーセに言われた、「わたしが彼らの間で行ったすべての奇跡的なしるしにもかかわらず、彼らはいつまでわたしを信じることを拒むのだろうか。私は彼らを疫病で打ち倒し、彼らを滅ぼします」(民数記14章11節)。しかし、モーセは再び彼の民のために介入し、神の怒りを避けました(民数記14:13-20)。神は彼らを許しましたが、「私が彼らの先祖に誓った土地を見ることは決してないだろう」と決心しました。私を軽蔑して扱った人は誰もそれを見ることはありません」(民数記14章23節)。むしろ、彼らは40年間、彼らが土地を探検した40日ごとに1年間、荒野をさまよって苦しむでしょう(民数記14:34)。さらに、神は彼らが求めたことを彼らに与えてくださいました。「私はあなたが言うのを聞いたとおりに行います。この砂漠では、あなたの体は倒れます。さらに、悪い報告をした10人の男性は打ち倒され、主の前で疫病で亡くなりました(民数記14章37節)。ヨシュアとカレブだけが生き残りました。神が彼らに土地を譲るという約束を信じた2人の忠実なスパイです。

神は彼らに勝利を約束されました。彼が彼らに入って取るように命じた土地はすでに彼らが単に信頼して従わなければならなかった彼らのものでした、しかしこれは彼らがしませんでした。神の恵みが私たちに与えられない、または神の力が私たちを保護できないところで、神は決して私たちを導きません。確かに、イスラエル人は出エジプトの災いと奇跡の間に神の力強い手が働いているのを見ました。しかし、多くの人々のように、彼らは信仰ではなく視覚によって歩み、彼らの不信仰は神を不快にさせました。 「信仰がなければ、神を喜ばせることは不可能です」(ヘブル11:6)。彼らが神の言葉を信じなかったために、彼らは約束の地に入ることができませんでした。この真実は決して変わっていません。


なぜイスラエルは40年間の荒野をさまよって呪われたのですか?

「荒野をさまよう」とは、不従順と不信仰によるイスラエル人の窮状を指します。ほぼ3、500年前、主は出エジプト記の第1章から第12章で説明されているように、エジプトの束縛から彼の民を救い出されました。彼らは、神が彼らの先祖に約束された土地、「牛乳と蜂蜜が流れる」土地を所有することになっていました(出エジプト記3:8)。しかし、入る前に、彼らは、神が彼らにそうすることができると彼らに言われたとしても、彼らがその土地の現在の住民を追い出すことができないと確信するようになりました。神の言葉と約束に対する彼らの信念の欠如は、神の怒りを引き起こしました。彼は、約束の地に足を踏み入れることなく、信じられない世代が死ぬまで、40年間の荒野をさまよって彼らを呪いました。

7年間の飢饉は、最終的にエジプトにたどり着く神の選民の原因でした。当初、彼らはファラオに次ぐ国の責任者であるヨセフの指導の下で繁栄しました。 「それから、ヨセフについて知らなかった新しい王がエジプトで権力を握りました」(出エジプト記1:8)、そしてすぐに「エジプト人はイスラエル人を恐れるようになりました」(出エジプト記1:12)。次の数世紀の間、イスラエル人は「彼らを冷酷に働いた」エジプト人によって奴隷にされました(出エジプト記1:13)。やがて、神は彼らの叫びを聞き(出エジプト記2:23-25)、モーセとアーロンを送って彼らを救いました。 10の災いの最後、つまり長男たちの死に耐えた後、ファラオはついにイスラエル人を解放することに同意しました。

カナンの約束の地に隣接するカデシュバルネアに到着すると、彼らは土地とその人々を調査するために12人のスパイを送りました(民数記13:18-25)。彼らは40日間の探検の後に戻ってきました。スパイの10人は悪い報告をしました:「私たちは彼らが私たちより強いそれらの人々を攻撃することはできません...私たちが見たすべての人々は大きなサイズでした...私たちは自分の目にはバッタのように見えました」(民数記13:31-33 )。ヨシュアとカレブだけが反対しました(民数記14:6-7)。 10人の疑惑者の報告を信じて、人々は心を失い、反抗しました。彼らは「声を上げて大声で泣きました」とモーセとアーロンに不平を言い、「もし私たちがエジプトで死んだなら! またはこの砂漠で! なぜ主は私たちをこの地に連れて来て、私たちを剣で倒すだけなのですか」(民数記14:1-2、強調を加えた)。

それから主はモーセに言われた、「わたしが彼らの間で行ったすべての奇跡的なしるしにもかかわらず、彼らはいつまでわたしを信じることを拒むのだろうか。私は彼らを疫病で打ち倒し、彼らを滅ぼします」(民数記14章11節)。しかし、モーセは再び彼の民のために介入し、神の怒りを避けました(民数記14:13-20)。神は彼らを許しましたが、「私が彼らの先祖に誓った土地を見ることは決してないだろう」と決心しました。私を軽蔑して扱った人は誰もそれを見ることはありません」(民数記14章23節)。むしろ、彼らは40年間、彼らが土地を探検した40日ごとに1年間、荒野をさまよって苦しむでしょう(民数記14:34)。さらに、神は彼らが求めたことを彼らに与えてくださいました。「私はあなたが言うのを聞いたとおりに行います。この砂漠では、あなたの体は倒れます。さらに、悪い報告をした10人の男性は打ち倒され、主の前で疫病で亡くなりました(民数記14章37節)。ヨシュアとカレブだけが生き残りました。神が彼らに土地を譲るという約束を信じた2人の忠実なスパイです。

神は彼らに勝利を約束されました。彼が彼らに入って取るように命じた土地はすでに彼らが単に信頼して従わなければならなかった彼らのものでした、しかしこれは彼らがしませんでした。神の恵みが私たちに与えられない、または神の力が私たちを保護できないところで、神は決して私たちを導きません。確かに、イスラエル人は出エジプトの災いと奇跡の間に神の力強い手が働いているのを見ました。しかし、多くの人々のように、彼らは信仰ではなく視覚によって歩み、彼らの不信仰は神を不快にさせました。 「信仰がなければ、神を喜ばせることは不可能です」(ヘブル11:6)。彼らが神の言葉を信じなかったために、彼らは約束の地に入ることができませんでした。この真実は決して変わっていません。


なぜイスラエルは40年間の荒野をさまよって呪われたのですか?

「荒野をさまよう」とは、不従順と不信仰によるイスラエル人の窮状を指します。ほぼ3、500年前、主は出エジプト記の第1章から第12章で説明されているように、エジプトの束縛から彼の民を救い出されました。彼らは、神が彼らの先祖に約束された土地、「牛乳と蜂蜜が流れる」土地を所有することになっていました(出エジプト記3:8)。しかし、入る前に、彼らは、神が彼らにそうすることができると彼らに言われたとしても、彼らがその土地の現在の住民を追い出すことができないと確信するようになりました。神の言葉と約束に対する彼らの信念の欠如は、神の怒りを引き起こしました。彼は、約束の地に足を踏み入れることなく、信じられない世代が死ぬまで、40年間の荒野をさまよって彼らを呪いました。

7年間の飢饉は、最終的にエジプトにたどり着く神の選民の原因でした。当初、彼らはファラオに次ぐ国の責任者であるヨセフの指導の下で繁栄しました。 「それから、ヨセフについて知らなかった新しい王がエジプトで権力を握りました」(出エジプト記1:8)、そしてすぐに「エジプト人はイスラエル人を恐れるようになりました」(出エジプト記1:12)。次の数世紀の間、イスラエル人は「彼らを冷酷に働いた」エジプト人によって奴隷にされました(出エジプト記1:13)。やがて、神は彼らの叫びを聞き(出エジプト記2:23-25)、モーセとアーロンを送って彼らを救いました。 10の災いの最後、つまり長男たちの死に耐えた後、ファラオはついにイスラエル人を解放することに同意しました。

カナンの約束の地に隣接するカデシュバルネアに到着すると、彼らは土地とその人々を調査するために12人のスパイを送りました(民数記13:18-25)。彼らは40日間の探検の後に戻ってきました。スパイの10人は悪い報告をしました:「私たちは彼らが私たちより強いそれらの人々を攻撃することはできません...私たちが見たすべての人々は大きなサイズでした...私たちは自分の目にはバッタのように見えました」(民数記13:31-33 )。ヨシュアとカレブだけが反対しました(民数記14:6-7)。 10人の疑惑者の報告を信じて、人々は心を失い、反抗しました。彼らは「声を上げて大声で泣きました」とモーセとアーロンに不平を言い、「もし私たちがエジプトで死んだなら! またはこの砂漠で! なぜ主は私たちをこの地に連れて来て、私たちを剣で倒すだけなのですか」(民数記14:1-2、強調を加えた)。

それから主はモーセに言われた、「わたしが彼らの間で行ったすべての奇跡的なしるしにもかかわらず、彼らはいつまでわたしを信じることを拒むのだろうか。私は彼らを疫病で打ち倒し、彼らを滅ぼします」(民数記14章11節)。しかし、モーセは再び彼の民のために介入し、神の怒りを避けました(民数記14:13-20)。神は彼らを許しましたが、「私が彼らの先祖に誓った土地を見ることは決してないだろう」と決心しました。私を軽蔑して扱った人は誰もそれを見ることはありません」(民数記14章23節)。むしろ、彼らは40年間、彼らが土地を探検した40日ごとに1年間、荒野をさまよって苦しむでしょう(民数記14:34)。さらに、神は彼らが求めたことを彼らに与えてくださいました。「私はあなたが言うのを聞いたとおりに行います。この砂漠では、あなたの体は倒れます。さらに、悪い報告をした10人の男性は打ち倒され、主の前で疫病で亡くなりました(民数記14章37節)。ヨシュアとカレブだけが生き残りました。神が彼らに土地を譲るという約束を信じた2人の忠実なスパイです。

神は彼らに勝利を約束されました。彼が彼らに入って取るように命じた土地はすでに彼らが単に信頼して従わなければならなかった彼らのものでした、しかしこれは彼らがしませんでした。神の恵みが私たちに与えられない、または神の力が私たちを保護できないところで、神は決して私たちを導きません。確かに、イスラエル人は出エジプトの災いと奇跡の間に神の力強い手が働いているのを見ました。しかし、多くの人々のように、彼らは信仰ではなく視覚によって歩み、彼らの不信仰は神を不快にさせました。 「信仰がなければ、神を喜ばせることは不可能です」(ヘブル11:6)。彼らが神の言葉を信じなかったために、彼らは約束の地に入ることができませんでした。この真実は決して変わっていません。


なぜイスラエルは40年間の荒野をさまよって呪われたのですか?

「荒野をさまよう」とは、不従順と不信仰によるイスラエル人の窮状を指します。ほぼ3、500年前、主は出エジプト記の第1章から第12章で説明されているように、エジプトの束縛から彼の民を救い出されました。彼らは、神が彼らの先祖に約束された土地、「牛乳と蜂蜜が流れる」土地を所有することになっていました(出エジプト記3:8)。しかし、入る前に、彼らは、神が彼らにそうすることができると彼らに言われたとしても、彼らがその土地の現在の住民を追い出すことができないと確信するようになりました。神の言葉と約束に対する彼らの信念の欠如は、神の怒りを引き起こしました。彼は、約束の地に足を踏み入れることなく、信じられない世代が死ぬまで、40年間の荒野をさまよって彼らを呪いました。

7年間の飢饉は、最終的にエジプトにたどり着く神の選民の原因でした。当初、彼らはファラオに次ぐ国の責任者であるヨセフの指導の下で繁栄しました。 「それから、ヨセフについて知らなかった新しい王がエジプトで権力を握りました」(出エジプト記1:8)、そしてすぐに「エジプト人はイスラエル人を恐れるようになりました」(出エジプト記1:12)。次の数世紀の間、イスラエル人は「彼らを冷酷に働いた」エジプト人によって奴隷にされました(出エジプト記1:13)。やがて、神は彼らの叫びを聞き(出エジプト記2:23-25)、モーセとアーロンを送って彼らを救いました。 10の災いの最後、つまり長男たちの死に耐えた後、ファラオはついにイスラエル人を解放することに同意しました。

カナンの約束の地に隣接するカデシュバルネアに到着すると、彼らは土地とその人々を調査するために12人のスパイを送りました(民数記13:18-25)。彼らは40日間の探検の後に戻ってきました。スパイの10人は悪い報告をしました:「私たちは彼らが私たちより強いそれらの人々を攻撃することはできません...私たちが見たすべての人々は大きなサイズでした...私たちは自分の目にはバッタのように見えました」(民数記13:31-33 )。ヨシュアとカレブだけが反対しました(民数記14:6-7)。 10人の疑惑者の報告を信じて、人々は心を失い、反抗しました。彼らは「声を上げて大声で泣きました」とモーセとアーロンに不平を言い、「もし私たちがエジプトで死んだなら! またはこの砂漠で! なぜ主は私たちをこの地に連れて来て、私たちを剣で倒すだけなのですか」(民数記14:1-2、強調を加えた)。

それから主はモーセに言われた、「わたしが彼らの間で行ったすべての奇跡的なしるしにもかかわらず、彼らはいつまでわたしを信じることを拒むのだろうか。私は彼らを疫病で打ち倒し、彼らを滅ぼします」(民数記14章11節)。しかし、モーセは再び彼の民のために介入し、神の怒りを避けました(民数記14:13-20)。神は彼らを許しましたが、「私が彼らの先祖に誓った土地を見ることは決してないだろう」と決心しました。私を軽蔑して扱った人は誰もそれを見ることはありません」(民数記14章23節)。むしろ、彼らは40年間、彼らが土地を探検した40日ごとに1年間、荒野をさまよって苦しむでしょう(民数記14:34)。さらに、神は彼らが求めたことを彼らに与えてくださいました。「私はあなたが言うのを聞いたとおりに行います。この砂漠では、あなたの体は倒れます。さらに、悪い報告をした10人の男性は打ち倒され、主の前で疫病で亡くなりました(民数記14章37節)。ヨシュアとカレブだけが生き残りました。神が彼らに土地を譲るという約束を信じた2人の忠実なスパイです。

神は彼らに勝利を約束されました。彼が彼らに入って取るように命じた土地はすでに彼らが単に信頼して従わなければならなかった彼らのものでした、しかしこれは彼らがしませんでした。神の恵みが私たちに与えられない、または神の力が私たちを保護できないところで、神は決して私たちを導きません。確かに、イスラエル人は出エジプトの災いと奇跡の間に神の力強い手が働いているのを見ました。しかし、多くの人々のように、彼らは信仰ではなく視覚によって歩み、彼らの不信仰は神を不快にさせました。 「信仰がなければ、神を喜ばせることは不可能です」(ヘブル11:6)。彼らが神の言葉を信じなかったために、彼らは約束の地に入ることができませんでした。この真実は決して変わっていません。


なぜイスラエルは40年間の荒野をさまよって呪われたのですか?

「荒野をさまよう」とは、不従順と不信仰によるイスラエル人の窮状を指します。ほぼ3、500年前、主は出エジプト記の第1章から第12章で説明されているように、エジプトの束縛から彼の民を救い出されました。彼らは、神が彼らの先祖に約束された土地、「牛乳と蜂蜜が流れる」土地を所有することになっていました(出エジプト記3:8)。しかし、入る前に、彼らは、神が彼らにそうすることができると彼らに言われたとしても、彼らがその土地の現在の住民を追い出すことができないと確信するようになりました。神の言葉と約束に対する彼らの信念の欠如は、神の怒りを引き起こしました。彼は、約束の地に足を踏み入れることなく、信じられない世代が死ぬまで、40年間の荒野をさまよって彼らを呪いました。

7年間の飢饉は、最終的にエジプトにたどり着く神の選民の原因でした。当初、彼らはファラオに次ぐ国の責任者であるヨセフの指導の下で繁栄しました。 「それから、ヨセフについて知らなかった新しい王がエジプトで権力を握りました」(出エジプト記1:8)、そしてすぐに「エジプト人はイスラエル人を恐れるようになりました」(出エジプト記1:12)。次の数世紀の間、イスラエル人は「彼らを冷酷に働いた」エジプト人によって奴隷にされました(出エジプト記1:13)。やがて、神は彼らの叫びを聞き(出エジプト記2:23-25)、モーセとアーロンを送って彼らを救いました。 10の災いの最後、つまり長男たちの死に耐えた後、ファラオはついにイスラエル人を解放することに同意しました。

カナンの約束の地に隣接するカデシュバルネアに到着すると、彼らは土地とその人々を調査するために12人のスパイを送りました(民数記13:18-25)。彼らは40日間の探検の後に戻ってきました。スパイの10人は悪い報告をしました:「私たちは彼らが私たちより強いそれらの人々を攻撃することはできません...私たちが見たすべての人々は大きなサイズでした...私たちは自分の目にはバッタのように見えました」(民数記13:31-33 )。ヨシュアとカレブだけが反対しました(民数記14:6-7)。 10人の疑惑者の報告を信じて、人々は心を失い、反抗しました。彼らは「声を上げて大声で泣きました」とモーセとアーロンに不平を言い、「もし私たちがエジプトで死んだなら! またはこの砂漠で! なぜ主は私たちをこの地に連れて来て、私たちを剣で倒すだけなのですか」(民数記14:1-2、強調を加えた)。

それから主はモーセに言われた、「わたしが彼らの間で行ったすべての奇跡的なしるしにもかかわらず、彼らはいつまでわたしを信じることを拒むのだろうか。私は彼らを疫病で打ち倒し、彼らを滅ぼします」(民数記14章11節)。 However, Moses once again interceded for his people and turned away the wrath of God (Numbers 14:13-20). Although God did forgive them, He decided that “not one of them will ever see the land I promised on oath to their forefathers. No one who has treated me with contempt will ever see it” (Numbers 14:23). Rather, they would suffer by wandering in the wilderness for forty years, one year for each of the forty days they explored the land (Numbers 14:34). Furthermore, God would give them what they asked for: “I will do the very things I heard you say: In this desert your bodies will fall, every one of you twenty years old or more” (Numbers 14:28-29). Additionally, the ten men who had given the bad report were struck down and died of a plague before the Lord (Numbers 14:37). Only Joshua and Caleb survived, the two faithful spies who believed God’s promise to give the land over to them.

God had promised them victory. The land He commanded them to go in and take was already theirs they simply had to trust and obey, but this they did not do. God will never lead us where His grace cannot provide for us or His power cannot protect us. Indeed, the Israelites had seen the powerful hand of God at work during the plagues and miracles of the Exodus. Yet, like many people, they walked by sight and not by faith, and their unbelief displeased God. “Without faith it is impossible to please God” (Hebrews 11:6). Their failure to believe in God’s word kept them from entering the Promised Land. This truth has never changed.


Why was Israel cursed with forty years of wilderness wandering?

“Wilderness wandering” refers to the plight of the Israelites due to their disobedience and unbelief. Nearly 3,500 years ago, the Lord delivered His people from Egyptian bondage as described in Exodus, chapters 1–12. They were to take possession of the land God had promised their forefathers, a land “flowing with milk and honey” (Exodus 3:8). Prior to entry, however, they became convinced they could not oust the current inhabitants of the land, even though God told them they could. Their lack of belief in God’s word and promises brought forth the wrath of God. He cursed them with forty years of wilderness wandering until the unbelieving generation died off, never stepping foot in the Promised Land.

A seven-year famine was responsible for God’s chosen people ending up in Egypt. Initially, they flourished under the leadership of Joseph, number two in charge of the country after Pharaoh. “Then a new king, who did not know about Joseph, came to power in Egypt” (Exodus 1:8), and soon, “the Egyptians came to dread the Israelites” (Exodus 1:12). For the next several centuries the Israelites were enslaved by the Egyptians who “worked them ruthlessly” (Exodus 1:13). Eventually, God heard their cries (Exodus 2:23-25) and sent Moses and Aaron to rescue them. After enduring the last of the ten plagues—the death of the firstborn males—Pharaoh finally agreed to release the Israelites.

Upon their arrival at Kadesh Barnea, which bordered the Promised Land of Canaan, they sent out twelve spies to survey the land and its people (Numbers 13:18-25). They returned after forty days of exploration. Ten of the spies had a bad report: “We can’t attack those people they are stronger than we are…All the people we saw were of great size…We seemed like grasshoppers in our own eyes” (Numbers 13:31-33). Only Joshua and Caleb dissented (Numbers 14:6-7). Believing the report of the ten doubters, the people lost heart and rebelled. They “raised their voices and wept aloud,” grumbling against Moses and Aaron, saying, “If only we had died in Egypt! Or in this desert! Why is the LORD bringing us to this land only to let us fall by the sword” (Numbers 14:1-2, emphasis added).

Then the Lord said to Moses, “How long will they refuse to believe in me, in spite of all the miraculous signs I have performed among them? I will strike them down with a plague and destroy them” (Numbers 14:11). However, Moses once again interceded for his people and turned away the wrath of God (Numbers 14:13-20). Although God did forgive them, He decided that “not one of them will ever see the land I promised on oath to their forefathers. No one who has treated me with contempt will ever see it” (Numbers 14:23). Rather, they would suffer by wandering in the wilderness for forty years, one year for each of the forty days they explored the land (Numbers 14:34). Furthermore, God would give them what they asked for: “I will do the very things I heard you say: In this desert your bodies will fall, every one of you twenty years old or more” (Numbers 14:28-29). Additionally, the ten men who had given the bad report were struck down and died of a plague before the Lord (Numbers 14:37). Only Joshua and Caleb survived, the two faithful spies who believed God’s promise to give the land over to them.

God had promised them victory. The land He commanded them to go in and take was already theirs they simply had to trust and obey, but this they did not do. God will never lead us where His grace cannot provide for us or His power cannot protect us. Indeed, the Israelites had seen the powerful hand of God at work during the plagues and miracles of the Exodus. Yet, like many people, they walked by sight and not by faith, and their unbelief displeased God. “Without faith it is impossible to please God” (Hebrews 11:6). Their failure to believe in God’s word kept them from entering the Promised Land. This truth has never changed.


Why was Israel cursed with forty years of wilderness wandering?

“Wilderness wandering” refers to the plight of the Israelites due to their disobedience and unbelief. Nearly 3,500 years ago, the Lord delivered His people from Egyptian bondage as described in Exodus, chapters 1–12. They were to take possession of the land God had promised their forefathers, a land “flowing with milk and honey” (Exodus 3:8). Prior to entry, however, they became convinced they could not oust the current inhabitants of the land, even though God told them they could. Their lack of belief in God’s word and promises brought forth the wrath of God. He cursed them with forty years of wilderness wandering until the unbelieving generation died off, never stepping foot in the Promised Land.

A seven-year famine was responsible for God’s chosen people ending up in Egypt. Initially, they flourished under the leadership of Joseph, number two in charge of the country after Pharaoh. “Then a new king, who did not know about Joseph, came to power in Egypt” (Exodus 1:8), and soon, “the Egyptians came to dread the Israelites” (Exodus 1:12). For the next several centuries the Israelites were enslaved by the Egyptians who “worked them ruthlessly” (Exodus 1:13). Eventually, God heard their cries (Exodus 2:23-25) and sent Moses and Aaron to rescue them. After enduring the last of the ten plagues—the death of the firstborn males—Pharaoh finally agreed to release the Israelites.

Upon their arrival at Kadesh Barnea, which bordered the Promised Land of Canaan, they sent out twelve spies to survey the land and its people (Numbers 13:18-25). They returned after forty days of exploration. Ten of the spies had a bad report: “We can’t attack those people they are stronger than we are…All the people we saw were of great size…We seemed like grasshoppers in our own eyes” (Numbers 13:31-33). Only Joshua and Caleb dissented (Numbers 14:6-7). Believing the report of the ten doubters, the people lost heart and rebelled. They “raised their voices and wept aloud,” grumbling against Moses and Aaron, saying, “If only we had died in Egypt! Or in this desert! Why is the LORD bringing us to this land only to let us fall by the sword” (Numbers 14:1-2, emphasis added).

Then the Lord said to Moses, “How long will they refuse to believe in me, in spite of all the miraculous signs I have performed among them? I will strike them down with a plague and destroy them” (Numbers 14:11). However, Moses once again interceded for his people and turned away the wrath of God (Numbers 14:13-20). Although God did forgive them, He decided that “not one of them will ever see the land I promised on oath to their forefathers. No one who has treated me with contempt will ever see it” (Numbers 14:23). Rather, they would suffer by wandering in the wilderness for forty years, one year for each of the forty days they explored the land (Numbers 14:34). Furthermore, God would give them what they asked for: “I will do the very things I heard you say: In this desert your bodies will fall, every one of you twenty years old or more” (Numbers 14:28-29). Additionally, the ten men who had given the bad report were struck down and died of a plague before the Lord (Numbers 14:37). Only Joshua and Caleb survived, the two faithful spies who believed God’s promise to give the land over to them.

God had promised them victory. The land He commanded them to go in and take was already theirs they simply had to trust and obey, but this they did not do. God will never lead us where His grace cannot provide for us or His power cannot protect us. Indeed, the Israelites had seen the powerful hand of God at work during the plagues and miracles of the Exodus. Yet, like many people, they walked by sight and not by faith, and their unbelief displeased God. “Without faith it is impossible to please God” (Hebrews 11:6). Their failure to believe in God’s word kept them from entering the Promised Land. This truth has never changed.


Why was Israel cursed with forty years of wilderness wandering?

“Wilderness wandering” refers to the plight of the Israelites due to their disobedience and unbelief. Nearly 3,500 years ago, the Lord delivered His people from Egyptian bondage as described in Exodus, chapters 1–12. They were to take possession of the land God had promised their forefathers, a land “flowing with milk and honey” (Exodus 3:8). Prior to entry, however, they became convinced they could not oust the current inhabitants of the land, even though God told them they could. Their lack of belief in God’s word and promises brought forth the wrath of God. He cursed them with forty years of wilderness wandering until the unbelieving generation died off, never stepping foot in the Promised Land.

A seven-year famine was responsible for God’s chosen people ending up in Egypt. Initially, they flourished under the leadership of Joseph, number two in charge of the country after Pharaoh. “Then a new king, who did not know about Joseph, came to power in Egypt” (Exodus 1:8), and soon, “the Egyptians came to dread the Israelites” (Exodus 1:12). For the next several centuries the Israelites were enslaved by the Egyptians who “worked them ruthlessly” (Exodus 1:13). Eventually, God heard their cries (Exodus 2:23-25) and sent Moses and Aaron to rescue them. After enduring the last of the ten plagues—the death of the firstborn males—Pharaoh finally agreed to release the Israelites.

Upon their arrival at Kadesh Barnea, which bordered the Promised Land of Canaan, they sent out twelve spies to survey the land and its people (Numbers 13:18-25). They returned after forty days of exploration. Ten of the spies had a bad report: “We can’t attack those people they are stronger than we are…All the people we saw were of great size…We seemed like grasshoppers in our own eyes” (Numbers 13:31-33). Only Joshua and Caleb dissented (Numbers 14:6-7). Believing the report of the ten doubters, the people lost heart and rebelled. They “raised their voices and wept aloud,” grumbling against Moses and Aaron, saying, “If only we had died in Egypt! Or in this desert! Why is the LORD bringing us to this land only to let us fall by the sword” (Numbers 14:1-2, emphasis added).

Then the Lord said to Moses, “How long will they refuse to believe in me, in spite of all the miraculous signs I have performed among them? I will strike them down with a plague and destroy them” (Numbers 14:11). However, Moses once again interceded for his people and turned away the wrath of God (Numbers 14:13-20). Although God did forgive them, He decided that “not one of them will ever see the land I promised on oath to their forefathers. No one who has treated me with contempt will ever see it” (Numbers 14:23). Rather, they would suffer by wandering in the wilderness for forty years, one year for each of the forty days they explored the land (Numbers 14:34). Furthermore, God would give them what they asked for: “I will do the very things I heard you say: In this desert your bodies will fall, every one of you twenty years old or more” (Numbers 14:28-29). Additionally, the ten men who had given the bad report were struck down and died of a plague before the Lord (Numbers 14:37). Only Joshua and Caleb survived, the two faithful spies who believed God’s promise to give the land over to them.

God had promised them victory. The land He commanded them to go in and take was already theirs they simply had to trust and obey, but this they did not do. God will never lead us where His grace cannot provide for us or His power cannot protect us. Indeed, the Israelites had seen the powerful hand of God at work during the plagues and miracles of the Exodus. Yet, like many people, they walked by sight and not by faith, and their unbelief displeased God. “Without faith it is impossible to please God” (Hebrews 11:6). Their failure to believe in God’s word kept them from entering the Promised Land. This truth has never changed.


Why was Israel cursed with forty years of wilderness wandering?

“Wilderness wandering” refers to the plight of the Israelites due to their disobedience and unbelief. Nearly 3,500 years ago, the Lord delivered His people from Egyptian bondage as described in Exodus, chapters 1–12. They were to take possession of the land God had promised their forefathers, a land “flowing with milk and honey” (Exodus 3:8). Prior to entry, however, they became convinced they could not oust the current inhabitants of the land, even though God told them they could. Their lack of belief in God’s word and promises brought forth the wrath of God. He cursed them with forty years of wilderness wandering until the unbelieving generation died off, never stepping foot in the Promised Land.

A seven-year famine was responsible for God’s chosen people ending up in Egypt. Initially, they flourished under the leadership of Joseph, number two in charge of the country after Pharaoh. “Then a new king, who did not know about Joseph, came to power in Egypt” (Exodus 1:8), and soon, “the Egyptians came to dread the Israelites” (Exodus 1:12). For the next several centuries the Israelites were enslaved by the Egyptians who “worked them ruthlessly” (Exodus 1:13). Eventually, God heard their cries (Exodus 2:23-25) and sent Moses and Aaron to rescue them. After enduring the last of the ten plagues—the death of the firstborn males—Pharaoh finally agreed to release the Israelites.

Upon their arrival at Kadesh Barnea, which bordered the Promised Land of Canaan, they sent out twelve spies to survey the land and its people (Numbers 13:18-25). They returned after forty days of exploration. Ten of the spies had a bad report: “We can’t attack those people they are stronger than we are…All the people we saw were of great size…We seemed like grasshoppers in our own eyes” (Numbers 13:31-33). Only Joshua and Caleb dissented (Numbers 14:6-7). Believing the report of the ten doubters, the people lost heart and rebelled. They “raised their voices and wept aloud,” grumbling against Moses and Aaron, saying, “If only we had died in Egypt! Or in this desert! Why is the LORD bringing us to this land only to let us fall by the sword” (Numbers 14:1-2, emphasis added).

Then the Lord said to Moses, “How long will they refuse to believe in me, in spite of all the miraculous signs I have performed among them? I will strike them down with a plague and destroy them” (Numbers 14:11). However, Moses once again interceded for his people and turned away the wrath of God (Numbers 14:13-20). Although God did forgive them, He decided that “not one of them will ever see the land I promised on oath to their forefathers. No one who has treated me with contempt will ever see it” (Numbers 14:23). Rather, they would suffer by wandering in the wilderness for forty years, one year for each of the forty days they explored the land (Numbers 14:34). Furthermore, God would give them what they asked for: “I will do the very things I heard you say: In this desert your bodies will fall, every one of you twenty years old or more” (Numbers 14:28-29). Additionally, the ten men who had given the bad report were struck down and died of a plague before the Lord (Numbers 14:37). Only Joshua and Caleb survived, the two faithful spies who believed God’s promise to give the land over to them.

God had promised them victory. The land He commanded them to go in and take was already theirs they simply had to trust and obey, but this they did not do. God will never lead us where His grace cannot provide for us or His power cannot protect us. Indeed, the Israelites had seen the powerful hand of God at work during the plagues and miracles of the Exodus. Yet, like many people, they walked by sight and not by faith, and their unbelief displeased God. “Without faith it is impossible to please God” (Hebrews 11:6). Their failure to believe in God’s word kept them from entering the Promised Land. This truth has never changed.