最新のレシピ

今すぐ読むべき7つの料理コンテンツネットワークストーリースライドショー

今すぐ読むべき7つの料理コンテンツネットワークストーリースライドショー



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

素晴らしい料理とフォークの世界であなたを最新の状態に保つ

真夜中のパン屋—イチゴとクリームアイスキャンディー

ミッドナイトベイカー、別名ジュディは、料理をしたり、楽しませたり、レシピやヒントを共有したりするのが大好きです。ミッドナイトベイカーの彼女と一緒に、スタイリングとおいしい料理に熱心だった彼女の友人のシルビアと、有名なパティシエ兼作家のヘレンS.フレッチャーがゲスト出演しています。ここでは、ギリシャヨーグルトを使用した、フライデーポップシクルシリーズの1つであるイチゴとクリームアイスポップのレシピを提供します。

乱雑なベイカー—自分で選んだイチゴ:私の最初のカナダの思い出

乱雑なベイカー、別名Charmain Christieは、すべての食事を記録し、彼女の料理の影響を母親とCanadian Living Magazineに帰し、レシピで「新鮮な食材、バランスの取れた味、複雑すぎないもの」を探します。内臓やビート。」この投稿では、Charmainが彼女の最初のカナダの思い出と関係する食品協会を共有しています。

メッキ|料理—スパークリングモヒート

メッキ|皿 毎週シェフがデザインしたさまざまな食事を提供し、すぐに注文でき、レシピの説明とともにドアに届けられる食材を提供します。ここでは、ハフィントンポストの夏の飲み物のレシピがテストされ、「毎回満足できる」夏にぴったりの飲み物として称賛されています。

Fork It Over Boston — Escape to the Cape:Pain d’Avignon

ボストンでフォークイット 「これは、ボストン、マサチューセッツ、およびその周辺地域に焦点を当てた、レストランのレビュー、食品関連のイベントの要約、キッチンアドベンチャー、楽しい食品科学などのコレクションです。」この投稿では、Pain d’Avignonへのメディア旅行で、このブロガーが興奮し、彼女の思い出をあなたと共有しています。

ディシンとレベル—スパイシーなハニーマスタードベーコンに包まれたエビ

ディシンとレベル 「[彼女は]すべてそのように空想的であるため」、反逆者の呪文は間違っており、彼女のオンラインスペースを使用して、レシピ、食品、キッチンガジェット、まとめの投稿を共有しています。楽しくておいしい前菜のためのこのレシピは、あなたの次のパーティーメニューの必需品でなければなりません。

巧妙に触発された—ベビーマグケーキ:ベビーシャワーの好意

巧妙に触発された (賢くなるように刺激されてください)、知識は共有するためのものであると信じています。彼女の使命は、達成感、誇り、そして学びを止めたくないという願望を、彼女のブログを読むすべての人と共有することです。この投稿では、レシピカードと乾燥した材料がグラス(電子レンジ対応のマグカップ)に充填され、ゲストが自宅で作り終えることができる、調理済みで愛らしいギフトを提供します。

クレオールコンテッサ—トマト、ベーコン、チーズのタルト

クレオールコンテッサ 夫を「ビッググー」、娘を「ベイビーガール」と呼び、「素晴らしいレシピを世界と共有しないのは公平ではない」という理由でブログを始めました。カリフォルニアで育ちましたが、毎年夏にルイジアナで亡くなった祖母のフランシスと過ごし、クレオール料理の芸術を教え、ルーツを変えました。現在、彼女は「かわいくて料理するにはかわいく見えなきゃ」をモットーに運営し、フルクローゼットへの道を歩み、ブログを書いています。この投稿では、クレオールコンテッサが、口の中でとろけるようなおいしいタルトのレシピを紹介します。


コロナウイルスは、90年代のようにレシピにチェーンメールを送っています

36のレシピを無料で入手できると想像してみてください。つまり、文字通りどのレシピのWebサイトにもアクセスできます。しかし、志を同じくする人または志を同じくする人からあなたに与えられた、「迅速、簡単、そして珍しい材料を含まない」レシピで、彼らがそれよりもわずかに厳選されたと想像してみてください。受信トレイに表示されたメールの最後にあるスロット1の人にレシピをメールで送信し、スロット2の人をスロット1に移動して、そのメールを内の20人の友達に転送するだけです。 5日。簡単、簡単。

BijanStephenがTheVergeのために書いたように、チェーンメールは人間のコミュニケーションのゴキブリです。インターネット上に5​​年生とだまされやすい人々がいる限り、彼らは決して死ぬことはありません。過去数年間にテキストメッセージに皮肉なものが表示されたことがあるかもしれません。あるいは、それらを取得するのをやめなかったかもしれません。しかし、人々が可能な限り家にいるようになると、チェーンメールが再び本格的に登場し、レシピを共有するように受信者に求める繰り返しが1回あります。これは、キャセロールのヒントを得るのにかなり分裂的な方法であることが証明されています。

「検疫レシピ交換!」の時は吠えたと認めざるを得ません。私の最も古くて親友の一人から送られてきたメールが私の受信トレイに表示されました。私はレシピが「珍しい材料」を除外しなければならなかったという仕様に腹を立てました。それは多くのインド料理を調理する人として、私のキッチンで実際に非常に一般的なスパイスを除外するための嘆願として読みました。ボストンに住むアラナも同じ欲求不満を感じていた(友達の怒りを恐れて名前が変わった)。 「必需品の購入が問題になっているこの時期に、一体何が「珍しい」材料なのか」と彼女は尋ねます。彼女の頼りになるレシピの1つであるパンプキンパイクッキーは、缶詰のカボチャやオーツ麦などの通常の材料を使用しています。状況を見つけるのは簡単かもしれませんが、今、誰が知っていますか?

それを除けば、それは雑用のように見えました、そして雑用は私が今やりたいことではありません。 「なぜ私たちの社会の中で最も外向的な人々が、この時期に私たちの残りの人々に社会的な宿題を強制しなければならないのですか?」とアラナは尋ねました。仕事のメールで同僚からチェーンメールを受け取ったベッツィは、プロジェクトを楽しいものから不安を誘発するものに変えるのは、良い提案をするために考慮すべきことが多すぎるということです。 「レシピはとても個人的なもので、[レシピエント]に食事制限があるかどうかはわかりません」と彼女は言います。

もう1つの問題は、レシピチェーンメールの中には、COVID-19の流行をその存在理由として明示的に挙げているものがあり、それに関するニュースを消費しないことがますます困難になっていることです。 「危機が深まり、Zoom / FaceTime / HousePartyのすべてが、共感を呼ぶ/憂うつな会話に終わるにつれて、社交はあまり役に立たなくなっているとほとんど感じています」とAlana氏は言います。楽しいプロジェクトを告げるはずのメールは、もう1つの厄介なものです。

しかし、主な不満は、チェーンメールがオンラインでレシピを見つけるという非常に簡単なタスクを過度に複雑にしていることです。彼らが暗黙のうちに受信者に求めているのは、忙しい仕事をたくさんすること、またはこのプロジェクトがまったく楽しいとは思わないと友人や同僚に話すことの厄介さに耐えることです。 「オンラインで簡単にアクセスできるリソースよりも、ランダムな同僚や同僚の友人からメールを受け取る方がレシピのアイデアを得るのに良い方法だと誰かが考える理由は想像できません」とベッツィ氏は言います。 「見知らぬ人の叔母がマッシュルームスープのクリームで何をしているのか知りたくありません。」

Shibani Faehnleはまた、チェーンを入手したらすぐに削除したと言います。これは主に、冗長であるように思われたためです。 「インターネットとInstagramには理由があります」と彼女は言います。 「何十万ものフードスタグラムの1つをフォローできる場合は、このチェーンメールはまったく必要ありません」。おそらく、友人のランダムな親戚よりも少し専門知識が豊富です。しかし今、あなたが「いいえ」と言うなら、あなたは甘やかされて育ったスポーツです。仲間からの圧力が常にチェーンメールの普及を後押ししました。小学校の全員に10人の親友のリストを送らないリスクは、実際には不運に悩まされることではなく、行き詰まるということでした。社会の流れに逆らって。大人が送信する電子メールチェーンメールには、すべてのプレッシャーが伴い、生涯の呪いのリスクの面白さはありません。

もちろん、これらのメールを送信する人は愚かではありません。彼らは知っています ニューヨーク・タイムズナスのパルミジャーノレッジャーの作り方を知りたい場合は、の料理セクションがあります。重要なのは実際にはレシピではなく、プロセス全体です。友人のデボラになぜメールを送ったのかと尋ねると、彼女の回答は、つながりと楽しみに対する彼女の欲求を浮き彫りにしました(対照的に、私がどんな皮肉な嫌いな人であったか)。デボラは料理が大好きですが、彼女は優柔不断で、友達の好みを信頼していると言います。そのため、チェーンが彼女にいくつかの成功したレシピを提供することを望んでいました。しかしまた、彼女は社会的要素を楽しんでおり、知人や見知らぬ人とさえ話すことができます。 「幼い頃からよく覚えている、妹の親愛なる旧友のレシピを手に取ってみましたが、たまに大人(葬儀、バル・ミツワー)としてしか見られません」と彼女は言います。 「他に理由がないのに、彼女と交流する言い訳ができてよかったです。」別のチェーンを通じて、彼女は尊敬する地元の作家と接触しました。

Fran Hoepfnerはまた、斬新な方法で社交したいという願望は、彼女のチェーンメールの奥深くにあるものであると言います。 「メールを新しいスレッドにスピンオフして、食べ物や日常について話し合うのは楽しかったです」と彼女は言います。 「私は約2年前に家を離れたので、それ以来会っていない多くの人々と連絡を取り戻すことができました。」メールのきっかけは、Cooking In The Time Of Coronavirusの亡霊かもしれませんが、それは、特にZoomログインを必要としない種類の、欲求的な相互作用のための単なる煙幕です。

さまざまな反応は、一般的な性格の違いを浮き彫りにします。見知らぬ人との相互作用を興奮したり、用心深く見たりする傾向があります。プロジェクト。もちろん、レシピチェーンメールを受け取っています。私たちは社会的交流を制限し、料理の仕方を知っているものの数の限界を押し広げています。私たちの多くは、おそらくいくつかのアドバイスといくつかの会話を使用することができます。そうでない場合は、スパムになっているふりをしてください。


コロナウイルスは、90年代のようにレシピにチェーンメールを送っています

36のレシピを無料で入手できると想像してみてください。つまり、文字通りどのレシピのWebサイトにもアクセスできます。しかし、志を同じくする人または志を同じくする人からあなたに与えられた、「迅速、簡単、そして珍しい材料を含まない」レシピで、彼らがそれよりもわずかに厳選されたと想像してみてください。受信トレイに表示されたメールの最後にあるスロット1の人にレシピをメールで送信し、スロット2の人をスロット1に移動して、そのメールを内の20人の友達に転送するだけです。 5日。簡単、簡単。

BijanStephenがTheVergeのために書いたように、チェーンメールは人間のコミュニケーションのゴキブリです。インターネット上に5​​年生とだまされやすい人々がいる限り、彼らは決して死ぬことはありません。過去数年間にテキストメッセージに皮肉なものが表示されたことがあるかもしれません。あるいは、それらを取得するのをやめなかったかもしれません。しかし、人々が可能な限り家にいるようになると、チェーンメールが再び本格的に登場し、レシピを共有するように受信者に求める繰り返しが1回あります。これは、キャセロールのヒントを得るのにかなり分裂的な方法であることが証明されています。

「検疫レシピ交換!」の時は吠えたと認めざるを得ません。私の最も古くて親友の一人から送られてきたメールが私の受信トレイに表示されました。私はレシピが「珍しい材料」を除外しなければならなかったという仕様に腹を立てました。それは多くのインド料理を調理する人として、私のキッチンで実際に非常に一般的なスパイスを除外するための嘆願として読みました。ボストンに住むアラナも同じ欲求不満を感じていた(友達の怒りを恐れて名前が変わった)。 「必需品の購入が問題になっているこの時期に、一体何が「珍しい」材料なのか」と彼女は尋ねます。彼女の頼りになるレシピの1つであるパンプキンパイクッキーは、缶詰のカボチャやオーツ麦などの通常の材料を使用しています。状況を見つけるのは簡単かもしれませんが、今、誰が知っていますか?

それを除けば、それは雑用のように見えました、そして雑用は私が今やりたいことではありません。 「なぜ私たちの社会の中で最も外向的な人々が、この時期に私たちの残りの人々に社会的な宿題を強制しなければならないのですか?」とアラナは尋ねました。仕事のメールで同僚からチェーンメールを受け取ったベッツィは、プロジェクトを楽しいものから不安を誘発するものに変えるのは、良い提案をするために考慮すべきことが多すぎるということです。 「レシピはとても個人的なもので、[レシピエント]に食事制限があるかどうかはわかりません」と彼女は言います。

もう1つの問題は、レシピチェーンメールの中には、COVID-19の流行をその存在理由として明示的に挙げているものがあり、それに関するニュースを消費しないことがますます困難になっていることです。 「危機が深まり、Zoom / FaceTime / HousePartyのすべてが、共感を呼ぶ/憂うつな会話に終わるにつれて、社交はあまり役に立たなくなっているとほとんど感じています」とAlana氏は言います。楽しいプロジェクトを告げるはずのメールは、もう1つの厄介なものです。

しかし、主な不満は、チェーンメールがオンラインでレシピを見つけるという非常に簡単なタスクを過度に複雑にしていることです。彼らが暗黙のうちに受信者に求めているのは、忙しい仕事をたくさんすること、またはこのプロジェクトがまったく楽しいとは思わないと友人や同僚に話すことの厄介さに耐えることです。 「オンラインで簡単にアクセスできるリソースよりも、ランダムな同僚や同僚の友人からメールを受け取る方がレシピのアイデアを得るのに良い方法だと誰かが考える理由は想像できません」とベッツィ氏は言います。 「見知らぬ人の叔母がマッシュルームスープのクリームで何をしているのか知りたくありません。」

Shibani Faehnleはまた、チェーンを入手したらすぐに削除したと言います。これは主に、冗長であるように思われたためです。 「インターネットとInstagramには理由があります」と彼女は言います。 「何十万ものフードスタグラムの1つをフォローできる場合は、このチェーンメールはまったく必要ありません」。おそらく、友人のランダムな親戚よりも少し専門知識が豊富です。しかし今、あなたが「いいえ」と言うなら、あなたは甘やかされて育ったスポーツです。仲間からの圧力が常にチェーンメールの普及を後押ししました。小学校の全員に10人の親友のリストを送らないリスクは、実際には不運に悩まされることではなく、行き詰まるということでした。社会の流れに逆らって。大人が送信する電子メールチェーンメールには、すべてのプレッシャーが伴い、生涯の呪いのリスクの面白さはありません。

もちろん、これらのメールを送信する人は愚かではありません。彼らは知っています ニューヨーク・タイムズナスのパルミジャーノレッジャーの作り方を知りたい場合は、の料理セクションがあります。重要なのは実際にはレシピではなく、プロセス全体です。友人のデボラになぜメールを送ったのかと尋ねると、彼女の回答は、つながりと楽しみに対する彼女の欲求を浮き彫りにしました(対照的に、私がどんな皮肉な嫌いな人であったか)。デボラは料理が大好きですが、彼女は優柔不断で、友達の好みを信頼していると言います。そのため、チェーンが彼女にいくつかの成功したレシピを提供することを望んでいました。しかしまた、彼女は社会的要素を楽しんでおり、知人や見知らぬ人とさえ話すことができます。 「幼い頃からよく覚えている、妹の親愛なる旧友のレシピを手に取ってみましたが、たまに大人(葬儀、バル・ミツワー)としてしか見られません」と彼女は言います。 「他に理由がないのに、彼女と交流する言い訳ができてよかったです。」別のチェーンを通じて、彼女は尊敬する地元の作家と接触しました。

Fran Hoepfnerはまた、斬新な方法で社交したいという願望は、彼女のチェーンメールの奥深くにあるものであると言います。 「メールを新しいスレッドにスピンオフして、食べ物や日常について話し合うのは楽しかったです」と彼女は言います。 「私は約2年前に家を離れたので、それ以来会っていない多くの人々と連絡を取り戻すことができました。」メールのきっかけは、Cooking In The Time Of Coronavirusの亡霊かもしれませんが、それは、特にZoomログインを必要としない種類の、欲求的な相互作用のための単なる煙幕です。

さまざまな反応は、一般的な性格の違いを浮き彫りにします。見知らぬ人との相互作用を興奮したり、用心深く見たりする傾向があります。プロジェクト。もちろん、レシピチェーンメールを受け取っています。私たちは社会的交流を制限し、料理の仕方を知っているものの数の限界を押し広げています。私たちの多くは、おそらくいくつかのアドバイスといくつかの会話を使用することができます。そうでない場合は、スパムになっているふりをしてください。


コロナウイルスは、90年代のようにレシピにチェーンメールを送っています

36のレシピを無料で入手できると想像してみてください。つまり、文字通りどのレシピのWebサイトにもアクセスできます。しかし、志を同じくする人または志を同じくする人からあなたに与えられた、「迅速、簡単、そして珍しい材料を含まない」レシピで、彼らがそれよりもわずかに厳選されたと想像してみてください。受信トレイに表示されたメールの最後にあるスロット1の人にレシピをメールで送信し、スロット2の人をスロット1に移動して、そのメールを内の20人の友達に転送するだけです。 5日。簡単、簡単。

BijanStephenがTheVergeのために書いたように、チェーンメールは人間のコミュニケーションのゴキブリです。インターネット上に5​​年生とだまされやすい人々がいる限り、彼らは決して死ぬことはありません。過去数年間にテキストメッセージに皮肉なものが表示されたことがあるかもしれません。あるいは、それらを取得するのをやめなかったかもしれません。しかし、人々が可能な限り家にいるようになると、チェーンメールが再び本格的に登場し、レシピを共有するように受信者に求める繰り返しが1回あります。これは、キャセロールのヒントを得るのにかなり分裂的な方法であることが証明されています。

「検疫レシピ交換!」の時は吠えたと認めざるを得ません。私の最も古くて親友の一人から送られてきたメールが私の受信トレイに表示されました。私はレシピが「珍しい材料」を除外しなければならなかったという仕様に腹を立てました。それは多くのインド料理を調理する人として、私のキッチンで実際に非常に一般的なスパイスを除外するための嘆願として読みました。ボストンに住むアラナも同じ欲求不満を感じていた(友達の怒りを恐れて名前が変わった)。 「必需品の購入が問題になっているこの時期に、一体何が「珍しい」材料なのか」と彼女は尋ねます。彼女の頼りになるレシピの1つであるパンプキンパイクッキーは、缶詰のカボチャやオーツ麦などの通常の材料を使用しています。状況を見つけるのは簡単かもしれませんが、今、誰が知っていますか?

それを除けば、それは雑用のように見えました、そして雑用は私が今やりたいことではありません。 「なぜ私たちの社会の中で最も外向的な人々が、この時期に私たちの残りの人々に社会的な宿題を強制しなければならないのですか?」とアラナは尋ねました。仕事のメールで同僚からチェーンメールを受け取ったベッツィは、プロジェクトを楽しいものから不安を誘発するものに変えるのは、良い提案をするために考慮すべきことが多すぎるということです。 「レシピはとても個人的なもので、[レシピエント]に食事制限があるかどうかはわかりません」と彼女は言います。

もう1つの問題は、レシピチェーンメールの中には、COVID-19の流行をその存在理由として明示的に挙げているものがあり、それに関するニュースを消費しないことがますます困難になっていることです。 「危機が深まり、Zoom / FaceTime / HousePartyのすべてが、共感を呼ぶ/憂うつな会話に終わるにつれて、社交はあまり役に立たなくなっているとほとんど感じています」とAlana氏は言います。楽しいプロジェクトを告げるはずのメールは、もう1つの厄介なものです。

しかし、主な不満は、チェーンメールがオンラインでレシピを見つけるという非常に簡単なタスクを過度に複雑にしていることです。彼らが暗黙のうちに受信者に求めているのは、忙しい仕事をたくさんすること、またはこのプロジェクトがまったく楽しいとは思わないと友人や同僚に話すことの厄介さに耐えることです。 「オンラインで簡単にアクセスできるリソースよりも、ランダムな同僚や同僚の友人からメールを受け取る方がレシピのアイデアを得るのに良い方法だと誰かが考える理由は想像できません」とベッツィ氏は言います。 「見知らぬ人の叔母がマッシュルームスープのクリームで何をしているのか知りたくありません。」

Shibani Faehnleはまた、チェーンを入手したらすぐに削除したと言います。これは主に、冗長であるように思われたためです。 「インターネットとInstagramには理由があります」と彼女は言います。 「何十万ものフードスタグラムの1つをフォローできる場合は、このチェーンメールはまったく必要ありません」。おそらく、友人のランダムな親戚よりも少し専門知識が豊富です。しかし今、あなたが「いいえ」と言うなら、あなたは甘やかされて育ったスポーツです。仲間からの圧力が常にチェーンメールの普及を後押ししました。小学校の全員に10人の親友のリストを送らないリスクは、実際には不運に悩まされることではなく、行き詰まるということでした。社会の流れに逆らって。大人が送信する電子メールチェーンメールには、すべてのプレッシャーが伴い、生涯の呪いのリスクの面白さはありません。

もちろん、これらのメールを送信する人は愚かではありません。彼らは知っています ニューヨーク・タイムズナスのパルミジャーノレッジャーの作り方を知りたい場合は、の料理セクションがあります。重要なのは実際にはレシピではなく、プロセス全体です。友人のデボラになぜメールを送ったのかと尋ねると、彼女の回答は、つながりと楽しみに対する彼女の欲求を浮き彫りにしました(対照的に、私がどんな皮肉な嫌いな人であったか)。デボラは料理が大好きですが、彼女は優柔不断で、友達の好みを信頼していると言います。そのため、チェーンが彼女にいくつかの成功したレシピを提供することを望んでいました。しかしまた、彼女は社会的要素を楽しんでおり、知人や見知らぬ人とさえ話すことができます。 「幼い頃からよく覚えている、妹の親愛なる旧友のレシピを手に取ってみましたが、たまに大人(葬儀、バル・ミツワー)としてしか見られません」と彼女は言います。 「他に理由がないのに、彼女と交流する言い訳ができてよかったです。」別のチェーンを通じて、彼女は尊敬する地元の作家と接触しました。

Fran Hoepfnerはまた、斬新な方法で社交したいという願望は、彼女のチェーンメールの奥深くにあるものであると言います。 「メールを新しいスレッドにスピンオフして、食べ物や日常について話し合うのは楽しかったです」と彼女は言います。 「私は約2年前に家を離れたので、それ以来会っていない多くの人々と連絡を取り戻すことができました。」メールのきっかけは、Cooking In The Time Of Coronavirusの亡霊かもしれませんが、それは、特にZoomログインを必要としない種類の、欲求的な相互作用のための単なる煙幕です。

さまざまな反応は、一般的な性格の違いを浮き彫りにします。見知らぬ人との相互作用を興奮したり、用心深く見たりする傾向があります。プロジェクト。もちろん、レシピチェーンメールを受け取っています。私たちは社会的交流を制限し、料理の仕方を知っているものの数の限界を押し広げています。私たちの多くは、おそらくいくつかのアドバイスといくつかの会話を使用することができます。そうでない場合は、スパムになっているふりをしてください。


コロナウイルスは、90年代のようにレシピにチェーンメールを送っています

36のレシピを無料で入手できると想像してみてください。つまり、文字通りどのレシピのWebサイトにもアクセスできます。しかし、志を同じくする人または志を同じくする人からあなたに与えられた、「迅速、簡単、そして珍しい材料を含まない」レシピで、彼らがそれよりもわずかに厳選されたと想像してみてください。受信トレイに表示されたメールの最後にあるスロット1の人にレシピをメールで送信し、スロット2の人をスロット1に移動して、そのメールを内の20人の友達に転送するだけです。 5日。簡単、簡単。

BijanStephenがTheVergeのために書いたように、チェーンメールは人間のコミュニケーションのゴキブリです。インターネット上に5​​年生とだまされやすい人々がいる限り、彼らは決して死ぬことはありません。過去数年間にテキストメッセージに皮肉なものが表示されたことがあるかもしれません。あるいは、それらを取得するのをやめなかったかもしれません。しかし、人々が可能な限り家にいるようになると、チェーンメールが再び本格的に登場し、レシピを共有するように受信者に求める繰り返しが1回あります。これは、キャセロールのヒントを得るのにかなり分裂的な方法であることが証明されています。

「検疫レシピ交換!」の時は吠えたと認めざるを得ません。私の最も古くて親友の一人から送られてきたメールが私の受信トレイに表示されました。私はレシピが「珍しい材料」を除外しなければならなかったという仕様に腹を立てました。それは多くのインド料理を調理する人として、私のキッチンで実際に非常に一般的なスパイスを除外するための嘆願として読みました。ボストンに住むアラナも同じ欲求不満を感じていた(友達の怒りを恐れて名前が変わった)。 「必需品の購入が問題になっているこの時期に、一体何が「珍しい」材料なのか」と彼女は尋ねます。彼女の頼りになるレシピの1つであるパンプキンパイクッキーは、缶詰のカボチャやオーツ麦などの通常の材料を使用しています。状況を見つけるのは簡単かもしれませんが、今、誰が知っていますか?

それを除けば、それは雑用のように見えました、そして雑用は私が今やりたいことではありません。 「なぜ私たちの社会の中で最も外向的な人々が、この時期に私たちの残りの人々に社会的な宿題を強制しなければならないのですか?」とアラナは尋ねました。仕事のメールで同僚からチェーンメールを受け取ったベッツィは、プロジェクトを楽しいものから不安を誘発するものに変えるのは、良い提案をするために考慮すべきことが多すぎるということです。 「レシピはとても個人的なもので、[レシピエント]に食事制限があるかどうかはわかりません」と彼女は言います。

もう1つの問題は、レシピチェーンメールの中には、COVID-19の流行をその存在理由として明示的に挙げているものがあり、それに関するニュースを消費しないことがますます困難になっていることです。 「危機が深まり、Zoom / FaceTime / HousePartyのすべてが、共感を呼ぶ/憂うつな会話に終わるにつれて、社交はあまり役に立たなくなっているとほとんど感じています」とAlana氏は言います。楽しいプロジェクトを告げるはずのメールは、もう1つの厄介なものです。

しかし、主な不満は、チェーンメールがオンラインでレシピを見つけるという非常に簡単なタスクを過度に複雑にしていることです。彼らが暗黙のうちに受信者に求めているのは、忙しい仕事をたくさんすること、またはこのプロジェクトがまったく楽しいとは思わないと友人や同僚に話すことの厄介さに耐えることです。 「オンラインで簡単にアクセスできるリソースよりも、ランダムな同僚や同僚の友人からメールを受け取る方がレシピのアイデアを得るのに良い方法だと誰かが考える理由は想像できません」とベッツィ氏は言います。 「見知らぬ人の叔母がマッシュルームスープのクリームで何をしているのか知りたくありません。」

Shibani Faehnleはまた、チェーンを入手したらすぐに削除したと言います。これは主に、冗長であるように思われたためです。 「インターネットとInstagramには理由があります」と彼女は言います。 「何十万ものフードスタグラムの1つをフォローできる場合は、このチェーンメールはまったく必要ありません」。おそらく、友人のランダムな親戚よりも少し専門知識が豊富です。しかし今、あなたが「いいえ」と言うなら、あなたは甘やかされて育ったスポーツです。仲間からの圧力が常にチェーンメールの普及を後押ししました。小学校の全員に10人の親友のリストを送らないリスクは、実際には不運に悩まされることではなく、行き詰まるということでした。社会の流れに逆らって。大人が送信する電子メールチェーンメールには、すべてのプレッシャーが伴い、生涯の呪いのリスクの面白さはありません。

もちろん、これらのメールを送信する人は愚かではありません。彼らは知っています ニューヨーク・タイムズナスのパルミジャーノレッジャーの作り方を知りたい場合は、の料理セクションがあります。重要なのは実際にはレシピではなく、プロセス全体です。友人のデボラになぜメールを送ったのかと尋ねると、彼女の回答は、つながりと楽しみに対する彼女の欲求を浮き彫りにしました(対照的に、私がどんな皮肉な嫌いな人であったか)。デボラは料理が大好きですが、彼女は優柔不断で、友達の好みを信頼していると言います。そのため、チェーンが彼女にいくつかの成功したレシピを提供することを望んでいました。しかしまた、彼女は社会的要素を楽しんでおり、知人や見知らぬ人とさえ話すことができます。 「幼い頃からよく覚えている姉の親愛なる旧友のレシピを手に取ってみましたが、たまに大人(葬儀、バル・ミツワー)としてしか見られません」と彼女は言います。 「他に理由がないのに、彼女と交流する言い訳ができてよかったです。」別のチェーンを通じて、彼女は尊敬する地元の作家と接触しました。

Fran Hoepfnerはまた、斬新な方法で社交したいという願望は、彼女のチェーンメールの奥深くにあるものであると言います。 「メールを新しいスレッドにスピンオフして、食べ物や日常について話し合うのは楽しかったです」と彼女は言います。 「私は約2年前に家を離れたので、それ以来会っていない多くの人々と連絡を取り戻すことができました。」メールのきっかけは、Cooking In The Time Of Coronavirusの亡霊かもしれませんが、それは、特にZoomログインを必要としない種類の、欲求的な相互作用のための単なる煙幕です。

さまざまな反応は、一般的な性格の違いを浮き彫りにします。見知らぬ人との相互作用を興奮したり、用心深く見たりする傾向があります。プロジェクト。もちろん、レシピチェーンメールを受け取っています。私たちは社会的交流を制限し、料理の仕方を知っているものの数の限界を押し広げています。私たちの多くは、おそらくいくつかのアドバイスといくつかの会話を使用することができます。そうでない場合は、スパムになっているふりをしてください。


コロナウイルスは、90年代のようにレシピにチェーンメールを送っています

36のレシピを無料で入手できると想像してみてください。つまり、文字通りどのレシピのWebサイトにもアクセスできます。しかし、志を同じくする人または志を同じくする人からあなたに与えられた、「迅速、簡単、そして珍しい材料を含まない」レシピで、彼らがそれよりもわずかに厳選されたと想像してみてください。受信トレイに表示されたメールの最後にあるスロット1の人にレシピをメールで送信し、スロット2の人をスロット1に移動して、そのメールを内の20人の友達に転送するだけです。 5日。簡単、簡単。

BijanStephenがTheVergeのために書いたように、チェーンメールは人間のコミュニケーションのゴキブリです。インターネット上に5​​年生とだまされやすい人々がいる限り、彼らは決して死ぬことはありません。過去数年間にテキストメッセージに皮肉なものが表示されたことがあるかもしれません。あるいは、それらを取得するのをやめなかったかもしれません。しかし、人々が可能な限り家にいるようになると、チェーンメールが再び本格的に登場し、レシピを共有するように受信者に求める繰り返しが1回あります。これは、キャセロールのヒントを得るのにかなり分裂的な方法であることが証明されています。

「検疫レシピ交換!」の時は吠えたと認めざるを得ません。私の最も古くて親友の一人から送られてきたメールが私の受信トレイに表示されました。私はレシピが「珍しい材料」を除外しなければならなかったという仕様に腹を立てました。それは多くのインド料理を調理する人として、私のキッチンで実際に非常に一般的なスパイスを除外するための嘆願として読みました。ボストンに住むアラナも同じ欲求不満を感じていた(友達の怒りを恐れて名前が変わった)。 「必需品の購入が問題になっているこの時期に、一体何が「珍しい」材料なのか」と彼女は尋ねます。彼女の頼りになるレシピの1つであるパンプキンパイクッキーは、缶詰のカボチャやオーツ麦などの通常の材料を使用しています。状況を見つけるのは簡単かもしれませんが、今、誰が知っていますか?

それを除けば、それは雑用のように見えました、そして雑用は私が今やりたいことではありません。 “Why must the most extroverted of our society force social homework on the rest of us during this time?,” asked Alana. Betsy, who got the chain email from her coworker over her work email, says what turns the project from fun to anxiety-inducing is that there are too many things to consider to make a good suggestion. “Recipes are so personal, and I have no idea if [the recipient] has dietary restrictions,” she says.

Another issue is that some of the recipe chain emails explicitly name the COVID-19 epidemic as the reason for their existence, and it’s become increasingly difficult to not consume news about it. “I almost feel that socializing is getting less helpful as the crisis deepens and every Zoom/FaceTime/HouseParty ends up a commiserating/depressing conversation,” Alana says. The email that’s supposed to herald a fun project is just another bummer.

But the main complaint is that the chain emails overly complicate the extraordinarily easy task of finding a recipe online. What they’re implicitly asking of their recipients is to do a lot of busy work, or endure the awkwardness of telling a friend or coworker that you don’t think this project is very fun at all. “I just can’t imagine why someone would think getting emails from random co-workers or friends of co-workers is a better way to get recipe ideas than readily accessible resources online,” Betsy says. “I don’t want to know what a stranger’s aunt does with cream of mushroom soup.”

Shibani Faehnle also says she deleted the chain as soon as she got it, mostly because it seemed redundant. “The internet and Instagram exist for a reason,” she says. “There’s absolutely no need for this chain email when you can follow one of the many hundreds of thousands of foodstagrams,” who probably have slightly more expertise than a random relative of a friend. But now, if you say “no,” you’re a spoilsport. Peer pressure always drove the spread of chain letters — the risk of not sending everyone in your elementary school a list of your 10 best friends wasn’t actually that you’ll be plagued with bad luck, it was that you’d be caught going against the social flow. Email chain letters sent by adults come with all the pressure and none of the fun of a risk of a lifetime curse.

Of course, the people sending these emails aren’t stupid.彼らは知っています ニューヨーク・タイムズ’s Cooking section exists if they want to know how to make eggplant parm. The point isn’t really the recipes, but the entire process. When I asked my friend, Deborah, why she sent the email, her responses highlighted her desire for connection and fun (and, by contrast, what a cynical asshole I was being). Deborah loves cooking, but says she’s indecisive and trusts her friends’s tastes, so hoped the chain would get her some successful recipes. But also, she enjoys the social component, and getting to talk to acquaintances or even strangers. “I got to hand-pick a recipe for a dear old friend of my sister’s, who I remember well from childhood, but only see on occasion as an adult (funerals, bar mitzvahs),” she says. “It was cool to have an excuse to interact with her when I’d otherwise have no reason to.” Through a different chain, she was put in contact with a local writer she admires.

Fran Hoepfner also says the desire for socializing in a novel way is what has her deep in chain letters, which apparently have overwhelmingly recommended her this Smitten Kitchen black pepper tofu with eggplant. “It’s been fun to spin off emails onto a new thread and talk back and forth about food and mundanities,” she says. “I moved away from home about two years ago, so this has put me back in touch with a lot of folks I haven’t seen since then.” The impetus of the email might be the specter of Cooking In The Time Of Coronavirus, but it’s just a smokescreen for craving interaction, especially the kind that doesn’t require a Zoom login.

The different reactions highlight general personality differences: the tendency to view interactions with strangers with excitement or with wariness, thinking projects are fun versus.プロジェクト。 So of course we’re getting recipe chain letters. We’re limiting social interaction and pushing the boundaries of just how many things we know how to cook. A lot of us could probably use some advice and some conversation. And if you don’t, just pretend it went to spam.


Coronavirus Has Us Doing Chain Letters for Recipes Like It’s the Damn ’90s

Imagine you could get 36 recipes for free. I mean, you can, by going to literally any recipe website. But imagine they were slightly more curated than that, given to you by a like-minded person or someone like-minded to that like-minded person, recipes that are “quick, easy, and without rare ingredients.” All you have to do is email a recipe to the person in slot 1 at the end of the email that has shown up in your inbox, and then move the person in slot 2 to slot 1, and then forward that email to 20 friends within five days.簡単、簡単。

As Bijan Stephen wrote for The Verge, chain letters are the cockroaches of human communication. They will never die, as long as we have 5th graders and gullible people on the internet. You may have even had an ironic one show up in your text messages in the past few years, or maybe you never stopped getting them. But as people continue to stay at home as much as possible, the chain letter is emerging in full force again, with one iteration asking recipients to share recipes. Which is proving to be a pretty divisive way to get casserole tips.

I have to admit I balked when the “Quarantine Recipe Exchange!” email showed up in my inbox, sent to me by one of my oldest and best friends. I was irked by the specification the recipe had to exclude “rare ingredients,” which, as someone who cooks a lot of Indian food, read as a plea to exclude any of the spices that are actually quite common in my kitchen. Alana, who lives in Boston, felt the same frustration (her name has been changed because she fears the ire of her friends). “In this time where buying necessities is becoming an issue what the heck is a ‘rare’ ingredient?,” she asks, noting that one of her go-to recipes — pumpkin pie cookies — uses ingredients like canned pumpkin and oats that under normal circumstances may be easy to find — but now, who knows?

Aside from that, it seemed like a chore, and chores are not what I want to be doing right now. “Why must the most extroverted of our society force social homework on the rest of us during this time?,” asked Alana. Betsy, who got the chain email from her coworker over her work email, says what turns the project from fun to anxiety-inducing is that there are too many things to consider to make a good suggestion. “Recipes are so personal, and I have no idea if [the recipient] has dietary restrictions,” she says.

Another issue is that some of the recipe chain emails explicitly name the COVID-19 epidemic as the reason for their existence, and it’s become increasingly difficult to not consume news about it. “I almost feel that socializing is getting less helpful as the crisis deepens and every Zoom/FaceTime/HouseParty ends up a commiserating/depressing conversation,” Alana says. The email that’s supposed to herald a fun project is just another bummer.

But the main complaint is that the chain emails overly complicate the extraordinarily easy task of finding a recipe online. What they’re implicitly asking of their recipients is to do a lot of busy work, or endure the awkwardness of telling a friend or coworker that you don’t think this project is very fun at all. “I just can’t imagine why someone would think getting emails from random co-workers or friends of co-workers is a better way to get recipe ideas than readily accessible resources online,” Betsy says. “I don’t want to know what a stranger’s aunt does with cream of mushroom soup.”

Shibani Faehnle also says she deleted the chain as soon as she got it, mostly because it seemed redundant. “The internet and Instagram exist for a reason,” she says. “There’s absolutely no need for this chain email when you can follow one of the many hundreds of thousands of foodstagrams,” who probably have slightly more expertise than a random relative of a friend. But now, if you say “no,” you’re a spoilsport. Peer pressure always drove the spread of chain letters — the risk of not sending everyone in your elementary school a list of your 10 best friends wasn’t actually that you’ll be plagued with bad luck, it was that you’d be caught going against the social flow. Email chain letters sent by adults come with all the pressure and none of the fun of a risk of a lifetime curse.

Of course, the people sending these emails aren’t stupid.彼らは知っています ニューヨーク・タイムズ’s Cooking section exists if they want to know how to make eggplant parm. The point isn’t really the recipes, but the entire process. When I asked my friend, Deborah, why she sent the email, her responses highlighted her desire for connection and fun (and, by contrast, what a cynical asshole I was being). Deborah loves cooking, but says she’s indecisive and trusts her friends’s tastes, so hoped the chain would get her some successful recipes. But also, she enjoys the social component, and getting to talk to acquaintances or even strangers. “I got to hand-pick a recipe for a dear old friend of my sister’s, who I remember well from childhood, but only see on occasion as an adult (funerals, bar mitzvahs),” she says. “It was cool to have an excuse to interact with her when I’d otherwise have no reason to.” Through a different chain, she was put in contact with a local writer she admires.

Fran Hoepfner also says the desire for socializing in a novel way is what has her deep in chain letters, which apparently have overwhelmingly recommended her this Smitten Kitchen black pepper tofu with eggplant. “It’s been fun to spin off emails onto a new thread and talk back and forth about food and mundanities,” she says. “I moved away from home about two years ago, so this has put me back in touch with a lot of folks I haven’t seen since then.” The impetus of the email might be the specter of Cooking In The Time Of Coronavirus, but it’s just a smokescreen for craving interaction, especially the kind that doesn’t require a Zoom login.

The different reactions highlight general personality differences: the tendency to view interactions with strangers with excitement or with wariness, thinking projects are fun versus.プロジェクト。 So of course we’re getting recipe chain letters. We’re limiting social interaction and pushing the boundaries of just how many things we know how to cook. A lot of us could probably use some advice and some conversation. And if you don’t, just pretend it went to spam.


Coronavirus Has Us Doing Chain Letters for Recipes Like It’s the Damn ’90s

Imagine you could get 36 recipes for free. I mean, you can, by going to literally any recipe website. But imagine they were slightly more curated than that, given to you by a like-minded person or someone like-minded to that like-minded person, recipes that are “quick, easy, and without rare ingredients.” All you have to do is email a recipe to the person in slot 1 at the end of the email that has shown up in your inbox, and then move the person in slot 2 to slot 1, and then forward that email to 20 friends within five days.簡単、簡単。

As Bijan Stephen wrote for The Verge, chain letters are the cockroaches of human communication. They will never die, as long as we have 5th graders and gullible people on the internet. You may have even had an ironic one show up in your text messages in the past few years, or maybe you never stopped getting them. But as people continue to stay at home as much as possible, the chain letter is emerging in full force again, with one iteration asking recipients to share recipes. Which is proving to be a pretty divisive way to get casserole tips.

I have to admit I balked when the “Quarantine Recipe Exchange!” email showed up in my inbox, sent to me by one of my oldest and best friends. I was irked by the specification the recipe had to exclude “rare ingredients,” which, as someone who cooks a lot of Indian food, read as a plea to exclude any of the spices that are actually quite common in my kitchen. Alana, who lives in Boston, felt the same frustration (her name has been changed because she fears the ire of her friends). “In this time where buying necessities is becoming an issue what the heck is a ‘rare’ ingredient?,” she asks, noting that one of her go-to recipes — pumpkin pie cookies — uses ingredients like canned pumpkin and oats that under normal circumstances may be easy to find — but now, who knows?

Aside from that, it seemed like a chore, and chores are not what I want to be doing right now. “Why must the most extroverted of our society force social homework on the rest of us during this time?,” asked Alana. Betsy, who got the chain email from her coworker over her work email, says what turns the project from fun to anxiety-inducing is that there are too many things to consider to make a good suggestion. “Recipes are so personal, and I have no idea if [the recipient] has dietary restrictions,” she says.

Another issue is that some of the recipe chain emails explicitly name the COVID-19 epidemic as the reason for their existence, and it’s become increasingly difficult to not consume news about it. “I almost feel that socializing is getting less helpful as the crisis deepens and every Zoom/FaceTime/HouseParty ends up a commiserating/depressing conversation,” Alana says. The email that’s supposed to herald a fun project is just another bummer.

But the main complaint is that the chain emails overly complicate the extraordinarily easy task of finding a recipe online. What they’re implicitly asking of their recipients is to do a lot of busy work, or endure the awkwardness of telling a friend or coworker that you don’t think this project is very fun at all. “I just can’t imagine why someone would think getting emails from random co-workers or friends of co-workers is a better way to get recipe ideas than readily accessible resources online,” Betsy says. “I don’t want to know what a stranger’s aunt does with cream of mushroom soup.”

Shibani Faehnle also says she deleted the chain as soon as she got it, mostly because it seemed redundant. “The internet and Instagram exist for a reason,” she says. “There’s absolutely no need for this chain email when you can follow one of the many hundreds of thousands of foodstagrams,” who probably have slightly more expertise than a random relative of a friend. But now, if you say “no,” you’re a spoilsport. Peer pressure always drove the spread of chain letters — the risk of not sending everyone in your elementary school a list of your 10 best friends wasn’t actually that you’ll be plagued with bad luck, it was that you’d be caught going against the social flow. Email chain letters sent by adults come with all the pressure and none of the fun of a risk of a lifetime curse.

Of course, the people sending these emails aren’t stupid.彼らは知っています ニューヨーク・タイムズ’s Cooking section exists if they want to know how to make eggplant parm. The point isn’t really the recipes, but the entire process. When I asked my friend, Deborah, why she sent the email, her responses highlighted her desire for connection and fun (and, by contrast, what a cynical asshole I was being). Deborah loves cooking, but says she’s indecisive and trusts her friends’s tastes, so hoped the chain would get her some successful recipes. But also, she enjoys the social component, and getting to talk to acquaintances or even strangers. “I got to hand-pick a recipe for a dear old friend of my sister’s, who I remember well from childhood, but only see on occasion as an adult (funerals, bar mitzvahs),” she says. “It was cool to have an excuse to interact with her when I’d otherwise have no reason to.” Through a different chain, she was put in contact with a local writer she admires.

Fran Hoepfner also says the desire for socializing in a novel way is what has her deep in chain letters, which apparently have overwhelmingly recommended her this Smitten Kitchen black pepper tofu with eggplant. “It’s been fun to spin off emails onto a new thread and talk back and forth about food and mundanities,” she says. “I moved away from home about two years ago, so this has put me back in touch with a lot of folks I haven’t seen since then.” The impetus of the email might be the specter of Cooking In The Time Of Coronavirus, but it’s just a smokescreen for craving interaction, especially the kind that doesn’t require a Zoom login.

The different reactions highlight general personality differences: the tendency to view interactions with strangers with excitement or with wariness, thinking projects are fun versus.プロジェクト。 So of course we’re getting recipe chain letters. We’re limiting social interaction and pushing the boundaries of just how many things we know how to cook. A lot of us could probably use some advice and some conversation. And if you don’t, just pretend it went to spam.


Coronavirus Has Us Doing Chain Letters for Recipes Like It’s the Damn ’90s

Imagine you could get 36 recipes for free. I mean, you can, by going to literally any recipe website. But imagine they were slightly more curated than that, given to you by a like-minded person or someone like-minded to that like-minded person, recipes that are “quick, easy, and without rare ingredients.” All you have to do is email a recipe to the person in slot 1 at the end of the email that has shown up in your inbox, and then move the person in slot 2 to slot 1, and then forward that email to 20 friends within five days.簡単、簡単。

As Bijan Stephen wrote for The Verge, chain letters are the cockroaches of human communication. They will never die, as long as we have 5th graders and gullible people on the internet. You may have even had an ironic one show up in your text messages in the past few years, or maybe you never stopped getting them. But as people continue to stay at home as much as possible, the chain letter is emerging in full force again, with one iteration asking recipients to share recipes. Which is proving to be a pretty divisive way to get casserole tips.

I have to admit I balked when the “Quarantine Recipe Exchange!” email showed up in my inbox, sent to me by one of my oldest and best friends. I was irked by the specification the recipe had to exclude “rare ingredients,” which, as someone who cooks a lot of Indian food, read as a plea to exclude any of the spices that are actually quite common in my kitchen. Alana, who lives in Boston, felt the same frustration (her name has been changed because she fears the ire of her friends). “In this time where buying necessities is becoming an issue what the heck is a ‘rare’ ingredient?,” she asks, noting that one of her go-to recipes — pumpkin pie cookies — uses ingredients like canned pumpkin and oats that under normal circumstances may be easy to find — but now, who knows?

Aside from that, it seemed like a chore, and chores are not what I want to be doing right now. “Why must the most extroverted of our society force social homework on the rest of us during this time?,” asked Alana. Betsy, who got the chain email from her coworker over her work email, says what turns the project from fun to anxiety-inducing is that there are too many things to consider to make a good suggestion. “Recipes are so personal, and I have no idea if [the recipient] has dietary restrictions,” she says.

Another issue is that some of the recipe chain emails explicitly name the COVID-19 epidemic as the reason for their existence, and it’s become increasingly difficult to not consume news about it. “I almost feel that socializing is getting less helpful as the crisis deepens and every Zoom/FaceTime/HouseParty ends up a commiserating/depressing conversation,” Alana says. The email that’s supposed to herald a fun project is just another bummer.

But the main complaint is that the chain emails overly complicate the extraordinarily easy task of finding a recipe online. What they’re implicitly asking of their recipients is to do a lot of busy work, or endure the awkwardness of telling a friend or coworker that you don’t think this project is very fun at all. “I just can’t imagine why someone would think getting emails from random co-workers or friends of co-workers is a better way to get recipe ideas than readily accessible resources online,” Betsy says. “I don’t want to know what a stranger’s aunt does with cream of mushroom soup.”

Shibani Faehnle also says she deleted the chain as soon as she got it, mostly because it seemed redundant. “The internet and Instagram exist for a reason,” she says. “There’s absolutely no need for this chain email when you can follow one of the many hundreds of thousands of foodstagrams,” who probably have slightly more expertise than a random relative of a friend. But now, if you say “no,” you’re a spoilsport. Peer pressure always drove the spread of chain letters — the risk of not sending everyone in your elementary school a list of your 10 best friends wasn’t actually that you’ll be plagued with bad luck, it was that you’d be caught going against the social flow. Email chain letters sent by adults come with all the pressure and none of the fun of a risk of a lifetime curse.

Of course, the people sending these emails aren’t stupid.彼らは知っています ニューヨーク・タイムズ’s Cooking section exists if they want to know how to make eggplant parm. The point isn’t really the recipes, but the entire process. When I asked my friend, Deborah, why she sent the email, her responses highlighted her desire for connection and fun (and, by contrast, what a cynical asshole I was being). Deborah loves cooking, but says she’s indecisive and trusts her friends’s tastes, so hoped the chain would get her some successful recipes. But also, she enjoys the social component, and getting to talk to acquaintances or even strangers. “I got to hand-pick a recipe for a dear old friend of my sister’s, who I remember well from childhood, but only see on occasion as an adult (funerals, bar mitzvahs),” she says. “It was cool to have an excuse to interact with her when I’d otherwise have no reason to.” Through a different chain, she was put in contact with a local writer she admires.

Fran Hoepfner also says the desire for socializing in a novel way is what has her deep in chain letters, which apparently have overwhelmingly recommended her this Smitten Kitchen black pepper tofu with eggplant. “It’s been fun to spin off emails onto a new thread and talk back and forth about food and mundanities,” she says. “I moved away from home about two years ago, so this has put me back in touch with a lot of folks I haven’t seen since then.” The impetus of the email might be the specter of Cooking In The Time Of Coronavirus, but it’s just a smokescreen for craving interaction, especially the kind that doesn’t require a Zoom login.

The different reactions highlight general personality differences: the tendency to view interactions with strangers with excitement or with wariness, thinking projects are fun versus.プロジェクト。 So of course we’re getting recipe chain letters. We’re limiting social interaction and pushing the boundaries of just how many things we know how to cook. A lot of us could probably use some advice and some conversation. And if you don’t, just pretend it went to spam.


Coronavirus Has Us Doing Chain Letters for Recipes Like It’s the Damn ’90s

Imagine you could get 36 recipes for free. I mean, you can, by going to literally any recipe website. But imagine they were slightly more curated than that, given to you by a like-minded person or someone like-minded to that like-minded person, recipes that are “quick, easy, and without rare ingredients.” All you have to do is email a recipe to the person in slot 1 at the end of the email that has shown up in your inbox, and then move the person in slot 2 to slot 1, and then forward that email to 20 friends within five days.簡単、簡単。

As Bijan Stephen wrote for The Verge, chain letters are the cockroaches of human communication. They will never die, as long as we have 5th graders and gullible people on the internet. You may have even had an ironic one show up in your text messages in the past few years, or maybe you never stopped getting them. But as people continue to stay at home as much as possible, the chain letter is emerging in full force again, with one iteration asking recipients to share recipes. Which is proving to be a pretty divisive way to get casserole tips.

I have to admit I balked when the “Quarantine Recipe Exchange!” email showed up in my inbox, sent to me by one of my oldest and best friends. I was irked by the specification the recipe had to exclude “rare ingredients,” which, as someone who cooks a lot of Indian food, read as a plea to exclude any of the spices that are actually quite common in my kitchen. Alana, who lives in Boston, felt the same frustration (her name has been changed because she fears the ire of her friends). “In this time where buying necessities is becoming an issue what the heck is a ‘rare’ ingredient?,” she asks, noting that one of her go-to recipes — pumpkin pie cookies — uses ingredients like canned pumpkin and oats that under normal circumstances may be easy to find — but now, who knows?

Aside from that, it seemed like a chore, and chores are not what I want to be doing right now. “Why must the most extroverted of our society force social homework on the rest of us during this time?,” asked Alana. Betsy, who got the chain email from her coworker over her work email, says what turns the project from fun to anxiety-inducing is that there are too many things to consider to make a good suggestion. “Recipes are so personal, and I have no idea if [the recipient] has dietary restrictions,” she says.

Another issue is that some of the recipe chain emails explicitly name the COVID-19 epidemic as the reason for their existence, and it’s become increasingly difficult to not consume news about it. “I almost feel that socializing is getting less helpful as the crisis deepens and every Zoom/FaceTime/HouseParty ends up a commiserating/depressing conversation,” Alana says. The email that’s supposed to herald a fun project is just another bummer.

But the main complaint is that the chain emails overly complicate the extraordinarily easy task of finding a recipe online. What they’re implicitly asking of their recipients is to do a lot of busy work, or endure the awkwardness of telling a friend or coworker that you don’t think this project is very fun at all. “I just can’t imagine why someone would think getting emails from random co-workers or friends of co-workers is a better way to get recipe ideas than readily accessible resources online,” Betsy says. “I don’t want to know what a stranger’s aunt does with cream of mushroom soup.”

Shibani Faehnle also says she deleted the chain as soon as she got it, mostly because it seemed redundant. “The internet and Instagram exist for a reason,” she says. “There’s absolutely no need for this chain email when you can follow one of the many hundreds of thousands of foodstagrams,” who probably have slightly more expertise than a random relative of a friend. But now, if you say “no,” you’re a spoilsport. Peer pressure always drove the spread of chain letters — the risk of not sending everyone in your elementary school a list of your 10 best friends wasn’t actually that you’ll be plagued with bad luck, it was that you’d be caught going against the social flow. Email chain letters sent by adults come with all the pressure and none of the fun of a risk of a lifetime curse.

Of course, the people sending these emails aren’t stupid.彼らは知っています ニューヨーク・タイムズ’s Cooking section exists if they want to know how to make eggplant parm. The point isn’t really the recipes, but the entire process. When I asked my friend, Deborah, why she sent the email, her responses highlighted her desire for connection and fun (and, by contrast, what a cynical asshole I was being). Deborah loves cooking, but says she’s indecisive and trusts her friends’s tastes, so hoped the chain would get her some successful recipes. But also, she enjoys the social component, and getting to talk to acquaintances or even strangers. “I got to hand-pick a recipe for a dear old friend of my sister’s, who I remember well from childhood, but only see on occasion as an adult (funerals, bar mitzvahs),” she says. “It was cool to have an excuse to interact with her when I’d otherwise have no reason to.” Through a different chain, she was put in contact with a local writer she admires.

Fran Hoepfner also says the desire for socializing in a novel way is what has her deep in chain letters, which apparently have overwhelmingly recommended her this Smitten Kitchen black pepper tofu with eggplant. “It’s been fun to spin off emails onto a new thread and talk back and forth about food and mundanities,” she says. “I moved away from home about two years ago, so this has put me back in touch with a lot of folks I haven’t seen since then.” The impetus of the email might be the specter of Cooking In The Time Of Coronavirus, but it’s just a smokescreen for craving interaction, especially the kind that doesn’t require a Zoom login.

The different reactions highlight general personality differences: the tendency to view interactions with strangers with excitement or with wariness, thinking projects are fun versus.プロジェクト。 So of course we’re getting recipe chain letters. We’re limiting social interaction and pushing the boundaries of just how many things we know how to cook. A lot of us could probably use some advice and some conversation. And if you don’t, just pretend it went to spam.


Coronavirus Has Us Doing Chain Letters for Recipes Like It’s the Damn ’90s

Imagine you could get 36 recipes for free. I mean, you can, by going to literally any recipe website. But imagine they were slightly more curated than that, given to you by a like-minded person or someone like-minded to that like-minded person, recipes that are “quick, easy, and without rare ingredients.” All you have to do is email a recipe to the person in slot 1 at the end of the email that has shown up in your inbox, and then move the person in slot 2 to slot 1, and then forward that email to 20 friends within five days.簡単、簡単。

As Bijan Stephen wrote for The Verge, chain letters are the cockroaches of human communication. They will never die, as long as we have 5th graders and gullible people on the internet. You may have even had an ironic one show up in your text messages in the past few years, or maybe you never stopped getting them. But as people continue to stay at home as much as possible, the chain letter is emerging in full force again, with one iteration asking recipients to share recipes. Which is proving to be a pretty divisive way to get casserole tips.

I have to admit I balked when the “Quarantine Recipe Exchange!” email showed up in my inbox, sent to me by one of my oldest and best friends. I was irked by the specification the recipe had to exclude “rare ingredients,” which, as someone who cooks a lot of Indian food, read as a plea to exclude any of the spices that are actually quite common in my kitchen. Alana, who lives in Boston, felt the same frustration (her name has been changed because she fears the ire of her friends). “In this time where buying necessities is becoming an issue what the heck is a ‘rare’ ingredient?,” she asks, noting that one of her go-to recipes — pumpkin pie cookies — uses ingredients like canned pumpkin and oats that under normal circumstances may be easy to find — but now, who knows?

Aside from that, it seemed like a chore, and chores are not what I want to be doing right now. “Why must the most extroverted of our society force social homework on the rest of us during this time?,” asked Alana. Betsy, who got the chain email from her coworker over her work email, says what turns the project from fun to anxiety-inducing is that there are too many things to consider to make a good suggestion. “Recipes are so personal, and I have no idea if [the recipient] has dietary restrictions,” she says.

Another issue is that some of the recipe chain emails explicitly name the COVID-19 epidemic as the reason for their existence, and it’s become increasingly difficult to not consume news about it. “I almost feel that socializing is getting less helpful as the crisis deepens and every Zoom/FaceTime/HouseParty ends up a commiserating/depressing conversation,” Alana says. The email that’s supposed to herald a fun project is just another bummer.

But the main complaint is that the chain emails overly complicate the extraordinarily easy task of finding a recipe online. What they’re implicitly asking of their recipients is to do a lot of busy work, or endure the awkwardness of telling a friend or coworker that you don’t think this project is very fun at all. “I just can’t imagine why someone would think getting emails from random co-workers or friends of co-workers is a better way to get recipe ideas than readily accessible resources online,” Betsy says. “I don’t want to know what a stranger’s aunt does with cream of mushroom soup.”

Shibani Faehnle also says she deleted the chain as soon as she got it, mostly because it seemed redundant. “The internet and Instagram exist for a reason,” she says. “There’s absolutely no need for this chain email when you can follow one of the many hundreds of thousands of foodstagrams,” who probably have slightly more expertise than a random relative of a friend. But now, if you say “no,” you’re a spoilsport. Peer pressure always drove the spread of chain letters — the risk of not sending everyone in your elementary school a list of your 10 best friends wasn’t actually that you’ll be plagued with bad luck, it was that you’d be caught going against the social flow. Email chain letters sent by adults come with all the pressure and none of the fun of a risk of a lifetime curse.

Of course, the people sending these emails aren’t stupid.彼らは知っています ニューヨーク・タイムズ’s Cooking section exists if they want to know how to make eggplant parm. The point isn’t really the recipes, but the entire process. When I asked my friend, Deborah, why she sent the email, her responses highlighted her desire for connection and fun (and, by contrast, what a cynical asshole I was being). Deborah loves cooking, but says she’s indecisive and trusts her friends’s tastes, so hoped the chain would get her some successful recipes. But also, she enjoys the social component, and getting to talk to acquaintances or even strangers. “I got to hand-pick a recipe for a dear old friend of my sister’s, who I remember well from childhood, but only see on occasion as an adult (funerals, bar mitzvahs),” she says. “It was cool to have an excuse to interact with her when I’d otherwise have no reason to.” Through a different chain, she was put in contact with a local writer she admires.

Fran Hoepfner also says the desire for socializing in a novel way is what has her deep in chain letters, which apparently have overwhelmingly recommended her this Smitten Kitchen black pepper tofu with eggplant. “It’s been fun to spin off emails onto a new thread and talk back and forth about food and mundanities,” she says. “I moved away from home about two years ago, so this has put me back in touch with a lot of folks I haven’t seen since then.” The impetus of the email might be the specter of Cooking In The Time Of Coronavirus, but it’s just a smokescreen for craving interaction, especially the kind that doesn’t require a Zoom login.

The different reactions highlight general personality differences: the tendency to view interactions with strangers with excitement or with wariness, thinking projects are fun versus.プロジェクト。 So of course we’re getting recipe chain letters. We’re limiting social interaction and pushing the boundaries of just how many things we know how to cook. A lot of us could probably use some advice and some conversation. And if you don’t, just pretend it went to spam.