最新のレシピ

カリフォルニアはきれいな水に資金を提供するのが遅い

カリフォルニアはきれいな水に資金を提供するのが遅い


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

カリフォルニア州の住民は、政府がお金をかけている間、きれいな水を探すために運転します

ロサンゼルスタイムズによると、私たちのシャワーとシンクから出てくる清潔で安全な水は、カリフォルニア州ラネアの不運な市民には利用できません。

カリフォルニア州フレズノの少し外れにあるこの「貧しい」町は、きれいな水を切実に必要としています。何年もの間、彼らは水を流すのに安全な水だけを扱ってきました。液体を調理して飲むことは問題外です。農業プロセスからのヒ素は、それらの水システムを通り抜けます。

カリフォルニア州がこれについて何かをしていないのはなぜですか?彼らの質問は確かに金銭的資金の不足についてではありません:カリフォルニアは「全国で飲料水を改善するための未使用のお金の最大のシェア」を持っています。米国環境庁は州の保健省に6月24日の期限を与えましたNS 資金を修正し、割り当てプロセスを合理化する計画を立てる。

カリフォルニアの住民の200万人はきれいな飲料水なしで生活していますが、残りの人々は何も考えずに水道水を手に入れることができます。では、他の人が苦しむ必要がないのに、なぜこれらのコミュニティは苦しんでいるのでしょうか。

手始めに、これらのコミュニティには、助成金を申請する立場や、現在の状況を修正するための技術専門家がいません。水道システムの修理を支援するためにお金が入ってきたとしても、それはしばしば無駄になります。これは、ロサンゼルスタイムズが悪い計画と調整の欠如に起因すると考えています。

州当局と水の擁護者がこれらのコミュニティにきれいな水をもたらすための戦いで小さな勝利を収めている間、ラネアの住民は息を止めていません。町は彼らの特定の状況を修正する方法の研究のために12月に50万ドルを授与されました、しかしそれは彼らの町できれいな水が利用可能になるまでに数ヶ月かかるかもしれません。現在、ラネアの市民は水を買うためにフレズノまたはハンフォードまで20マイル運転しなければならず、それでも彼らが飲むことさえできない水に月額54ドルを支払っています。


水へのアクセスのないカリフォルニア州民のために、コロナウイルスは闘争の別の層を追加します

COVID-19の発生の中でカリフォルニア州民が自宅に避難しているため、推定100万人が、主に州の農村部できれいな飲料水を利用できません。写真提供者:iStock。

ルーシー・ヘルナンデスは、先月、カリフォルニア州バイセイリアのウォルマート店に到着したとき、ギャビン・ニューサム知事がコロナウイルスの蔓延を遅らせるために州全体の外出禁止令を発令する直前に、何かがおかしいことを知っていました。

通常は品揃えの豊富な棚で、ヘルナンデスはボトル入りの水を見つけることができませんでした。

驚いたことに、彼女は車に飛び乗ってコストコに向かった。水がない。彼女は99セントオンリーストア、ダラーツリーとターゲットを試しました。水がない。必死になって、ヘルナンデスはハンフォードまで20マイル運転しましたが、それでも販売用の水を見つけることができませんでした。

3人の祖母であるヘルナンデスは、バイセイリアのすぐ東にあるウェストゴーシェンの小さなコミュニティで他の9人の家族と暮らしています。主に低所得のラテン系コミュニティの住民は、汚染の歴史があるため、地元の水道水を信用していません。安全性がテストされていない私有井戸からの地下水に依存している人もいます。セントラルバレーに住む他の何千人もの住民と同様に、水道の蛇口から安全な水を利用できないため、ウェストゴーシェンの多くの人々はボトル入りの水に頼って飲んでいます。

「私はショックを受けました」とヘルナンデスは言います。 「私は言いました。 『どうしてこれが起こるのでしょうか?水が必要な場合、どうすれば水筒なしでいられますか?」

「私たちの住人の多くは、この種の水に依存していて、何も、何もありませんでした。」

COVID-19の発生の中で、カリフォルニア州民が自宅に避難しているため、推定100万人が、健康と衛生を維持するための最も基本的な資源の1つであるきれいな飲料水を利用できません。これらの居住者の多くは、州の農村部、特にサンホアキンバレーに集中しており、数十の小さな公共用水システムが安全基準を満たしていないことがデータで示されています。

全国的に、毎年何百万人もの人々が安全でない水道水にさらされています。多くの場合、地方や低所得の色のコミュニティに主にサービスを提供している小さなコミュニティの水システムからです。老朽化したパイプやその他の有毒化学物質からの鉛は、2014年にミシガン州フリントで最も有名な都市の水道にも現れました。また、環境ワーキンググループによる最近の報告では、米国の飲料水が人工で広範囲に汚染されていることが検出されました。永遠に化学物質」、マイアミ、フィラデルフィア、ニューオーリンズなどの都市を含みます。

汚染された水だけが問題ではありません。アメリカ人の3分の1は水道料金の支払いに苦労しており、景気後退により状況は悪化すると予想されています。これは特に、COVID-19のホットスポットの1つであるデトロイトで問題になっています。デトロイトでは最近まで何千人もの住民が水を流していませんでした。ただし、ミシガン州やカリフォルニア州を含む一部の州では、パンデミック時の断水を禁止しています。

買い物客はストックトンのコストコに入るのを長い列で待ちます。写真提供者:iStock。

インフラストラクチャの問題

昨年、カリフォルニア州知事は上院法案200に署名し、地域の水インフラの改善を支援するために、年間1億3000万ドルの安全で手頃な飲料水基金を創設しました。その法案の実施は進行中ですが、コロナウイルスのパンデミックの中で安全な水道水がないことに気付いた何千人もの人々を助けるのに間に合いませんでした、と擁護者は言います。

「カリフォルニアでは水道水へのアクセスの欠如の問題が非常に大きいです」と、サンホアキンとイースタンコーチェラバレーに拠点を置くコミュニティ組織化グループである正義と説明責任のためのリーダーシップカウンセルの上級弁護士であるマイケルK.クレイボーンは言います。 「この新しいCOVID-19危機は、カリフォルニアのコミュニティがすでに直面しているこれらの問題を悪化させ、拡大させました。」

セントラルバレーの非準拠給水に見られる一般的な汚染物質には、硝酸塩、ヒ素、1,2,3-TCPとして知られる化合物などの残留農薬および工業用化学物質が含まれます。これらの汚染物質は、肝臓や腎臓の損傷、呼吸器疾患、血圧障害、癌などの深刻な健康問題に関連しています。

サンウォーキンバレーのコミュニティと協力しているコミュニティウォーターセンターのエグゼクティブディレクターであるスサナデアンダ氏は、汚染された水道水を持っている人々がそれを使って料理したり、さらに悪いことにそれを飲んだりするのではないかと心配していると言います。彼女の組織は、ヘルナンデスと同じ状況で多くの人々から聞いていると彼女は言います。

「私たちは電話を受けており、住民は「どこで水を手に入れることができますか?私は複数の店に行きましたが、水がありません」とDeAnda氏は言います。 "それは問題だ。これは2020年のカリフォルニアです。現実には、リスクのあるコミュニティのためにこのリソースに優先順位を付けることができる必要があります。」

De AndaとClaiborneは、州は不足している地域への緊急のボトル入り飲料水供給に資金を提供すべきだと述べています。安全でない水道水を使用している一部のコミュニティでは、すでにボトル入りの配水プログラムが実施されていると、コミュニティウォーターセンターのポリシーディレクターであるジョナサンネルソン氏は説明します。人々ができるだけ早く水を手に入れることができるように、これらのプログラムはより広く公表され、アプリケーションが合理化される必要があると彼は言います。

支持者たちは、コロナウイルス危機の際の未払いの水道料金の断水に関するニューサムの最近のモラトリアムと、3月4日以降に支払い不足のために水道を止めた人々への水道の復旧を称賛した。きれいな水道水が不足している人のために問題を解決すると彼らは言います。また、パンデミックの前にシャットオフが発生したため、水なしで生活している人々にも対応していません、と彼らは付け加えています。

「水は誰もが生きる必要のあるものです」

民主党の指導者たちは、次のCOVID-19刺激法案に250億ドルを含めて、きれいな水インフラプロジェクトに資金を提供し、上下水道料金の支払いに苦労しているアメリカの家庭に資金を提供することを提案しました。

ウェストゴーシェンに戻ったヘルナンデスは、家族や近所の人のためにボトル入りの水を見つけるのにまだ苦労しています。彼女は定期的に店舗を検索し(外出するとウイルスにさらされるのではないかと心配しています)、電話やソーシャルメディアを通じて他の町の住民や親戚とネットワークを築き、共有したいボトル入り飲料水を持っている人を見つけます。

彼女は、彼女と彼女の隣人が自分たちで問題を解決しようとするのではなく、人々が水を得るために呼び出すことができる緊急電話番号が郡にあることを望んでいると言います。

「私たちはお互いに助け合おうとしていますが、リソースがない場合、どうすれば助けられるでしょうか?」ヘルナンデスは言います。 「水は誰もが生きる必要のあるものです。何があっても、飲むには水が必要です。」

この記事は、 はい!メディア、社会問題とその問題について何が行われているのかを分析するソリューションジャーナリズムの全国​​的な非営利の独立した出版社。


EPAの調査では、カリフォルニア州が水インフラのニーズで第1位にランクされています

カリフォルニア州を水インフラのニーズの全国リストのトップに置いた連邦調査によると、カリフォルニア州は今後20年間で老朽化した水システムを修復するために445億ドルを使用する可能性があります。

次に、テキサスは約340億ドル、ニューヨークは約220億ドルでした。

2011年に米国環境保護庁によって実施され、火曜日に発表されたこの評価は、全国の公共飲料水システムの設備投資ニーズを文書化するために使用されます。 EPAは、その結果に基づいて、飲料水州回転基金を通じて助成金を割り当てています。

総じて、この調査では、2030年までのインフラストラクチャプロジェクトの希望リストが3840億ドルであり、2007年の評価よりも45億ドル多いことが明らかになりました。

カリフォルニアや他の場所では、最大のニーズは送水管と配水管の修理とアップグレードでした。それは、古い幹線が日常的に壊れて、街の通りに水が溢れる噴出を送るロサンゼルスの住民にとっては当然のことです。次は治療プロジェクトでした。

「国の水システムは、既存のインフラストラクチャの多くが耐用年数の終わりに達したか、または終わりに近づいているリハビリと交換の時代に入りました」と、EPAの代理管理者であるRobertPerciasepeは声明で述べています。 「これは、アメリカの家族が清潔で健康的な水源に必要なアクセスを継続できるようにするために対処しなければならない主要な問題です。」

4月、地域のEPA管理者は、カリフォルニア州公衆衛生局に違反の手紙を送り、州が小規模な農村地域の飲料水の水質を改善するために使用される別の州の回転基金に4億5500万ドルの連邦資金を費やしなかったと不満を述べました。汚染された井戸または他の問題。

EPAは、州が資金の多くをシャベルの準備ができていないプロジェクトのために取っておいたが、他のすぐに使えるプロジェクトは衰退したと述べた。

無料のCoronavirusTodayニュースレターを入手する

最新のニュース、最高のストーリー、それらがあなたにとって何を意味するのか、そしてあなたの質問への回答にサインアップしてください。

ロサンゼルスタイムズからプロモーションコンテンツを受け取る場合があります。

ベッティナボクソールは、ロサンゼルスタイムズの水と環境をカバーした後、34年間の論文で2021年に引退しました。彼女は、西部での山火事の拡大の原因と影響に関する5部構成のシリーズについて、同僚のジュリーカートと説明的な報告を行った2009年ピューリッツァー賞を共有しました。


ライブアップデート

アンドリュー・M・クオモ知事は、さらなる救済がなければ、ニューヨークは地方自治体への助成金で82億ドルを削減するだろうと警告しました、彼が言った打撃は「現代では前例がありませんでした」。削減は、特殊教育、小児医療、薬物乱用プログラム、固定資産税の軽減、大量輸送など、「州政府が資金提供するほぼすべての活動」に打撃を与えるだろうと彼は述べた。

2つの州が同じように予算の逼迫に取り組んだことはありません。何人かは年間予算を使い果たし、一度に1、2か月プログラムにお金をつぎ込んでいます。カットを指定したものの、まだ実行していないものもあります。

デラウェア州はより少ない債務を発行することを決定し、浄水プロジェクトに資金を提供することになっていた債券発行は棚上げされました。カリフォルニア州では、弁護士なしで法廷に行く人々(年間推定430万人)は、州が彼らを導くための「法廷ナビゲーター」の計画を破棄したため、混乱に対処し続けるでしょう。ネバダ州は、脱税者と彼らの未払いの数百万人を地下から追い出すことを望んで、通常は脱税者に課す罰金と利子を放棄すると述べた。メリーランド州では、ボルティモア交響楽団は160万ドルの州補助金を失います。

一部の州は、年金拠出金の現金を節約しようとしています。ケンタッキー州は、すでに国内で最も資金が不足している州の労働者年金基金への支払いを延期しました。コロラド州とメリーランド州は、貢献を減らすことを計画している州の1つです。カリフォルニアやニュージャージーのように、最近、過去の過少支払をカバーするために寄付を増やすことを約束した人もいますが、今ではそうする余裕がありません。

それ以上の連邦援助がなければ、最大の削減のいくつかは教育と医療になります。カリフォルニア州は、ワシントンが介入しない場合、学区にI.O.U.sで125億ドルを送金し、その間に自分たちに資金を提供する方法を見つけるのは学校にあると述べています。就学前のプログラムは多くの州で削減されており、無料の大学のプログラムも削減されています。州立大学のシステムは、州の資金で数十億ドルを失う予定ですが、十分な連邦資金が到着した場合、削減はすぐに取り消されると言う州もあります。

そして多くの州は、メディケイドへの支出を削減すると述べています。数百万人が従業員の健康上の利益とともに職を失ったため、低所得者向けの医療プログラムはパンデミックで急速に成長しています。州は、これらすべての追加の人々に支払う方法を見つけるのに苦労しています。コロラドのように、メディケイドの患者が医師の診察、医薬品、医療輸送のために支払わなければならない自己負担を増やしている人もいます。

州当局は、それ以上の援助が到着しない場合は削減を続ける以外に選択肢はほとんどないと述べています。 1つの州を除くすべての州、バーモント州は、毎年予算のバランスを取ることが法的に義務付けられており、バーモント州は自主的にそうしています。彼らは、ワシントンができるように、現金危機から抜け出すことはできません。なぜなら、彼らは、彼らが運ぶことができる債券債務の量を制限する法律を持っているからです。彼らが限界に近づきすぎると、貸し手はより高い金利を要求し始め、格付け機関はそれらを格下げします。

5月、連邦準備制度理事会は、地方債市場の条件が厄介になった場合に州の債券を購入することを申し出ました。しかし、ほとんどの州は、FRBのローンはコストがかかりすぎて、あまりにも早く返済しなければならないと考えています。これまでのところ、1つの州であるイリノイ州と1つの州当局であるニューヨークのメトロポリタン交通局だけが、連邦政府の申し出を受け入れています。全米州議会議員会議によると、ニュージャージー州とハワイ州は、州の財政計画が進展するにつれて追跡する取引を模索しています。

公的年金は、追加の連邦援助をめぐる議論の中心的な論点となっています。

4月、経済活動が低迷する中、イリノイ州議会議員は、来年の年金拠出金100億ドルを含む詳細な希望リストを州議会の代表団に送付しました。彼らはまた、イリノイ州の都市に96億ドルを要求しました。これには、「このCovid-19の発生時に緊急サービスを提供する警察、消防士、その他のファーストレスポンダーの退職金制度に資金を提供する」ための資金が必要でした。

要求はワシントンで軽蔑を引いた。

シンジケートされたラジオ番組で、マコーネル氏は、上院共和党員は「州に送るために借りたものは、年金プログラムで長年にわたって自分たちのために作成した問題の解決に費やされないことを確かに主張する」と述べた。

ジョージ・W・ブッシュ大統領の下で経済諮問委員会の議長を務めた経済保守派のグレン・ハバード氏は、国営年金基金の破綻を後押しするために連邦資金を使うべきではないことに同意したと述べた。しかし彼は、州の現金需要が緊急になりつつあることを認め、問題を抱えた州の年金制度を完全に見直す時間はないと述べた。

ハバード氏はインタビューで、スピードを上げるために、議会は、減税や年金の救済には使用しないという単純でおそらく破られる可能性のある規則で州にお金を送ることができると述べた。厳しい公的年金改革は、後で来る可能性があります。


インフラストラクチャの問題

昨年、カリフォルニア州知事は上院法案200に署名し、地域の水インフラの改善を支援するために、年間1億3000万ドルの安全で手頃な飲料水基金を創設しました。その法案の実施は進行中ですが、コロナウイルスのパンデミックの中で安全な水道水がないことに気付いた何千人もの人々を助けるのに間に合いませんでした、と擁護者は言います。

「カリフォルニアでは水道水へのアクセスの欠如の問題が非常に大きいです」と、サンホアキンとイースタンコーチェラバレーに拠点を置くコミュニティ組織化グループである正義と説明責任のためのリーダーシップカウンセルの上級弁護士であるマイケルK.クレイボーンは言います。 「この新しいCOVID-19危機は、カリフォルニアのコミュニティがすでに直面しているこれらの問題を悪化させ、拡大させました。」

セントラルバレーの非準拠給水に見られる一般的な汚染物質には、硝酸塩、ヒ素、1,2,3-TCPとして知られる化合物などの残留農薬および工業用化学物質が含まれます。これらの汚染物質は、肝臓や腎臓の損傷、呼吸器疾患、血圧障害、癌などの深刻な健康問題に関連しています。

サンウォーキンバレーのコミュニティと協力しているコミュニティウォーターセンターのエグゼクティブディレクターであるスサナデアンダ氏は、汚染された水道水を持っている人々がそれを使って料理したり、さらに悪いことにそれを飲んだりするのではないかと心配していると言います。彼女の組織は、ヘルナンデスと同じ状況で多くの人々から聞いていると彼女は言います。

「私たちは電話を受けており、住民は「どこで水を手に入れることができますか?私は複数の店に行きましたが、水がありません」とDeAnda氏は言います。 "それは問題だ。これは2020年のカリフォルニアです。現実には、リスクのあるコミュニティのためにこのリソースに優先順位を付けることができる必要があります。」

De AndaとClaiborneは、州は不足している地域への緊急のボトル入り飲料水供給に資金を提供すべきだと述べています。安全でない水道水を使用している一部のコミュニティでは、すでにボトル入りの配水プログラムが実施されていると、コミュニティウォーターセンターのポリシーディレクターであるジョナサンネルソン氏は説明します。人々ができるだけ早く水を手に入れることができるように、これらのプログラムはより広く公表され、アプリケーションが合理化される必要があると彼は言います。

支持者たちは、コロナウイルス危機の際の未払いの水道料金の断水に関するニューサムの最近のモラトリアムと、3月4日以降に支払い不足のために水道を止めた人々への水道の復旧を称賛した。きれいな水道水が不足している人のために問題を解決すると彼らは言います。また、パンデミックの前にシャットオフが発生したため、水なしで生活している人々にも対応していません、と彼らは付け加えています。


水なしでは信仰はありません

水なしであなたの朝のルーチンを想像してみてください。歯を磨く、シャワーを浴びる、バスルームを使う、お茶やコーヒーを作る。事実上、すべてのステップで大量の水が必要です—清潔で簡単にアクセスできます。

世界中の何百万人もの女性にとって、朝の日課は大きく異なります。

世界中の発展途上国では、女性は毎日最大5時間かけて遠くの汚染された水源から水を集め、40ポンドのジェリカンを背負って村に戻っています。 Water.orgは、45の開発途上国の女性と子供が水収集の主な責任を負っていると報告しています。体は体重で壊れ、水は家族を病気にすることがよくあります。約50の病気は、水質の悪化と衛生状態の欠如に関連しています。そして、最も苦しんでいるのは5歳未満の子供たちです。

水と衛生設備のない世界では、尊厳と安全を手に入れることは困難です。女性と少女はプライバシーのために夜の暗闇の中で人里離れた野原に忍び込む必要があり、そこでは一部が痴漢されたりレイプされたりします。少女が思春期に達すると、学校で屈辱を与えられるか、毎月数日欠席します。多くの少女は、月経を管理するためだけに完全に脱落します。何百万人もの若い女性を貧困に追いやるのは不公平な現実であり、逃げ道はありません。


ニューサムは&#8216安全で手頃な飲料水基金&#8217のために水に税金をかけたい

ギャビンニューサム知事は、カリフォルニアの貧しいコミュニティが汚染された水システムに対処するのを助けるために、州全体の飲料水に課税することを提案しました。

ニューサムの「安全で手頃な飲料水基金を設立する計画」は、木曜日に発表された彼の予算案にあります。昨年、飲料水税を提案する法案が提出されましたが、ジェリー・ブラウン知事による拒否権の脅迫を受けて、委員会の過程で殺害されました。

ニューサムは、「安全で手頃な飲料水基金」に2,500万ドルを費やすことを提案しています。150億ドルの州の黒字にもかかわらず、カリフォルニアの水に誰がどのように課税されるかはまだわかっていません。

金曜日、ニューサムはスタッフをセントラルバレーへの遠足に連れて行き、きれいな飲料水が不足している住民と話をしました。

それでも数年間、デヴォン・マシス議員(R-ポータービル)は、干ばつで井戸が乾いた地下水井戸に依存している彼の地区の10,000人の貧しい構成員のためにきれいな飲料水に資金を提供する法案を議会で可決させようとしました。

マティスはAB954を作成しました。これは、住宅所有者がより深い井戸を掘り、汚染された井戸をきれいにするために1,000万ドルを提供することになります。しかし、当時上院歳出委員長のリカルド・ララ(D-ロサンゼルス)がマティスの法案を殺害した。

テュレア郡のイーストポータービル市では、最近の干ばつのために何万人もの貧しい低所得の住民が何年もの間水を飲まずに行き、インフラの欠如と乾燥した汚染された井戸によって悪化しています。

Matthisは、住宅所有者だけでなく賃貸人にも資金へのアクセスを拡大したAB1588で再試行しました。ララ上院議員は、上院歳出委員会での最初の公聴会で、AB 1588をサスペンスファイルに載せ、合計1,000万ドルの費用が高すぎると主張しました。それはついに歳出委員会を通過し、ジェリー・ブラウン知事は2016年に法案に署名し、ドライウェルを深めるために住宅所有者に1,500万ドルの融資と助成金を提供しました。

&#8220ビバリーヒルズの住民よりも多くのお金を払っている間、家で水を飲んだり入浴したりできない住民に会いました&#8221知事はツイートしました。

カリフォルニア水機関協会は、水税がわからないまま、加重しました。 &#8220ACWAは、すべてのカリフォルニア州民が安全な飲料水を利用できるようにすることが州の最優先事項であると考えています。&#8221カリフォルニア州水道局副事務局長のシンディタック氏は述べています。 &#8220ただし、州全体の水税は非常に問題があり、代替の資金調達ソリューションが存在し、州に巨額の財政黒字がある場合は必要ありません。&#8221

タック氏は、ACWAは、州全体の水税を課さない解決策について、ニューサム知事、州議会、およびその他の利害関係者と協力することを好むと述べた。

ハワード・ジャービス納税者協会のジョン・クーパル会長は、「誰も驚いたことに、カリフォルニア州の新知事は、数十億ドルの支出と大幅な増税を伴う州予算を提案した」と述べた。 Coupalは、州の148億ドルの財政黒字を指摘し、提案された税を、新しい問題があるときはいつでも新しい税をデフォルトにするという「カリフォルニア」のひざまずく反応の例と呼びました。


カリフォルニア州民が公園、水プロジェクトに資金を提供するための措置に投票

ロサンゼルス(AP)&#8211カリフォルニア州民は火曜日、州が公園や保護プロジェクトに40億ドルを借り入れ、キャップアンドトレード汚染プログラムからの収入の配分方法を変更する提案に投票しています。

有権者は、州全体の5つの投票法案を決定するために投票に向かっています。

提案68により、カリフォルニア州は、州最大の湖を保護するための2億ドルを含む、公園や環境プロジェクトに資金を提供するための一般義務公債を発行することができます。ソルトン湖は、サンディエゴの地方水道局が水を送るのをやめて以来、蒸発しています。湖の収縮により、ほこりが近くのコミュニティに押し流され、鳥の生息地が脅かされています。

議会によって投票用紙として承認されたこの法案は、サービスの行き届いていない地域の公園に7億2500万ドルを提供し、きれいな飲料水と洪水防止プロジェクトに資金を提供します。

支持者は、カリフォルニアが山火事や洪水などの自然災害を軽減し、公園へのコミュニティのアクセスを拡大するのを助けるために努力が不可欠であると言います。反対派は、州が新しい債券債務を引き受けるべきではないと言います。

別の措置である提案70は、温室効果ガスを放出する許可を購入するよう汚染者に要求することで毎年数十億ドルを生み出すカリフォルニア州のキャップアンドトレードプログラムからの資金の支出方法を議会が決定する方法を変えることを目指しています。

キャップアンドトレードは、今年度中に27億ドルを調達すると予測されています。州予算の残りの部分と同様に、資金を使うには、州議会の各家で単純な多数決が必要です。収入の約4分の1は、多くの共和党員が反対している州の高速鉄道プロジェクトに向けられています。

法案が可決された場合、議会はこれらの資金を割り当てるために2024年から1回の3分の2の多数決を要求することになり、その過程で共和党はより多くの発言権を得ることができます。

投票用紙の他の措置は、投票用紙措置が実施されたときのディーゼル税収の支出方法と、雨水回収装置を設置するための減税に対処します。

提案69は、議会が最近承認されたディーゼル税と車両料金からのお金を輸送プロジェクトに使うことを要求するでしょう。議員たちは昨年、共和党が11月に別のイニシアチブを通じて廃止したいと考えているガソリン税の引き上げを可決したときに、この法案を投票用紙に載せることに投票した。

提案71は、投票用紙の発効日を選挙の翌日から選挙結果が証明された後の5日に変更します。それは提案の発効開始日を約6週間遅らせるでしょう。

提案72は、より多くの人々が節水に取り組むことを奨励するために、雨水回収装置を所有物に設置する住宅所有者に減税を与えるでしょう。


バーモント州にはまだきれいな水にお金を払う計画はありません

バーモント州議会議員は、シャンプレーン湖と州の他の汚染された水路を浄化する方法について20年以上にわたって議論してきました。 4年前、彼らは仕事を成し遂げるために長期的で安定した資金源を見つけることを約束しました。 2年前、州財務長官のBeth Pearceは、まさにそれを行うためのオプションのメニューを提供しました。

現在、2019年の立法会議の途中で、議員は決定を下すのに近づいていないようです。

バーモント州上院は今週、優先順位を設定し、地域ごとに汚染防止基金を分配するための新しいシステムを確立する法案を検討する予定です。しかし、現在の形では、この法案には、作業を実行するために必要な年間5,000万ドルから6,000万ドルの全額を維持するための新しい税金や手数料は含まれていません。立法指導者は、立法が下院に到達したときに資金源を追加すると主張しているが、環境擁護派は息を止めていない。

「私たちは本当に緊張しています」と、バーモント天然資源評議会の政策および水プログラムディレクターであるジョングローブマンは言いました。

水質目標を達成するために、議員は、既存の州および連邦の支出で約4,000万ドルを増やすために、年間1,000万ドルから2,000万ドルの新しい資金源を見つける必要があります。

下院議長のMitziJohnson(D-South Hero)は、House Ways and Means Committeeがこのセッションの後半に資金計画を提案することを期待していると述べたが、パネルはまだ計画の作成を開始していない。一方、民主党は、共和党のフィル・スコット知事が相続税の収入を年間約800万ドル使用するという提案を拒否した。

「一歩があるたびに、お金が提供されるという機会と期待があり、それは いいえ、2015年から議員に現金を考え出すように圧力をかけているグローブマン氏は、「再びデジャヴのようだ」と述べた。誰がステップアップしてお金を入れるの?」

汚染された水路の問題は小さな問題ではなく、新しい問題でもありません。

米国環境保護庁は2016年に、シャンプレーン湖へのリンの流れを3分の1、つまり約200トン、メンフレメーゴグ湖へのリンの流れを29%削減する必要があると述べました。リンは、牛糞、道路の流出、小川の土手侵食、その他の景観全体の発生源から発生し、水域内の雑草、藻類、有毒細菌の成長を促進し、レクリエーションや飲料水に適さないようにする栄養素です。

グローブマン氏は、水質汚染を削減するための州の過去の試みは、資金調達が最大の障害ではなかったほど弱い政策に依存していたと述べた。

「私たちはあらゆる面で失敗していた」とグローブマン氏は語った。

EPAからの2016年の命令は、新しい政策が必要であることを明らかにしただけでなく、州にきれいな水への投資を増やすことを要求したとグローブマン氏は述べた。

これまでのところ、彼は「そのお金は私たちに本当に汚れた水を手に入れました」と言いました。

ピアスの2017年1月のレポートでは、EPAの命令と2015年のバーモント州の水質浄化法に準拠するために必要な費用のかかる変更に対する州の財政支援をどのように強化できるかを詳細に説明しています。この法律は、州の機関に水質を規制する権限を拡大し、開発、農業、道路、その他の人間活動に関連する汚染から水路を保護するように設計された一連の新しい許可システムを要求しました。

スコットと立法府は、国債を売却することにより、2年間で1回限りの3000万ドルの注入を提供するというピアスの勧告にすぐに従いました。

このお金は、全体的な問題の軽減に少し貢献する数十のプロジェクトの支払いに役立っています。たとえば、最近の助成金は、耕作が少ないということは彼の畑からの汚染された流出が少ないことを意味するので、アディソン郡の農民が不耕起トウモロコシプランターに支払うのを助けました。その他の助成金は、とりわけ、バーリントンの住宅地からの流出を減らし、都市下水システムを改善し、砂防を確立して裏道からの流出を減らすのに役立ちました。

しかし、ピアス氏は、一時的な資金は、議員と州政府機関が長年の残りの仕事のための長期資金調達システムを確立するための時間を購入することだけを目的としていると述べた。

「これは、決定とその結果としての行動をさらに2年間延期することを意味するものではない」と彼女は警告した。 In addition to quickly finding a permanent source of new funds, lawmakers should develop a spending model that "maximizes cost efficiency and incentivizes local and regional decision making and implementation," she wrote.

Now, just three months before the temporary funds expire, lawmakers are working on a bill that addresses distribution of clean water funds but not how to raise all the needed money.

For environmental groups, the year started with a promising sign: After refusing for two years to identify a new, stable tax source to pay for clean water, Scott not only opened the door to new spending — he proposed it. The governor's budget recommendation for next year would steer revenues from the estate tax, collected when the wealthiest Vermonters die, into the state's Clean Water Fund instead of the state's General Fund.

"That's positive," Groveman said of Scott's acknowledgment that more dedicated funds are needed.

On the other hand, Groveman and other advocates were dismayed by the demise of the only water quality tax considered thus far by lawmakers this year. Senate Natural Resources and Energy Committee chair Chris Bray (D-Addison) proposed to raise $14 million a year with a $40-per-parcel annual fee on every piece of land in Vermont. An additional fee for developed land would have been phased in later to bolster those funds.

But Bray couldn't convince the other four members of his committee. The bill, as it emerged from his panel earlier this month, was stripped of all revenue-raising. Instead, it would create a new system for spending money from the Clean Water Fund and to monitor the results of that spending.

Under that model, the state Agency of Natural Resources would work with 14 local agencies, such as regional planning commissions, to set local, watershed-specific pollution reduction goals and priorities. The 14 agencies would receive block grants, which they would have discretion to spend on improvements, as long as they met pollution reduction targets and reported their progress to the state.

That redesign has won the support of Natural Resources Secretary Julie Moore, who said her agency could use help managing the thousands of potential cleanup projects across the state.

"We recognize that we are in some ways a bottleneck in the system," she said.

Rebekah Weber, the Conservation Law Foundation's Lake Champlain advocate, called Bray's bill, S.96, "an important step in being transparent and accountable" with clean water money.

She said accountability and monitoring are particularly important because the job ahead is so huge. "We need to remove around 213 metric tons of phosphorus from Lake Champlain," Weber said. "That's just Lake Champlain. There are other obligations in other watersheds. We're not near that goal."

But she also said there is a major flaw in the plan.

"There is no money," Weber said. "We've created some pretty innovative and important structures to get the money out the door, but S.96 does not deliver on money in its current form."

To replace the temporary funds and keep the state on track with its clean water obligations under state and federal law, Weber's organization is calling for $25 million in new spending this year.

Scott's proposal to use the estate tax would add an estimated $8 million, but it hasn't been well received in the legislature or the environmental community because it would starve the cash-strapped General Fund of that money. Nor did Bray's short-lived per-parcel-fee gain traction, leaving the legislature without an apparent plan to keep paying for the work required by state and federal law.

Senate President Pro Tempore Tim Ashe (D/P-Chittenden) said the focus on raising money is misplaced. He emphasized that the targets legislators are trying to meet have to do with water quality, not spending some specified amount of money.

"When we arrived here this year, our primary mission was cleaning up the water," he said. "Discussing revenue streams and all that are secondary to the actual policy of cleaning up the water."

Still, Ashe said he and his fellow senators "are all committed to the broad contours of an annual effort in the range that was described both by the EPA and by Beth Pearce's report, which was in that 50 to 60 [million dollar] range."

Because of the importance of spending clean water money efficiently, Ashe said, it was important to keep Bray's bill on track for passage even without consensus on how to 高める that money.

"We've got to figure out how to make our annual payment of between $50 and $60 million, but that doesn't have to happen to hold up a bill that's focused on making sure the work projects are prioritized and done the right way," Ashe said.

Plus, he said, it takes time to develop sound budgets.

"If we don't like the governor's proposal, we have to find the replacement money," he said. "But we don't walk in here with all the solutions just ready."

In fact, lawmakers have had access to a list of possible solutions for more than two years. Pearce's January 2017 report listed 64 potential revenue streams to pay for clean water and estimated how much cash each might provide. Her possibilities ranged from a tax on nail salons ($2.23 million in potential revenue) to a $50 per parcel fee ($16.7 million in potential revenue). Every legislative proposal since then has been a variation on one of Pearce's ideas, but none has passed.

With S.96 poised to move to the House, environmental groups and senators are looking to that chamber's Ways and Means Committee, which oversees all state revenues, to come up with a plan.

A year ago, Johnson told 七日間, "We know it's a huge responsibility. Coming up with a new funding source is never easy, particularly when there are a lot of competing needs, but we've got to buckle down sometime."

In fact, the House last year passed a measure to raise clean water money with an increased rooms-and-meals tax. The Senate rejected the idea.

Johnson noted last week that the legislature もっている raised some new money for the Clean Water Fund in the past — money that helped the state reach its existing water quality budget. A 2016 addition to the property transfer tax provides $4 million to $6 million a year, she said. Later, lawmakers redirected revenues from unclaimed bottle deposits — about $2 million a year — to the Clean Water Fund. Because of that revenue, Johnson said, the money budgeted for a two-year funding surge is likely to last longer than two years.

"We're not at nothing," she said of the funding plan. "We're waiting for the final piece. And while everyone's been sitting around saying, 'Where's the silver bullet? Where's the silver bullet?' we've been quietly saying, 'And here's a piece, and here's a piece, and here's a piece.'"

She declined to say what that last piece would be.

"I'm very confident," Johnson said, adding that Ways and Means Committee chair Janet Ancel (D-Calais) has said she hopes to propose up to $10 million in new funding — more than Scott's $8 million. Asked whether she has any specific proposals in mind, Ancel said the committee will figure it out in the next few weeks.

Groveman remains hopeful that the legislature will fund its obligations before adjournment, but he's not confident.

"If history is any indication, we have reason to be concerned," he said. "Because there's no track record of getting over the finish line."

Correction, 3/28/19: An earlier version of this story mischaracterized Gov. Scott’s previous position on long-term clean water funding.


State To Pump $10 Million Into Fund To Clean Up Chicago River

CHICAGO (CBS) — The State of Illinois plans to add $10 million to a $21 million fund to disinfect sewage flowing into the Chicago River, as Chicago joins other major cities in making the most of a natural asset.

As WBBM Newsradio&rsquos John Cody reports, Gov. Pat Quinn joined Mayor Rahm Emanuel along the river&rsquos North Branch near Division Street and Goose Island Thursday afternoon, to talk about some ambitious plans for the river.

The fund will build systems for disinfecting sewage so that the river will be swimmable and fishable, and will feature walking and biking paths along its entire length.

&ldquoFor the 2016 recreation season, this will be in full effect,&rdquo Quinn said.

Quinn says there will be boathouses for kayaking, among many other new features.

&ldquoSo that people when they kayak, or they walk along the river, or do anything they want &ndash to look at the river or the wildlife near the river &ndash it&rsquos important that we make sure the river is as clean as possible,&rdquo Quinn said.

There will even be the possibility of river races, as once won by former Tarzan &ndash the late Johnny Weissmuller, Quinn said.

&ldquoFrom the mouth of Lake Michigan all the way to Wolf Point, and someday soon we want to have that swimming again, and maybe the Olympic rowing trials &ndash something like that,&rdquo Quinn said.

The city&rsquos view of the river has changed dramatically over the years. Executive director Margaret Frisbie says when Friends of the Chicago River started in 1979, the river didn’t have many friends.

Rather, it was something between an industrial drain and open sewer, she said.

&ldquoWe look at how people love the Charles River in Boston &ndash there&rsquos people around it all the time &ndash when we look at New York City and the work they&rsquore doing on the Hudson it&rsquos in process, it&rsquos not built all at once. It&rsquos step-by-step,&rdquo Frisbie said. &ldquoBut we&rsquore doing it in Chicago. The Chicago Riverwalk is a step. When they opened that Riverwalk, literally, the first day, there was a press conference, and under the bridge came someone walking a dog, someone else pushing a stroller.&rdquo

Last year, the EPA demanded that parts of the river be clean enough for &ldquorecreation in and on the water,&rdquo which means activities from swimming to canoeing. The order applies to all three branches of the Chicago River, as well as the North Shore Channel, the Cal-Sag Channel and the Little Calumet River.

But estimates put the cleanup cost at $425 million, which will likely mean higher sewer bills in Chicago and suburban Cook County, where such bills are among the nation&rsquos lowest, according to published reports.

The Chicago River system runs 156 miles, and is the waterway that first drew explorers to the area. French explorers Louis Jolliet and the Rev. Jacques Marquette explored the Chicago River in 1673, and Jean-Baptiste Point du Sable, the first permanent settler in Chicago, set up his farm on the north banks of the river in the 1780s.

But for longer than anyone has been alive today, the river has been associated with sewage and stink. In 1900, the Sanitary District of Chicago reversed the flow of the Chicago River, after sewage emptying into Lake Michigan from the river&rsquos main branch caused a public health crisis.

For most of the century afterward, the river was widely regarded as dirty and stinky, but beautification efforts have improved some parts of the river in the past 20 years.

Chicago is the only major city in the United States that does not disinfect human and industrial waste in the sewers before it ends up in the waterways, according to published reports.



コメント:

  1. Fera

    ブラボー、なんてふさわしい言葉…、壮大な想い

  2. Ercole

    私はあなたが単に素晴らしいアイデアで訪問されたことを祝福します

  3. Briant

    ああありがとう))重宝します))

  4. Kekazahn

    あなたの考えは素晴らしいです

  5. Durr

    ワッカー、それは必要なフレーズ...、素晴らしい考え

  6. Marian

    This to you science.

  7. Goran

    注目に値する、それは貴重なフレーズです



メッセージを書く