最新のレシピ

ティアジャーカー飲酒運転バドワイザー広告の子犬スター

ティアジャーカー飲酒運転バドワイザー広告の子犬スター



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

人間の親友と飲酒運転の危険性についてのこの美しいバドワイザーのコマーシャルをご覧ください

責任を持って飲んで、愛する人の家に帰りましょう。

ビールや酒類の会社は、「責任を持って飲む」という一般的なタグラインのさまざまな使用法を含め、かなり前から安全な飲酒運転の習慣を推進してきました。しかし、この新しいバドワイザーのコマーシャルは、単純なメッセージで、心の琴線に引っ張られています。飲酒運転はしないでください。毛皮で覆われた親友を失望させないでください。多くのバドワイザーのコマーシャルのように、スポットは種間の友人を主演させます:愛らしい黄色い実験室と彼の溺愛する所有者。

コマーシャルは、ペアが一緒に成長し、フェッチをし、ソファに寄り添い、一緒に泳ぐことを示しています。ある日、男は夜遊びに出かけているようで、犬にもうすぐ家に帰ることを約束します。忠実な子犬は、飼い主が戻るのをドアのそばで待っています。不気味なタグラインが表示されます。しかし、それを変えることはできます。」幸いなことに、この話はハッピーエンドです。

コマーシャルの残りの部分を見て、何が起こるかを調べてください。心に訴えるメッセージは、ヤンキースタジアムなどの場所で利用できる指定ドライバープログラムや、指定されたドライバーに無料のノンアルコール飲料を提供する全国のバーなど、飲酒運転を抑制するためのアンハイザーブッシュの多くの試みの1つです。

飲食業界の最新の出来事については、 フードニュース ページ。

Joanna Fantozziは、The DailyMealのアソシエイトエディターです。 Twitterで彼女をフォローする@JoannaFantozzi


#Trending:スーパーボウルで優勝したブランド

たくさんの真面目な俳優や素晴らしい有名人が広告の多くに出演し、さまざまな動物(今年は家畜が大きく見えます)、エイリアン、アボカド、そして猫が引きずり込んだマウンテンデューの広告には奇妙なものがありました。ブロンコスほとんどのコメンテーターがスーパーボウルの歴史的な50周年を記念するかなり退屈なゲームとして説明していることに興味があれば、パンサーズを24対10で打ち負かしてください。実際のアクションは、ハーフタイムショーのビヨンセ&#x2018winning&#x2019と、今年の&#x2018intestinal&#x2019広告の量が不均衡だったため、#SuperBowelが#SuperBowlと並んでトレンドになったという事実でした。

スーパーボウルを気にせず、他に何が起こっているのか知りたい人にとっては、2016年2月8日に始まる中国の火の猿の年の前夜でもありました。

スーパーボウルは、世界で最も高価な広告が放映される時期であり、ブランドは30秒のスポットに500万ドルを支払います。そして、勝った広告スポットは?多くのツイートが、ブロンコスのフットボールスター、ペイトン・マニングによる試合直後の勝利についてのコメントを指名しています。彼は次のように述べています。&#x201cI&#x2019mは今夜バドワイザーをたくさん飲むつもりです。それを言うために彼に支払いますか?そうでなければ、それは夜にそこにあった最も価値のある&#x201cnative広告&#x201dであり、1人のインサイダーを装備しました。

その後、アンハイザーブッシュは、マニングにそのコメントをするためにお金を払わなかったという声明を発表し、彼がしたことを「驚いて喜んだ」と述べた。ただし、アクティブなNFLプレーヤーは、アルコールブランドを推奨することは想定されていません。伝えられるところによると、マニングは、アンハイザーブッシュと取引するルイジアナ州のビール販売代理店にも出資しています。 バラエティ 書き込みます。

そして、その夜の最大の敗者は?多くの苦情によると、ストーリーテリング。有名人の連祷とあいまいなミームと&#x2018schlock&#x2019効果を支持して、真の物語は削除されました。真の統合広告の欠如も明らかであり、デジタルの召喚状や別の媒体でのフォロースルーが含まれているのはごくわずかでした。

実際、&#x2018などの映画の予告編は夜に放映されました独立記念日&#x2019および&#x2018エックスメン一部のソーシャルメディアコメンテーターによると、&#x2019は広告よりも優れていた。おそらくそれは、広告主が今日やろうと公言している最終製品への期待を構築するストーリーであるためですが、今年のスーパーボウルで安全にプレイできなかったことは明らかです。

これは私たちのお気に入りのスーパーボウル広告です。マイアミの代理店Davidの&#x2018Weiner Stampede&#x2019で、かわいい小さなホットドッグとしてお気に入りのハインツソースに向かってダッシュするハインツソーセージドッグです。大きなawww要因!子犬の粉ミルクを間違えることはできません。 (開示:編集長のリー・アンドリュースと私はどちらもダックスフントの親であるため、私たちは間違いなく偏見を持っています)。

私にとって2番目に近いのは、エージェンシー72andSunnyのAxe&#x2019s&#x2018Find Your Magic&#x2019でした。これは、露骨に性差別的な&#x2018bro&#x2019広告を残して、男性を魅力的にするすべてのものを祝うものです。ダンスの動き(ハイヒール)、クールなスーツ、グルーミング、騎士道、そして、ああ、子猫&#x2026子猫は毎回動作します。

もちろん、優れたスーパーボウル広告のレシピには、子犬や赤ちゃんが含まれていることがよくあります。そしてサル。そこで、Mountain Dewは、3つすべての奇妙な組み合わせである#PuppyMonkeyBabyを作成しました。あなたはそれを見ることができなくなり、あなたが横になるまで、一日の残りの間、puppymonkeybaby、puppymonkeybabyをつぶやくことになるかもしれません。

    1.斧&#x2018Find Your Magic&#x2019(72andSunny)
    2.公式スーパーボウル50PSA&#x2018No More&#x2019(Grey New York)
    3.ハインツ&#x2018WienerStampede&#x2019(デビッドマイアミ)
    4.ジープ&#x20184x4ever&#x2019(DDBシカゴ)
    5. WeatherTech&#x2018Resources&#x2019(Pinnacle Advertising、イリノイ)。

NFLは、50周年に向けてシバン全体を宣伝する際に、スーパーボウルの勝利が、シールソングに設定された、優勝チームのファンベースの人口ブームにつながる可能性があるという事実を強調するプロモーションビデオを制作しました。音楽も大きな特徴であり、アウディの&#x2018Commander&#x2019広告(Venables Bell&Partners)に触れると、ボウイのサウンドトラックを聞いて泣くかもしれません。両方の広告はスーパーボウルコマーシャルによってプレビューされました。

    1。&#x2018彼が言ったこと&#x2019アキュラ(マレンロウ)から。
    2.ホンダ(RPA)の&#x2018New Truck to Love&#x2019。
    3.シック(J.ウォルタートンプソン)の&#x2018Robot Razors&#x2019。
    4。&#x2018Great Loans、SoFi(Muhtayzik Hoffer)から。
    5.スティーブンタイラー(DDBシカゴ)をフィーチャーしたスキットルズの&#x2018ThePortrait&#x2019。
    1。&#x2018The Longest Chase&#x2019 from Toyota(Saatchi&Saatchi Los Angeles)
    2.ポケモン(オムレツ)の&#x2018Train On&#x2019。
    3. Mountain Dew(BBDO New York)の&#x2018PuppyMonkeyBaby&#x2019。
    4. T-Mobile(Publicis Seattle)の&#x2018Restricted Bling&#x2019。
    5. TurboTax(Wieden&Kennedy)からの&#x2018Never a Sellout&#x2019。

Kia Optimaスーパーボウル広告(David&Goliathエージェンシー)でのクリストファーウォーケンへの特別な言及、&#x201cベージュになりたいですか?&#x201d。素晴らしい靴下/アパレル広告。車はそれほど多くありません。夜の最高の車の広告はおそらくその75年のジープのお祝いでしたが、素晴らしい調子、クールな実行。

社会的責任が多くのメッセージを支配し、グレイニューヨークによるスーパーボウルの公式広告であるテキストメッセージの形式のシンプルでありながら強力な家庭内暴力広告がありました。初めての広告主であるコルゲートは、評判の良い広告スポット(Y&Rペルー)で、歯磨き粉を宣伝する代わりに節水を提唱しました。バドワイザーの飲酒運転防止スポットも、ヘレンミレンのおかげで素晴らしかった。彼女から&#x2018pillock&#x2019と呼ばれることを望んでいる人はいません。クリンジ!

スーパーボウルは広告の一族が輝く日でもあるため、スーパーボウルの50周年を記念して、飛行した各広告のブローバイブローレビューを提供し、最高と最悪の投票を実施したAdWeekも制作されました。スーパーボウルの広告が1967年から1分間でわずか75,000ドル(NBCから)であったときから何年にもわたってどのように変化したかを紹介するビデオとインフォグラフィック!

すべてのコマーシャルの内訳については、AdWeekはすべてのスーパーボウルコマーシャルで知っているすべてのものを備えたスーパーボウル広告チェッカーも実行しています。チーム、クライアント、そして今年の退屈なマーケティング会議すべてのスーパーボウル広告をレビューする人のための便利なリソース。


#Trending:スーパーボウルで優勝したブランド

たくさんの真面目な俳優や素晴らしい有名人が広告の多くに出演し、さまざまな動物(今年は家畜が大きく見えます)、エイリアン、アボカド、そして猫が引きずり込んだマウンテンデューの広告には奇妙なものがありました。ブロンコスほとんどのコメンテーターがスーパーボウルの歴史的な50周年を記念するかなり退屈なゲームとして説明していることに興味があれば、パンサーズを24対10で打ち負かしてください。実際のアクションは、ハーフタイムショーのビヨンセ&#x2018winning&#x2019と、今年の&#x2018intestinal&#x2019広告の量が不均衡だったため、#SuperBowelが#SuperBowlと並んでトレンドになったという事実でした。

スーパーボウルを気にせず、他に何が起こっているのか知りたい人にとっては、2016年2月8日に始まる中国の火の猿の年の前夜でもありました。

スーパーボウルは、世界で最も高価な広告が放映される時期であり、ブランドは30秒のスポットに500万ドルを支払います。そして、勝った広告スポットは?多くのツイートが、ブロンコスのフットボールスター、ペイトン・マニングによる試合直後の勝利についてのコメントを指名しています。彼は次のように述べています。それを言うために彼に支払いますか?そうでなければ、それは夜にそこにあった最も価値のある&#x201cnative広告&#x201dであり、1人のインサイダーを装備しました。

その後、アンハイザーブッシュは、マニングにそのコメントをするためにお金を払わなかったという声明を発表し、彼がしたことを「驚いて喜んだ」と述べた。ただし、アクティブなNFLプレーヤーは、アルコールブランドを推奨することは想定されていません。伝えられるところによると、マニングは、アンハイザーブッシュと取引するルイジアナ州のビール販売代理店にも出資しています。 バラエティ 書き込みます。

そして、その夜の最大の敗者は?多くの苦情によると、ストーリーテリング。有名人の連祷とあいまいなミームと&#x2018schlock&#x2019効果を支持して、真の物語は削除されました。真の統合広告の欠如も明らかであり、デジタルの召喚状や別の媒体でのフォロースルーが含まれているのはごくわずかでした。

実際、&#x2018などの映画の予告編は夜に放映されました独立記念日&#x2019および&#x2018エックスメン一部のソーシャルメディアコメンテーターによると、&#x2019は広告よりも優れていた。おそらくそれは、広告主が今日やろうと公言している最終製品への期待を構築するストーリーであるためですが、今年のスーパーボウルで安全にプレイできなかったことは明らかです。

これは私たちのお気に入りのスーパーボウル広告です。マイアミの代理店Davidの&#x2018Weiner Stampede&#x2019で、かわいい小さなホットドッグとしてお気に入りのハインツソースに向かってダッシュするハインツソーセージドッグです。大きなawww要因!子犬の粉ミルクを間違えることはできません。 (開示:編集長のリー・アンドリュースと私はどちらもダックスフントの親であるため、私たちは間違いなく偏見を持っています)。

私にとって2番目に近いのは、エージェンシー72andSunnyのAxe&#x2019s&#x2018Find Your Magic&#x2019でした。これは、露骨に性差別的な&#x2018bro&#x2019広告を残して、男性を魅力的にするすべてのものを祝うものです。ダンスの動き(ハイヒール)、クールなスーツ、グルーミング、騎士道、そして、ああ、子猫&#x2026子猫は毎回動作します。

もちろん、優れたスーパーボウル広告のレシピには、子犬や赤ちゃんが含まれていることがよくあります。そしてサル。そこで、Mountain Dewは、3つすべての奇妙な組み合わせである#PuppyMonkeyBabyを作成しました。あなたはそれを見ることができなくなり、あなたが横になるまで、一日の残りの間、puppymonkeybaby、puppymonkeybabyをつぶやくことになるかもしれません。

    1.斧&#x2018Find Your Magic&#x2019(72andSunny)
    2.公式スーパーボウル50PSA&#x2018No More&#x2019(Grey New York)
    3.ハインツ&#x2018WienerStampede&#x2019(デビッドマイアミ)
    4.ジープ&#x20184x4ever&#x2019(DDBシカゴ)
    5. WeatherTech&#x2018Resources&#x2019(Pinnacle Advertising、イリノイ)。

NFLは、50周年に向けてシバン全体を宣伝する際に、スーパーボウルの勝利が、シールソングに設定された、優勝チームのファンベースの人口ブームにつながる可能性があるという事実を強調するプロモーションビデオを制作しました。音楽も大きな特徴であり、アウディの&#x2018Commander&#x2019広告(Venables Bell&Partners)に触れると、ボウイのサウンドトラックを聞いて泣くかもしれません。両方の広告はスーパーボウルコマーシャルによってプレビューされました。

    1。&#x2018彼が言ったこと&#x2019アキュラ(マレンロウ)から。
    2.ホンダ(RPA)の&#x2018New Truck to Love&#x2019。
    3.シック(J.ウォルタートンプソン)の&#x2018Robot Razors&#x2019。
    4。&#x2018Great Loans、SoFi(Muhtayzik Hoffer)から。
    5.スティーブンタイラー(DDBシカゴ)をフィーチャーしたスキットルズの&#x2018ThePortrait&#x2019。
    1。&#x2018The Longest Chase&#x2019 from Toyota(Saatchi&Saatchi Los Angeles)
    2.ポケモン(オムレツ)の&#x2018Train On&#x2019。
    3. Mountain Dew(BBDO New York)の&#x2018PuppyMonkeyBaby&#x2019。
    4. T-Mobile(Publicis Seattle)の&#x2018Restricted Bling&#x2019。
    5. TurboTax(Wieden&Kennedy)からの&#x2018Never a Sellout&#x2019。

Kia Optimaスーパーボウル広告(David&Goliathエージェンシー)でのクリストファーウォーケンへの特別な言及、&#x201cベージュになりたいですか?&#x201d。素晴らしい靴下/アパレル広告。車はそれほど多くありません。夜の最高の車の広告はおそらくその75年のジープのお祝いでしたが、素晴らしい調子、クールな実行。

社会的責任が多くのメッセージを支配し、グレイニューヨークによるスーパーボウルの公式広告であるテキストメッセージの形式のシンプルでありながら強力な家庭内暴力広告がありました。初めての広告主であるコルゲートは、評判の良い広告スポット(Y&Rペルー)で、歯磨き粉を宣伝する代わりに節水を提唱しました。バドワイザーの飲酒運転防止スポットも、ヘレンミレンのおかげで素晴らしかった。彼女から&#x2018pillock&#x2019と呼ばれることを望んでいる人はいません。クリンジ!

スーパーボウルは広告の一族が輝く日でもあるため、スーパーボウルの50周年を記念して、飛行した各広告のブローバイブローレビューを提供し、最高と最悪の投票を実施したAdWeekも制作されました。スーパーボウルの広告が1967年から1分間でわずか75,000ドル(NBCから)であったときから何年にもわたってどのように変化したかを紹介するビデオとインフォグラフィック!

すべてのコマーシャルの内訳については、AdWeekはすべてのスーパーボウルコマーシャルで知っているすべてのものを備えたスーパーボウル広告チェッカーも実行しています。チーム、クライアント、そして今年の退屈なマーケティング会議すべてのスーパーボウル広告をレビューする人のための便利なリソース。


#Trending:スーパーボウルで優勝したブランド

たくさんの真面目な俳優や素晴らしい有名人が広告の多くに出演し、さまざまな動物(今年は家畜が大きく見えます)、エイリアン、アボカド、そして猫が引きずり込んだマウンテンデューの広告には奇妙なものがありました。ブロンコスほとんどのコメンテーターがスーパーボウルの歴史的な50周年を記念するかなり退屈なゲームとして説明していることに興味があれば、パンサーズを24対10で打ち負かしてください。実際のアクションは、ハーフタイムショーのビヨンセ&#x2018winning&#x2019と、今年の&#x2018intestinal&#x2019広告の量が不均衡だったため、#SuperBowelが#SuperBowlと並んでトレンドになったという事実でした。

スーパーボウルを気にせず、他に何が起こっているのか知りたい人にとっては、2016年2月8日に始まる中国の火の猿の年の前夜でもありました。

スーパーボウルは、世界で最も高価な広告が放映される時期であり、ブランドは30秒のスポットに500万ドルを支払います。そして、勝った広告スポットは?多くのツイートが、ブロンコスのフットボールスター、ペイトン・マニングによる試合直後の勝利についてのコメントを指名しています。彼は次のように述べています。それを言うために彼に支払いますか?そうでなければ、それは夜にそこにあった最も価値のある&#x201cnative広告&#x201dであり、1人のインサイダーを装備しました。

その後、アンハイザーブッシュは、マニングにそのコメントをするためにお金を払わなかったという声明を発表し、彼がしたことを「驚いて喜んだ」と述べた。ただし、アクティブなNFLプレーヤーは、アルコールブランドを推奨することは想定されていません。伝えられるところによると、マニングは、アンハイザーブッシュと取引するルイジアナ州のビール販売代理店にも出資しています。 バラエティ 書き込みます。

そして、その夜の最大の敗者は?多くの苦情によると、ストーリーテリング。有名人の連祷とあいまいなミームと&#x2018schlock&#x2019効果を支持して、真の物語は削除されました。真の統合広告の欠如も明らかであり、デジタルの召喚状や別の媒体でのフォロースルーが含まれているのはごくわずかでした。

実際、&#x2018などの映画の予告編は夜に放映されました独立記念日&#x2019および&#x2018エックスメン一部のソーシャルメディアコメンテーターによると、&#x2019は広告よりも優れていた。おそらくそれは、広告主が今日やろうと公言している最終製品への期待を構築するストーリーであるためですが、今年のスーパーボウルで安全にプレイできなかったことは明らかです。

これは私たちのお気に入りのスーパーボウル広告です。マイアミの代理店Davidの&#x2018Weiner Stampede&#x2019で、かわいい小さなホットドッグとしてお気に入りのハインツソースに向かってダッシュするハインツソーセージドッグです。大きなawww要因!子犬の粉ミルクを間違えることはできません。 (開示:編集長のリー・アンドリュースと私はどちらもダックスフントの親であるため、私たちは間違いなく偏見を持っています)。

私にとって2番目に近いのは、エージェンシー72andSunnyのAxe&#x2019s&#x2018Find Your Magic&#x2019でした。これは、露骨に性差別的な&#x2018bro&#x2019広告を残して、男性を魅力的にするすべてのものを祝うものです。ダンスの動き(ハイヒール)、クールなスーツ、グルーミング、騎士道、そして、ああ、子猫&#x2026子猫は毎回動作します。

もちろん、優れたスーパーボウル広告のレシピには、子犬や赤ちゃんが含まれていることがよくあります。そしてサル。そこで、Mountain Dewは、3つすべての奇妙な組み合わせである#PuppyMonkeyBabyを作成しました。あなたはそれを見ることができなくなり、あなたが横になるまで、一日の残りの間、puppymonkeybaby、puppymonkeybabyをつぶやくことになるかもしれません。

    1.斧&#x2018Find Your Magic&#x2019(72andSunny)
    2.公式スーパーボウル50PSA&#x2018No More&#x2019(Grey New York)
    3.ハインツ&#x2018WienerStampede&#x2019(デビッドマイアミ)
    4.ジープ&#x20184x4ever&#x2019(DDBシカゴ)
    5. WeatherTech&#x2018Resources&#x2019(Pinnacle Advertising、イリノイ)。

NFLは、50周年に向けてシバン全体を宣伝する際に、スーパーボウルの勝利が、シールソングに設定された、優勝チームのファンベースの人口ブームにつながる可能性があるという事実を強調するプロモーションビデオを制作しました。音楽も大きな特徴であり、アウディの&#x2018Commander&#x2019広告(Venables Bell&Partners)に触れると、ボウイのサウンドトラックを聞いて泣くかもしれません。両方の広告はスーパーボウルコマーシャルによってプレビューされました。

    1。&#x2018彼が言ったこと&#x2019アキュラ(マレンロウ)から。
    2.ホンダ(RPA)の&#x2018New Truck to Love&#x2019。
    3.シック(J.ウォルタートンプソン)の&#x2018Robot Razors&#x2019。
    4。&#x2018Great Loans、SoFi(Muhtayzik Hoffer)から。
    5.スティーブンタイラー(DDBシカゴ)をフィーチャーしたスキットルズの&#x2018ThePortrait&#x2019。
    1。&#x2018The Longest Chase&#x2019 from Toyota(Saatchi&Saatchi Los Angeles)
    2.ポケモン(オムレツ)の&#x2018Train On&#x2019。
    3. Mountain Dew(BBDO New York)の&#x2018PuppyMonkeyBaby&#x2019。
    4. T-Mobile(Publicis Seattle)の&#x2018Restricted Bling&#x2019。
    5. TurboTax(Wieden&Kennedy)からの&#x2018Never a Sellout&#x2019。

Kia Optimaスーパーボウル広告(David&Goliathエージェンシー)でのクリストファーウォーケンへの特別な言及、&#x201cベージュになりたいですか?&#x201d。素晴らしい靴下/アパレル広告。車はそれほど多くありません。夜の最高の車の広告はおそらくその75年のジープのお祝いでしたが、素晴らしい調子、クールな実行。

社会的責任が多くのメッセージを支配し、グレイニューヨークによるスーパーボウルの公式広告であるテキストメッセージの形式のシンプルでありながら強力な家庭内暴力広告がありました。初めての広告主であるコルゲートは、評判の良い広告スポット(Y&Rペルー)で、歯磨き粉を宣伝する代わりに節水を提唱しました。バドワイザーの飲酒運転防止スポットも、ヘレンミレンのおかげで素晴らしかった。彼女から&#x2018pillock&#x2019と呼ばれることを望んでいる人はいません。クリンジ!

スーパーボウルは広告の一族が輝く日でもあるため、スーパーボウルの50周年を記念して、飛行した各広告のブローバイブローレビューを提供し、最高と最悪の投票を実施したAdWeekも制作されました。スーパーボウルの広告が1967年から1分間でわずか75,000ドル(NBCから)であったときから何年にもわたってどのように変化したかを紹介するビデオとインフォグラフィック!

すべてのコマーシャルの内訳については、AdWeekはすべてのスーパーボウルコマーシャルで知っているすべてのものを備えたスーパーボウル広告チェッカーも実行しています。チーム、クライアント、および今年の退屈なマーケティング会議すべてのスーパーボウル広告をレビューする人のための便利なリソース。


#Trending:スーパーボウルで優勝したブランド

たくさんの真面目な俳優や素晴らしい有名人が広告の多くに出演し、さまざまな動物(今年は家畜が大きく見えます)、エイリアン、アボカド、そして猫が引きずり込んだマウンテンデューの広告には奇妙なものがありました。ブロンコスほとんどのコメンテーターがスーパーボウルの歴史的な50周年を記念するかなり退屈なゲームとして説明していることに興味があれば、パンサーズを24対10で打ち負かしてください。実際のアクションは、ハーフタイムショーのビヨンセ&#x2018winning&#x2019と、今年の&#x2018intestinal&#x2019広告の量が不均衡だったため、#SuperBowelが#SuperBowlと並んでトレンドになったという事実でした。

スーパーボウルを気にせず、他に何が起こっているのか知りたい人にとっては、2016年2月8日に始まる中国の火の猿の年の前夜でもありました。

スーパーボウルは、世界で最も高価な広告が放映される時期であり、ブランドは30秒のスポットに500万ドルを支払います。そして、勝った広告スポットは?多くのツイートが、ブロンコスのフットボールスター、ペイトン・マニングによる試合直後の勝利についてのコメントを指名しています。彼は次のように述べています。&#x201cI&#x2019mは今夜バドワイザーをたくさん飲むつもりです。それを言うために彼に支払いますか?そうでなければ、それは夜にそこにあった最も価値のある&#x201cnative広告&#x201dであり、1人のインサイダーを装備しました。

その後、アンハイザーブッシュは、マニングにそのコメントをするためにお金を払わなかったという声明を発表し、彼がしたことを「驚いて喜んだ」と述べた。ただし、アクティブなNFLプレーヤーは、アルコールブランドを推奨することは想定されていません。伝えられるところによると、マニングは、アンハイザーブッシュと取引するルイジアナ州のビール販売代理店にも出資しています。 バラエティ 書き込みます。

そして、その夜の最大の敗者は?多くの苦情によると、ストーリーテリング。有名人の連祷とあいまいなミームと&#x2018schlock&#x2019効果を支持して、真の物語は削除されました。真の統合広告の欠如も明らかであり、デジタルの召喚状や別の媒体でのフォロースルーが含まれているのはごくわずかでした。

実際、&#x2018などの映画の予告編は夜に放映されました独立記念日&#x2019および&#x2018エックスメン一部のソーシャルメディアコメンテーターによると、&#x2019は広告よりも優れていた。おそらくそれは、広告主が今日やろうと公言している最終製品への期待を構築するストーリーであるためですが、今年のスーパーボウルで安全にプレイできなかったことは明らかです。

これは私たちのお気に入りのスーパーボウル広告です。マイアミの代理店Davidの&#x2018Weiner Stampede&#x2019で、かわいい小さなホットドッグとしてお気に入りのハインツソースに向かってダッシュするハインツソーセージドッグです。大きなawww要因!子犬の粉ミルクを間違えることはできません。 (開示:編集長のリー・アンドリュースと私はどちらもダックスフントの親であるため、私たちは間違いなく偏見を持っています)。

私にとって2番目に近いのは、エージェンシー72andSunnyのAxe&#x2019s&#x2018Find Your Magic&#x2019でした。これは、露骨に性差別的な&#x2018bro&#x2019広告を残して、男性を魅力的にするすべてのものを祝うものです。ダンスの動き(ハイヒール)、クールなスーツ、グルーミング、騎士道、そして、ああ、子猫&#x2026子猫は毎回動作します。

もちろん、優れたスーパーボウル広告のレシピには、子犬や赤ちゃんが含まれていることがよくあります。そしてサル。そこで、Mountain Dewは、3つすべての奇妙な組み合わせである#PuppyMonkeyBabyを作成しました。あなたはそれを見ることができなくなり、あなたが横になるまで、一日の残りの間、puppymonkeybaby、puppymonkeybabyをつぶやくことになるかもしれません。

    1.斧&#x2018Find Your Magic&#x2019(72andSunny)
    2.公式スーパーボウル50PSA&#x2018No More&#x2019(Grey New York)
    3.ハインツ&#x2018WienerStampede&#x2019(デビッドマイアミ)
    4.ジープ&#x20184x4ever&#x2019(DDBシカゴ)
    5. WeatherTech&#x2018Resources&#x2019(Pinnacle Advertising、イリノイ)。

NFLは、50周年に向けてシバン全体を宣伝する際に、スーパーボウルの勝利が、シールソングに設定された、優勝チームのファンベースの人口ブームにつながる可能性があるという事実を強調するプロモーションビデオを制作しました。音楽も大きな特徴であり、アウディの&#x2018Commander&#x2019広告(Venables Bell&Partners)に触れると、ボウイのサウンドトラックを聞いて泣くかもしれません。両方の広告はスーパーボウルコマーシャルによってプレビューされました。

    1。&#x2018彼が言ったこと&#x2019アキュラ(マレンロウ)から。
    2.ホンダ(RPA)の&#x2018New Truck to Love&#x2019。
    3.シック(J.ウォルタートンプソン)の&#x2018Robot Razors&#x2019。
    4。&#x2018Great Loans、SoFi(Muhtayzik Hoffer)から。
    5.スティーブンタイラー(DDBシカゴ)をフィーチャーしたスキットルズの&#x2018ThePortrait&#x2019。
    1。&#x2018The Longest Chase&#x2019 from Toyota(Saatchi&Saatchi Los Angeles)
    2.ポケモン(オムレツ)の&#x2018Train On&#x2019。
    3. Mountain Dew(BBDO New York)の&#x2018PuppyMonkeyBaby&#x2019。
    4. T-Mobile(Publicis Seattle)の&#x2018Restricted Bling&#x2019。
    5. TurboTax(Wieden&Kennedy)からの&#x2018Never a Sellout&#x2019。

Kia Optimaスーパーボウル広告(David&Goliathエージェンシー)でのクリストファーウォーケンへの特別な言及、&#x201cベージュになりたいですか?&#x201d。素晴らしい靴下/アパレル広告。車はそれほど多くありません。夜の最高の車の広告はおそらくその75年のジープのお祝いでしたが、素晴らしい調子、クールな実行。

社会的責任が多くのメッセージを支配し、グレイニューヨークによるスーパーボウルの公式広告であるテキストメッセージの形式のシンプルでありながら強力な家庭内暴力広告がありました。初めての広告主であるコルゲートは、評判の良い広告スポット(Y&Rペルー)で、歯磨き粉を宣伝する代わりに節水を提唱しました。バドワイザーの飲酒運転防止スポットも、ヘレンミレンのおかげで素晴らしかった。彼女から&#x2018pillock&#x2019と呼ばれることを望んでいる人はいません。クリンジ!

スーパーボウルは広告の一族が輝く日でもあるため、スーパーボウルの50周年を記念して、飛行した各広告のブローバイブローレビューを提供し、最高と最悪の投票を実施したAdWeekも制作されました。スーパーボウルの広告が1967年から1分間でわずか75,000ドル(NBCから)であったときから何年にもわたってどのように変化したかを紹介するビデオとインフォグラフィック!

すべてのコマーシャルの内訳については、AdWeekはすべてのスーパーボウルコマーシャルで知っているすべてのものを備えたスーパーボウル広告チェッカーも実行しています。チーム、クライアント、および今年の退屈なマーケティング会議すべてのスーパーボウル広告をレビューする人のための便利なリソース。


#Trending:スーパーボウルで優勝したブランド

たくさんの真面目な俳優や素晴らしい有名人が広告の多くに出演し、さまざまな動物(今年は家畜が大きく見えます)、エイリアン、アボカド、そして猫が引きずり込んだマウンテンデューの広告には奇妙なものがありました。ブロンコスほとんどのコメンテーターがスーパーボウルの歴史的な50周年を記念するかなり退屈なゲームとして説明していることに興味があれば、パンサーズを24対10で打ち負かしてください。実際のアクションは、ハーフタイムショーのビヨンセ&#x2018winning&#x2019と、今年の&#x2018intestinal&#x2019広告の量が不均衡だったため、#SuperBowelが#SuperBowlと並んでトレンドになったという事実でした。

スーパーボウルを気にせず、他に何が起こっているのか知りたい人にとっては、2016年2月8日に始まる中国の火の猿の年の前夜でもありました。

スーパーボウルは、世界で最も高価な広告が放映される時期であり、ブランドは30秒のスポットに500万ドルを支払います。そして、勝った広告スポットは?多くのツイートが、ブロンコスのフットボールスター、ペイトン・マニングによる試合直後の勝利についてのコメントを指名しています。彼は次のように述べています。&#x201cI&#x2019mは今夜バドワイザーをたくさん飲むつもりです。それを言うために彼に支払いますか?そうでなければ、それは夜にそこにあった最も価値のある&#x201cnative広告&#x201dであり、1人のインサイダーを装備しました。

その後、アンハイザーブッシュは、マニングにそのコメントをするためにお金を払わなかったという声明を発表し、彼がしたことを「驚いて喜んだ」と述べた。ただし、アクティブなNFLプレーヤーは、アルコールブランドを推奨することは想定されていません。伝えられるところによると、マニングは、アンハイザーブッシュと取引するルイジアナ州のビール販売代理店にも出資しています。 バラエティ 書き込みます。

そして、その夜の最大の敗者は?多くの苦情によると、ストーリーテリング。有名人の連祷とあいまいなミームと&#x2018schlock&#x2019効果を支持して、真の物語は削除されました。真の統合広告の欠如も明らかであり、デジタルの召喚状や別の媒体でのフォロースルーが含まれているのはごくわずかでした。

実際、&#x2018などの映画の予告編は夜に放映されました独立記念日&#x2019および&#x2018エックスメン一部のソーシャルメディアコメンテーターによると、&#x2019は広告よりも優れていた。おそらくそれは、広告主が今日やろうと公言している最終製品への期待を構築するストーリーであるためですが、今年のスーパーボウルで安全にプレイできなかったことは明らかです。

これは私たちのお気に入りのスーパーボウル広告です。マイアミの代理店Davidの&#x2018Weiner Stampede&#x2019で、かわいい小さなホットドッグとしてお気に入りのハインツソースに向かってダッシュするハインツソーセージドッグです。大きなawwwファクター!子犬の粉ミルクを間違えることはできません。 (開示:編集長のリー・アンドリュースと私はどちらもダックスフントの親であるため、私たちは間違いなく偏見を持っています)。

私にとって2番目に近いのは、エージェンシー72andSunnyのAxe&#x2019s&#x2018Find Your Magic&#x2019でした。これは、露骨に性差別的な&#x2018bro&#x2019広告を残して、男性を魅力的にするすべてのものを祝うものです。ダンスの動き(ハイヒール)、クールなスーツ、グルーミング、騎士道、そして、ああ、子猫&#x2026子猫は毎回動作します。

もちろん、優れたスーパーボウル広告のレシピには、子犬や赤ちゃんが含まれていることがよくあります。そしてサル。そこで、Mountain Dewは、3つすべての奇妙な組み合わせである#PuppyMonkeyBabyを作成しました。あなたはそれを見ることができなくなり、あなたが横になるまで、一日の残りの間、puppymonkeybaby、puppymonkeybabyをつぶやくことになるかもしれません。

    1.斧&#x2018Find Your Magic&#x2019(72andSunny)
    2. Official Super Bowl 50 PSA ‘No More’ (Grey New York)
    3. Heinz ‘Wiener Stampede’ (David Miami)
    4. Jeep 𠆄x4ever’ (DDB Chicago)
    5. WeatherTech ‘Resources’ (Pinnacle Advertising, Illonois).

In promoting the whole shebang for their 50th anniversary, the NFL produced a promotional video highlighting the fact that a Super Bowl win can lead to a population boom for the winning team’s fan base, set to a Seal song. Music is a big feature too and Audi’s touching 𠆌ommander’ ad (Venables Bell & Partners) might make you cry when you hear the Bowie soundtrack. Both ads were previewed by Super Bowl Commercials.

    1. ‘What He Said’ from Acura (Mullen Lowe).
    2. ‘New Truck to Love’ from Honda (RPA).
    3. ‘Robot Razors’ from Schick (J. Walter Thompson).
    4. ‘Great Loans , from SoFi (Muhtayzik Hoffer).
    5. ‘The Portrait’ from Skittles, featuring Steven Tyler (DDB Chicago).
    1. ‘The Longest Chase’ from Toyota (Saatchi & Saatchi Los Angeles)
    2. ‘Train On’ from Pokémon (Omelet).
    3. ‘PuppyMonkeyBaby’ from Mountain Dew (BBDO New York).
    4. ‘Restricted Bling’ from T-Mobile (Publicis Seattle).
    5. ‘Never a Sellout’ from TurboTax (Wieden & Kennedy).

A special mention to Christopher Walken in the Kia Optima Super Bowl ad (David & Goliath agency) for awesomeness, 𠇍o you want to be beige?”. Great sock/apparel ad. Not so much for cars. Although the best car ad on the night was probably Jeep’s celebration of its 75 years, nice tune, cool execution.

Social responsibility dominated many messages, with a simple, yet powerful, domestic violence ad in the form of a text message which was the Super Bowl’s official ad, by Grey New York. First time advertiser Colgate advocated water saving instead of advertising its toothpaste, in a well-received ad spot (Y&R Peru). Budweiser’s anti-drunk driving spot was also excellent just because of Helen Mirren. No one wants to be called a ‘pillock’ by her. Cringe!

Since the Super Bowl is also the day for the advertising clan to shine, in celebration of the 50th anniversary of the Super Bowl, AdWeek, which provided blow-by-blow reviews of each ad flighted, running polls for best and worst, also produced a video and an infographic to showcase how Super Bowl advertising has changed over the years from 1967, when one minute cost only $75,000 (from NBC)!

For a breakdown of all the commercials, AdWeek is also running a Super Bowl Ad Checker with everything they know on all the Super Bowl commercials. Handy resource for those of you who will be reviewing Super Bowl advertising for your teams, clients and all those boring marketing conferences this year.


#Trending: Brands that won the Super Bowl

There were tons of serious actors and fabulous celebrities starring in many of the ads, along with a variety of animals (farm animals seem big this year), aliens, avocados and something weird in the Mountain Dew ad that the cat dragged in. The Broncos beat the Panthers 24 to 10, if you are interested at all, in what most commentators have described as a rather boring game marking the historic 50th anniversary of the Super Bowl. The real action was in Beyoncé ‘winning’ the half-time show, and the fact that #SuperBowel trended alongside #SuperBowl, due to the disproportionate amount of ‘intestinal’ advertising this year.

For those people who don’t care about Super Bowl and want to know what else was going on - it was also the eve of the Chinese Year of the Fire Monkey which starts on 8 February 2016.

The Super Bowl is when the world’s most expensive advertising is aired, where brands pay $5m for a 30-second spot. And the ad spot that won? Many tweets are nominating a comment by the Broncos football star, Peyton Manning, on his win immediately after the game, in which he said: “I’m going to drink a lot of Budweiser tonight.” Question is, did Budweiser pay him to say that? If not, it was the most valuable “native advertising” out there on the night, quipped one insider.

Anheuser-Busch subsequently issued a statement to the effect that they did not pay Manning to make that comment, saying they were “surprised and delighted” that he did. Active NFL players are however not supposed to recommend alcohol brands. Manning reportedly also has a stake in some Louisiana beer distributorships that deal with Anheuser-Busch, バラエティ writes.

And the biggest loser on the night? Storytelling, according to many complaints. True narrative was dropped in favour of a litany of celebrities and obscure memes and the ‘schlock’ effect. The lack of true integrated advertising was also clear, with only a tiny percentage containing a digital call to action or any follow through on another medium.

In fact movie trailers aired on the night, such as ‘独立記念日’ and ‘エックスメン’ were better than the ads, according to some social media commentators. Maybe that’s because they are stories that build anticipation of the final product… something advertisers profess to be doing today, but clearly failed in playing it safe at the Super Bowl this year.

This is our favourite Super Bowl ad, the Heinz sausage doggies dashing towards their favourite Heinz sauce as cute little hot dogs in ‘Weiner Stampede’ from agency David in Miami. Big awww factor! You can’t go wrong with the puppy formula. (Disclosure: both editor-in-chief Leigh Andrews and I are parents to Dachshunds, so we are definitely biased).

A close second for me was Axe’s 𠆏ind Your Magic’ from agency 72andSunny, which leaves the blatantly sexist 𠆋ro’ advertising behind to celebrate everything that makes a man attractive, each unique “thing”, including dance moves (in high heels), a cool suit, grooming, chivalry and, awww, kittens… Kittens will work every time.

Of course the recipe to a good Super Bowl ad often includes puppies and babies. And monkeys. So Mountain Dew created #PuppyMonkeyBaby, a bizarre combination of all three. You won’t be able to unsee it and might end up muttering puppymonkeybaby, puppymonkeybaby, for the rest of the day until you have a lie down.

    1. Axe 𠆏ind Your Magic’ (72andSunny)
    2. Official Super Bowl 50 PSA ‘No More’ (Grey New York)
    3. Heinz ‘Wiener Stampede’ (David Miami)
    4. Jeep 𠆄x4ever’ (DDB Chicago)
    5. WeatherTech ‘Resources’ (Pinnacle Advertising, Illonois).

In promoting the whole shebang for their 50th anniversary, the NFL produced a promotional video highlighting the fact that a Super Bowl win can lead to a population boom for the winning team’s fan base, set to a Seal song. Music is a big feature too and Audi’s touching 𠆌ommander’ ad (Venables Bell & Partners) might make you cry when you hear the Bowie soundtrack. Both ads were previewed by Super Bowl Commercials.

    1. ‘What He Said’ from Acura (Mullen Lowe).
    2. ‘New Truck to Love’ from Honda (RPA).
    3. ‘Robot Razors’ from Schick (J. Walter Thompson).
    4. ‘Great Loans , from SoFi (Muhtayzik Hoffer).
    5. ‘The Portrait’ from Skittles, featuring Steven Tyler (DDB Chicago).
    1. ‘The Longest Chase’ from Toyota (Saatchi & Saatchi Los Angeles)
    2. ‘Train On’ from Pokémon (Omelet).
    3. ‘PuppyMonkeyBaby’ from Mountain Dew (BBDO New York).
    4. ‘Restricted Bling’ from T-Mobile (Publicis Seattle).
    5. ‘Never a Sellout’ from TurboTax (Wieden & Kennedy).

A special mention to Christopher Walken in the Kia Optima Super Bowl ad (David & Goliath agency) for awesomeness, 𠇍o you want to be beige?”. Great sock/apparel ad. Not so much for cars. Although the best car ad on the night was probably Jeep’s celebration of its 75 years, nice tune, cool execution.

Social responsibility dominated many messages, with a simple, yet powerful, domestic violence ad in the form of a text message which was the Super Bowl’s official ad, by Grey New York. First time advertiser Colgate advocated water saving instead of advertising its toothpaste, in a well-received ad spot (Y&R Peru). Budweiser’s anti-drunk driving spot was also excellent just because of Helen Mirren. No one wants to be called a ‘pillock’ by her. Cringe!

Since the Super Bowl is also the day for the advertising clan to shine, in celebration of the 50th anniversary of the Super Bowl, AdWeek, which provided blow-by-blow reviews of each ad flighted, running polls for best and worst, also produced a video and an infographic to showcase how Super Bowl advertising has changed over the years from 1967, when one minute cost only $75,000 (from NBC)!

For a breakdown of all the commercials, AdWeek is also running a Super Bowl Ad Checker with everything they know on all the Super Bowl commercials. Handy resource for those of you who will be reviewing Super Bowl advertising for your teams, clients and all those boring marketing conferences this year.


#Trending: Brands that won the Super Bowl

There were tons of serious actors and fabulous celebrities starring in many of the ads, along with a variety of animals (farm animals seem big this year), aliens, avocados and something weird in the Mountain Dew ad that the cat dragged in. The Broncos beat the Panthers 24 to 10, if you are interested at all, in what most commentators have described as a rather boring game marking the historic 50th anniversary of the Super Bowl. The real action was in Beyoncé ‘winning’ the half-time show, and the fact that #SuperBowel trended alongside #SuperBowl, due to the disproportionate amount of ‘intestinal’ advertising this year.

For those people who don’t care about Super Bowl and want to know what else was going on - it was also the eve of the Chinese Year of the Fire Monkey which starts on 8 February 2016.

The Super Bowl is when the world’s most expensive advertising is aired, where brands pay $5m for a 30-second spot. And the ad spot that won? Many tweets are nominating a comment by the Broncos football star, Peyton Manning, on his win immediately after the game, in which he said: “I’m going to drink a lot of Budweiser tonight.” Question is, did Budweiser pay him to say that? If not, it was the most valuable “native advertising” out there on the night, quipped one insider.

Anheuser-Busch subsequently issued a statement to the effect that they did not pay Manning to make that comment, saying they were “surprised and delighted” that he did. Active NFL players are however not supposed to recommend alcohol brands. Manning reportedly also has a stake in some Louisiana beer distributorships that deal with Anheuser-Busch, バラエティ writes.

And the biggest loser on the night? Storytelling, according to many complaints. True narrative was dropped in favour of a litany of celebrities and obscure memes and the ‘schlock’ effect. The lack of true integrated advertising was also clear, with only a tiny percentage containing a digital call to action or any follow through on another medium.

In fact movie trailers aired on the night, such as ‘独立記念日’ and ‘エックスメン’ were better than the ads, according to some social media commentators. Maybe that’s because they are stories that build anticipation of the final product… something advertisers profess to be doing today, but clearly failed in playing it safe at the Super Bowl this year.

This is our favourite Super Bowl ad, the Heinz sausage doggies dashing towards their favourite Heinz sauce as cute little hot dogs in ‘Weiner Stampede’ from agency David in Miami. Big awww factor! You can’t go wrong with the puppy formula. (Disclosure: both editor-in-chief Leigh Andrews and I are parents to Dachshunds, so we are definitely biased).

A close second for me was Axe’s 𠆏ind Your Magic’ from agency 72andSunny, which leaves the blatantly sexist 𠆋ro’ advertising behind to celebrate everything that makes a man attractive, each unique “thing”, including dance moves (in high heels), a cool suit, grooming, chivalry and, awww, kittens… Kittens will work every time.

Of course the recipe to a good Super Bowl ad often includes puppies and babies. And monkeys. So Mountain Dew created #PuppyMonkeyBaby, a bizarre combination of all three. You won’t be able to unsee it and might end up muttering puppymonkeybaby, puppymonkeybaby, for the rest of the day until you have a lie down.

    1. Axe 𠆏ind Your Magic’ (72andSunny)
    2. Official Super Bowl 50 PSA ‘No More’ (Grey New York)
    3. Heinz ‘Wiener Stampede’ (David Miami)
    4. Jeep 𠆄x4ever’ (DDB Chicago)
    5. WeatherTech ‘Resources’ (Pinnacle Advertising, Illonois).

In promoting the whole shebang for their 50th anniversary, the NFL produced a promotional video highlighting the fact that a Super Bowl win can lead to a population boom for the winning team’s fan base, set to a Seal song. Music is a big feature too and Audi’s touching 𠆌ommander’ ad (Venables Bell & Partners) might make you cry when you hear the Bowie soundtrack. Both ads were previewed by Super Bowl Commercials.

    1. ‘What He Said’ from Acura (Mullen Lowe).
    2. ‘New Truck to Love’ from Honda (RPA).
    3. ‘Robot Razors’ from Schick (J. Walter Thompson).
    4. ‘Great Loans , from SoFi (Muhtayzik Hoffer).
    5. ‘The Portrait’ from Skittles, featuring Steven Tyler (DDB Chicago).
    1. ‘The Longest Chase’ from Toyota (Saatchi & Saatchi Los Angeles)
    2. ‘Train On’ from Pokémon (Omelet).
    3. ‘PuppyMonkeyBaby’ from Mountain Dew (BBDO New York).
    4. ‘Restricted Bling’ from T-Mobile (Publicis Seattle).
    5. ‘Never a Sellout’ from TurboTax (Wieden & Kennedy).

A special mention to Christopher Walken in the Kia Optima Super Bowl ad (David & Goliath agency) for awesomeness, 𠇍o you want to be beige?”. Great sock/apparel ad. Not so much for cars. Although the best car ad on the night was probably Jeep’s celebration of its 75 years, nice tune, cool execution.

Social responsibility dominated many messages, with a simple, yet powerful, domestic violence ad in the form of a text message which was the Super Bowl’s official ad, by Grey New York. First time advertiser Colgate advocated water saving instead of advertising its toothpaste, in a well-received ad spot (Y&R Peru). Budweiser’s anti-drunk driving spot was also excellent just because of Helen Mirren. No one wants to be called a ‘pillock’ by her. Cringe!

Since the Super Bowl is also the day for the advertising clan to shine, in celebration of the 50th anniversary of the Super Bowl, AdWeek, which provided blow-by-blow reviews of each ad flighted, running polls for best and worst, also produced a video and an infographic to showcase how Super Bowl advertising has changed over the years from 1967, when one minute cost only $75,000 (from NBC)!

For a breakdown of all the commercials, AdWeek is also running a Super Bowl Ad Checker with everything they know on all the Super Bowl commercials. Handy resource for those of you who will be reviewing Super Bowl advertising for your teams, clients and all those boring marketing conferences this year.


#Trending: Brands that won the Super Bowl

There were tons of serious actors and fabulous celebrities starring in many of the ads, along with a variety of animals (farm animals seem big this year), aliens, avocados and something weird in the Mountain Dew ad that the cat dragged in. The Broncos beat the Panthers 24 to 10, if you are interested at all, in what most commentators have described as a rather boring game marking the historic 50th anniversary of the Super Bowl. The real action was in Beyoncé ‘winning’ the half-time show, and the fact that #SuperBowel trended alongside #SuperBowl, due to the disproportionate amount of ‘intestinal’ advertising this year.

For those people who don’t care about Super Bowl and want to know what else was going on - it was also the eve of the Chinese Year of the Fire Monkey which starts on 8 February 2016.

The Super Bowl is when the world’s most expensive advertising is aired, where brands pay $5m for a 30-second spot. And the ad spot that won? Many tweets are nominating a comment by the Broncos football star, Peyton Manning, on his win immediately after the game, in which he said: “I’m going to drink a lot of Budweiser tonight.” Question is, did Budweiser pay him to say that? If not, it was the most valuable “native advertising” out there on the night, quipped one insider.

Anheuser-Busch subsequently issued a statement to the effect that they did not pay Manning to make that comment, saying they were “surprised and delighted” that he did. Active NFL players are however not supposed to recommend alcohol brands. Manning reportedly also has a stake in some Louisiana beer distributorships that deal with Anheuser-Busch, バラエティ writes.

And the biggest loser on the night? Storytelling, according to many complaints. True narrative was dropped in favour of a litany of celebrities and obscure memes and the ‘schlock’ effect. The lack of true integrated advertising was also clear, with only a tiny percentage containing a digital call to action or any follow through on another medium.

In fact movie trailers aired on the night, such as ‘独立記念日’ and ‘エックスメン’ were better than the ads, according to some social media commentators. Maybe that’s because they are stories that build anticipation of the final product… something advertisers profess to be doing today, but clearly failed in playing it safe at the Super Bowl this year.

This is our favourite Super Bowl ad, the Heinz sausage doggies dashing towards their favourite Heinz sauce as cute little hot dogs in ‘Weiner Stampede’ from agency David in Miami. Big awww factor! You can’t go wrong with the puppy formula. (Disclosure: both editor-in-chief Leigh Andrews and I are parents to Dachshunds, so we are definitely biased).

A close second for me was Axe’s 𠆏ind Your Magic’ from agency 72andSunny, which leaves the blatantly sexist 𠆋ro’ advertising behind to celebrate everything that makes a man attractive, each unique “thing”, including dance moves (in high heels), a cool suit, grooming, chivalry and, awww, kittens… Kittens will work every time.

Of course the recipe to a good Super Bowl ad often includes puppies and babies. And monkeys. So Mountain Dew created #PuppyMonkeyBaby, a bizarre combination of all three. You won’t be able to unsee it and might end up muttering puppymonkeybaby, puppymonkeybaby, for the rest of the day until you have a lie down.

    1. Axe 𠆏ind Your Magic’ (72andSunny)
    2. Official Super Bowl 50 PSA ‘No More’ (Grey New York)
    3. Heinz ‘Wiener Stampede’ (David Miami)
    4. Jeep 𠆄x4ever’ (DDB Chicago)
    5. WeatherTech ‘Resources’ (Pinnacle Advertising, Illonois).

In promoting the whole shebang for their 50th anniversary, the NFL produced a promotional video highlighting the fact that a Super Bowl win can lead to a population boom for the winning team’s fan base, set to a Seal song. Music is a big feature too and Audi’s touching 𠆌ommander’ ad (Venables Bell & Partners) might make you cry when you hear the Bowie soundtrack. Both ads were previewed by Super Bowl Commercials.

    1. ‘What He Said’ from Acura (Mullen Lowe).
    2. ‘New Truck to Love’ from Honda (RPA).
    3. ‘Robot Razors’ from Schick (J. Walter Thompson).
    4. ‘Great Loans , from SoFi (Muhtayzik Hoffer).
    5. ‘The Portrait’ from Skittles, featuring Steven Tyler (DDB Chicago).
    1. ‘The Longest Chase’ from Toyota (Saatchi & Saatchi Los Angeles)
    2. ‘Train On’ from Pokémon (Omelet).
    3. ‘PuppyMonkeyBaby’ from Mountain Dew (BBDO New York).
    4. ‘Restricted Bling’ from T-Mobile (Publicis Seattle).
    5. ‘Never a Sellout’ from TurboTax (Wieden & Kennedy).

A special mention to Christopher Walken in the Kia Optima Super Bowl ad (David & Goliath agency) for awesomeness, 𠇍o you want to be beige?”. Great sock/apparel ad. Not so much for cars. Although the best car ad on the night was probably Jeep’s celebration of its 75 years, nice tune, cool execution.

Social responsibility dominated many messages, with a simple, yet powerful, domestic violence ad in the form of a text message which was the Super Bowl’s official ad, by Grey New York. First time advertiser Colgate advocated water saving instead of advertising its toothpaste, in a well-received ad spot (Y&R Peru). Budweiser’s anti-drunk driving spot was also excellent just because of Helen Mirren. No one wants to be called a ‘pillock’ by her. Cringe!

Since the Super Bowl is also the day for the advertising clan to shine, in celebration of the 50th anniversary of the Super Bowl, AdWeek, which provided blow-by-blow reviews of each ad flighted, running polls for best and worst, also produced a video and an infographic to showcase how Super Bowl advertising has changed over the years from 1967, when one minute cost only $75,000 (from NBC)!

For a breakdown of all the commercials, AdWeek is also running a Super Bowl Ad Checker with everything they know on all the Super Bowl commercials. Handy resource for those of you who will be reviewing Super Bowl advertising for your teams, clients and all those boring marketing conferences this year.


#Trending: Brands that won the Super Bowl

There were tons of serious actors and fabulous celebrities starring in many of the ads, along with a variety of animals (farm animals seem big this year), aliens, avocados and something weird in the Mountain Dew ad that the cat dragged in. The Broncos beat the Panthers 24 to 10, if you are interested at all, in what most commentators have described as a rather boring game marking the historic 50th anniversary of the Super Bowl. The real action was in Beyoncé ‘winning’ the half-time show, and the fact that #SuperBowel trended alongside #SuperBowl, due to the disproportionate amount of ‘intestinal’ advertising this year.

For those people who don’t care about Super Bowl and want to know what else was going on - it was also the eve of the Chinese Year of the Fire Monkey which starts on 8 February 2016.

The Super Bowl is when the world’s most expensive advertising is aired, where brands pay $5m for a 30-second spot. And the ad spot that won? Many tweets are nominating a comment by the Broncos football star, Peyton Manning, on his win immediately after the game, in which he said: “I’m going to drink a lot of Budweiser tonight.” Question is, did Budweiser pay him to say that? If not, it was the most valuable “native advertising” out there on the night, quipped one insider.

Anheuser-Busch subsequently issued a statement to the effect that they did not pay Manning to make that comment, saying they were “surprised and delighted” that he did. Active NFL players are however not supposed to recommend alcohol brands. Manning reportedly also has a stake in some Louisiana beer distributorships that deal with Anheuser-Busch, バラエティ writes.

And the biggest loser on the night? Storytelling, according to many complaints. True narrative was dropped in favour of a litany of celebrities and obscure memes and the ‘schlock’ effect. The lack of true integrated advertising was also clear, with only a tiny percentage containing a digital call to action or any follow through on another medium.

In fact movie trailers aired on the night, such as ‘独立記念日’ and ‘エックスメン’ were better than the ads, according to some social media commentators. Maybe that’s because they are stories that build anticipation of the final product… something advertisers profess to be doing today, but clearly failed in playing it safe at the Super Bowl this year.

This is our favourite Super Bowl ad, the Heinz sausage doggies dashing towards their favourite Heinz sauce as cute little hot dogs in ‘Weiner Stampede’ from agency David in Miami. Big awww factor! You can’t go wrong with the puppy formula. (Disclosure: both editor-in-chief Leigh Andrews and I are parents to Dachshunds, so we are definitely biased).

A close second for me was Axe’s 𠆏ind Your Magic’ from agency 72andSunny, which leaves the blatantly sexist 𠆋ro’ advertising behind to celebrate everything that makes a man attractive, each unique “thing”, including dance moves (in high heels), a cool suit, grooming, chivalry and, awww, kittens… Kittens will work every time.

Of course the recipe to a good Super Bowl ad often includes puppies and babies. And monkeys. So Mountain Dew created #PuppyMonkeyBaby, a bizarre combination of all three. You won’t be able to unsee it and might end up muttering puppymonkeybaby, puppymonkeybaby, for the rest of the day until you have a lie down.

    1. Axe 𠆏ind Your Magic’ (72andSunny)
    2. Official Super Bowl 50 PSA ‘No More’ (Grey New York)
    3. Heinz ‘Wiener Stampede’ (David Miami)
    4. Jeep 𠆄x4ever’ (DDB Chicago)
    5. WeatherTech ‘Resources’ (Pinnacle Advertising, Illonois).

In promoting the whole shebang for their 50th anniversary, the NFL produced a promotional video highlighting the fact that a Super Bowl win can lead to a population boom for the winning team’s fan base, set to a Seal song. Music is a big feature too and Audi’s touching 𠆌ommander’ ad (Venables Bell & Partners) might make you cry when you hear the Bowie soundtrack. Both ads were previewed by Super Bowl Commercials.

    1. ‘What He Said’ from Acura (Mullen Lowe).
    2. ‘New Truck to Love’ from Honda (RPA).
    3. ‘Robot Razors’ from Schick (J. Walter Thompson).
    4. ‘Great Loans , from SoFi (Muhtayzik Hoffer).
    5. ‘The Portrait’ from Skittles, featuring Steven Tyler (DDB Chicago).
    1. ‘The Longest Chase’ from Toyota (Saatchi & Saatchi Los Angeles)
    2. ‘Train On’ from Pokémon (Omelet).
    3. ‘PuppyMonkeyBaby’ from Mountain Dew (BBDO New York).
    4. ‘Restricted Bling’ from T-Mobile (Publicis Seattle).
    5. ‘Never a Sellout’ from TurboTax (Wieden & Kennedy).

A special mention to Christopher Walken in the Kia Optima Super Bowl ad (David & Goliath agency) for awesomeness, 𠇍o you want to be beige?”. Great sock/apparel ad. Not so much for cars. Although the best car ad on the night was probably Jeep’s celebration of its 75 years, nice tune, cool execution.

Social responsibility dominated many messages, with a simple, yet powerful, domestic violence ad in the form of a text message which was the Super Bowl’s official ad, by Grey New York. First time advertiser Colgate advocated water saving instead of advertising its toothpaste, in a well-received ad spot (Y&R Peru). Budweiser’s anti-drunk driving spot was also excellent just because of Helen Mirren. No one wants to be called a ‘pillock’ by her. Cringe!

Since the Super Bowl is also the day for the advertising clan to shine, in celebration of the 50th anniversary of the Super Bowl, AdWeek, which provided blow-by-blow reviews of each ad flighted, running polls for best and worst, also produced a video and an infographic to showcase how Super Bowl advertising has changed over the years from 1967, when one minute cost only $75,000 (from NBC)!

For a breakdown of all the commercials, AdWeek is also running a Super Bowl Ad Checker with everything they know on all the Super Bowl commercials. Handy resource for those of you who will be reviewing Super Bowl advertising for your teams, clients and all those boring marketing conferences this year.


#Trending: Brands that won the Super Bowl

There were tons of serious actors and fabulous celebrities starring in many of the ads, along with a variety of animals (farm animals seem big this year), aliens, avocados and something weird in the Mountain Dew ad that the cat dragged in. The Broncos beat the Panthers 24 to 10, if you are interested at all, in what most commentators have described as a rather boring game marking the historic 50th anniversary of the Super Bowl. The real action was in Beyoncé ‘winning’ the half-time show, and the fact that #SuperBowel trended alongside #SuperBowl, due to the disproportionate amount of ‘intestinal’ advertising this year.

For those people who don’t care about Super Bowl and want to know what else was going on - it was also the eve of the Chinese Year of the Fire Monkey which starts on 8 February 2016.

The Super Bowl is when the world’s most expensive advertising is aired, where brands pay $5m for a 30-second spot. And the ad spot that won? Many tweets are nominating a comment by the Broncos football star, Peyton Manning, on his win immediately after the game, in which he said: “I’m going to drink a lot of Budweiser tonight.” Question is, did Budweiser pay him to say that? If not, it was the most valuable “native advertising” out there on the night, quipped one insider.

Anheuser-Busch subsequently issued a statement to the effect that they did not pay Manning to make that comment, saying they were “surprised and delighted” that he did. Active NFL players are however not supposed to recommend alcohol brands. Manning reportedly also has a stake in some Louisiana beer distributorships that deal with Anheuser-Busch, バラエティ writes.

And the biggest loser on the night? Storytelling, according to many complaints. True narrative was dropped in favour of a litany of celebrities and obscure memes and the ‘schlock’ effect. The lack of true integrated advertising was also clear, with only a tiny percentage containing a digital call to action or any follow through on another medium.

In fact movie trailers aired on the night, such as ‘独立記念日’ and ‘エックスメン’ were better than the ads, according to some social media commentators. Maybe that’s because they are stories that build anticipation of the final product… something advertisers profess to be doing today, but clearly failed in playing it safe at the Super Bowl this year.

This is our favourite Super Bowl ad, the Heinz sausage doggies dashing towards their favourite Heinz sauce as cute little hot dogs in ‘Weiner Stampede’ from agency David in Miami. Big awww factor! You can’t go wrong with the puppy formula. (Disclosure: both editor-in-chief Leigh Andrews and I are parents to Dachshunds, so we are definitely biased).

A close second for me was Axe’s 𠆏ind Your Magic’ from agency 72andSunny, which leaves the blatantly sexist 𠆋ro’ advertising behind to celebrate everything that makes a man attractive, each unique “thing”, including dance moves (in high heels), a cool suit, grooming, chivalry and, awww, kittens… Kittens will work every time.

Of course the recipe to a good Super Bowl ad often includes puppies and babies. And monkeys. So Mountain Dew created #PuppyMonkeyBaby, a bizarre combination of all three. You won’t be able to unsee it and might end up muttering puppymonkeybaby, puppymonkeybaby, for the rest of the day until you have a lie down.

    1. Axe 𠆏ind Your Magic’ (72andSunny)
    2. Official Super Bowl 50 PSA ‘No More’ (Grey New York)
    3. Heinz ‘Wiener Stampede’ (David Miami)
    4. Jeep 𠆄x4ever’ (DDB Chicago)
    5. WeatherTech ‘Resources’ (Pinnacle Advertising, Illonois).

In promoting the whole shebang for their 50th anniversary, the NFL produced a promotional video highlighting the fact that a Super Bowl win can lead to a population boom for the winning team’s fan base, set to a Seal song. Music is a big feature too and Audi’s touching 𠆌ommander’ ad (Venables Bell & Partners) might make you cry when you hear the Bowie soundtrack. Both ads were previewed by Super Bowl Commercials.

    1. ‘What He Said’ from Acura (Mullen Lowe).
    2. ‘New Truck to Love’ from Honda (RPA).
    3. ‘Robot Razors’ from Schick (J. Walter Thompson).
    4. ‘Great Loans , from SoFi (Muhtayzik Hoffer).
    5. ‘The Portrait’ from Skittles, featuring Steven Tyler (DDB Chicago).
    1. ‘The Longest Chase’ from Toyota (Saatchi & Saatchi Los Angeles)
    2. ‘Train On’ from Pokémon (Omelet).
    3. ‘PuppyMonkeyBaby’ from Mountain Dew (BBDO New York).
    4. ‘Restricted Bling’ from T-Mobile (Publicis Seattle).
    5. ‘Never a Sellout’ from TurboTax (Wieden & Kennedy).

A special mention to Christopher Walken in the Kia Optima Super Bowl ad (David & Goliath agency) for awesomeness, 𠇍o you want to be beige?”. Great sock/apparel ad. Not so much for cars. Although the best car ad on the night was probably Jeep’s celebration of its 75 years, nice tune, cool execution.

Social responsibility dominated many messages, with a simple, yet powerful, domestic violence ad in the form of a text message which was the Super Bowl’s official ad, by Grey New York. First time advertiser Colgate advocated water saving instead of advertising its toothpaste, in a well-received ad spot (Y&R Peru). Budweiser’s anti-drunk driving spot was also excellent just because of Helen Mirren. No one wants to be called a ‘pillock’ by her. Cringe!

Since the Super Bowl is also the day for the advertising clan to shine, in celebration of the 50th anniversary of the Super Bowl, AdWeek, which provided blow-by-blow reviews of each ad flighted, running polls for best and worst, also produced a video and an infographic to showcase how Super Bowl advertising has changed over the years from 1967, when one minute cost only $75,000 (from NBC)!

For a breakdown of all the commercials, AdWeek is also running a Super Bowl Ad Checker with everything they know on all the Super Bowl commercials. Handy resource for those of you who will be reviewing Super Bowl advertising for your teams, clients and all those boring marketing conferences this year.


ビデオを見る: 命を落とす事故シーン 飲酒運転撲滅 TV CM オーストラリア  Grey Advertising AUSTRALIA (八月 2022).