最新のレシピ

シェフのマーカス・サミュエルソンとバルバドスで料理

シェフのマーカス・サミュエルソンとバルバドスで料理


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「サウスビーチが最初に始まったとき、私はサウスビーチで最初のシェフの一人でした」と、シェフのマーカス・サミュエルソンは数週間前、2010年のバルバドスフード&ワインアンドラムフェスティバルでの料理のデモンストレーションで述べました。 「約5人のシェフがいて、私たちは皆、 『これはどうなるのか』のようにお互いを見つめていました。」

の終わりまでに これ フェスティバル、バルバドスの観光大臣、リチャードL.シーリーによる紹介声明、「現場に新しいプレーヤーがいます」は、初期のフェスティバルの将来の成功に疑いの余地がないことを示しました。一方、シェフのサミュエルソンは、レッドルースター、誰がより良いフライドチキンを作るのか、シェフのサミュエルソンまたは彼のスーシェフ、そしてフェアモントロイヤルパビリオンでフライドチキンを準備する彼の付随するスライドショーを含むいくつかのハイライトをチェックしてください。 。

地元のバジャン料理とダンスについて

「昨夜、オイスティンズ(地元のシーフードマーケットと屋外フードコート)に行って、揚げ魚をすべて見ました。素晴らしいです。地元のダンスでは、それを社交リズムと呼んでいました。そのようなものは見たことがありません。素晴らしい。私はほとんど大胆に社会のリズムに飛び込んでいました。これが私が旅行で好きなことです。特に私にとって、私はアフリカで生まれ、スウェーデンで育ち、ニューヨークに住んでいます。素晴らしい料理、素晴らしい料理の経験をすることができます。世界中で。"

グローバルである良い食品について

「私が成長していたとき、本当においしい料理を食べる場所はフランスだけだと言われました。しかし今ではオンラインの人々が増え、人々は秘密が明かされていることに気づきます。素晴らしい料理は誰にとっても、世界中で体験できます。」

レッドルースターとフライドチキンについて

「レッドルースターのハーレムに素晴らしい場所をオープンするまで2週間です。私はこれに本当に、本当に、本当に興奮しています。そこで、フライドチキンのようなアメリカのコンフォートフードを調理します。私はかなりです良いフライドチキンメーカーですが、私はスタッフの中で2番目に優れています。私のスーシェフのマイケル、私たちは両方のフライドチキンレシピでテイストオフを行い、彼は毎回勝ちました。しかし、私はフライドチキンはとても美味しいので、まだ諦めていません。おいしいフライドチキンを作るために誰もができることがいくつかあります。マイケルと私が同意することがいくつかあります。」

料理の魅力

「だから私は料理が好きです。とても幼稚で、危険な要素があります。」

料理と次のホットなことを始めることについて

「それがスウェーデンのミートボールだったので、本当に料理に夢中になりました。スウェーデンの祖母と一緒にたくさん料理をしていました。今では料理の多くが人気があり、ファッショナブルです。彼女のミートボールができるようになったので、時々自分自身に微笑む必要があります。レストランのメニューで提供されます。しかし、物事は常に周期的に移動するため、コンフォートフードが人気を博している今、超高級料理はほんの数年先にあると思います。常に2つのトレンドが同時に起こっています。」

みんなの批評家

「すべての都市に約400万人の専門家がいます。シェフとして私たちは間違いなくそれを感じています。」

州の夕食の作成について

「州の夕食は常にアメリカをテーマにしたものではなかったので、どうすればテーマを作成できるかについて話し始めました。アメリカにいるようなものだったので、アメリカをテーマにした州の夕食を考え始めました。 、そして小麦はそのように見えるでしょう。ご存知のように、それは不況の真っ只中にあり、世界中でこのメニューを読むと、「うわー、これらは非常に単純な材料でした」のようになります。

「ミシェルオバマは、地元の学校や子供たちがより良い食事をすることでこのイニシアチブを始めたばかりです。庭を本当に祝うよりも良いことは何ですか?しかし、これを目指しているのは私だけではありません。約40人のシェフが検討されていました。」

「マイケルはクイーンズにいました。夕食はインドの首相のためになることがわかりました。そこでマイケルはジャクソンハイツ全体でこれらのインドの食材をすべて購入しました。それはインド風の食事でした。」

「私たちが行った夕食は、実際にはいくつかのことに基づいていました。私たちは人々にパンを割ってもらいたいと思っていました。彼らはこの驚くべき有名な建物にいるので、あなたはパンを割ることから始めます。私たちはチャパティをしましたパンとアメリカンコーンブレッド。2番目のコースは、ミシェルオバマの庭から直接サラダコースでした。次に、レンズ豆のスープを作りました。インドの首相はベジタリアンなので、ひよこ豆の団子、襟付きのグリーンとトマトのチャパティを作りました。そして、デザートはインドのガラムマサラを添えたカボチャのパイをベースにしていました。それが私の料理のキャリアのハイライトの1つだったと思います。」


私たちが愛する料理本:マーカス・サミュエルソンの「The Rise」は、アメリカの黒人料理人を祝う

背景説明: かなりのことが書かれています 上昇 —昨年末に出版された料理本のスーパーシェフマーカスサミュエルソン。取材のほとんどは、新しいタイトルのまとめや今年のベストクックブックストーリーの形で、パブタイムの前後に行われました( ワシントンポストニューヨークタイムズNS' とりわけリスト.) サミュエルソンと共著者のオサイ・エンドリンは、 フード&ワイン 本が出版された直後の雑誌。

普遍的に熱狂的な記事の多くは、サミュエルソンの本の目標に焦点を当てて素晴らしい仕事をしました。彼が彼の紹介でそれを表現するとき:

「黒人料理はアメリカ料理であり、黒人料理人の芸術性と創意工夫が適切に認められたのは昔のことです。」

もちろん、サミュエルソンはエチオピア生まれのスウェーデン育ちのシェフであり、ニューヨークで30年近くの歴史があります。彼は1995年に最年少のシェフとして名を馳せ、 ニューヨークタイムズ アクアビットのエグゼクティブシェフを務めていたとき、2010年に自身のレストランRed Rooster Harlemをオープンしました。それ以来、シェフは米国、カナダ、バミューダ、英国、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーに数十のレストランの帝国を築き上げてきました。

私があまり見つけていないのは、掘り下げたレビューとストーリーです 上昇の119のレシピ(および48のパントリーレシピ)。

私たちがそれを愛する理由: この本のレシピに影響を与えたシェフ、活動家、料理人に関するエンドリンのエッセイは素晴らしく、啓発的な読み物です。それらを回転させることは、アメリカのブラッククッキングの未来、現在、過去について何かを理解するための素晴らしい方法です。 Endolynは、誰が行ったのか、何をしているのかについて思慮深い光を当て、どこでも最もエキサイティングな料理のいくつかに情報を提供し続けます。

一方、サミュエルソン自身は、私たちの時代で最も才能があり、熟練したシェフの1人であり、YewandeKomolafeとTamieCookで開発された彼のレシピはしばしばスリル満点です。

本が出版されてから2週間後、私たちはPapaEdのエビとグリッツを検討する時間を無駄にしませんでした。 Red RoosterHarlemのエグゼクティブシェフであるEdBrumfieldに触発されたこの料理は、文字通り私が今まで食べた中で最高のエビとグリッツで、心が痛むほど美味しいです。冷凍オクラを手に入れられない限り、私が言っていることを味わうには、季節が戻るまで待つ必要があります。

私がスピンのために取った最初のレシピは、本のリードオフレシピでした:ガーリック発酵エビバターを使った焼き芋。私はどんな装いでも焼き芋の吸盤です。これは、コペンハーゲンの野間で元発酵ディレクターを務めたトロント生まれのシェフ、デビッドジルバーへのサミュエルソンの賛辞です。その甘美さはほとんど退廃的です。エビのペースト(私はタイ料理のために手元に置いています)は、アボカドバターにワイルドで素晴らしいファンクを与えます。

また、私は大酒飲みのデザートに抵抗することはできません。これは、暗いラム酒に浸し、ホイップクリームでつや消しにしたバニラケーキですが、がっかりすることはありませんでした。モンテゴベイラムケーキは、ニューヨーク市のイーストビレッジ、バンブーにある先駆的な高級カリブ海レストランであるシェフのハーブウィルソンへのサミュエルソンのオマージュです。最初に公開されたように、レシピにはスタンドミキサーが必要です。必要に応じて、ハンドミキサーを使用できるように調整しました。

これを試してみる必要があります: みじん切りのディルピクルス、タマネギ、サンバルオエレク、魚醤、セロリソルト、パプリカでドレスアップした、これらのローストカリフラワーステーキの上にあるジャジーマヨネーズは、自分で作る価値があります。 (これは、湾岸エビの煮物にぴったりです!)そして、モロッコのスパイスブレンドであるラスエルハヌートをまぶしたカリフラワーステーキにそれを塗るのは、この世のものではありません。 (本にras el hanoutのレシピがあったらいいのにと思います。手元にレシピがなかったので、ポーラ・ヴォルフェルトのレシピを使用しました。 サンノゼマーキュリーニュース。)レシピは、ニューオーリンズのCompèreLapinとBywater AmericanBistroのシェフ兼オーナーであるNinaComptonを称えています。マヨソースの材料は、その都市の「アフリカ、ハイチ、フランスの多様な人口」を反映しています。

まだ料理したい: オクラの季節に戻って、それらのポッドが市場に飛び出し始めた瞬間、私は作ります リアチェイスガンボ。 2019年に96歳で亡くなったニューオーリンズのDookyChase’sの伝説的なシェフオーナーであるChaseは、サミュエルソンがこの本を捧げるシェフの1人です。 (チェースが最初に味わうことなく彼女のガンボにホットソースを振りかけたときにチェースがオバマ大統領にしたことについての素晴らしい逸話を読むには、本を手に取る必要があります。)サミュエルソンのトリビュートガンボには、エビ、アンドイユソーセージ、フィレパウダーが含まれていますオクラ。

でも、アスパラガスの季節はオクラの季節に先行します、そしてその瞬間に私は襲い掛かります 上昇のレシピ ビターグリーンとグレープフルーツのエビのフリッター — JonnyRhodesに敬意を表して西アフリカ風のレシピ。ロードスは、「アフリカ系アメリカ人の食道を形作り、導いてきた歴史、文化、社会的経験に焦点を当てた」ネオソウルフードレストラン、インディゴの背後にいる高く評価されている若いヒューストンのシェフです。

他にも魅力的なレシピがたくさんあります—そしてそれらすべてのクールなエッセイ。

黒人歴史月間を祝うのに最適な方法は次のとおりです。自分でコピーを購入する 上昇。 あなたがそれをしている間に、黒人のアメリカ料理である美味しくてダイナミックな多様性を探求することに興味がある友人のためにそれを購入してください。


私たちが愛する料理本:マーカス・サミュエルソンの「The Rise」は、アメリカの黒人料理人を祝う

背景説明: かなりのことが書かれています 上昇 —昨年末に出版された料理本のスーパーシェフマーカスサミュエルソン。取材のほとんどは、新しいタイトルのまとめや今年のベストクックブックストーリーの形で、パブタイムの前後に行われました( ワシントンポストニューヨークタイムズNS' とりわけリスト.) サミュエルソンと共著者のオサイ・エンドリンは、 フード&ワイン 本が出版された直後の雑誌。

普遍的に熱狂的な記事の多くは、サミュエルソンの本の目標に焦点を当てて素晴らしい仕事をしました。彼が彼の紹介でそれを表現するとき:

「黒人料理はアメリカ料理であり、黒人料理人の芸術性と創意工夫が適切に認められたのは昔のことです。」

もちろん、サミュエルソンはエチオピア生まれのスウェーデン育ちのシェフであり、ニューヨークで30年近くの歴史があります。彼は1995年に最年少のシェフとして名を馳せ、 ニューヨークタイムズ アクアビットのエグゼクティブシェフを務めていたとき、2010年に自身のレストランRed Rooster Harlemをオープンしました。それ以来、シェフは米国、カナダ、バミューダ、英国、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーに数十のレストランの帝国を築き上げてきました。

私があまり見つけていないのは、掘り下げたレビューとストーリーです 上昇の119のレシピ(および48のパントリーレシピ)。

私たちがそれを愛する理由: この本のレシピに影響を与えたシェフ、活動家、料理人に関するエンドリンのエッセイは素晴らしく、啓発的な読み物です。それらを回転させることは、アメリカのブラッククッキングの未来、現在、過去について何かを理解するための素晴らしい方法です。 Endolynは、誰が行ったのか、何をしているのかについて思慮深い光を当て、どこでも最もエキサイティングな料理のいくつかに情報を提供し続けます。

一方、サミュエルソン自身は、私たちの時代で最も才能があり、熟練したシェフの1人であり、YewandeKomolafeとTamieCookで開発された彼のレシピはしばしばスリル満点です。

本が出版されてから2週間後、私たちはPapaEdのエビとグリッツを検討する時間を無駄にしませんでした。 Red RoosterHarlemのエグゼクティブシェフであるEdBrumfieldに触発されたこの料理は、文字通り私が今まで食べた中で最高のエビとグリッツで、心が痛むほど美味しいです。冷凍オクラを手に入れられない限り、私が言っていることを味わうには、季節が戻るまで待つ必要があります。

私がスピンのために取った最初のレシピは、本のリードオフレシピでした:ガーリック発酵エビバターを使った焼き芋。私はどんな装いでも焼き芋の吸盤です。これは、コペンハーゲンの野間で元発酵ディレクターを務めたトロント生まれのシェフ、デビッドジルバーへのサミュエルソンの賛辞です。その甘美さはほとんど退廃的です。エビのペースト(私はタイ料理のために手元に置いています)は、アボカドバターにワイルドで素晴らしいファンクを与えます。

また、私は大酒飲みのデザートに抵抗することはできません。これは、暗いラム酒に浸し、ホイップクリームでつや消しにしたバニラケーキですが、がっかりすることはありませんでした。モンテゴベイラムケーキは、ニューヨーク市のイーストビレッジ、バンブーにある先駆的な高級カリブ海レストランであるシェフのハーブウィルソンへのサミュエルソンのオマージュです。最初に公開されたように、レシピにはスタンドミキサーが必要です。必要に応じて、ハンドミキサーを使用できるように調整しました。

これを試してみる必要があります: みじん切りのディルピクルス、タマネギ、サンバルオエレク、魚醤、セロリソルト、パプリカでドレスアップした、これらのローストカリフラワーステーキの上にあるジャジーマヨネーズは、自分で作る価値があります。 (これは、湾岸エビの煮物にぴったりです!)そして、モロッコのスパイスブレンドであるラスエルハヌートをまぶしたカリフラワーステーキにそれを塗るのは、この世のものではありません。 (本にras el hanoutのレシピがあったらいいのにと思います。手元にレシピがなかったので、ポーラ・ヴォルフェルトのレシピを使用しました。 サンノゼマーキュリーニュース。)レシピは、ニューオーリンズのCompèreLapinとBywater AmericanBistroのシェフ兼オーナーであるNinaComptonを称えています。マヨソースの材料は、その都市の「アフリカ、ハイチ、フランスの多様な人口」を反映しています。

まだ料理したい: オクラの季節に戻って、それらのポッドが市場に飛び出し始めた瞬間、私は作ります リアチェイスガンボ。 2019年に96歳で亡くなったニューオーリンズのDookyChase’sの伝説的なシェフオーナーであるChaseは、サミュエルソンがこの本を捧げるシェフの1人です。 (チェースが最初に味わうことなく彼女のガンボにホットソースを振りかけたときにチェースがオバマ大統領にしたことについての素晴らしい逸話を読むには、本を手に取る必要があります。)サミュエルソンのトリビュートガンボには、エビ、アンドイユソーセージ、フィレパウダーが含まれていますオクラ。

でも、アスパラガスの季節はオクラの季節に先行します、そしてその瞬間に私は襲い掛かります 上昇のレシピ ビターグリーンとグレープフルーツのエビのフリッター — JonnyRhodesに敬意を表して西アフリカ風のレシピ。ロードスは、「アフリカ系アメリカ人の食道を形作り、導いてきた歴史、文化、社会的経験に焦点を当てた」ネオソウルフードレストラン、インディゴの背後にいる高く評価されている若いヒューストンのシェフです。

他にも魅力的なレシピがたくさんあります—そしてそれらすべてのクールなエッセイ。

黒人歴史月間を祝うのに最適な方法は次のとおりです。自分でコピーを購入する 上昇。 あなたがそれをしている間に、黒人のアメリカ料理である美味しくてダイナミックな多様性を探求することに興味がある友人のためにそれを購入してください。


私たちが愛する料理本:マーカス・サミュエルソンの「The Rise」は、アメリカの黒人料理人を祝う

背景説明: かなりのことが書かれています 上昇 —昨年末に出版された料理本のスーパーシェフマーカスサミュエルソン。取材のほとんどは、新しいタイトルのまとめや今年のベストクックブックストーリーの形で、パブタイムの前後に行われました( ワシントンポストニューヨークタイムズNS' とりわけリスト.) サミュエルソンと共著者のオサイ・エンドリンは、 フード&ワイン 本が出版された直後の雑誌。

普遍的に熱狂的な記事の多くは、サミュエルソンの本の目標に焦点を当てて素晴らしい仕事をしました。彼が彼の紹介でそれを表現するとき:

「黒人料理はアメリカ料理であり、黒人料理人の芸術性と創意工夫が適切に認められたのは昔のことです。」

もちろん、サミュエルソンはエチオピア生まれのスウェーデン育ちのシェフであり、ニューヨークで30年近くの歴史があります。彼は1995年に最年少のシェフとして名を馳せ、 ニューヨークタイムズ アクアビットのエグゼクティブシェフを務めていたとき、2010年に自身のレストランRed Rooster Harlemをオープンしました。それ以来、シェフは米国、カナダ、バミューダ、英国、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーに数十のレストランの帝国を築き上げてきました。

私があまり見つけていないのは、掘り下げたレビューとストーリーです 上昇の119のレシピ(および48のパントリーレシピ)。

私たちがそれを愛する理由: この本のレシピに影響を与えたシェフ、活動家、料理人に関するエンドリンのエッセイは素晴らしく、啓発的な読み物です。それらを回転させることは、アメリカのブラッククッキングの未来、現在、過去について何かを理解するための素晴らしい方法です。 Endolynは、誰が行ったのか、何をしているのかについて思慮深い光を当て、どこでも最もエキサイティングな料理のいくつかに情報を提供し続けます。

一方、サミュエルソン自身は、私たちの時代で最も才能があり、熟練したシェフの1人であり、YewandeKomolafeとTamieCookで開発された彼のレシピはしばしばスリル満点です。

本が出版されてから2週間後、私たちはPapaEdのエビとグリッツを検討する時間を無駄にしませんでした。 Red RoosterHarlemのエグゼクティブシェフであるEdBrumfieldに触発されたこの料理は、文字通り私が今まで食べた中で最高のエビとグリッツで、心が痛むほど美味しいです。冷凍オクラを手に入れられない限り、私が言っていることを味わうには、季節が戻るまで待つ必要があります。

私がスピンのために取った最初のレシピは、本のリードオフレシピでした:ガーリック発酵エビバターを使った焼き芋。私はどんな装いでも焼き芋の吸盤です。これは、コペンハーゲンの野間で元発酵ディレクターを務めたトロント生まれのシェフ、デビッドジルバーへのサミュエルソンの賛辞です。その甘美さはほとんど退廃的です。エビのペースト(私はタイ料理のために手元に置いています)は、アボカドバターにワイルドで素晴らしいファンクを与えます。

また、私は大酒飲みのデザートに抵抗することはできません。これは、暗いラム酒に浸し、ホイップクリームでつや消しにしたバニラケーキですが、がっかりすることはありませんでした。モンテゴベイラムケーキは、ニューヨーク市のイーストビレッジ、バンブーにある先駆的な高級カリブ海レストランであるシェフのハーブウィルソンへのサミュエルソンのオマージュです。最初に公開されたように、レシピにはスタンドミキサーが必要です。必要に応じて、ハンドミキサーを使用できるように調整しました。

これを試してみる必要があります: みじん切りのディルピクルス、タマネギ、サンバルオエレク、魚醤、セロリソルト、パプリカでドレスアップした、これらのローストカリフラワーステーキの上にあるジャジーマヨネーズは、自分で作る価値があります。 (これは、湾岸エビの煮物にぴったりです!)そして、モロッコのスパイスブレンドであるラスエルハヌートをまぶしたカリフラワーステーキにそれを塗るのは、この世のものではありません。 (本にras el hanoutのレシピがあったらいいのにと思います。手元にレシピがなかったので、ポーラ・ヴォルフェルトのレシピを使用しました。 サンノゼマーキュリーニュース。)レシピは、ニューオーリンズのCompèreLapinとBywater AmericanBistroのシェフ兼オーナーであるNinaComptonを称えています。マヨソースの材料は、その都市の「アフリカ、ハイチ、フランスの多様な人口」を反映しています。

まだ料理したい: オクラの季節に戻って、それらのポッドが市場に飛び出し始めた瞬間、私は作ります リアチェイスガンボ。 2019年に96歳で亡くなったニューオーリンズのDookyChase’sの伝説的なシェフオーナーであるChaseは、サミュエルソンがこの本を捧げるシェフの1人です。 (チェースが最初に味わうことなく彼女のガンボにホットソースを振りかけたときにチェースがオバマ大統領にしたことについての素晴らしい逸話を読むには、本を手に取る必要があります。)サミュエルソンのトリビュートガンボには、エビ、アンドイユソーセージ、フィレパウダーが含まれていますオクラ。

でも、アスパラガスの季節はオクラの季節に先行します、そしてその瞬間に私は襲い掛かります 上昇のレシピ ビターグリーンとグレープフルーツのエビのフリッター — JonnyRhodesに敬意を表して西アフリカ風のレシピ。ロードスは、「アフリカ系アメリカ人の食道を形作り、導いてきた歴史、文化、社会的経験に焦点を当てた」ネオソウルフードレストラン、インディゴの背後にいる高く評価されている若いヒューストンのシェフです。

他にも魅力的なレシピがたくさんあります—そしてそれらすべてのクールなエッセイ。

黒人歴史月間を祝うのに最適な方法は次のとおりです。自分でコピーを購入する 上昇。 あなたがそれをしている間に、黒人のアメリカ料理である美味しくてダイナミックな多様性を探求することに興味がある友人のためにそれを購入してください。


私たちが愛する料理本:マーカス・サミュエルソンの「The Rise」は、アメリカの黒人料理人を祝う

背景説明: かなりのことが書かれています 上昇 —昨年末に出版された料理本のスーパーシェフマーカスサミュエルソン。取材のほとんどは、新しいタイトルのまとめや今年のベストクックブックストーリーの形で、パブタイムの前後に行われました( ワシントンポストニューヨークタイムズNS' とりわけリスト.) サミュエルソンと共著者のオサイ・エンドリンは、 フード&ワイン 本が出版された直後の雑誌。

普遍的に熱狂的な記事の多くは、サミュエルソンの本の目標に焦点を当てて素晴らしい仕事をしました。彼が彼の紹介でそれを表現するとき:

「黒人料理はアメリカ料理であり、黒人料理人の芸術性と創意工夫が適切に認められたのは昔のことです。」

もちろん、サミュエルソンはエチオピア生まれのスウェーデン育ちのシェフであり、ニューヨークで30年近くの歴史があります。彼は1995年に最年少のシェフとして名を馳せ、 ニューヨークタイムズ Aquavitのエグゼクティブシェフを務めていたとき、2010年に自身のレストランRed Rooster Harlemをオープンしました。それ以来、シェフは米国、カナダ、バミューダ、英国、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーに数十のレストランの帝国を築き上げてきました。

私があまり見つけていないのは、掘り下げたレビューとストーリーです 上昇の119のレシピ(および48のパントリーレシピ)。

私たちがそれを愛する理由: この本のレシピに影響を与えたシェフ、活動家、料理人に関するエンドリンのエッセイは素晴らしく、啓発的な読み物です。それらを回転させることは、アメリカのブラッククッキングの未来、現在、過去について何かを理解するための素晴らしい方法です。 Endolynは、誰が行ったのか、何をしているのかについて思慮深い光を当て、どこでも最もエキサイティングな料理のいくつかに情報を提供し続けます。

一方、サミュエルソン自身は、私たちの時代で最も才能があり、熟練したシェフの1人であり、YewandeKomolafeとTamieCookで開発された彼のレシピはしばしばスリル満点です。

本が出版されてから2週間後、私たちはPapaEdのエビとグリッツを検討する時間を無駄にしませんでした。 Red RoosterHarlemのエグゼクティブシェフであるEdBrumfieldに触発されたこの料理は、文字通り私が今まで食べた中で最高のエビとグリッツで、心が痛むほど美味しいです。冷凍オクラを手に入れられない限り、私が言っていることを味わうには、季節が戻るまで待つ必要があります。

私がスピンのために取った最初のレシピは、本のリードオフレシピでした:ガーリック発酵エビバターを使った焼き芋。私はどんな装いでも焼き芋の吸盤です。これは、コペンハーゲンの野間で元発酵ディレクターを務めたトロント生まれのシェフ、デビッドジルバーへのサミュエルソンの賛辞です。その甘美さはほとんど退廃的です。エビのペースト(私はタイ料理のために手元に置いています)は、アボカドバターにワイルドで素晴らしいファンクを与えます。

また、私は大酒飲みのデザートに抵抗することはできません。これは、暗いラム酒に浸し、ホイップクリームでつや消しにしたバニラケーキですが、がっかりすることはありませんでした。モンテゴベイラムケーキは、ニューヨーク市のイーストビレッジ、バンブーにある先駆的な高級カリブ海レストランであるシェフのハーブウィルソンへのサミュエルソンのオマージュです。最初に公開されたように、レシピにはスタンドミキサーが必要です。必要に応じて、ハンドミキサーを使用できるように調整しました。

これを試してみる必要があります: みじん切りのディルピクルス、タマネギ、サンバルオエレク、魚醤、セロリソルト、パプリカでドレスアップした、これらのローストカリフラワーステーキの上にあるジャジーマヨネーズは、自分で作る価値があります。 (これは、湾岸エビの煮物にぴったりです!)そして、モロッコのスパイスブレンドであるラスエルハヌートをまぶしたカリフラワーステーキにそれを塗るのは、この世のものではありません。 (本にras el hanoutのレシピがあったらいいのにと思います。手元にレシピがなかったので、ポーラ・ヴォルフェルトのレシピを使用しました。 サンノゼマーキュリーニュース。)レシピは、ニューオーリンズのCompèreLapinとBywater AmericanBistroのシェフ兼オーナーであるNinaComptonを称えています。マヨソースの材料は、その都市の「アフリカ、ハイチ、フランスの多様な人口」を反映しています。

まだ料理したい: オクラの季節に戻って、それらのポッドが市場に飛び出し始めた瞬間、私は作ります リアチェイスガンボ。 2019年に96歳で亡くなったニューオーリンズのDookyChase’sの伝説的なシェフオーナーであるChaseは、サミュエルソンがこの本を捧げるシェフの1人です。 (チェースが最初に味わうことなく彼女のガンボにホットソースを振りかけたときにチェースがオバマ大統領にしたことについての素晴らしい逸話を読むには、本を手に取る必要があります。)サミュエルソンのトリビュートガンボには、エビ、アンドイユソーセージ、フィレパウダーが含まれていますオクラ。

でも、アスパラガスの季節はオクラの季節に先行します、そしてその瞬間に私は襲い掛かります 上昇のレシピ ビターグリーンとグレープフルーツのエビのフリッター — JonnyRhodesに敬意を表して西アフリカ風のレシピ。ロードスは、「アフリカ系アメリカ人の食道を形作り、導いてきた歴史、文化、社会的経験に焦点を当てた」ネオソウルフードレストラン、インディゴの背後にいる高く評価されている若いヒューストンのシェフです。

他にも魅力的なレシピがたくさんあります—そしてそれらすべてのクールなエッセイ。

黒人歴史月間を祝うのに最適な方法は次のとおりです。自分でコピーを購入する 上昇。 あなたがそれをしている間に、黒人のアメリカ料理である美味しくてダイナミックな多様性を探求することに興味がある友人のためにそれを購入してください。


私たちが愛する料理本:マーカス・サミュエルソンの「The Rise」は、アメリカの黒人料理人を祝う

背景説明: かなりのことが書かれています 上昇 —昨年末に出版された料理本のスーパーシェフマーカスサミュエルソン。取材のほとんどは、新しいタイトルのまとめや今年のベストクックブックストーリーの形で、パブタイムの前後に行われました( ワシントンポストニューヨークタイムズNS' とりわけリスト.) サミュエルソンと共著者のオサイ・エンドリンは、 フード&ワイン 本が出版された直後の雑誌。

普遍的に熱狂的な記事の多くは、サミュエルソンの本の目標に焦点を当てて素晴らしい仕事をしました。彼が彼の紹介でそれを表現するとき:

「黒人料理はアメリカ料理であり、黒人料理人の芸術性と創意工夫が適切に認められたのは昔のことです。」

もちろん、サミュエルソンはエチオピア生まれのスウェーデン育ちのシェフであり、ニューヨークで30年近くの歴史があります。彼は1995年に最年少のシェフとして名を馳せ、 ニューヨークタイムズ Aquavitのエグゼクティブシェフを務めていたとき、2010年に自身のレストランRed Rooster Harlemをオープンしました。それ以来、シェフは米国、カナダ、バミューダ、英国、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーに数十のレストランの帝国を築き上げてきました。

私があまり見つけていないのは、掘り下げたレビューとストーリーです 上昇の119のレシピ(および48のパントリーレシピ)。

私たちがそれを愛する理由: この本のレシピに影響を与えたシェフ、活動家、料理人に関するエンドリンのエッセイは素晴らしく、啓発的な読み物です。それらを回転させることは、アメリカのブラッククッキングの未来、現在、過去について何かを理解するための素晴らしい方法です。 Endolynは、誰が行ったのか、何をしているのかについて思慮深い光を当て、どこでも最もエキサイティングな料理のいくつかに情報を提供し続けます。

一方、サミュエルソン自身は、私たちの時代で最も才能があり、熟練したシェフの1人であり、YewandeKomolafeとTamieCookで開発された彼のレシピはしばしばスリル満点です。

本が出版されてから2週間後、私たちはPapaEdのエビとグリッツを検討する時間を無駄にしませんでした。 Red RoosterHarlemのエグゼクティブシェフであるEdBrumfieldに触発されたこの料理は、文字通り私が今まで食べた中で最高のエビとグリッツで、心が痛むほど美味しいです。冷凍オクラを手に入れられない限り、私が言っていることを味わうには、季節が戻るまで待つ必要があります。

私がスピンのために取った最初のレシピは、本のリードオフレシピでした:ガーリック発酵エビバターを使った焼き芋。私はどんな装いでも焼き芋の吸盤です。これは、コペンハーゲンの野間で元発酵ディレクターを務めたトロント生まれのシェフ、デビッドジルバーへのサミュエルソンの賛辞です。その甘美さはほとんど退廃的です。エビのペースト(私はタイ料理のために手元に置いています)は、アボカドバターにワイルドで素晴らしいファンクを与えます。

また、私は大酒飲みのデザートに抵抗することはできません。これは、暗いラム酒に浸し、ホイップクリームでつや消しにしたバニラケーキですが、がっかりすることはありませんでした。モンテゴベイラムケーキは、ニューヨーク市のイーストビレッジ、バンブーにある先駆的な高級カリブ海レストランであるシェフのハーブウィルソンへのサミュエルソンのオマージュです。最初に公開されたように、レシピにはスタンドミキサーが必要です。必要に応じて、ハンドミキサーを使用できるように調整しました。

これを試してみる必要があります: みじん切りのディルピクルス、タマネギ、サンバルオエレク、魚醤、セロリソルト、パプリカでドレスアップした、これらのローストカリフラワーステーキの上にあるジャジーマヨネーズは、自分で作る価値があります。 (これは、湾岸エビの煮物にぴったりです!)そして、モロッコのスパイスブレンドであるラスエルハヌートをまぶしたカリフラワーステーキにそれを塗るのは、この世のものではありません。 (本にras el hanoutのレシピがあったらいいのにと思います。手元にレシピがなかったので、ポーラ・ヴォルフェルトのレシピを使用しました。 サンノゼマーキュリーニュース。)レシピは、ニューオーリンズのCompèreLapinとBywater AmericanBistroのシェフ兼オーナーであるNinaComptonを称えています。マヨソースの材料は、その都市の「アフリカ、ハイチ、フランスの多様な人口」を反映しています。

まだ料理したい: オクラの季節に戻って、それらのポッドが市場に飛び出し始めた瞬間、私は作ります リアチェイスガンボ。 2019年に96歳で亡くなったニューオーリンズのDookyChase’sの伝説的なシェフオーナーであるChaseは、サミュエルソンがこの本を捧げるシェフの1人です。 (チェースが最初に味わうことなく彼女のガンボにホットソースを振りかけたときにチェースがオバマ大統領にしたことについての素晴らしい逸話を読むには、本を手に取る必要があります。)サミュエルソンのトリビュートガンボには、エビ、アンドイユソーセージ、フィレパウダーが含まれていますオクラ。

でも、アスパラガスの季節はオクラの季節に先行します、そしてその瞬間に私は襲い掛かります 上昇のレシピ ビターグリーンとグレープフルーツのエビのフリッター — JonnyRhodesに敬意を表して西アフリカ風のレシピ。 Rhodes is the highly acclaimed young Houston chef behind Indigo, a neo-soul food restaurant “focusing on the history, culture, and social experiences that have shaped and guided African American foodways.”

There are many more enticing recipes besides — and all those cool essays.

Here’s a great way to celebrate Black History Month: Buy yourself a copy of the The Rise. While you’re at it, buy one for a friend interested in exploring the delicious, dynamic diversity that is Black American cooking.


Cookbooks We Love: Marcus Samuelsson’s ‘The Rise’ celebrates Black cooks in America

Backgrounder: A good deal has been written about The Rise — the cookbook super-chef Marcus Samuelsson published late last year. Most of the coverage came right around pub-time, in the form of new-title roundups or best-of-the-year cookbook stories (it made the ワシントンポストNew York Times’ lists, among others.) Samuelsson and co-author Osayi Endolyn gave an excellent interview to フード&ワイン magazine shortly after the book was published.

Many of the universally enthusiastic write-ups did a great job focusing on Samuelsson’s goal for the book. As he expresses it in his introduction:

“Black food is American food, and it’s long past time that the artistry and ingenuity of Black cooks were properly recognized.”

Samuelsson, of course, is the Ethiopia-born, Sweden-raised chef with a nearly three-decades-long history in New York. He made his name in 1995 as the youngest chef to earn a three-star review from ニューヨークタイムズ when he was executive chef of Aquavit he opened his own restaurant, Red Rooster Harlem, in 2010. The chef has since built an empire of dozens of restaurants in the U.S., Canada, Bermuda, Britain, Sweden, Finland and Norway.

What I haven’t found much of are reviews and stories that dig into The Rise’s 119 recipes (plus 48 Pantry recipes).

Why We Love It: Endolyn’s essays about the chefs, activists and cooks who have inspired the recipes in the book are wonderful, enlightening reads. Spinning through them is a fabulous way to understand something about the future, present and past of Black cooking in America. Endolyn sheds thoughtful light on who has done, and is doing, and will continue informing some of the most exciting cooking anywhere.

Meanwhile, Samuelsson himself is one of the most talented and accomplished chefs of our time, and his recipes — developed with Yewande Komolafe and Tamie Cook — are often thrilling.

We wasted no time weighing in on Papa Ed’s Shrimp and Grits two weeks after the book was published. The dish, inspired by Ed Brumfield, executive chef of Red Rooster Harlem, is heart-breakingly delicious, literally the best shrimp and grits I’ve ever had. Unless you have access to frozen okra, you’ll have to wait till it’s back in season in order to taste what I mean.

The very first recipe I took for a spin was the lead-off recipe in the book: Baked Sweet Potatoes with Garlic-Fermented Shrimp Butter. I’m a sucker for a roasted sweet potato in any guise, and as this is Samuelsson’s tribute to David Zilber — a Toronto-born chef who’s the former director of fermentation at Noma in Copenhagen — the recipe beckoned that much louder. It’s almost decadent in its lusciousness. The shrimp paste (which I keep on hand for Thai dishes) gives the avocado-butter a wild and wonderful funk.

Nor can I resist a boozy dessert, and this one — a vanilla cake soaked in dark rum and frosted with whipped cream — didn’t disappoint. Montego Bay Rum Cake is Samuelsson’s tribute to chef Herb Wilson, whose trail-blazing upscale Caribbean restaurant in New York City’s East Village, Bambou, was an early inspiration for him. As originally published, the recipe requires a stand mixer I’ve adapted it so you can use a hand-mixer, if you like.

You’ve gotta try this: Dressed up with minced dill pickle, onion, sambal oelek, fish sauce, celery salt and paprika, the jazzy mayo that tops these roasted cauliflower steaks is worth making on its own. (What a dip for boiled Gulf shrimp this will be!) And slathering it on cauliflower steaks dusted with the Moroccan spice blend ras el hanout is out of this world. (I do wish there were a recipe for ras el hanout in the book. I didn’t have any on hand, and used this one from Paula Wolfert via the San Jose Mercury News.) The recipe honors Nina Compton — chef and owner of Compère Lapin and Bywater American Bistro in New Orleans. The ingredients in the mayo sauce reflect that city’s “diverse African, Haitian and French populations.”

Still wanna cook: Circling back to okra season, the moment those pods start popping into markets, I’ll make Leah Chase Gumbo。 Chase — the legendary chef-owner of Dooky Chase’s in New Orleans, who died at in 2019 at age 96 — is one of the chefs to whom Samuelsson dedicates the book. (You’ll have to pick up the book to read the wonderful anecdote about what Chase did to President Obama when he sprinkled hot sauce on her gumbo without tasting it first.) Samuelsson’s tribute gumbo includes shrimp, andouille sausage and filé powder, along with the okra.

Asparagus season will precede okra season, though, and at that moment I’ll pounce on The Rise’s recipe for Shrimp Fritters with Bitter Greens and Grapefruit — a West African-inspired recipe in honor of Jonny Rhodes. Rhodes is the highly acclaimed young Houston chef behind Indigo, a neo-soul food restaurant “focusing on the history, culture, and social experiences that have shaped and guided African American foodways.”

There are many more enticing recipes besides — and all those cool essays.

Here’s a great way to celebrate Black History Month: Buy yourself a copy of the The Rise. While you’re at it, buy one for a friend interested in exploring the delicious, dynamic diversity that is Black American cooking.


Cookbooks We Love: Marcus Samuelsson’s ‘The Rise’ celebrates Black cooks in America

Backgrounder: A good deal has been written about The Rise — the cookbook super-chef Marcus Samuelsson published late last year. Most of the coverage came right around pub-time, in the form of new-title roundups or best-of-the-year cookbook stories (it made the ワシントンポストNew York Times’ lists, among others.) Samuelsson and co-author Osayi Endolyn gave an excellent interview to フード&ワイン magazine shortly after the book was published.

Many of the universally enthusiastic write-ups did a great job focusing on Samuelsson’s goal for the book. As he expresses it in his introduction:

“Black food is American food, and it’s long past time that the artistry and ingenuity of Black cooks were properly recognized.”

Samuelsson, of course, is the Ethiopia-born, Sweden-raised chef with a nearly three-decades-long history in New York. He made his name in 1995 as the youngest chef to earn a three-star review from ニューヨークタイムズ when he was executive chef of Aquavit he opened his own restaurant, Red Rooster Harlem, in 2010. The chef has since built an empire of dozens of restaurants in the U.S., Canada, Bermuda, Britain, Sweden, Finland and Norway.

What I haven’t found much of are reviews and stories that dig into The Rise’s 119 recipes (plus 48 Pantry recipes).

Why We Love It: Endolyn’s essays about the chefs, activists and cooks who have inspired the recipes in the book are wonderful, enlightening reads. Spinning through them is a fabulous way to understand something about the future, present and past of Black cooking in America. Endolyn sheds thoughtful light on who has done, and is doing, and will continue informing some of the most exciting cooking anywhere.

Meanwhile, Samuelsson himself is one of the most talented and accomplished chefs of our time, and his recipes — developed with Yewande Komolafe and Tamie Cook — are often thrilling.

We wasted no time weighing in on Papa Ed’s Shrimp and Grits two weeks after the book was published. The dish, inspired by Ed Brumfield, executive chef of Red Rooster Harlem, is heart-breakingly delicious, literally the best shrimp and grits I’ve ever had. Unless you have access to frozen okra, you’ll have to wait till it’s back in season in order to taste what I mean.

The very first recipe I took for a spin was the lead-off recipe in the book: Baked Sweet Potatoes with Garlic-Fermented Shrimp Butter. I’m a sucker for a roasted sweet potato in any guise, and as this is Samuelsson’s tribute to David Zilber — a Toronto-born chef who’s the former director of fermentation at Noma in Copenhagen — the recipe beckoned that much louder. It’s almost decadent in its lusciousness. The shrimp paste (which I keep on hand for Thai dishes) gives the avocado-butter a wild and wonderful funk.

Nor can I resist a boozy dessert, and this one — a vanilla cake soaked in dark rum and frosted with whipped cream — didn’t disappoint. Montego Bay Rum Cake is Samuelsson’s tribute to chef Herb Wilson, whose trail-blazing upscale Caribbean restaurant in New York City’s East Village, Bambou, was an early inspiration for him. As originally published, the recipe requires a stand mixer I’ve adapted it so you can use a hand-mixer, if you like.

You’ve gotta try this: Dressed up with minced dill pickle, onion, sambal oelek, fish sauce, celery salt and paprika, the jazzy mayo that tops these roasted cauliflower steaks is worth making on its own. (What a dip for boiled Gulf shrimp this will be!) And slathering it on cauliflower steaks dusted with the Moroccan spice blend ras el hanout is out of this world. (I do wish there were a recipe for ras el hanout in the book. I didn’t have any on hand, and used this one from Paula Wolfert via the San Jose Mercury News.) The recipe honors Nina Compton — chef and owner of Compère Lapin and Bywater American Bistro in New Orleans. The ingredients in the mayo sauce reflect that city’s “diverse African, Haitian and French populations.”

Still wanna cook: Circling back to okra season, the moment those pods start popping into markets, I’ll make Leah Chase Gumbo。 Chase — the legendary chef-owner of Dooky Chase’s in New Orleans, who died at in 2019 at age 96 — is one of the chefs to whom Samuelsson dedicates the book. (You’ll have to pick up the book to read the wonderful anecdote about what Chase did to President Obama when he sprinkled hot sauce on her gumbo without tasting it first.) Samuelsson’s tribute gumbo includes shrimp, andouille sausage and filé powder, along with the okra.

Asparagus season will precede okra season, though, and at that moment I’ll pounce on The Rise’s recipe for Shrimp Fritters with Bitter Greens and Grapefruit — a West African-inspired recipe in honor of Jonny Rhodes. Rhodes is the highly acclaimed young Houston chef behind Indigo, a neo-soul food restaurant “focusing on the history, culture, and social experiences that have shaped and guided African American foodways.”

There are many more enticing recipes besides — and all those cool essays.

Here’s a great way to celebrate Black History Month: Buy yourself a copy of the The Rise. While you’re at it, buy one for a friend interested in exploring the delicious, dynamic diversity that is Black American cooking.


Cookbooks We Love: Marcus Samuelsson’s ‘The Rise’ celebrates Black cooks in America

Backgrounder: A good deal has been written about The Rise — the cookbook super-chef Marcus Samuelsson published late last year. Most of the coverage came right around pub-time, in the form of new-title roundups or best-of-the-year cookbook stories (it made the ワシントンポストNew York Times’ lists, among others.) Samuelsson and co-author Osayi Endolyn gave an excellent interview to フード&ワイン magazine shortly after the book was published.

Many of the universally enthusiastic write-ups did a great job focusing on Samuelsson’s goal for the book. As he expresses it in his introduction:

“Black food is American food, and it’s long past time that the artistry and ingenuity of Black cooks were properly recognized.”

Samuelsson, of course, is the Ethiopia-born, Sweden-raised chef with a nearly three-decades-long history in New York. He made his name in 1995 as the youngest chef to earn a three-star review from ニューヨークタイムズ when he was executive chef of Aquavit he opened his own restaurant, Red Rooster Harlem, in 2010. The chef has since built an empire of dozens of restaurants in the U.S., Canada, Bermuda, Britain, Sweden, Finland and Norway.

What I haven’t found much of are reviews and stories that dig into The Rise’s 119 recipes (plus 48 Pantry recipes).

Why We Love It: Endolyn’s essays about the chefs, activists and cooks who have inspired the recipes in the book are wonderful, enlightening reads. Spinning through them is a fabulous way to understand something about the future, present and past of Black cooking in America. Endolyn sheds thoughtful light on who has done, and is doing, and will continue informing some of the most exciting cooking anywhere.

Meanwhile, Samuelsson himself is one of the most talented and accomplished chefs of our time, and his recipes — developed with Yewande Komolafe and Tamie Cook — are often thrilling.

We wasted no time weighing in on Papa Ed’s Shrimp and Grits two weeks after the book was published. The dish, inspired by Ed Brumfield, executive chef of Red Rooster Harlem, is heart-breakingly delicious, literally the best shrimp and grits I’ve ever had. Unless you have access to frozen okra, you’ll have to wait till it’s back in season in order to taste what I mean.

The very first recipe I took for a spin was the lead-off recipe in the book: Baked Sweet Potatoes with Garlic-Fermented Shrimp Butter. I’m a sucker for a roasted sweet potato in any guise, and as this is Samuelsson’s tribute to David Zilber — a Toronto-born chef who’s the former director of fermentation at Noma in Copenhagen — the recipe beckoned that much louder. It’s almost decadent in its lusciousness. The shrimp paste (which I keep on hand for Thai dishes) gives the avocado-butter a wild and wonderful funk.

Nor can I resist a boozy dessert, and this one — a vanilla cake soaked in dark rum and frosted with whipped cream — didn’t disappoint. Montego Bay Rum Cake is Samuelsson’s tribute to chef Herb Wilson, whose trail-blazing upscale Caribbean restaurant in New York City’s East Village, Bambou, was an early inspiration for him. As originally published, the recipe requires a stand mixer I’ve adapted it so you can use a hand-mixer, if you like.

You’ve gotta try this: Dressed up with minced dill pickle, onion, sambal oelek, fish sauce, celery salt and paprika, the jazzy mayo that tops these roasted cauliflower steaks is worth making on its own. (What a dip for boiled Gulf shrimp this will be!) And slathering it on cauliflower steaks dusted with the Moroccan spice blend ras el hanout is out of this world. (I do wish there were a recipe for ras el hanout in the book. I didn’t have any on hand, and used this one from Paula Wolfert via the San Jose Mercury News.) The recipe honors Nina Compton — chef and owner of Compère Lapin and Bywater American Bistro in New Orleans. The ingredients in the mayo sauce reflect that city’s “diverse African, Haitian and French populations.”

Still wanna cook: Circling back to okra season, the moment those pods start popping into markets, I’ll make Leah Chase Gumbo。 Chase — the legendary chef-owner of Dooky Chase’s in New Orleans, who died at in 2019 at age 96 — is one of the chefs to whom Samuelsson dedicates the book. (You’ll have to pick up the book to read the wonderful anecdote about what Chase did to President Obama when he sprinkled hot sauce on her gumbo without tasting it first.) Samuelsson’s tribute gumbo includes shrimp, andouille sausage and filé powder, along with the okra.

Asparagus season will precede okra season, though, and at that moment I’ll pounce on The Rise’s recipe for Shrimp Fritters with Bitter Greens and Grapefruit — a West African-inspired recipe in honor of Jonny Rhodes. Rhodes is the highly acclaimed young Houston chef behind Indigo, a neo-soul food restaurant “focusing on the history, culture, and social experiences that have shaped and guided African American foodways.”

There are many more enticing recipes besides — and all those cool essays.

Here’s a great way to celebrate Black History Month: Buy yourself a copy of the The Rise. While you’re at it, buy one for a friend interested in exploring the delicious, dynamic diversity that is Black American cooking.


Cookbooks We Love: Marcus Samuelsson’s ‘The Rise’ celebrates Black cooks in America

Backgrounder: A good deal has been written about The Rise — the cookbook super-chef Marcus Samuelsson published late last year. Most of the coverage came right around pub-time, in the form of new-title roundups or best-of-the-year cookbook stories (it made the ワシントンポストNew York Times’ lists, among others.) Samuelsson and co-author Osayi Endolyn gave an excellent interview to フード&ワイン magazine shortly after the book was published.

Many of the universally enthusiastic write-ups did a great job focusing on Samuelsson’s goal for the book. As he expresses it in his introduction:

“Black food is American food, and it’s long past time that the artistry and ingenuity of Black cooks were properly recognized.”

Samuelsson, of course, is the Ethiopia-born, Sweden-raised chef with a nearly three-decades-long history in New York. He made his name in 1995 as the youngest chef to earn a three-star review from ニューヨークタイムズ when he was executive chef of Aquavit he opened his own restaurant, Red Rooster Harlem, in 2010. The chef has since built an empire of dozens of restaurants in the U.S., Canada, Bermuda, Britain, Sweden, Finland and Norway.

What I haven’t found much of are reviews and stories that dig into The Rise’s 119 recipes (plus 48 Pantry recipes).

Why We Love It: Endolyn’s essays about the chefs, activists and cooks who have inspired the recipes in the book are wonderful, enlightening reads. Spinning through them is a fabulous way to understand something about the future, present and past of Black cooking in America. Endolyn sheds thoughtful light on who has done, and is doing, and will continue informing some of the most exciting cooking anywhere.

Meanwhile, Samuelsson himself is one of the most talented and accomplished chefs of our time, and his recipes — developed with Yewande Komolafe and Tamie Cook — are often thrilling.

We wasted no time weighing in on Papa Ed’s Shrimp and Grits two weeks after the book was published. The dish, inspired by Ed Brumfield, executive chef of Red Rooster Harlem, is heart-breakingly delicious, literally the best shrimp and grits I’ve ever had. Unless you have access to frozen okra, you’ll have to wait till it’s back in season in order to taste what I mean.

The very first recipe I took for a spin was the lead-off recipe in the book: Baked Sweet Potatoes with Garlic-Fermented Shrimp Butter. I’m a sucker for a roasted sweet potato in any guise, and as this is Samuelsson’s tribute to David Zilber — a Toronto-born chef who’s the former director of fermentation at Noma in Copenhagen — the recipe beckoned that much louder. It’s almost decadent in its lusciousness. The shrimp paste (which I keep on hand for Thai dishes) gives the avocado-butter a wild and wonderful funk.

Nor can I resist a boozy dessert, and this one — a vanilla cake soaked in dark rum and frosted with whipped cream — didn’t disappoint. Montego Bay Rum Cake is Samuelsson’s tribute to chef Herb Wilson, whose trail-blazing upscale Caribbean restaurant in New York City’s East Village, Bambou, was an early inspiration for him. As originally published, the recipe requires a stand mixer I’ve adapted it so you can use a hand-mixer, if you like.

You’ve gotta try this: Dressed up with minced dill pickle, onion, sambal oelek, fish sauce, celery salt and paprika, the jazzy mayo that tops these roasted cauliflower steaks is worth making on its own. (What a dip for boiled Gulf shrimp this will be!) And slathering it on cauliflower steaks dusted with the Moroccan spice blend ras el hanout is out of this world. (I do wish there were a recipe for ras el hanout in the book. I didn’t have any on hand, and used this one from Paula Wolfert via the San Jose Mercury News.) The recipe honors Nina Compton — chef and owner of Compère Lapin and Bywater American Bistro in New Orleans. The ingredients in the mayo sauce reflect that city’s “diverse African, Haitian and French populations.”

Still wanna cook: Circling back to okra season, the moment those pods start popping into markets, I’ll make Leah Chase Gumbo。 Chase — the legendary chef-owner of Dooky Chase’s in New Orleans, who died at in 2019 at age 96 — is one of the chefs to whom Samuelsson dedicates the book. (You’ll have to pick up the book to read the wonderful anecdote about what Chase did to President Obama when he sprinkled hot sauce on her gumbo without tasting it first.) Samuelsson’s tribute gumbo includes shrimp, andouille sausage and filé powder, along with the okra.

Asparagus season will precede okra season, though, and at that moment I’ll pounce on The Rise’s recipe for Shrimp Fritters with Bitter Greens and Grapefruit — a West African-inspired recipe in honor of Jonny Rhodes. Rhodes is the highly acclaimed young Houston chef behind Indigo, a neo-soul food restaurant “focusing on the history, culture, and social experiences that have shaped and guided African American foodways.”

There are many more enticing recipes besides — and all those cool essays.

Here’s a great way to celebrate Black History Month: Buy yourself a copy of the The Rise. While you’re at it, buy one for a friend interested in exploring the delicious, dynamic diversity that is Black American cooking.


Cookbooks We Love: Marcus Samuelsson’s ‘The Rise’ celebrates Black cooks in America

Backgrounder: A good deal has been written about The Rise — the cookbook super-chef Marcus Samuelsson published late last year. Most of the coverage came right around pub-time, in the form of new-title roundups or best-of-the-year cookbook stories (it made the ワシントンポストNew York Times’ lists, among others.) Samuelsson and co-author Osayi Endolyn gave an excellent interview to フード&ワイン magazine shortly after the book was published.

Many of the universally enthusiastic write-ups did a great job focusing on Samuelsson’s goal for the book. As he expresses it in his introduction:

“Black food is American food, and it’s long past time that the artistry and ingenuity of Black cooks were properly recognized.”

Samuelsson, of course, is the Ethiopia-born, Sweden-raised chef with a nearly three-decades-long history in New York. He made his name in 1995 as the youngest chef to earn a three-star review from ニューヨークタイムズ when he was executive chef of Aquavit he opened his own restaurant, Red Rooster Harlem, in 2010. The chef has since built an empire of dozens of restaurants in the U.S., Canada, Bermuda, Britain, Sweden, Finland and Norway.

What I haven’t found much of are reviews and stories that dig into The Rise’s 119 recipes (plus 48 Pantry recipes).

Why We Love It: Endolyn’s essays about the chefs, activists and cooks who have inspired the recipes in the book are wonderful, enlightening reads. Spinning through them is a fabulous way to understand something about the future, present and past of Black cooking in America. Endolyn sheds thoughtful light on who has done, and is doing, and will continue informing some of the most exciting cooking anywhere.

Meanwhile, Samuelsson himself is one of the most talented and accomplished chefs of our time, and his recipes — developed with Yewande Komolafe and Tamie Cook — are often thrilling.

We wasted no time weighing in on Papa Ed’s Shrimp and Grits two weeks after the book was published. The dish, inspired by Ed Brumfield, executive chef of Red Rooster Harlem, is heart-breakingly delicious, literally the best shrimp and grits I’ve ever had. Unless you have access to frozen okra, you’ll have to wait till it’s back in season in order to taste what I mean.

The very first recipe I took for a spin was the lead-off recipe in the book: Baked Sweet Potatoes with Garlic-Fermented Shrimp Butter. I’m a sucker for a roasted sweet potato in any guise, and as this is Samuelsson’s tribute to David Zilber — a Toronto-born chef who’s the former director of fermentation at Noma in Copenhagen — the recipe beckoned that much louder. It’s almost decadent in its lusciousness. The shrimp paste (which I keep on hand for Thai dishes) gives the avocado-butter a wild and wonderful funk.

Nor can I resist a boozy dessert, and this one — a vanilla cake soaked in dark rum and frosted with whipped cream — didn’t disappoint. Montego Bay Rum Cake is Samuelsson’s tribute to chef Herb Wilson, whose trail-blazing upscale Caribbean restaurant in New York City’s East Village, Bambou, was an early inspiration for him. As originally published, the recipe requires a stand mixer I’ve adapted it so you can use a hand-mixer, if you like.

You’ve gotta try this: Dressed up with minced dill pickle, onion, sambal oelek, fish sauce, celery salt and paprika, the jazzy mayo that tops these roasted cauliflower steaks is worth making on its own. (What a dip for boiled Gulf shrimp this will be!) And slathering it on cauliflower steaks dusted with the Moroccan spice blend ras el hanout is out of this world. (I do wish there were a recipe for ras el hanout in the book. I didn’t have any on hand, and used this one from Paula Wolfert via the San Jose Mercury News.) The recipe honors Nina Compton — chef and owner of Compère Lapin and Bywater American Bistro in New Orleans. The ingredients in the mayo sauce reflect that city’s “diverse African, Haitian and French populations.”

Still wanna cook: Circling back to okra season, the moment those pods start popping into markets, I’ll make Leah Chase Gumbo。 Chase — the legendary chef-owner of Dooky Chase’s in New Orleans, who died at in 2019 at age 96 — is one of the chefs to whom Samuelsson dedicates the book. (You’ll have to pick up the book to read the wonderful anecdote about what Chase did to President Obama when he sprinkled hot sauce on her gumbo without tasting it first.) Samuelsson’s tribute gumbo includes shrimp, andouille sausage and filé powder, along with the okra.

Asparagus season will precede okra season, though, and at that moment I’ll pounce on The Rise’s recipe for Shrimp Fritters with Bitter Greens and Grapefruit — a West African-inspired recipe in honor of Jonny Rhodes. Rhodes is the highly acclaimed young Houston chef behind Indigo, a neo-soul food restaurant “focusing on the history, culture, and social experiences that have shaped and guided African American foodways.”

There are many more enticing recipes besides — and all those cool essays.

Here’s a great way to celebrate Black History Month: Buy yourself a copy of the The Rise. While you’re at it, buy one for a friend interested in exploring the delicious, dynamic diversity that is Black American cooking.



コメント:

  1. Troi

    とてもかわいいものです

  2. Han

    すでにすでに議論されています

  3. Fagen

    ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。別の道をたどる提案があります。

  4. Wylingford

    私は見たくありません...

  5. Nhat

    前の投稿に強く反対します

  6. Christiaan

    Indeed, and as I never thought

  7. Alvis

    良い結果が起こります

  8. Jotham

    素晴らしい文章と時間通り



メッセージを書く