最新のレシピ

すでに受け入れた夕食の招待を断る方法

すでに受け入れた夕食の招待を断る方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私たちは皆そこにいました:急いで受け入れる 夕食の招待状、おいしい料理を楽しんでいる友達との夜のことを考えて興奮し、 素晴らしいワイン、そして素晴らしい会社。 私たちのスケジュール 日付の周りに詰め込まれました、私たちは完全に疲れ果てて、ただしたいです ベッドに登る、私たちは仕事に追いつく必要があります、私たちは夜を過ごしたいです 子供たちと、または私たちは完全に使い果たされていると感じています。私たちはする必要はありません インフルエンザにかかったベッド または完全に突っ込んで引っ張る オールナイト 仕事でしたい 夕食の出欠確認を変更する はいからいいえへ。

しかし、あなたの決定を取り消すための最善の方法は何ですか?理由が何であれ、あるかどうかにかかわらず、出席をやめるための最良の方法は間違いなくあります このディナーパーティー。手順は次のとおりです。

まず、考えすぎないでください。 ストレスをかけないで あなたの友人を動揺させたり、彼らを苛立たせたり、彼らの週、月、または年を台無しにすることについて。断る心配はありません 招待状 あなたが十分な警告を与え、正当な言い訳がある限り、あなたはすでに受け入れています。

第二に、明確にする あなたの言い訳。パートナーと一緒に招待され、現在は両方とも参加していない場合は、ストーリーがまっすぐになっていることを確認してください。そして維持する あなたの言い訳 単純。なぜあなたがもはや出席できないのかについての長く複雑な話は疑わしいように見え、質問されたときに繰り返すのは難しく、そしてただ作るだけです あなたのホスト 単に参加したくないと思います。それが真実だとしても、あなたは明らかにあなたの友人にそれを考えてほしくないのです。あなたのための1つの簡単な説明 RSVPの変更, 「病気だ」、「仕事のイベントがある」、「家族のことがある」など、すべてが大きな理由です。そして、あなたが行くのをやめるように白い嘘を言っているなら、あなたはディナーパーティーの夜の間、見えなくて静かである必要があることを覚えておいてください。実際に行っていることをあちこちで共有し始めないでください あなたのFacebookプロフィール.

第三に、試してみてください 他の誰かを責めるために。同僚/上司/親/子供にお金を渡すことができれば、常に最善です。そうすれば、ホストはあなたに迷惑をかけたり、考えを変えるように説得したりすることはできず、あなたに対して何も保持できません。あなたの行動のために。

第4、 深くお詫び申し上げます。謝罪は多すぎません。これらが本当にあなたが友達であり続けたい人々であるならば、これがただ一回限りのブリップであったことを明らかにするために、それほど遠くない将来のいつかあなたの場所に夕食のために彼らを招待してください。また、出欠確認の変更に明らかにイライラしたり、動揺したり、不満を感じている場合は、ギフトを送ってください。 フラワーズ、ワイン、または チョコレート 状況を是正するのに常に大いに役立ちます。


感謝祭の夕食への招待を丁寧に断る方法

現在、世界をナビゲートする上でより複雑な部分の1つは、何が安全であると感じ、それが周囲の人々によって行われる決定にどのように適合するかを理解することです。あなた自身の境界を理解することは十分に複雑です、そしてあなたはそれらがあなたの両親の境界、またはあなたの友人、あなたの義理の人、またはあなたの隣人の境界と一致することを期待しなければなりません。

休日の前に、私たちの多くは、集まるのが安全であると感じるかどうかについて厳しい電話をかけなければならないでしょう。 COVID-19の症例数が増加し、政府からのメッセージがあいまいで、時には矛盾するため、明確さのないストレスの多い状況ですが、最も安全な選択は、一緒に住んでいない人と一緒に屋内にいることではありません。

今シーズン、感謝祭のディナーやクリスマスの集まりなどに行くのが安全でないと判断し、善意のある友人や家族からの招待を丁寧に断る必要がある場合は、次の方法で行います。

あなたの決定に固執する

現在、私たち自身の境界を理解するのは簡単ではありません。しかし、結論に達したら、専門家は、他の人の選択に左右されることなく、自分の銃に固執することが最善であると言います。

「課題は、自分自身を二度と推測しないことです」と心理学者のヴァイルライト博士はUSAトゥデイに語った。 「私たちと私たちの家族にとって、何が安全で大丈夫だと感じるかについて、リスクと利益の分析を行ったら、その決定と種類の前進に問題がないようにする必要があります。」

明確かつ率直であること

自分の意思決定プロセスについてあまり詳しく説明する必要はありません。 「そこに行けたらいいのに、COVIDのせいで屋内での集会は避けている」などと言うだけでもわかりやすくわかります。

「あなたの唯一の目的は、招待を受け入れるか拒否することです。エチケットの専門家であるエレーヌ・スワンはロサンゼルスタイムズに語った。

あまりにも詳細に入ると、「会話や精査、討論に自分自身を開放する場所です」と彼女は言いました。

ジャッジに聞こえないように「I」ステートメントを使用する

招待を辞退する相手と話すときは、相手の考えではなく自分の考えに焦点を合わせてください。そうすれば、あなたの言っていることが非難されないようになります。

「もちろん、これのトリッキーな部分は、他の人が自分の立場を判断している、または「Xをやるべきではない」と言っているように感じる可能性がある」とトロント大学の心理学教授スティーブン・ジョーデンズはグローバルニュースに語った。

ライトはUSAトゥデイに「あなたの発言」を避けるように言いました。

「「あなたはルールに従わないので、感謝祭に来ることができません」のようなことを言うと、相手を防御的にし、あなたはそれほど効果的ではなくなります」と彼女は言いました。

代わりに、「今年は家族を連れてくるのが不快だと感じているので、感謝祭にノーと言わなければならない」など、自分自身について何か言ってください。

あなたの失望を伝えます

Joordens氏によると、夕食について、不快なものを取り上げるのではなく、オプトアウトする必要があるのは悲しいことだと話すと、大きな違いが生まれます。

「「ご存知のとおり、本当に感謝しています。あなたは私があなたとその時間をどれだけ過ごしたいかわかりません。皆さんと同じように、私は本当にそれを恐ろしく失っています。しかし、私は心配しています」と彼はアウトレットに語った。

寛大さではなく、あなたがノーと言わなければならない状況であることがホストに明らかである場合、彼らは拒絶されたと感じる可能性が低くなります。

「本当にそこにいたいので、なかなか言えませんが、緊張しすぎて楽しめません」というメッセージが伝わってくるかもしれません。

代替案を提案する

感謝祭のズーム通話、または翌日の長時間の通話を提案すると、ホストが招待を辞退しやすくなる可能性があります。そうすれば、あなたは彼らに全面的なノーを提供するのではなく、代わりに何か他のものを提供することになります。

緊張している場合は練習してください

あなたが断定的な練習をたくさんしていない人なら、あなたが何を言おうとしているのか、そしてあなたがそれをどのように言いたいのかを計画することは役に立つかもしれません。何かを大声で数回言うことは、それをどのように説得力があり、しっかりと聞こえさせるかに大きな違いを生む可能性があります。

Joordensは、あなたが言葉につまずいたり、確信を失ったりする傾向がある場合は、スクリプトを準備することが役立つとHealthingに提案しました。

贈り物を送ることを検討してください

フォーマルなディナーで、手段があれば、花を送るか、パイを売り込むことを検討できます。カードを送ることでさえ、食事自体の前でも後でも、素晴らしいジェスチャーです。これは、あなたがその人のことを考えていること、そして実際に将来彼らと一緒に過ごしたいことを示すものです。

彼らがあなたを怒らせたら、それを個人的に受け取らないでください

あなたが親切で思いやりを持って邪魔をしていても、誰かがあなたの選択を受け入れない場合、それはあなたのせいではありません。今は前例のない時代であり、誰もがある程度苦労しています。自分で正しい決断をすることは、望まないときに自分を危険にさらすよりも重要です。

「私たちは世界的な大流行に対処しており、これが私たちの現在の状況のように見えます」とスワンはLAタイムズに語った。 「私たちにとって、その点に注意を払い、大胆で十分な権限を与えることが非常に重要です。今、あなたはあなた自身とあなたの愛する人の健康のためにあなたの役割を果たしています。」


感謝祭の夕食への招待を丁寧に断る方法

現在、世界をナビゲートする上でより複雑な部分の1つは、何が安全であると感じ、それが周囲の人々によって行われる決定にどのように適合するかを理解することです。あなた自身の境界を理解することは十分に複雑です、そしてあなたはそれらがあなたの両親の境界、またはあなたの友人、あなたの義理の人、またはあなたの隣人の境界と一致することを期待しなければなりません。

休日の前に、私たちの多くは、集まるのが安全であると感じるかどうかについて厳しい電話をかけなければならないでしょう。 COVID-19の症例数が増加し、政府からのメッセージがあいまいで、時には矛盾するため、明確さのないストレスの多い状況ですが、最も安全な選択は、一緒に住んでいない人と一緒に屋内にいることではありません。

今シーズン、感謝祭のディナーやクリスマスの集まりなどに行くのが安全でないと判断し、善意のある友人や家族からの招待を丁寧に断る必要がある場合は、次の方法で行います。

あなたの決定に固執する

現在、私たち自身の境界を理解するのは簡単ではありません。しかし、結論に達したら、専門家は、他の人の選択に左右されることなく、自分の銃に固執することが最善であると言います。

「課題は、自分自身を二度と推測しないことです」と心理学者のヴァイルライト博士はUSAトゥデイに語った。 「私たちと私たちの家族にとって、何が安全で大丈夫だと感じるかについて、リスクと利益の分析を行ったら、その決定と種類の前進に問題がないようにする必要があります。」

明確かつ率直であること

自分の意思決定プロセスについてあまり詳しく説明する必要はありません。 「そこに行けたらいいのに、COVIDのせいで屋内での集会は避けている」などと言うだけでもわかりやすくわかります。

「あなたの唯一の目的は、招待を受け入れるか拒否することです。エチケットの専門家であるエレーヌ・スワンはロサンゼルスタイムズに語った。

あまりにも詳細に入ると、「会話や精査、討論に自分自身を開放する場所です」と彼女は言いました。

ジャッジに聞こえないように「I」ステートメントを使用する

招待を辞退する相手と話すときは、相手の考えではなく自分の考えに焦点を合わせてください。そうすれば、あなたの言っていることが非難されないようになります。

「もちろん、これのトリッキーな部分は、他の人が自分の立場を判断している、または「Xをやるべきではない」と言っているように感じる可能性がある」とトロント大学の心理学教授スティーブン・ジョーデンズはグローバルニュースに語った。

ライトはUSAトゥデイに「あなたの発言」を避けるように言いました。

「「あなたはルールに従わないので、感謝祭に来ることができません」のようなことを言うと、相手を防御的にし、あなたはそれほど効果的ではなくなります」と彼女は言いました。

代わりに、「今年は家族を連れてくるのが不快だと感じているので、感謝祭にノーと言わなければならない」など、自分自身について何か言ってください。

あなたの失望を伝えます

Joordens氏によると、夕食について、不快なものを取り上げるのではなく、オプトアウトする必要があるのは悲しいことだと話すと、大きな違いが生まれます。

「「ご存知のとおり、本当に感謝しています。あなたは私があなたとその時間をどれだけ過ごしたいかわかりません。皆さんと同じように、私は本当にそれを恐ろしく失っています。しかし、私は心配しています」と彼はアウトレットに語った。

寛大さではなく、あなたがノーと言わなければならない状況であることがホストに明らかである場合、彼らは拒絶されたと感じる可能性が低くなります。

「本当にそこにいたいので、なかなか言えませんが、緊張しすぎて楽しめません」というメッセージが伝わってくるかもしれません。

代替案を提案する

感謝祭のズーム通話、または翌日の長時間の通話を提案すると、ホストが招待を辞退しやすくなる可能性があります。そうすれば、あなたは彼らに全面的なノーを提供するのではなく、代わりに何か他のものを提供することになります。

緊張している場合は練習してください

あなたが断定的な練習をたくさんしていない人なら、あなたが何を言おうとしているのか、そしてあなたがそれをどのように言いたいのかを計画することは役に立つかもしれません。何かを大声で数回言うことは、それをどのように説得力があり、しっかりと聞こえさせるかに大きな違いを生む可能性があります。

Joordensは、あなたが言葉につまずいたり、確信を失ったりする傾向がある場合は、スクリプトを準備することが役立つとHealthingに提案しました。

贈り物を送ることを検討してください

フォーマルなディナーで、手段があれば、花を送るか、パイを売り込むことを検討できます。カードを送ることでさえ、食事自体の前でも後でも、素晴らしいジェスチャーです。これは、あなたがその人のことを考えていること、そして実際に将来彼らと一緒に過ごしたいことを示すものです。

彼らがあなたを怒らせたら、それを個人的に受け取らないでください

あなたが親切で思いやりを持って邪魔をしていても、誰かがあなたの選択を受け入れない場合、それはあなたのせいではありません。今は前例のない時代であり、誰もがある程度苦労しています。自分で正しい決断をすることは、望まないときに自分を危険にさらすよりも重要です。

「私たちは世界的な大流行に対処しており、これが私たちの現在の状況のように見えます」とスワンはLAタイムズに語った。 「私たちにとって、その点に注意を払い、大胆で十分な権限を与えることが非常に重要です。今、あなたはあなた自身とあなたの愛する人の健康のためにあなたの役割を果たしています。」


感謝祭の夕食への招待を丁寧に断る方法

現在、世界をナビゲートする上でより複雑な部分の1つは、何が安全であると感じ、それが周囲の人々によって行われる決定にどのように適合するかを理解することです。あなた自身の境界を理解することは十分に複雑です、そしてあなたはそれらがあなたの両親の境界、またはあなたの友人、あなたの義理の人、またはあなたの隣人の境界と一致することを期待しなければなりません。

休日の前に、私たちの多くは、集まるのが安全であると感じるかどうかについて厳しい電話をかけなければならないでしょう。 COVID-19の症例数が増加し、政府からのメッセージがあいまいで、時には矛盾するため、明確さのないストレスの多い状況ですが、最も安全な選択は、一緒に住んでいない人と一緒に屋内にいることではありません。

今シーズン、感謝祭のディナーやクリスマスの集まりなどに行くのが安全でないと判断し、善意のある友人や家族からの招待を丁寧に断る必要がある場合は、次の方法で行います。

あなたの決定に固執する

現在、私たち自身の境界を理解するのは簡単ではありません。しかし、結論に達したら、専門家は、他の人の選択に左右されることなく、自分の銃に固執することが最善であると言います。

「課題は、自分自身を二度と推測しないことです」と心理学者のヴァイルライト博士はUSAトゥデイに語った。 「私たちと私たちの家族にとって、何が安全で大丈夫だと感じるかについて、リスクと利益の分析を行ったら、その決定と種類の前進に問題がないようにする必要があります。」

明確かつ率直であること

自分の意思決定プロセスについてあまり詳しく説明する必要はありません。 「そこに行けたらいいのに、COVIDのせいで屋内での集会は避けている」などと言うだけでもわかりやすくわかります。

「あなたの唯一の目的は、招待を受け入れるか拒否することです。エチケットの専門家であるエレーヌ・スワンはロサンゼルスタイムズに語った。

あまりにも詳細に入ると、「会話や精査、討論に自分自身を開放する場所です」と彼女は言いました。

ジャッジに聞こえないように「I」ステートメントを使用する

招待を辞退する相手と話すときは、相手の考えではなく自分の考えに焦点を合わせてください。そうすれば、あなたの言っていることが非難されないようになります。

「もちろん、これのトリッキーな部分は、他の人が自分の立場を判断している、または「Xをやるべきではない」と言っているように感じる可能性がある」とトロント大学の心理学教授スティーブン・ジョーデンズはグローバルニュースに語った。

ライトはUSAトゥデイに「あなたの発言」を避けるように言いました。

「「あなたはルールに従わないので、感謝祭に来ることができません」のようなことを言うと、相手を防御的にし、あなたはそれほど効果的ではなくなります」と彼女は言いました。

代わりに、「今年は家族を連れてくるのが不快だと感じているので、感謝祭にノーと言わなければならない」など、自分自身について何か言ってください。

あなたの失望を伝えます

Joordens氏によると、夕食について、不快なものを取り上げるのではなく、オプトアウトする必要があるのは悲しいことだと話すと、大きな違いが生まれます。

「「ご存知のとおり、本当に感謝しています。あなたは私があなたとその時間をどれだけ過ごしたいかわかりません。皆さんと同じように、私は本当にそれを恐ろしく失っています。しかし、私は心配しています」と彼はアウトレットに語った。

寛大さではなく、あなたがノーと言わなければならない状況であることがホストに明らかである場合、彼らは拒絶されたと感じる可能性が低くなります。

「本当にそこにいたいので、なかなか言えませんが、緊張しすぎて楽しめません」というメッセージが伝わってくるかもしれません。

代替案を提案する

感謝祭のズーム通話、または翌日の長時間の通話を提案すると、ホストが招待を辞退しやすくなる可能性があります。そうすれば、あなたは彼らに全面的なノーを提供するのではなく、代わりに何か他のものを提供することになります。

緊張している場合は練習してください

あなたが断定的な練習をたくさんしていない人なら、あなたが何を言おうとしているのか、そしてあなたがそれをどのように言いたいのかを計画することは役に立つかもしれません。何かを大声で数回言うことは、それをどのように説得力があり、しっかりと聞こえさせるかに大きな違いを生む可能性があります。

Joordensは、あなたが言葉につまずいたり、確信を失ったりする傾向がある場合は、スクリプトを準備することが役立つとHealthingに提案しました。

贈り物を送ることを検討してください

フォーマルなディナーで、手段があれば、花を送るか、パイを売り込むことを検討できます。カードを送ることでさえ、食事自体の前でも後でも、素晴らしいジェスチャーです。これは、あなたがその人のことを考えていること、そして実際に将来彼らと一緒に過ごしたいことを示すものです。

彼らがあなたを怒らせたら、それを個人的に受け取らないでください

あなたが親切で思いやりを持って邪魔をしていても、誰かがあなたの選択を受け入れない場合、それはあなたのせいではありません。今は前例のない時代であり、誰もがある程度苦労しています。自分で正しい決断をすることは、望まないときに自分を危険にさらすよりも重要です。

「私たちは世界的な大流行に対処しており、これが私たちの現在の状況のように見えます」とスワンはLAタイムズに語った。 「私たちにとって、その点に注意を払い、大胆で十分な権限を与えることが非常に重要です。今、あなたはあなた自身とあなたの愛する人の健康のためにあなたの役割を果たしています。」


感謝祭の夕食への招待を丁寧に断る方法

現在、世界をナビゲートする上でより複雑な部分の1つは、何が安全であると感じ、それが周囲の人々によって行われる決定にどのように適合するかを理解することです。あなた自身の境界を理解することは十分に複雑です、そしてあなたはそれらがあなたの両親の境界、またはあなたの友人、あなたの義理の人、またはあなたの隣人の境界と一致することを期待しなければなりません。

休日の前に、私たちの多くは、集まるのが安全であると感じるかどうかについて厳しい電話をかけなければならないでしょう。 COVID-19の症例数が増加し、政府からのメッセージがあいまいで、時には矛盾するため、明確さのないストレスの多い状況ですが、最も安全な選択は、一緒に住んでいない人と一緒に屋内にいることではありません。

今シーズン、感謝祭のディナーやクリスマスの集まりなどに行くのが安全でないと判断し、善意のある友人や家族からの招待を丁寧に断る必要がある場合は、次の方法で行います。

あなたの決定に固執する

現在、私たち自身の境界を理解するのは簡単ではありません。しかし、結論に達したら、専門家は、他の人の選択に左右されることなく、自分の銃に固執することが最善であると言います。

「課題は、自分自身を二度と推測しないことです」と心理学者のヴァイルライト博士はUSAトゥデイに語った。 「私たちと私たちの家族にとって、何が安全で大丈夫だと感じるかについて、リスクと利益の分析を行ったら、その決定と種類の前進に問題がないようにする必要があります。」

明確かつ率直であること

自分の意思決定プロセスについてあまり詳しく説明する必要はありません。 「そこに行けたらいいのに、COVIDのせいで屋内での集会は避けている」などと言うだけでもわかりやすくわかります。

「あなたの唯一の目的は、招待を受け入れるか拒否することです。エチケットの専門家であるエレーヌ・スワンはロサンゼルスタイムズに語った。

あまりにも詳細に入ると、「会話や精査、討論に自分自身を開放する場所です」と彼女は言いました。

ジャッジに聞こえないように「I」ステートメントを使用する

招待を辞退する相手と話すときは、相手の考えではなく自分の考えに焦点を合わせてください。そうすれば、あなたの言っていることが非難されないようになります。

「もちろん、これのトリッキーな部分は、他の人が自分の立場を判断している、または「Xをやるべきではない」と言っているように感じる可能性がある」とトロント大学の心理学教授スティーブン・ジョーデンズはグローバルニュースに語った。

ライトはUSAトゥデイに「あなたの発言」を避けるように言いました。

「「あなたはルールに従わないので、感謝祭に来ることができません」のようなことを言うと、相手を防御的にし、あなたはそれほど効果的ではなくなります」と彼女は言いました。

代わりに、「今年は家族を連れてくるのが不快だと感じているので、感謝祭にノーと言わなければならない」など、自分自身について何か言ってください。

あなたの失望を伝えます

Joordens氏によると、夕食について、不快なものを取り上げるのではなく、オプトアウトする必要があるのは悲しいことだと話すと、大きな違いが生まれます。

「「ご存知のとおり、本当に感謝しています。あなたは私があなたとその時間をどれだけ過ごしたいかわかりません。皆さんと同じように、私は本当にそれを恐ろしく失っています。しかし、私は心配しています」と彼はアウトレットに語った。

寛大さではなく、あなたがノーと言わなければならない状況であることがホストに明らかである場合、彼らは拒絶されたと感じる可能性が低くなります。

「本当にそこにいたいので、なかなか言えませんが、緊張しすぎて楽しめません」というメッセージが伝わってくるかもしれません。

代替案を提案する

感謝祭のズーム通話、または翌日の長時間の通話を提案すると、ホストが招待を辞退しやすくなる可能性があります。そうすれば、あなたは彼らに全面的なノーを提供するのではなく、代わりに何か他のものを提供することになります。

緊張している場合は練習してください

あなたが断定的な練習をたくさんしていない人なら、あなたが何を言おうとしているのか、そしてあなたがそれをどのように言いたいのかを計画することは役に立つかもしれません。何かを大声で数回言うことは、それをどのように説得力があり、しっかりと聞こえさせるかに大きな違いを生む可能性があります。

Joordensは、あなたが言葉につまずいたり、確信を失ったりする傾向がある場合は、スクリプトを準備することが役立つとHealthingに提案しました。

贈り物を送ることを検討してください

フォーマルなディナーで、手段があれば、花を送るか、パイを売り込むことを検討できます。カードを送ることでさえ、食事自体の前でも後でも、素晴らしいジェスチャーです。これは、あなたがその人のことを考えていること、そして実際に将来彼らと一緒に過ごしたいことを示すものです。

彼らがあなたを怒らせたら、それを個人的に受け取らないでください

あなたが親切で思いやりを持って邪魔をしていても、誰かがあなたの選択を受け入れない場合、それはあなたのせいではありません。今は前例のない時代であり、誰もがある程度苦労しています。自分で正しい決断をすることは、望まないときに自分を危険にさらすよりも重要です。

「私たちは世界的な大流行に対処しており、これが私たちの現在の状況のように見えます」とスワンはLAタイムズに語った。 「私たちにとって、その点に注意を払い、大胆で十分な権限を与えることが非常に重要です。今、あなたはあなた自身とあなたの愛する人の健康のためにあなたの役割を果たしています。」


感謝祭の夕食への招待を丁寧に断る方法

現在、世界をナビゲートする上でより複雑な部分の1つは、何が安全であると感じ、それが周囲の人々によって行われる決定にどのように適合するかを理解することです。あなた自身の境界を理解することは十分に複雑です、そしてあなたはそれらがあなたの両親の境界、またはあなたの友人、あなたの義理の人、またはあなたの隣人の境界と一致することを期待しなければなりません。

休日の前に、私たちの多くは、集まるのが安全であると感じるかどうかについて厳しい電話をかけなければならないでしょう。 COVID-19の症例数が増加し、政府からのメッセージがあいまいで、時には矛盾するため、明確さのないストレスの多い状況ですが、最も安全な選択は、一緒に住んでいない人と一緒に屋内にいることではありません。

今シーズン、感謝祭のディナーやクリスマスの集まりなどに行くのが安全でないと判断し、善意のある友人や家族からの招待を丁寧に断る必要がある場合は、次の方法で行います。

あなたの決定に固執する

現在、私たち自身の境界を理解するのは簡単ではありません。しかし、結論に達したら、専門家は、他の人の選択に左右されることなく、自分の銃に固執することが最善であると言います。

「課題は、自分自身を二度と推測しないことです」と心理学者のヴァイルライト博士はUSAトゥデイに語った。 「私たちと私たちの家族にとって、何が安全で大丈夫だと感じるかについて、リスクと利益の分析を行ったら、その決定と種類の前進に問題がないようにする必要があります。」

明確かつ率直であること

自分の意思決定プロセスについてあまり詳しく説明する必要はありません。 「そこに行けたらいいのに、COVIDのせいで屋内での集会は避けている」などと言うだけでもわかりやすくわかります。

「あなたの唯一の目的は、招待を受け入れるか拒否することです。エチケットの専門家であるエレーヌ・スワンはロサンゼルスタイムズに語った。

あまりにも詳細に入ると、「会話や精査、討論に自分自身を開放する場所です」と彼女は言いました。

ジャッジに聞こえないように「I」ステートメントを使用する

招待を辞退する相手と話すときは、相手の考えではなく自分の考えに焦点を合わせてください。そうすれば、あなたの言っていることが非難されないようになります。

「もちろん、これのトリッキーな部分は、他の人が自分の立場を判断している、または「Xをやるべきではない」と言っているように感じる可能性がある」とトロント大学の心理学教授スティーブン・ジョーデンズはグローバルニュースに語った。

ライトはUSAトゥデイに「あなたの発言」を避けるように言いました。

「「あなたはルールに従わないので、感謝祭に来ることができません」のようなことを言うと、相手を防御的にし、あなたはそれほど効果的ではなくなります」と彼女は言いました。

代わりに、「今年は家族を連れてくるのが不快だと感じているので、感謝祭にノーと言わなければならない」など、自分自身について何か言ってください。

あなたの失望を伝えます

Joordens氏によると、夕食について、不快なものを取り上げるのではなく、オプトアウトする必要があるのは悲しいことだと話すと、大きな違いが生まれます。

「「ご存知のとおり、本当に感謝しています。あなたは私があなたとその時間をどれだけ過ごしたいかわかりません。皆さんと同じように、私は本当にそれを恐ろしく失っています。しかし、私は心配しています」と彼はアウトレットに語った。

寛大さではなく、あなたがノーと言わなければならない状況であることがホストに明らかである場合、彼らは拒絶されたと感じる可能性が低くなります。

「本当にそこにいたいので、なかなか言えませんが、緊張しすぎて楽しめません」というメッセージが伝わってくるかもしれません。

代替案を提案する

感謝祭のズーム通話、または翌日の長時間の通話を提案すると、ホストが招待を辞退しやすくなる可能性があります。そうすれば、あなたは彼らに全面的なノーを提供するのではなく、代わりに何か他のものを提供することになります。

緊張している場合は練習してください

あなたが断定的な練習をたくさんしていない人なら、あなたが何を言おうとしているのか、そしてあなたがそれをどのように言いたいのかを計画することは役に立つかもしれません。何かを大声で数回言うことは、それをどのように説得力があり、しっかりと聞こえさせるかに大きな違いを生む可能性があります。

Joordensは、あなたが言葉につまずいたり、確信を失ったりする傾向がある場合は、スクリプトを準備することが役立つとHealthingに提案しました。

贈り物を送ることを検討してください

フォーマルなディナーで、手段があれば、花を送るか、パイを売り込むことを検討できます。カードを送ることでさえ、食事自体の前でも後でも、素晴らしいジェスチャーです。これは、あなたがその人のことを考えていること、そして実際に将来彼らと一緒に過ごしたいことを示すものです。

彼らがあなたを怒らせたら、それを個人的に受け取らないでください

あなたが親切で思いやりを持って邪魔をしていても、誰かがあなたの選択を受け入れない場合、それはあなたのせいではありません。今は前例のない時代であり、誰もがある程度苦労しています。自分で正しい決断をすることは、望まないときに自分を危険にさらすよりも重要です。

「私たちは世界的な大流行に対処しており、これが私たちの現在の状況のように見えます」とスワンはLAタイムズに語った。 「私たちにとって、その点に注意を払い、大胆で十分な権限を与えることが非常に重要です。 Right now you’re doing your part for the health of yourself and your loved ones.”


How To Politely Decline An Invitation To Thanksgiving Dinner

One of the more complicated parts of navigating the world right now is figuring out what feels safe to you, and how that fits in with the decisions being made by the people around you. Figuring out your own boundaries is complicated enough, and then you have to hope they match up with your parents’ boundaries, or those of your friends, or your in-laws, or your neighbours.

Ahead of the holidays, a lot of us will likely have to make tough calls about whether it feels safe to get together. With rising COVID-19 case loads and vague, sometimes conflicting messaging from our governments, it’s a stressful situation without a ton of clarity — but the safest choice is not being indoors with people who you don’t live with.

If you’ve decided you don’t feel safe going to a Thanksgiving dinner, a Christmas gathering or anywhere else this season, and you need to politely decline an invitation from a well-meaning friend or family member, here’s how to do it.

Stick to your decision

It’s not easy to figure out our own boundaries right now. But once we’ve arrived at a conclusion, experts say it’s best to stick to our guns and not let ourselves by swayed by anyone else’s choices.

“The challenge is to not second-guess ourselves,” psychologist Dr. Vaile Wright told USA Today. “Once we made whatever that risk-benefit analysis is for us and our families about what feels safe and OK for us, then we need to just be OK with that decision and kind of move forward.”

Be clear and straightforward

You shouldn’t have to get too detailed about your own decision-making process. Just saying something like, “I wish I could be there but I’m avoiding indoor gatherings because of COVID,” is clear and understandable.

“Your sole purpose is to accept or decline an invitation. We’re taking on too much with the feeling that we need to go into detail and explain,” etiquette expert Elaine Swann told the Los Angeles Times.

Going into too much detail “is where you open yourself up for conversation and scrutiny and debate,” she said.

Use “I” statements to avoid sounding judgy

When you’re talking to the person whose invitation you’re declining, focus on your own thinking rather than theirs, so that what you’re saying doesn’t sound accusatory.

“The tricky part of this, of course, is the potential that the other person might feel like we are judging their position or saying, ‘You shouldn’t be doing X,’” University of Toronto psychology professor Steven Joordens told Global News.

Wright told USA Today to avoid “you statements.”

“Saying something like, ‘You aren’t following the rules, therefore I can’t come over to Thanksgiving,’ is going to make the other person defensive and you’re not going to be as effective,” she said.

Instead, say something about yourself, like ”‘I feel uncomfortable bringing my family around this year, so we’re going to have to say no to Thanksgiving.’”

Convey your disappointment

According to Joordens, talking about the dinner as something you’re sad to have to opt out of, rather than something unpleasant that’s being hoisted on you, will make a big difference.

“It’s very perfectly reasonable to say, ‘You know, I really appreciate it. You don’t know how much I would love to spend that time with you. Like all of you, I’m really missing that horribly. But I’m worried,’” he told the outlet.

If it’s clear to the host that it’s the circumstances you have to say no to, not their generosity, they’re less likely to feel rejected.

Saying something like “It’s hard for me to tell you this because I really want to be there, but I won’t be able to enjoy myself because I’ll be too nervous” might get the message across.

Suggest an alternative

Suggesting a Thanksgiving Zoom call, or a long phone call the next day, might make your declining the invitation easier for the host to accept. That way, you’re not offering them a blanket no, you’re offering something else instead.

Practice if you’re nervous

If you’re someone who doesn’t have a ton of practice being assertive, it can be helpful to plan out what you’re going to say and how you want to say it. Saying something out loud a few times can make a big difference in how convincing and firm you make it sound.

Joordens suggested to Healthing that preparing a script can help, if you’re someone who tends to stumble over your words or lose your conviction.

Consider sending a gift

If it’s a formal dinner and you have the means, you could consider sending over flowers or pitching in for a pie. Even sending a card is a nice gesture, either before or after the meal itself — just something that shows that you’re thinking about that person, and that you do actually want to spend time with them in the future.

Don’t take it personally If they get mad you

If you’ve gone out of your way to be kind and considerate and someone still doesn’t accept your choice, that’s not your fault. These are unprecedented times, and everyone is struggling to some extent. Making the right decision for yourself is more important than putting yourself at risk when you don’t want to.

“We are dealing with a worldwide pandemic and this is what our current state of affairs looks like,” Swann told the LA Times. “It’s really important for us to be mindful in that regard and be bold and empowered enough . Right now you’re doing your part for the health of yourself and your loved ones.”


How To Politely Decline An Invitation To Thanksgiving Dinner

One of the more complicated parts of navigating the world right now is figuring out what feels safe to you, and how that fits in with the decisions being made by the people around you. Figuring out your own boundaries is complicated enough, and then you have to hope they match up with your parents’ boundaries, or those of your friends, or your in-laws, or your neighbours.

Ahead of the holidays, a lot of us will likely have to make tough calls about whether it feels safe to get together. With rising COVID-19 case loads and vague, sometimes conflicting messaging from our governments, it’s a stressful situation without a ton of clarity — but the safest choice is not being indoors with people who you don’t live with.

If you’ve decided you don’t feel safe going to a Thanksgiving dinner, a Christmas gathering or anywhere else this season, and you need to politely decline an invitation from a well-meaning friend or family member, here’s how to do it.

Stick to your decision

It’s not easy to figure out our own boundaries right now. But once we’ve arrived at a conclusion, experts say it’s best to stick to our guns and not let ourselves by swayed by anyone else’s choices.

“The challenge is to not second-guess ourselves,” psychologist Dr. Vaile Wright told USA Today. “Once we made whatever that risk-benefit analysis is for us and our families about what feels safe and OK for us, then we need to just be OK with that decision and kind of move forward.”

Be clear and straightforward

You shouldn’t have to get too detailed about your own decision-making process. Just saying something like, “I wish I could be there but I’m avoiding indoor gatherings because of COVID,” is clear and understandable.

“Your sole purpose is to accept or decline an invitation. We’re taking on too much with the feeling that we need to go into detail and explain,” etiquette expert Elaine Swann told the Los Angeles Times.

Going into too much detail “is where you open yourself up for conversation and scrutiny and debate,” she said.

Use “I” statements to avoid sounding judgy

When you’re talking to the person whose invitation you’re declining, focus on your own thinking rather than theirs, so that what you’re saying doesn’t sound accusatory.

“The tricky part of this, of course, is the potential that the other person might feel like we are judging their position or saying, ‘You shouldn’t be doing X,’” University of Toronto psychology professor Steven Joordens told Global News.

Wright told USA Today to avoid “you statements.”

“Saying something like, ‘You aren’t following the rules, therefore I can’t come over to Thanksgiving,’ is going to make the other person defensive and you’re not going to be as effective,” she said.

Instead, say something about yourself, like ”‘I feel uncomfortable bringing my family around this year, so we’re going to have to say no to Thanksgiving.’”

Convey your disappointment

According to Joordens, talking about the dinner as something you’re sad to have to opt out of, rather than something unpleasant that’s being hoisted on you, will make a big difference.

“It’s very perfectly reasonable to say, ‘You know, I really appreciate it. You don’t know how much I would love to spend that time with you. Like all of you, I’m really missing that horribly. But I’m worried,’” he told the outlet.

If it’s clear to the host that it’s the circumstances you have to say no to, not their generosity, they’re less likely to feel rejected.

Saying something like “It’s hard for me to tell you this because I really want to be there, but I won’t be able to enjoy myself because I’ll be too nervous” might get the message across.

Suggest an alternative

Suggesting a Thanksgiving Zoom call, or a long phone call the next day, might make your declining the invitation easier for the host to accept. That way, you’re not offering them a blanket no, you’re offering something else instead.

Practice if you’re nervous

If you’re someone who doesn’t have a ton of practice being assertive, it can be helpful to plan out what you’re going to say and how you want to say it. Saying something out loud a few times can make a big difference in how convincing and firm you make it sound.

Joordens suggested to Healthing that preparing a script can help, if you’re someone who tends to stumble over your words or lose your conviction.

Consider sending a gift

If it’s a formal dinner and you have the means, you could consider sending over flowers or pitching in for a pie. Even sending a card is a nice gesture, either before or after the meal itself — just something that shows that you’re thinking about that person, and that you do actually want to spend time with them in the future.

Don’t take it personally If they get mad you

If you’ve gone out of your way to be kind and considerate and someone still doesn’t accept your choice, that’s not your fault. These are unprecedented times, and everyone is struggling to some extent. Making the right decision for yourself is more important than putting yourself at risk when you don’t want to.

“We are dealing with a worldwide pandemic and this is what our current state of affairs looks like,” Swann told the LA Times. “It’s really important for us to be mindful in that regard and be bold and empowered enough . Right now you’re doing your part for the health of yourself and your loved ones.”


How To Politely Decline An Invitation To Thanksgiving Dinner

One of the more complicated parts of navigating the world right now is figuring out what feels safe to you, and how that fits in with the decisions being made by the people around you. Figuring out your own boundaries is complicated enough, and then you have to hope they match up with your parents’ boundaries, or those of your friends, or your in-laws, or your neighbours.

Ahead of the holidays, a lot of us will likely have to make tough calls about whether it feels safe to get together. With rising COVID-19 case loads and vague, sometimes conflicting messaging from our governments, it’s a stressful situation without a ton of clarity — but the safest choice is not being indoors with people who you don’t live with.

If you’ve decided you don’t feel safe going to a Thanksgiving dinner, a Christmas gathering or anywhere else this season, and you need to politely decline an invitation from a well-meaning friend or family member, here’s how to do it.

Stick to your decision

It’s not easy to figure out our own boundaries right now. But once we’ve arrived at a conclusion, experts say it’s best to stick to our guns and not let ourselves by swayed by anyone else’s choices.

“The challenge is to not second-guess ourselves,” psychologist Dr. Vaile Wright told USA Today. “Once we made whatever that risk-benefit analysis is for us and our families about what feels safe and OK for us, then we need to just be OK with that decision and kind of move forward.”

Be clear and straightforward

You shouldn’t have to get too detailed about your own decision-making process. Just saying something like, “I wish I could be there but I’m avoiding indoor gatherings because of COVID,” is clear and understandable.

“Your sole purpose is to accept or decline an invitation. We’re taking on too much with the feeling that we need to go into detail and explain,” etiquette expert Elaine Swann told the Los Angeles Times.

Going into too much detail “is where you open yourself up for conversation and scrutiny and debate,” she said.

Use “I” statements to avoid sounding judgy

When you’re talking to the person whose invitation you’re declining, focus on your own thinking rather than theirs, so that what you’re saying doesn’t sound accusatory.

“The tricky part of this, of course, is the potential that the other person might feel like we are judging their position or saying, ‘You shouldn’t be doing X,’” University of Toronto psychology professor Steven Joordens told Global News.

Wright told USA Today to avoid “you statements.”

“Saying something like, ‘You aren’t following the rules, therefore I can’t come over to Thanksgiving,’ is going to make the other person defensive and you’re not going to be as effective,” she said.

Instead, say something about yourself, like ”‘I feel uncomfortable bringing my family around this year, so we’re going to have to say no to Thanksgiving.’”

Convey your disappointment

According to Joordens, talking about the dinner as something you’re sad to have to opt out of, rather than something unpleasant that’s being hoisted on you, will make a big difference.

“It’s very perfectly reasonable to say, ‘You know, I really appreciate it. You don’t know how much I would love to spend that time with you. Like all of you, I’m really missing that horribly. But I’m worried,’” he told the outlet.

If it’s clear to the host that it’s the circumstances you have to say no to, not their generosity, they’re less likely to feel rejected.

Saying something like “It’s hard for me to tell you this because I really want to be there, but I won’t be able to enjoy myself because I’ll be too nervous” might get the message across.

Suggest an alternative

Suggesting a Thanksgiving Zoom call, or a long phone call the next day, might make your declining the invitation easier for the host to accept. That way, you’re not offering them a blanket no, you’re offering something else instead.

Practice if you’re nervous

If you’re someone who doesn’t have a ton of practice being assertive, it can be helpful to plan out what you’re going to say and how you want to say it. Saying something out loud a few times can make a big difference in how convincing and firm you make it sound.

Joordens suggested to Healthing that preparing a script can help, if you’re someone who tends to stumble over your words or lose your conviction.

Consider sending a gift

If it’s a formal dinner and you have the means, you could consider sending over flowers or pitching in for a pie. Even sending a card is a nice gesture, either before or after the meal itself — just something that shows that you’re thinking about that person, and that you do actually want to spend time with them in the future.

Don’t take it personally If they get mad you

If you’ve gone out of your way to be kind and considerate and someone still doesn’t accept your choice, that’s not your fault. These are unprecedented times, and everyone is struggling to some extent. Making the right decision for yourself is more important than putting yourself at risk when you don’t want to.

“We are dealing with a worldwide pandemic and this is what our current state of affairs looks like,” Swann told the LA Times. “It’s really important for us to be mindful in that regard and be bold and empowered enough . Right now you’re doing your part for the health of yourself and your loved ones.”


How To Politely Decline An Invitation To Thanksgiving Dinner

One of the more complicated parts of navigating the world right now is figuring out what feels safe to you, and how that fits in with the decisions being made by the people around you. Figuring out your own boundaries is complicated enough, and then you have to hope they match up with your parents’ boundaries, or those of your friends, or your in-laws, or your neighbours.

Ahead of the holidays, a lot of us will likely have to make tough calls about whether it feels safe to get together. With rising COVID-19 case loads and vague, sometimes conflicting messaging from our governments, it’s a stressful situation without a ton of clarity — but the safest choice is not being indoors with people who you don’t live with.

If you’ve decided you don’t feel safe going to a Thanksgiving dinner, a Christmas gathering or anywhere else this season, and you need to politely decline an invitation from a well-meaning friend or family member, here’s how to do it.

Stick to your decision

It’s not easy to figure out our own boundaries right now. But once we’ve arrived at a conclusion, experts say it’s best to stick to our guns and not let ourselves by swayed by anyone else’s choices.

“The challenge is to not second-guess ourselves,” psychologist Dr. Vaile Wright told USA Today. “Once we made whatever that risk-benefit analysis is for us and our families about what feels safe and OK for us, then we need to just be OK with that decision and kind of move forward.”

Be clear and straightforward

You shouldn’t have to get too detailed about your own decision-making process. Just saying something like, “I wish I could be there but I’m avoiding indoor gatherings because of COVID,” is clear and understandable.

“Your sole purpose is to accept or decline an invitation. We’re taking on too much with the feeling that we need to go into detail and explain,” etiquette expert Elaine Swann told the Los Angeles Times.

Going into too much detail “is where you open yourself up for conversation and scrutiny and debate,” she said.

Use “I” statements to avoid sounding judgy

When you’re talking to the person whose invitation you’re declining, focus on your own thinking rather than theirs, so that what you’re saying doesn’t sound accusatory.

“The tricky part of this, of course, is the potential that the other person might feel like we are judging their position or saying, ‘You shouldn’t be doing X,’” University of Toronto psychology professor Steven Joordens told Global News.

Wright told USA Today to avoid “you statements.”

“Saying something like, ‘You aren’t following the rules, therefore I can’t come over to Thanksgiving,’ is going to make the other person defensive and you’re not going to be as effective,” she said.

Instead, say something about yourself, like ”‘I feel uncomfortable bringing my family around this year, so we’re going to have to say no to Thanksgiving.’”

Convey your disappointment

According to Joordens, talking about the dinner as something you’re sad to have to opt out of, rather than something unpleasant that’s being hoisted on you, will make a big difference.

“It’s very perfectly reasonable to say, ‘You know, I really appreciate it. You don’t know how much I would love to spend that time with you. Like all of you, I’m really missing that horribly. But I’m worried,’” he told the outlet.

If it’s clear to the host that it’s the circumstances you have to say no to, not their generosity, they’re less likely to feel rejected.

Saying something like “It’s hard for me to tell you this because I really want to be there, but I won’t be able to enjoy myself because I’ll be too nervous” might get the message across.

Suggest an alternative

Suggesting a Thanksgiving Zoom call, or a long phone call the next day, might make your declining the invitation easier for the host to accept. That way, you’re not offering them a blanket no, you’re offering something else instead.

Practice if you’re nervous

If you’re someone who doesn’t have a ton of practice being assertive, it can be helpful to plan out what you’re going to say and how you want to say it. Saying something out loud a few times can make a big difference in how convincing and firm you make it sound.

Joordens suggested to Healthing that preparing a script can help, if you’re someone who tends to stumble over your words or lose your conviction.

Consider sending a gift

If it’s a formal dinner and you have the means, you could consider sending over flowers or pitching in for a pie. Even sending a card is a nice gesture, either before or after the meal itself — just something that shows that you’re thinking about that person, and that you do actually want to spend time with them in the future.

Don’t take it personally If they get mad you

If you’ve gone out of your way to be kind and considerate and someone still doesn’t accept your choice, that’s not your fault. These are unprecedented times, and everyone is struggling to some extent. Making the right decision for yourself is more important than putting yourself at risk when you don’t want to.

“We are dealing with a worldwide pandemic and this is what our current state of affairs looks like,” Swann told the LA Times. “It’s really important for us to be mindful in that regard and be bold and empowered enough . Right now you’re doing your part for the health of yourself and your loved ones.”


How To Politely Decline An Invitation To Thanksgiving Dinner

One of the more complicated parts of navigating the world right now is figuring out what feels safe to you, and how that fits in with the decisions being made by the people around you. Figuring out your own boundaries is complicated enough, and then you have to hope they match up with your parents’ boundaries, or those of your friends, or your in-laws, or your neighbours.

Ahead of the holidays, a lot of us will likely have to make tough calls about whether it feels safe to get together. With rising COVID-19 case loads and vague, sometimes conflicting messaging from our governments, it’s a stressful situation without a ton of clarity — but the safest choice is not being indoors with people who you don’t live with.

If you’ve decided you don’t feel safe going to a Thanksgiving dinner, a Christmas gathering or anywhere else this season, and you need to politely decline an invitation from a well-meaning friend or family member, here’s how to do it.

Stick to your decision

It’s not easy to figure out our own boundaries right now. But once we’ve arrived at a conclusion, experts say it’s best to stick to our guns and not let ourselves by swayed by anyone else’s choices.

“The challenge is to not second-guess ourselves,” psychologist Dr. Vaile Wright told USA Today. “Once we made whatever that risk-benefit analysis is for us and our families about what feels safe and OK for us, then we need to just be OK with that decision and kind of move forward.”

Be clear and straightforward

You shouldn’t have to get too detailed about your own decision-making process. Just saying something like, “I wish I could be there but I’m avoiding indoor gatherings because of COVID,” is clear and understandable.

“Your sole purpose is to accept or decline an invitation. We’re taking on too much with the feeling that we need to go into detail and explain,” etiquette expert Elaine Swann told the Los Angeles Times.

Going into too much detail “is where you open yourself up for conversation and scrutiny and debate,” she said.

Use “I” statements to avoid sounding judgy

When you’re talking to the person whose invitation you’re declining, focus on your own thinking rather than theirs, so that what you’re saying doesn’t sound accusatory.

“The tricky part of this, of course, is the potential that the other person might feel like we are judging their position or saying, ‘You shouldn’t be doing X,’” University of Toronto psychology professor Steven Joordens told Global News.

Wright told USA Today to avoid “you statements.”

“Saying something like, ‘You aren’t following the rules, therefore I can’t come over to Thanksgiving,’ is going to make the other person defensive and you’re not going to be as effective,” she said.

Instead, say something about yourself, like ”‘I feel uncomfortable bringing my family around this year, so we’re going to have to say no to Thanksgiving.’”

Convey your disappointment

According to Joordens, talking about the dinner as something you’re sad to have to opt out of, rather than something unpleasant that’s being hoisted on you, will make a big difference.

“It’s very perfectly reasonable to say, ‘You know, I really appreciate it. You don’t know how much I would love to spend that time with you. Like all of you, I’m really missing that horribly. But I’m worried,’” he told the outlet.

If it’s clear to the host that it’s the circumstances you have to say no to, not their generosity, they’re less likely to feel rejected.

Saying something like “It’s hard for me to tell you this because I really want to be there, but I won’t be able to enjoy myself because I’ll be too nervous” might get the message across.

Suggest an alternative

Suggesting a Thanksgiving Zoom call, or a long phone call the next day, might make your declining the invitation easier for the host to accept. That way, you’re not offering them a blanket no, you’re offering something else instead.

Practice if you’re nervous

If you’re someone who doesn’t have a ton of practice being assertive, it can be helpful to plan out what you’re going to say and how you want to say it. Saying something out loud a few times can make a big difference in how convincing and firm you make it sound.

Joordens suggested to Healthing that preparing a script can help, if you’re someone who tends to stumble over your words or lose your conviction.

Consider sending a gift

If it’s a formal dinner and you have the means, you could consider sending over flowers or pitching in for a pie. Even sending a card is a nice gesture, either before or after the meal itself — just something that shows that you’re thinking about that person, and that you do actually want to spend time with them in the future.

Don’t take it personally If they get mad you

If you’ve gone out of your way to be kind and considerate and someone still doesn’t accept your choice, that’s not your fault. These are unprecedented times, and everyone is struggling to some extent. Making the right decision for yourself is more important than putting yourself at risk when you don’t want to.

“We are dealing with a worldwide pandemic and this is what our current state of affairs looks like,” Swann told the LA Times. “It’s really important for us to be mindful in that regard and be bold and empowered enough . Right now you’re doing your part for the health of yourself and your loved ones.”