最新のレシピ

パリで職人のバゲットを見つける方法

パリで職人のバゲットを見つける方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

古典的なフランスのバゲットのスタイルには違いがあります。地球上で最も有名なパンの新鮮な一見:以前に冷凍したものと新鮮なものを区別する方法、それらを作る職人のパン屋、購入するのに最適な時間、そして著名なアメリカのフードライターとガイドからのその他の素晴らしい情報パリの左岸。

年に一度パリで、どのパン屋が市内で最高のバゲットを作ることができるかを決定するための競争があります。勝者はフランス大統領に1年間バゲットを提供し、その後、パン屋のブロックの周りに列ができる間、競合他社の間で深刻な自慢の権利を獲得します。

バゲットを作るのに必要な材料は単純で、水、小麦粉、塩、酵母です。生きている酵母または「野生」酵母を使用すると、ベーキング中にいわゆるロングライズが発生し、同じ成分と標準の不活性酵母で構成されるバゲットよりも、職人のバゲットの色が暗く、歯ごたえのある食感になります。職人のバゲットは、工業的に作られたバゲットよりも密度が高く、重いです。再加熱中に気泡が逃げるときに発生する、パンの下側に並ぶ小さな点から、以前に冷凍された工業的に作られたバゲットを見つけることができます。

実際の取引を見つける方法

両方のバゲットは、フランスの首都のほぼすべてのパン屋で終日利用できます。 「バゲットはバゲットです!」これはあなたの気持ちですか?もしそうなら、単に「バゲット」(標準酵母)を要求してください。価格は1ドル強です。本当の取引、つまりピエス・ド・レシスタンス、コンテストに勝ってフランス大統領を養うバゲットが必要な場合は、「バゲット・ド・トラディシオン」(生きた酵母)を求めてください。あなたのフランス語がどれほど悪いかは関係ありません。彼らはあなたが試してみてくれて感謝します。さらに、あなたがこの用語を知っていることを感謝します。価格は1ドル半強です。

バゲットの貯蔵寿命は5〜6時間である必要があります。そして賢明な一言、午後にパン屋に向かうことによっていくつかのダイムを節約してください。これは、私たちのアメリカの「1日経った」パンに相当するものを手に入れることができるときです。そして、パン屋を選択する方法についての簡単なメモ。 「職人」という言葉を探してください。ショーウインドーに誇らしげに飾られます。この用語は基本的に彼らがひどいパン屋であり、冷凍バゲットを販売することは違法であることを意味します。あなたにとって幸運なことに、あなたは今、本物の取引を見つける方法を知っています!

この投稿はもともと JustLuxeに登場.


職人のフランスのパン(またはパン好きの日記)

フランスのパンとバゲットを初めて食べたとき、つま先が丸まってしまいました。 まだ暖かい オーブンから。それから数年後、&#8211数百のバゲットが&#8211フランス人の友人、ジュリーが夕食で自分を1スライスに制限することができた方法がわかりませんでした。彼女の家族全員がそうだった&#8211彼ら&#8217dは一生おいしいパンを食べました。

私はそれほど穏健になることができませんでした。バゲット全体が午後に私の腹に消える可能性があります。私は世界で最も細い女の子の周りのパリに住んで15ポンドを得ました。大学では、フランスの職人パンの歴史について100ページを書きました。私は取りつかれていました。

良いニュースは、家でかなり素晴らしいパンを作る方法を学んだことです。 3日かかりますが、各ステップは簡単です。

フランスのパンをとても素晴らしいものにする2つのことがあります。

1)フレーバー:酵母を少量の小麦粉と水と事前に混合すると、フレーバーが大幅に向上します。これは、プールまたは好みと呼ばれます。ゆっくりと涼しい酵母の発達は、良い風味の秘訣です。

2)テクスチャー:柔らかなインテリアと薄く砕けるクラストを実現。これを行うには、ベーキング中に水分を加え、安定した高熱を使用します。スプレーボトルとベーキングストーンは、私たちが家でできる最善の方法です。

このレシピは、キングアーサー小麦粉パンのレシピを応用したものです。私は何年もの間それを微調整してきました。

材料:

小麦粉2カップ
冷水1カップ
小さじ1/8の活性ドライイースト

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
小さじ1酵母

方法(別名日記):

私は自分のpjに変更し、&#8211おっとを思い出す前に、パリのスウィートライフを読むことにすべて落ち着きました。プールを作る時間(スターター)。

プールを作るには:大きなボウルに、小麦粉2カップ、冷水1カップ、イースト小さじ1/8を完全に混ぜ合わせます。湿らせたタオルで覆い、涼しい場所に14〜24時間置きます。

冷静さを保つ!地下室、風通しの良い窓のそば、または氷のボウルの上で試してみてください。

私はベッドに戻って、睡眠が私を追い抜くまで読みました。簡単でした!

いくつかの用事を実行しました。赤ちゃんをお昼寝させます。私はプールをのぞき見しましたが、それをいじる前に少し庭を作ることにしました。どうやら、去年から葉や雑草を取り除くまで、実際に何か新しいものを植えることはできません。

少しの間ガーデニングをあきらめました。

プールが2〜3倍大きく、泡でいっぱいになったら、小さじ1の酵母、小さじ1 1/2の塩、小麦粉3カップ、水1カップを追加します。大きなボウルに入れ、湿らせたハンドタオルで覆います。

昨日とは全然違う!

手で混ぜるのが好きです。

それは本当に、本当に粘着性があります。

これは、濡れた生地に最適な&#8220スラップアンドフォールド方式&#8221です。

数回折りたたむと、それ以上くっつくことはありません。約10回折りたたんだ後、グーの大部分を手から離し、まだ粘着性があるかどうかを確認します。それであれば 、余分な小麦粉で作業します。あなたはとても柔らかく湿った生地を探しています。だがしかし ねばねば。雨の日&#8211または湿気の多い&#8211の場合は、間違いなく小麦粉を増やす必要があります。

湿らせたおしぼりで覆います。涼しい場所がない場合は、氷のボウルの上に置きます。

パンのことを考えずにリラックスした夜を過ごしました。焼き鮭を食べ、ビル・コスビー自身を見た。彼が子育てについて話していたとき、たくさん笑いました。少しワインを飲みました。寝る前に、パン生地を嗅ぐために走りました。いい匂いがした!

私の部屋に寄り添うアヴァを逃すために目が覚めた。私たちは数分間ベッドに飛び乗った。次は&#8211数分のパン作りです。

ボウルから生地を取り出し、数回叩き、ボールに形作ります。ボウルに戻り、湿らせたハンドタオルで覆います。

これが一晩休んだ後の生地です。

生地は泡と巨大でいっぱいです。

風通しが良く、柔らかくなければなりません。

そして、簡単に滑らかなボールを形成する必要があります。すでに昨日とは大きく異なり、グルテンが発生しました。叩いて数回折ります。湿ったタオルで覆ったボウルに、涼しい場所(または氷のボウル)に戻します。

次に朝食を食べました。象と亀のふりをして、ベビーダンスのクラスに行きました。たくさんの回転と拍手がありました。

3時間後、生地は次のようになります。

ボウルから出してください&#8230たくさんの泡があります、イェーイ!

生地を3つに切り、丸太に形作ります。 20分間休ませます。穴を乱さないようにしてください。この時点で優しくしてください。

オーブンにベーキングストーンを入れ、450Fに予熱します。

かみそりで切り、水をスプレーし、450°Fで約20分焼きます。石や天板に直接焼きます。

または、庭の景色を眺めながら、それだけで。または雑草。どんな場合でも。


職人のフランスのパン(またはパン好きの日記)

フランスのパンとバゲットを初めて食べたとき、つま先が丸まってしまいました。 まだ暖かい オーブンから。それから数年後、&#8211数百のバゲットが&#8211フランス人の友人、ジュリーが夕食で自分を1スライスに制限することができた方法がわかりませんでした。彼女の家族全員がそうだった&#8211彼ら&#8217dは一生おいしいパンを食べました。

私はそれほど穏健になることができませんでした。バゲット全体が午後に私の腹に消える可能性があります。私は世界で最も細い女の子の周りのパリに住んで15ポンドを得ました。大学では、フランスの職人パンの歴史について100ページを書きました。私は取りつかれていました。

良いニュースは、家でかなり素晴らしいパンを作る方法を学んだことです。 3日かかりますが、各ステップは簡単です。

フランスのパンをとても素晴らしいものにする2つのことがあります。

1)フレーバー:酵母を少量の小麦粉と水と事前に混合すると、フレーバーが大幅に向上します。これは、プールまたは好みと呼ばれます。ゆっくりと涼しい酵母の発達は、良い風味の秘訣です。

2)テクスチャー:柔らかなインテリアと薄く砕けるクラストを実現。これを行うには、ベーキング中に水分を加え、安定した高熱を使用します。スプレーボトルとベーキングストーンは、私たちが家でできる最善の方法です。

このレシピは、アーサー王の小麦粉パンのレシピを応用したものです。私は何年もの間それを微調整してきました。

材料:

小麦粉2カップ
冷水1カップ
小さじ1/8の活性ドライイースト

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
小さじ1酵母

方法(別名日記):

私は自分のpjに変更し、&#8211おっとを思い出す前に、パリのスウィートライフを読むことにすべて落ち着きました。プールを作る時間(スターター)。

プールを作るには:大きなボウルに、小麦粉2カップ、冷水1カップ、イースト小さじ1/8を完全に混ぜ合わせます。湿らせたタオルで覆い、涼しい場所に14〜24時間置きます。

冷静さを保つ!地下室、風通しの良い窓のそば、または氷のボウルの上で試してみてください。

私はベッドに戻って、睡眠が私を追い抜くまで読みました。簡単でした!

いくつかの用事を実行しました。赤ちゃんをお昼寝させます。私はプールをのぞき見しましたが、それをいじる前に少し庭を作ることにしました。どうやら、去年の葉や雑草を取り除くまで、実際に何か新しいものを植えることはできません。

少しの間ガーデニングをあきらめました。

プールが2〜3倍大きく、泡でいっぱいになったら、小さじ1の酵母、小さじ1 1/2の塩、小麦粉3カップ、水1カップを追加します。大きなボウルに入れ、湿らせたハンドタオルで覆います。

昨日とは全然違う!

手で混ぜるのが好きです。

それは本当に、本当に粘着性があります。

これは、濡れた生地に最適な&#8220スラップアンドフォールド方式&#8221です。

数回折りたたむと、それ以上くっつくことはありません。約10回折りたたんだ後、グーの大部分を手から離し、まだ粘着性があるかどうかを確認します。それであれば 、余分な小麦粉で作業します。あなたはとても柔らかく湿った生地を探しています。だがしかし ねばねば。雨の日&#8211または湿気の多い&#8211の場合は、間違いなく小麦粉を増やす必要があります。

湿らせたおしぼりで覆います。涼しい場所がない場合は、氷のボウルの上に置きます。

パンのことを考えずにリラックスした夜を過ごしました。焼き鮭を食べ、ビル・コスビー自身を見た。彼が子育てについて話していたとき、たくさん笑いました。少しワインを飲みました。寝る前に、パン生地を嗅ぐために走りました。いい匂いがした!

私の部屋に寄り添うアヴァを逃すために目が覚めた。私たちは数分間ベッドに飛び乗った。次は&#8211数分のパン作りです。

ボウルから生地を取り出し、数回叩き、ボールに形作ります。ボウルに戻り、湿らせたハンドタオルで覆います。

これが一晩休んだ後の生地です。

生地は泡と巨大でいっぱいです。

風通しが良く、柔らかくなければなりません。

そして、簡単に滑らかなボールを形成する必要があります。すでに昨日とは大きく異なり、グルテンが発生しました。叩いて数回折ります。湿ったタオルで覆ったボウルに、涼しい場所(または氷のボウル)に戻します。

次に朝食を食べました。象と亀のふりをして、ベビーダンスのクラスに行きました。たくさんの回転と拍手がありました。

3時間後、生地は次のようになります。

ボウルから出してください&#8230たくさんの泡があります、イェーイ!

生地を3つに切り、丸太に形作ります。 20分間休ませます。穴を乱さないようにしてください。この時点で優しくしてください。

オーブンにベーキングストーンを入れ、450Fに予熱します。

かみそりで切り、水をスプレーし、450°Fで約20分焼きます。石や天板に直接焼きます。

または、庭の景色を眺めながら、それだけで。または雑草。どんな場合でも。


職人のフランスのパン(またはパン好きの日記)

フランスのパンとバゲットを初めて食べたとき、つま先が丸まってしまいました。 まだ暖かい オーブンから。それから数年後、&#8211数百のバゲットが&#8211フランス人の友人、ジュリーが夕食で自分を1スライスに制限することができた方法がわかりませんでした。彼女の家族全員がそうだった&#8211彼ら&#8217dは一生おいしいパンを食べました。

私はそれほど穏健になることができませんでした。バゲット全体が午後に私の腹に消える可能性があります。私は世界で最も細い女の子の周りのパリに住んで15ポンドを得ました。大学では、フランスの職人パンの歴史について100ページを書きました。私は取りつかれていました。

良いニュースは、家でかなり素晴らしいパンを作る方法を学んだことです。 3日かかりますが、各ステップは簡単です。

フランスのパンをとても素晴らしいものにする2つのことがあります。

1)フレーバー:酵母を少量の小麦粉と水と事前に混合すると、フレーバーが大幅に向上します。これは、プールまたは好みと呼ばれます。ゆっくりと涼しい酵母の発達は、良い風味の秘訣です。

2)テクスチャー:柔らかなインテリアと薄く砕けるクラストを実現。これを行うには、ベーキング中に水分を加え、安定した高熱を使用します。スプレーボトルとベーキングストーンは、私たちが家でできる最善の方法です。

このレシピは、キングアーサー小麦粉パンのレシピを応用したものです。私は何年もの間それを微調整してきました。

材料:

小麦粉2カップ
冷水1カップ
小さじ1/8の活性ドライイースト

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
小さじ1酵母

方法(別名日記):

私は自分のpjに変更し、&#8211おっとを思い出す前に、パリのスウィートライフを読むことにすべて落ち着きました。プールを作る時間(スターター)。

プールを作るには:大きなボウルに、小麦粉2カップ、冷水1カップ、イースト小さじ1/8を完全に混ぜ合わせます。湿らせたタオルで覆い、涼しい場所に14〜24時間置きます。

冷静さを保つ!地下室、風通しの良い窓のそば、または氷のボウルの上で試してみてください。

私はベッドに戻って、睡眠が私を追い抜くまで読みました。簡単でした!

いくつかの用事を実行しました。赤ちゃんをお昼寝させます。私はプールをのぞき見しましたが、それをいじる前に少し庭を作ることにしました。どうやら、去年の葉や雑草を取り除くまで、実際に何か新しいものを植えることはできません。

少しの間ガーデニングをあきらめました。

プールが2〜3倍大きく、泡でいっぱいになったら、小さじ1の酵母、小さじ1 1/2の塩、小麦粉3カップ、水1カップを追加します。大きなボウルに入れ、湿らせたハンドタオルで覆います。

昨日とは全然違う!

手で混ぜるのが好きです。

それは本当に、本当に粘着性があります。

これは、濡れた生地に最適な&#8220スラップアンドフォールド方式&#8221です。

数回折りたたむと、それ以上くっつくことはありません。約10回折りたたんだ後、グーの大部分を手から離し、まだ粘着性があるかどうかを確認します。それであれば 、余分な小麦粉で作業します。あなたはとても柔らかく湿った生地を探しています。だがしかし ねばねば。雨の日&#8211または湿気の多い&#8211の場合は、間違いなく小麦粉を増やす必要があります。

湿らせたおしぼりで覆います。涼しい場所がない場合は、氷のボウルの上に置きます。

パンのことを考えずにリラックスした夜を過ごしました。焼き鮭を食べ、ビル・コスビー自身を見た。彼が子育てについて話していたとき、たくさん笑いました。少しワインを飲みました。寝る前に、パン生地を嗅ぐために走りました。いい匂いがした!

私の部屋に寄り添うアヴァを逃すために目が覚めた。私たちは数分間ベッドに飛び乗った。次は&#8211数分のパン作りです。

ボウルから生地を取り出し、数回叩き、ボールに形作ります。ボウルに戻り、湿らせたハンドタオルで覆います。

これが一晩休んだ後の生地です。

生地は泡と巨大でいっぱいです。

風通しが良く、柔らかくなければなりません。

そして、簡単に滑らかなボールを形成する必要があります。すでに昨日とは大きく異なり、グルテンが発生しました。叩いて数回折ります。湿ったタオルで覆ったボウルに、涼しい場所(または氷のボウル)に戻します。

次に朝食を食べました。象と亀のふりをして、ベビーダンスのクラスに行きました。たくさんの回転と拍手がありました。

3時間後、生地は次のようになります。

ボウルから出してください&#8230たくさんの泡があります、イェーイ!

生地を3つに切り、丸太に形作ります。 20分間休ませます。穴を乱さないようにしてください。この時点で優しくしてください。

オーブンにベーキングストーンを入れ、450Fに予熱します。

かみそりで切り、水をスプレーし、450°Fで約20分焼きます。石や天板に直接焼きます。

または、庭の景色を眺めながら、それだけで。または雑草。どんな場合でも。


職人のフランスのパン(またはパン好きの日記)

フランスのパンとバゲットを初めて食べたとき、つま先が丸まってしまいました。 まだ暖かい オーブンから。それから数年後、&#8211数百のバゲットが&#8211フランス人の友人、ジュリーが夕食で自分を1スライスに制限することができた方法がわかりませんでした。彼女の家族全員がそうだった&#8211彼ら&#8217dは一生おいしいパンを食べました。

私はそれほど穏健になることができませんでした。バゲット全体が午後に私の腹に消える可能性があります。私は世界で最も細い女の子の周りのパリに住んで15ポンドを得ました。大学では、フランスの職人パンの歴史について100ページを書きました。私は取りつかれていました。

良いニュースは、家でかなり素晴らしいパンを作る方法を学んだことです。 3日かかりますが、各ステップは簡単です。

フランスのパンをとても素晴らしいものにする2つのことがあります。

1)フレーバー:酵母を少量の小麦粉と水と事前に混合すると、フレーバーが大幅に向上します。これは、プールまたは好みと呼ばれます。ゆっくりと涼しい酵母の発達は、良い風味の秘訣です。

2)テクスチャー:柔らかなインテリアと薄く砕けるクラストを実現。これを行うには、ベーキング中に水分を加え、安定した高熱を使用します。スプレーボトルとベーキングストーンは、私たちが家でできる最善の方法です。

このレシピは、アーサー王の小麦粉パンのレシピを応用したものです。私は何年もの間それを微調整してきました。

材料:

小麦粉2カップ
冷水1カップ
小さじ1/8の活性ドライイースト

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
小さじ1酵母

方法(別名日記):

私は自分のpjに変更し、&#8211おっとを思い出す前に、パリのスウィートライフを読むことにすべて落ち着きました。プールを作る時間(スターター)。

プールを作るには:大きなボウルに、小麦粉2カップ、冷水1カップ、イースト小さじ1/8を完全に混ぜ合わせます。湿らせたタオルで覆い、涼しい場所に14〜24時間置きます。

冷静さを保つ!地下室、風通しの良い窓のそば、または氷のボウルの上で試してみてください。

私はベッドに戻って、睡眠が私を追い抜くまで読みました。簡単でした!

いくつかの用事を実行しました。赤ちゃんをお昼寝させます。私はプールをのぞき見しましたが、それをいじる前に少し庭を作ることにしました。どうやら、去年から葉や雑草を取り除くまで、実際に何か新しいものを植えることはできません。

少しの間ガーデニングをあきらめました。

プールが2〜3倍大きく、泡でいっぱいになったら、小さじ1の酵母、小さじ1 1/2の塩、小麦粉3カップ、水1カップを追加します。大きなボウルに入れ、湿ったハンドタオルで覆います。

昨日とは全然違う!

手で混ぜるのが好きです。

それは本当に、本当に粘着性があります。

これは、濡れた生地に最適な&#8220スラップアンドフォールド方式&#8221です。

数回折りたたむと、それ以上くっつくことはありません。約10回折りたたんだ後、グーの大部分を手から離し、まだ粘着性があるかどうかを確認します。それであれば 、余分な小麦粉で作業します。あなたはとても柔らかく湿った生地を探しています。だがしかし ねばねば。雨の日&#8211または湿気の多い&#8211の場合は、間違いなく小麦粉を増やす必要があります。

湿らせたおしぼりで覆います。涼しい場所がない場合は、氷のボウルの上に置きます。

パンのことを考えずにリラックスした夜を過ごしました。焼き鮭を食べ、ビル・コスビー自身を見た。彼が子育てについて話していたとき、たくさん笑いました。少しワインを飲みました。寝る前に、パン生地を嗅ぐために走りました。いい匂いがした!

私の部屋に寄り添うアヴァを逃すために目が覚めた。私たちは数分間ベッドに飛び乗った。次は&#8211数分のパン作りです。

ボウルから生地を取り出し、数回叩き、ボールに形作ります。ボウルに戻り、湿らせたハンドタオルで覆います。

これが一晩休んだ後の生地です。

生地は泡と巨大でいっぱいです。

風通しが良く、柔らかくなければなりません。

そして、簡単に滑らかなボールを形成する必要があります。すでに昨日とは大きく異なり、グルテンが発生しました。叩いて数回折ります。湿ったタオルで覆ったボウルに、涼しい場所(または氷のボウル)に戻します。

次に朝食を食べました。象と亀のふりをして、ベビーダンスのクラスに行きました。たくさんの回転と拍手がありました。

3時間後、生地は次のようになります。

ボウルから出してください&#8230たくさんの泡があります、イェーイ!

生地を3つに切り、丸太に形作ります。 20分間休ませます。穴を乱さないようにしてください。この時点で優しくしてください。

オーブンにベーキングストーンを入れ、450Fに予熱します。

かみそりで切り、水をスプレーし、450°Fで約20分焼きます。石や天板に直接焼きます。

または、庭の景色を眺めながら、それだけで。または雑草。どんな場合でも。


職人のフランスのパン(またはパン好きの日記)

フランスのパンとバゲットを初めて食べたとき、つま先が丸まってしまいました。 まだ暖かい オーブンから。それから数年後、&#8211数百のバゲットが&#8211フランス人の友人、ジュリーが夕食で自分を1スライスに制限することができた方法がわかりませんでした。彼女の家族全員がそうだった&#8211彼ら&#8217dは一生おいしいパンを食べました。

私はそれほど穏健になることができませんでした。バゲット全体が午後に私の腹に消える可能性があります。私は世界で最も細い女の子の周りのパリに住んで15ポンドを得ました。大学では、フランスの職人パンの歴史について100ページを書きました。私は取りつかれていました。

良いニュースは、家でかなり素晴らしいパンを作る方法を学んだことです。 3日かかりますが、各ステップは簡単です。

フランスのパンをとても素晴らしいものにする2つのことがあります。

1)フレーバー:酵母を少量の小麦粉と水と事前に混合すると、フレーバーが大幅に向上します。これは、プールまたは好みと呼ばれます。ゆっくりと涼しい酵母の発達は、良い風味の秘訣です。

2)テクスチャー:柔らかなインテリアと薄く砕けるクラストを実現。これを行うには、ベーキング中に水分を加え、安定した高熱を使用します。スプレーボトルとベーキングストーンは、私たちが家でできる最善の方法です。

このレシピは、アーサー王の小麦粉パンのレシピを応用したものです。私は何年もの間それを微調整してきました。

材料:

小麦粉2カップ
冷水1カップ
小さじ1/8の活性ドライイースト

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
小さじ1酵母

方法(別名日記):

私は自分のpjに変更し、&#8211おっとを思い出す前に、パリのスウィートライフを読むことにすべて落ち着きました。プールを作る時間(スターター)。

プールを作るには:大きなボウルに、小麦粉2カップ、冷水1カップ、イースト小さじ1/8を完全に混ぜ合わせます。湿らせたタオルで覆い、涼しい場所に14〜24時間置きます。

冷静さを保つ!地下室、風通しの良い窓のそば、または氷のボウルの上で試してみてください。

私はベッドに戻って、睡眠が私を追い抜くまで読みました。簡単でした!

いくつかの用事を実行しました。赤ちゃんをお昼寝させます。私はプールをのぞき見しましたが、それをいじる前に少し庭を作ることにしました。どうやら、去年の葉や雑草を取り除くまで、実際に何か新しいものを植えることはできません。

少しの間ガーデニングをあきらめました。

プールが2〜3倍大きく、泡でいっぱいになったら、小さじ1の酵母、小さじ1 1/2の塩、小麦粉3カップ、水1カップを追加します。大きなボウルに入れ、湿らせたハンドタオルで覆います。

昨日とは全然違う!

手で混ぜるのが好きです。

それは本当に、本当に粘着性があります。

これは、濡れた生地に最適な&#8220スラップアンドフォールド方式&#8221です。

数回折りたたむと、それ以上くっつくことはありません。約10回折りたたんだ後、グーの大部分を手から離し、まだ粘着性があるかどうかを確認します。それであれば 、余分な小麦粉で作業します。あなたはとても柔らかく湿った生地を探しています。だがしかし ねばねば。雨の日&#8211または湿気の多い&#8211の場合は、間違いなく小麦粉を増やす必要があります。

湿らせたおしぼりで覆います。涼しい場所がない場合は、氷のボウルの上に置きます。

パンのことを考えずにリラックスした夜を過ごしました。焼き鮭を食べ、ビル・コスビー自身を見た。彼が子育てについて話していたとき、たくさん笑いました。少しワインを飲みました。寝る前に、パン生地を嗅ぐために走りました。いい匂いがした!

私の部屋に寄り添うアヴァを逃すために目が覚めた。私たちは数分間ベッドに飛び乗った。次は&#8211数分のパン作りです。

ボウルから生地を取り出し、数回叩き、ボールに形作ります。ボウルに戻り、湿らせたハンドタオルで覆います。

これが一晩休んだ後の生地です。

生地は泡と巨大でいっぱいです。

風通しが良く、柔らかくなければなりません。

そして、簡単に滑らかなボールを形成する必要があります。すでに昨日とは大きく異なり、グルテンが発生しました。叩いて数回折ります。湿ったタオルで覆ったボウルに、涼しい場所(または氷のボウル)に戻します。

次に朝食を食べました。象と亀のふりをして、ベビーダンスのクラスに行きました。たくさんの回転と拍手がありました。

3時間後、生地は次のようになります。

ボウルから出してください&#8230たくさんの泡があります、イェーイ!

生地を3つに切り、丸太に形作ります。 20分間休ませます。穴を乱さないようにしてください。この時点で優しくしてください。

オーブンにベーキングストーンを入れ、450Fに予熱します。

かみそりで切り、水をスプレーし、450°Fで約20分焼きます。石や天板に直接焼きます。

または、庭の景色を眺めながら、それだけで。または雑草。どんな場合でも。


職人のフランスのパン(またはパン好きの日記)

フランスのパンとバゲットを初めて食べたとき、つま先が丸まってしまいました。 まだ暖かい オーブンから。それから数年後、&#8211数百のバゲットが&#8211フランス人の友人、ジュリーが夕食で自分を1スライスに制限することができた方法がわかりませんでした。彼女の家族全員がそうだった&#8211彼ら&#8217dは一生おいしいパンを食べました。

私はそれほど穏健になることができませんでした。バゲット全体が午後に私の腹に消える可能性があります。私は世界で最も細い女の子の周りのパリに住んで15ポンドを得ました。大学では、フランスの職人パンの歴史について100ページを書きました。私は取りつかれていました。

良いニュースは、家でかなり素晴らしいパンを作る方法を学んだことです。 3日かかりますが、各ステップは簡単です。

フランスのパンをとても素晴らしいものにする2つのことがあります。

1)フレーバー:酵母を少量の小麦粉と水と事前に混合すると、フレーバーが大幅に向上します。これは、プールまたは好みと呼ばれます。ゆっくりと涼しい酵母の発達は、良い風味の秘訣です。

2)テクスチャー:柔らかなインテリアと薄く砕けるクラストを実現。これを行うには、ベーキング中に水分を加え、安定した高熱を使用します。スプレーボトルとベーキングストーンは、私たちが家でできる最善の方法です。

このレシピは、アーサー王の小麦粉パンのレシピを応用したものです。私は何年もの間それを微調整してきました。

材料:

小麦粉2カップ
冷水1カップ
小さじ1/8の活性ドライイースト

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
小さじ1酵母

方法(別名日記):

私は自分のpjに変更し、&#8211おっとを思い出す前に、パリのスウィートライフを読むことにすべて落ち着きました。プールを作る時間(スターター)。

プールを作るには:大きなボウルに、小麦粉2カップ、冷水1カップ、イースト小さじ1/8を完全に混ぜ合わせます。湿らせたタオルで覆い、涼しい場所に14〜24時間置きます。

冷静さを保つ!地下室、風通しの良い窓のそば、または氷のボウルの上で試してみてください。

私はベッドに戻って、睡眠が私を追い抜くまで読みました。簡単でした!

いくつかの用事を実行しました。赤ちゃんをお昼寝させます。私はプールをのぞき見しましたが、それをいじる前に少し庭を作ることにしました。どうやら、去年から葉や雑草を取り除くまで、実際に何か新しいものを植えることはできません。

少しの間ガーデニングをあきらめました。

プールが2〜3倍大きく、泡でいっぱいになったら、小さじ1の酵母、小さじ1 1/2の塩、小麦粉3カップ、水1カップを追加します。大きなボウルに入れ、湿らせたハンドタオルで覆います。

昨日とは全然違う!

手で混ぜるのが好きです。

それは本当に、本当に粘着性があります。

これは、濡れた生地に最適な&#8220スラップアンドフォールド方式&#8221です。

数回折りたたむと、それ以上くっつくことはありません。約10回折りたたんだ後、グーの大部分を手から離し、まだ粘着性があるかどうかを確認します。それであれば 、余分な小麦粉で作業します。あなたはとても柔らかく湿った生地を探しています。だがしかし ねばねば。雨の日&#8211または湿気の多い&#8211の場合は、間違いなく小麦粉を増やす必要があります。

湿らせたおしぼりで覆います。涼しい場所がない場合は、氷のボウルの上に置きます。

パンのことを考えずにリラックスした夜を過ごしました。焼き鮭を食べ、ビル・コスビー自身を見た。彼が子育てについて話していたとき、たくさん笑いました。少しワインを飲みました。寝る前に、パン生地を嗅ぐために走りました。いい匂いがした!

私の部屋に寄り添うアヴァを逃すために目が覚めた。私たちは数分間ベッドに飛び乗った。次は&#8211数分のパン作りです。

ボウルから生地を取り出し、数回叩き、ボールに形作ります。ボウルに戻り、湿らせたハンドタオルで覆います。

これが一晩休んだ後の生地です。

生地は泡と巨大でいっぱいです。

風通しが良く、柔らかくなければなりません。

そして、簡単に滑らかなボールを形成する必要があります。すでに昨日とは大きく異なり、グルテンが発生しました。叩いて数回折ります。湿ったタオルで覆ったボウルに、涼しい場所(または氷のボウル)に戻します。

次に朝食を食べました。象と亀のふりをして、ベビーダンスのクラスに行きました。たくさんの回転と拍手がありました。

3時間後、生地は次のようになります。

ボウルから出してください&#8230たくさんの泡があります、イェーイ!

生地を3つに切り、丸太に形作ります。 20分間休ませます。穴を乱さないようにしてください。この時点で優しくしてください。

オーブンにベーキングストーンを入れ、450Fに予熱します。

かみそりで切り、水をスプレーし、450°Fで約20分焼きます。石や天板に直接焼きます。

または、庭の景色を眺めながら、それだけで。または雑草。どんな場合でも。


職人のフランスのパン(またはパン好きの日記)

フランスのパンとバゲットを初めて食べたとき、つま先が丸まってしまいました。 まだ暖かい オーブンから。それから数年後、&#8211数百のバゲットが&#8211フランス人の友人、ジュリーが夕食で自分を1スライスに制限することができた方法がわかりませんでした。彼女の家族全員がそうだった&#8211彼ら&#8217dは一生おいしいパンを食べました。

私はそれほど穏健になることができませんでした。バゲット全体が午後に私の腹に消える可能性があります。私は世界で最も細い女の子の周りのパリに住んで15ポンドを得ました。大学では、フランスの職人パンの歴史について100ページを書きました。私は取りつかれていました。

良いニュースは、家でかなり素晴らしいパンを作る方法を学んだことです。 3日かかりますが、各ステップは簡単です。

フランスのパンをとても素晴らしいものにする2つのことがあります。

1)フレーバー:酵母を少量の小麦粉と水と事前に混合すると、フレーバーが大幅に向上します。これは、プールまたは好みと呼ばれます。ゆっくりと涼しい酵母の発達は、良い風味の秘訣です。

2)テクスチャー:柔らかなインテリアと薄く砕けるクラストを実現。これを行うには、ベーキング中に水分を加え、安定した高熱を使用します。スプレーボトルとベーキングストーンは、私たちが家でできる最善の方法です。

このレシピは、アーサー王の小麦粉パンのレシピを応用したものです。私は何年もの間それを微調整してきました。

材料:

小麦粉2カップ
冷水1カップ
小さじ1/8の活性ドライイースト

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
小さじ1酵母

方法(別名日記):

私は自分のpjに変更し、&#8211 oopsを思い出す前に、パリのThe SweetLifeを読むことにすべて落ち着きました。プールを作る時間(スターター)。

プールを作るには:大きなボウルに、小麦粉2カップ、冷水1カップ、イースト小さじ1/8を完全に混ぜ合わせます。湿らせたタオルで覆い、涼しい場所に14〜24時間置きます。

冷静さを保つ!地下室、風通しの良い窓のそば、または氷のボウルの上で試してみてください。

私はベッドに戻って、睡眠が私を追い抜くまで読みました。簡単でした!

いくつかの用事を実行しました。赤ちゃんをお昼寝させます。私はプールをのぞき見しましたが、それをいじる前に少し庭を作ることにしました。 Apparently you can’t actually plant anything new until you remove the leaves and weeds from last year.

Gave up on gardening for a little while.

When the poolish is 2-3 times larger and full of bubbles, add 1 tsp yeast, 1 1/2 tsp salt, 3 cups flour and 1 cup water. Place in large bowl and cover with damp hand towel .

It looks so different from yesterday!

I like to mix it with my hands.

It’ll be really, really sticky.

This is the “slap and fold method” which works great for wet doughs.

After a few folds, it won’t stick any more. After about ten folds, get most of the goo off your hands and see if it is still sticky.それであれば , work in extra flour. You’re looking for a very soft, moist dough. But not ねばねば。 If it is a rainy day – or humid – you will definitely need more flour.

Cover with a damp dish towel. Place over a bowl of ice if you don’t have a cool spot.

Had a relaxing night not thinking about bread. Ate grilled salmon, watched Bill Cosby, Himself. Laughed a lot when he was talking about parenting. Drank a little wine. Ran over to sniff the bread dough before heading to bed. Smelled great!

Woke up to miss Ava toddling into my room. We jumped on the bed for a few minutes. Next up – a few minutes of bread making.

Take the dough out of the bowl, slap it around a few times, shape into a ball. Return to bowl, cover it back up with damp hand towel.

Here’s the dough after resting overnight.

The dough is full of bubbles and giant.

It should be airy and soft.

And should easily form a smooth ball. It’s already so different from yesterday – the gluten has developed. Slap it down and fold it a few times. Put it back on the bowl, covered with a damp towel, in a cool spot (or on a bowl of ice).

Next I ate breakfast. Went to baby dance class where we pretended to be elephants and turtles. There was much spinning and clapping.

After 3 hours the dough looks like this:

Turn it out of the bowl… there are tons of bubbles, Yay!

Cut the dough into 3 pieces and shape into logs. Let rest 20 minutes. Try not to disturb the holes. Be gentle at this point.

Put baking stone in oven and preheat to 450F.

Slit with a razor, spray with water, and bake at 450F until cooked – about 20 minutes. Bake directly on stone or baking sheet.

Or all by itself with a view of the garden. Or weeds. Whatever the case may be.


Artisan French Bread (or diary of a bread-aholic)

My toes curled when I took my first bite of French bread – a baguette, still warm from the oven. Even years later – hundreds of baguettes later – I could not understand how my French friend, Julie, was able to restrict herself to one slice with dinner. Her entire family was that way – they’d had good bread their entire lives.

I was unable to be so moderate. Entire baguettes could disappear into my belly in an afternoon. I gained 15 pounds living in Paris, around the skinniest girls in the world. In college I wrote a hundred pages all about the history of artisan bread in France. I was obsessed.

The good news is I learned how to make pretty awesome bread at home. It takes 3 days, but each step is easy.

There are two things which make French bread so amazing.

1) Flavor : Mixing the yeast with a little flour and water ahead of time gives a big flavor boost. This is called a poolish or preferment. Slow and cool yeast development is the secret to good flavor.

2) Texture : Achieving a soft interior and thin, shattering crust. You do this by adding moisture while baking and using steady, high heat. A spray bottle and baking stone are the best we can do in our homes.

This recipe is an adaptation of a King Arthur Flour bread recipe. I’ve been tweaking it for years.

材料:

小麦粉2カップ
1 cup cool water
1/8 tsp active dry yeast

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
1 tsp yeast

Method (a.k.a. Diary):

I changed into my pj’s and was all settled in to read The Sweet Life in Paris before I remembered – oops! Time to make the poolish (starter).

To make the poolish: In a large bowl, thoroughly mix together 2 cups flour, 1 cup cool water, and 1/8 teaspoon yeast. Cover with a damp towel and let sit in a cool spot for 14-24 hours.

Keep cool! Try in the basement, by a drafty window, or over a bowl of ice.

I climbed back in bed and read until sleep overtook me. That was easy!

Ran a few errands. Put the baby down for a nap. I took a peek at the poolish, but decided to garden a little before messing with it. Apparently you can’t actually plant anything new until you remove the leaves and weeds from last year.

Gave up on gardening for a little while.

When the poolish is 2-3 times larger and full of bubbles, add 1 tsp yeast, 1 1/2 tsp salt, 3 cups flour and 1 cup water. Place in large bowl and cover with damp hand towel .

It looks so different from yesterday!

I like to mix it with my hands.

It’ll be really, really sticky.

This is the “slap and fold method” which works great for wet doughs.

After a few folds, it won’t stick any more. After about ten folds, get most of the goo off your hands and see if it is still sticky.それであれば , work in extra flour. You’re looking for a very soft, moist dough. But not ねばねば。 If it is a rainy day – or humid – you will definitely need more flour.

Cover with a damp dish towel. Place over a bowl of ice if you don’t have a cool spot.

Had a relaxing night not thinking about bread. Ate grilled salmon, watched Bill Cosby, Himself. Laughed a lot when he was talking about parenting. Drank a little wine. Ran over to sniff the bread dough before heading to bed. Smelled great!

Woke up to miss Ava toddling into my room. We jumped on the bed for a few minutes. Next up – a few minutes of bread making.

Take the dough out of the bowl, slap it around a few times, shape into a ball. Return to bowl, cover it back up with damp hand towel.

Here’s the dough after resting overnight.

The dough is full of bubbles and giant.

It should be airy and soft.

And should easily form a smooth ball. It’s already so different from yesterday – the gluten has developed. Slap it down and fold it a few times. Put it back on the bowl, covered with a damp towel, in a cool spot (or on a bowl of ice).

Next I ate breakfast. Went to baby dance class where we pretended to be elephants and turtles. There was much spinning and clapping.

After 3 hours the dough looks like this:

Turn it out of the bowl… there are tons of bubbles, Yay!

Cut the dough into 3 pieces and shape into logs. Let rest 20 minutes. Try not to disturb the holes. Be gentle at this point.

Put baking stone in oven and preheat to 450F.

Slit with a razor, spray with water, and bake at 450F until cooked – about 20 minutes. Bake directly on stone or baking sheet.

Or all by itself with a view of the garden. Or weeds. Whatever the case may be.


Artisan French Bread (or diary of a bread-aholic)

My toes curled when I took my first bite of French bread – a baguette, still warm from the oven. Even years later – hundreds of baguettes later – I could not understand how my French friend, Julie, was able to restrict herself to one slice with dinner. Her entire family was that way – they’d had good bread their entire lives.

I was unable to be so moderate. Entire baguettes could disappear into my belly in an afternoon. I gained 15 pounds living in Paris, around the skinniest girls in the world. In college I wrote a hundred pages all about the history of artisan bread in France. I was obsessed.

The good news is I learned how to make pretty awesome bread at home. It takes 3 days, but each step is easy.

There are two things which make French bread so amazing.

1) Flavor : Mixing the yeast with a little flour and water ahead of time gives a big flavor boost. This is called a poolish or preferment. Slow and cool yeast development is the secret to good flavor.

2) Texture : Achieving a soft interior and thin, shattering crust. You do this by adding moisture while baking and using steady, high heat. A spray bottle and baking stone are the best we can do in our homes.

This recipe is an adaptation of a King Arthur Flour bread recipe. I’ve been tweaking it for years.

材料:

小麦粉2カップ
1 cup cool water
1/8 tsp active dry yeast

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
1 tsp yeast

Method (a.k.a. Diary):

I changed into my pj’s and was all settled in to read The Sweet Life in Paris before I remembered – oops! Time to make the poolish (starter).

To make the poolish: In a large bowl, thoroughly mix together 2 cups flour, 1 cup cool water, and 1/8 teaspoon yeast. Cover with a damp towel and let sit in a cool spot for 14-24 hours.

Keep cool! Try in the basement, by a drafty window, or over a bowl of ice.

I climbed back in bed and read until sleep overtook me. That was easy!

Ran a few errands. Put the baby down for a nap. I took a peek at the poolish, but decided to garden a little before messing with it. Apparently you can’t actually plant anything new until you remove the leaves and weeds from last year.

Gave up on gardening for a little while.

When the poolish is 2-3 times larger and full of bubbles, add 1 tsp yeast, 1 1/2 tsp salt, 3 cups flour and 1 cup water. Place in large bowl and cover with damp hand towel .

It looks so different from yesterday!

I like to mix it with my hands.

It’ll be really, really sticky.

This is the “slap and fold method” which works great for wet doughs.

After a few folds, it won’t stick any more. After about ten folds, get most of the goo off your hands and see if it is still sticky.それであれば , work in extra flour. You’re looking for a very soft, moist dough. But not ねばねば。 If it is a rainy day – or humid – you will definitely need more flour.

Cover with a damp dish towel. Place over a bowl of ice if you don’t have a cool spot.

Had a relaxing night not thinking about bread. Ate grilled salmon, watched Bill Cosby, Himself. Laughed a lot when he was talking about parenting. Drank a little wine. Ran over to sniff the bread dough before heading to bed. Smelled great!

Woke up to miss Ava toddling into my room. We jumped on the bed for a few minutes. Next up – a few minutes of bread making.

Take the dough out of the bowl, slap it around a few times, shape into a ball. Return to bowl, cover it back up with damp hand towel.

Here’s the dough after resting overnight.

The dough is full of bubbles and giant.

It should be airy and soft.

And should easily form a smooth ball. It’s already so different from yesterday – the gluten has developed. Slap it down and fold it a few times. Put it back on the bowl, covered with a damp towel, in a cool spot (or on a bowl of ice).

Next I ate breakfast. Went to baby dance class where we pretended to be elephants and turtles. There was much spinning and clapping.

After 3 hours the dough looks like this:

Turn it out of the bowl… there are tons of bubbles, Yay!

Cut the dough into 3 pieces and shape into logs. Let rest 20 minutes. Try not to disturb the holes. Be gentle at this point.

Put baking stone in oven and preheat to 450F.

Slit with a razor, spray with water, and bake at 450F until cooked – about 20 minutes. Bake directly on stone or baking sheet.

Or all by itself with a view of the garden. Or weeds. Whatever the case may be.


Artisan French Bread (or diary of a bread-aholic)

My toes curled when I took my first bite of French bread – a baguette, still warm from the oven. Even years later – hundreds of baguettes later – I could not understand how my French friend, Julie, was able to restrict herself to one slice with dinner. Her entire family was that way – they’d had good bread their entire lives.

I was unable to be so moderate. Entire baguettes could disappear into my belly in an afternoon. I gained 15 pounds living in Paris, around the skinniest girls in the world. In college I wrote a hundred pages all about the history of artisan bread in France. I was obsessed.

The good news is I learned how to make pretty awesome bread at home. It takes 3 days, but each step is easy.

There are two things which make French bread so amazing.

1) Flavor : Mixing the yeast with a little flour and water ahead of time gives a big flavor boost. This is called a poolish or preferment. Slow and cool yeast development is the secret to good flavor.

2) Texture : Achieving a soft interior and thin, shattering crust. You do this by adding moisture while baking and using steady, high heat. A spray bottle and baking stone are the best we can do in our homes.

This recipe is an adaptation of a King Arthur Flour bread recipe. I’ve been tweaking it for years.

材料:

小麦粉2カップ
1 cup cool water
1/8 tsp active dry yeast

小麦粉3カップ
水1カップ
塩小さじ11/2
1 tsp yeast

Method (a.k.a. Diary):

I changed into my pj’s and was all settled in to read The Sweet Life in Paris before I remembered – oops! Time to make the poolish (starter).

To make the poolish: In a large bowl, thoroughly mix together 2 cups flour, 1 cup cool water, and 1/8 teaspoon yeast. Cover with a damp towel and let sit in a cool spot for 14-24 hours.

Keep cool! Try in the basement, by a drafty window, or over a bowl of ice.

I climbed back in bed and read until sleep overtook me. That was easy!

Ran a few errands. Put the baby down for a nap. I took a peek at the poolish, but decided to garden a little before messing with it. Apparently you can’t actually plant anything new until you remove the leaves and weeds from last year.

Gave up on gardening for a little while.

When the poolish is 2-3 times larger and full of bubbles, add 1 tsp yeast, 1 1/2 tsp salt, 3 cups flour and 1 cup water. Place in large bowl and cover with damp hand towel .

It looks so different from yesterday!

I like to mix it with my hands.

It’ll be really, really sticky.

This is the “slap and fold method” which works great for wet doughs.

After a few folds, it won’t stick any more. After about ten folds, get most of the goo off your hands and see if it is still sticky.それであれば , work in extra flour. You’re looking for a very soft, moist dough. But not ねばねば。 If it is a rainy day – or humid – you will definitely need more flour.

Cover with a damp dish towel. Place over a bowl of ice if you don’t have a cool spot.

Had a relaxing night not thinking about bread. Ate grilled salmon, watched Bill Cosby, Himself. Laughed a lot when he was talking about parenting. Drank a little wine. Ran over to sniff the bread dough before heading to bed. Smelled great!

Woke up to miss Ava toddling into my room. We jumped on the bed for a few minutes. Next up – a few minutes of bread making.

Take the dough out of the bowl, slap it around a few times, shape into a ball. Return to bowl, cover it back up with damp hand towel.

Here’s the dough after resting overnight.

The dough is full of bubbles and giant.

It should be airy and soft.

And should easily form a smooth ball. It’s already so different from yesterday – the gluten has developed. Slap it down and fold it a few times. Put it back on the bowl, covered with a damp towel, in a cool spot (or on a bowl of ice).

Next I ate breakfast. Went to baby dance class where we pretended to be elephants and turtles. There was much spinning and clapping.

After 3 hours the dough looks like this:

Turn it out of the bowl… there are tons of bubbles, Yay!

Cut the dough into 3 pieces and shape into logs. Let rest 20 minutes. Try not to disturb the holes. Be gentle at this point.

Put baking stone in oven and preheat to 450F.

Slit with a razor, spray with water, and bake at 450F until cooked – about 20 minutes. Bake directly on stone or baking sheet.

Or all by itself with a view of the garden. Or weeds. Whatever the case may be.



コメント:

  1. Torr

    私の意見では、あなたは正しくありません。私は確信しています。それについて議論しましょう。 PMで私に手紙を書いてください、私たちはコミュニケーションします。

  2. Tyndareus

    今は議論に参加できないのが残念です。私は必要な情報を持っていません。しかし、このテーマは私にとって非常に興味があります。

  3. Ignado

    A gorgeous thing!

  4. Christophe

    権威ある視点、誘惑



メッセージを書く