最新のレシピ

コルシカ島の地中海の島をナビゲートするためのヒント

コルシカ島の地中海の島をナビゲートするためのヒント


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

緑豊かな植生、切り立った岩だらけの山腹、心を打つようなヘアピンカーブの周りの見事な土地と海の景色を備えたコルシカ島は、イタリア沖のフランスの島で、地中海で特別な場所を占めています。しかし、それを効果的にナビゲートすることは少しトリッキーになる可能性があります。自分で送る代わりに、以下は私自身の旅行から発見されたアクティビティ、食事のオプション、隠された宝石に関する提案です。


運賃

地元の味を楽しむには、ソフィテルゴルフデジャッチョタラッサシー&スパのLe Caroubierレストランのシェフに、特別なスターターであるOeufPochéàlaModeCorse ’またはポーチドエッグのコルシカスタイルを頼んでください。この料理は、有名なブロッチュ、卵、シャルキュトリーとディルのミックスなど、地元のチーズをブレンドしたもので、おいしいプリンのようなマウンドで提供されます。もっと充実したものをお探しなら、フランスの島の子牛肉と子羊肉は見逃せないので、ローズマリーと柔らかいチコリを添えた子羊のローストをお試しください。または、カルビのラシニョーリアホテルにあるラパルメライエレストランで、秋の野菜とニンニクのジャムを添えた子羊のローストラックをお選びください。

海の供物に関しては、 サンフロランのラガッフェレストランでバラエティに対抗できる人はほとんどいません。 –焼きたてのパンに添えられるボッタルガ(塩漬けの塩漬け魚卵)から、コルシカ風のブイヤベースやデンティフィッシュ(鯛の家族)まで、少しパンフライして若いカブを添えます。デザート愛好家の方は、カルビに向かい、ミシュランの星を獲得したレストランLa Table de Bastien at La Villa Hotelで、栗と洋ナシのシャーベット、または地元のレモンとホワイトチーズのシャーベットを添えたイチジクのローストをお楽しみください。

島はチーズ天国でもあります、最高のものの中には、一種のリコッタのブロッチュがあります。カロンザナ、柔らかくて強い味わいの羊の品種。 U Fium’Orbu、柔らかくウォッシュチーズの皮。またはフィレッタ、低温殺菌されていない羊のチーズ。通常、土のようなハーブの味がする若いシダの葉で飾られています。のメーカーの屋台でお試しください 多くの開かれた市場とさまざまな豚肉の試食 あなたがそこにいる間。または、LaPalmeraieで40種類の品種からお選びください。ポルトヴェッキオの近くにあるグランドホテルデカラロッサのLaTableレストランでは、サルテーヌの外で作られた、熟成したパルメザンチーズのような食感のおいしいスモークチーズ「トムヒューム」を提供しています。


ワイン

ワイン造りはコルシカ島の古代の工芸品であり、紀元前570年のフォセアンの貿易業者以来、歴代の住民によって実践されてきましたが、商業用ブドウ園が実際に始まったのはここ数十年のことです。その結果、ボリュームのある赤、香りのよいロゼ、シャープでドライな白が生まれ、その多くはフランス本土の品種によく対抗します。 現在、コルシカ島には、島全体の指定であるVin deCorseを含む9つのAOC地域があります。、ニエルキオ、コルシカ島特有の黒ブドウであるシアカレッロ、ヴェルメンティーノの3つの主要なブドウ品種があります。 8つのワイン生産地域の中で、最もよく知られているのはパトリモニオです。パトリモニオは1968年にコルシカ島の最初のアペラシオン・ド・オリジン・コントロールリーとして設立され、バスティアの西の北海岸にあり、チョークと粘土をベースにした土壌にあります。その製品の便利な試飲会場は、賑やかな港町サンフロランと眠そうな山間の村ノンザの間の道端にあります。

経験したさまざまなワインテイスティングのうち、 最も楽しかったのは、バラーニュ地方のカロンザナにあるドメーヌオルシーニでした。。うまく設計された洞窟の奥深くにある小さな木製のテーブルに案内され、ヌガーとゼリーのプレート(これも同社製)と、ワインとフレーバーの「オードヴィー」の包括的な印刷メニューが提示されました。半ダースのサンプルの後、私たちは自然に世界にかなり満足し、赤の複雑さと重いタンニンに特に感銘を受けました。

カルヴィに続くほこりっぽい道に沿って、148エーカーのブドウ園、クロ・クロンブからのワインを味わうために立ち寄ることができるリュミオの村があります。マイルの高さのモンテグロッソを背景に湾に向かって南に面しているワイナリーは、これ以上楽しい場所にはありません。多くの場合、ブドウ園ではさまざまなイベントが開催されます。たとえば、これまで「クロンブ」という名前のさまざまな綴りや意味にふざけて焦点を当てたカラフルな作品で満たされた現代美術展がここで開催されました。 カルビは探検家コロンバスがその生まれ故郷の息子であると主張している;当然のことながら、妻のコロンビアは特に喜んでいました。


歴史的名所

コルシカ島は、島の革命的な息子であるナポレオンボナパルト、パスカルパオリは言うまでもなく、ローマ人、ギリシャ人、エトルリア人、ムーア人、ゴート族がその痕跡を残している陰謀のタペストリーです。その先史時代も魅力的です。そして、この神秘的な時代を掘り下げるのに最適な場所は、 フィリトサとカウリアの遺跡。アジャクシオから南へ車で2時間のところにあるフィリトサは、島で最大の巨石墓群のある場所です。なだらかに起伏する丘に囲まれ、周囲の田園地帯の美しい景色を眺めることができます。巨石の目的はまだ不明であり、神の崇拝から賛辞や部族の指導者に至るまでの理論がありますが、これらの巨大な岩を輸送するために必要なスキルと強さは、数トン、非常に長い距離で驚異的です。

カウリアはサルテーヌから南へ車で1時間のところにあり、スタンタリとレナジュのメンヒル(立っている石)とフォンタナッチャの墓(別名「スタゾーナディウディアヴル」)の3つの場所で構成されています。 花崗岩の6つの巨大なスラブから作られました。これらの古代の遺物は、仮設駐車場から続く500ヤードの曲がりくねったダートトラックの端に立っています。内部では、メンヒルの印象的なラインを備えた牧歌的なインテリアがオリーブの谷でゲストを迎えます。


コルシカ島には、静かに考えるための人里離れた場所がたくさんありますが、さまざまなアクティビティが楽しめるカラフルな小さな町もあります。前者のうち、コルス岬として知られる最北端の地域にあるエルバロンガとセンチュリは、2つのハイライトです。 NS 古い石造りの港の壁がある小さな素朴な漁村 そして小さな屋外カフェは、世界が通り過ぎるのを見るのに楽しい見晴らしの良い場所を提供します。

バスティア、カルビ、アジャクシオ、ボニファシオ、コルテ、ポルトヴェッキオも訪れる価値があります。カフェやレストランのバスティアは中央マリーナの周りに弧を描いて集まり、カルビは海岸と田園地帯のパノラマの景色を望む壮大なジェノバの城塞複合施設です。アジャクシオには、ナポレオンボナパルトが育った家兼美術館と、有名なイタリアのコレクションがあるパレフェッシュムゼデボザールがあります。曲がりくねった石畳の通りが立ち並ぶ、見つけるのが難しい高尚な旧市街であるボニファシオは、散策するのに最適です。 コルテは北部のインテリアにある活気ある学生街です、元革命指導者のパスカルパオリの本拠地であり、1755年に設立されたコルシカ共和国の首都です。壁にはまだ銃弾の穴があり、地元の博物館ではコルシカ文化について興味深い洞察を得ることができます。最後に、ギフトショップ、ファッションブティック、レストラン、カフェが混在するシックな旧市街、ポルトヴェッキオは、通りの喧騒に沿って集まっています。


輸送

フォーミュラワンチャンピオンの最も手ごわいスキルでさえ挑戦するであろう危険で曲がりくねった海岸道路で、コルシカ島での運転は気弱な人のためではありません。しかし、その努力は、下の深淵への端の素晴らしい景色を眺めることで、報われる価値が十分にあります。車はヘルツを通じて簡単に借りることができ、あらゆる規模のグループに対応できます。カルビの北の町からポルトまでの約46マイルの区間、特にガレリアからポルトまでの区間は自慢です 片側の岩壁を少しずつ動かし、反対側の地中海に完全に落ちる曲がりくねった道。 特に海でしか行けないジロラタの村の景色は素晴らしいです。コルシカ島の南半分にあるゾンザの山間の村からコルデバヴェッラまでは、巨大な教会のオルガンのような形をした、そびえ立つ波打つ岩の塊がある登山家の楽園です。


プエルトリコ近くのカリブ海にある小さな島アンギラに到着した瞬間、同じ大きさで少し有名なマンハッタン島よりも1平方マイルあたりのレストランの数が多いと地元の人から聞いています。ランデブーベイにあるCuisinArtResort&amp Spaは、食事をしたり、甘やかしたり、自分を元に戻したりする場所がたくさんある島にあります。 それ Cuisinart)は、Anguilla&apossの最も貴重な資源である水を革新的に使用していることで際立っています。

最近のアンギラへの訪問(忙しい冬のハイシーズンを逃すために春に注意深くタイミングを合わせた)で、私はしばしば自分がビーチで唯一の水泳選手であることに気づきました。 リトル・マーメイド 波から飛び出して、グーニーセレナーデを届けます。ティファニーボックスブルーの海には、真のスモーガスボードがあります。ゴージャスなスパイクロブスター、魅力的なフエダイとモンガラカワハギ、ザリガニとエビ(そしてもちろん、私のような肌の薄い観光魚)です。

しかし、35インチのアンギラとアポスの年間降雨量は非常に少ないため、地元の人々は島を「ロック」と呼んでいます。雨水は屋上の貯水池に集められ、島の淡水化プラントからの高価な配達で補われます。一滴一滴の水が貴重な島では、皿の上に置いたり、設備の整った別荘への散歩に隣接したりするなど、何かを緑にするための努力に感謝することができます。

温室効果

アンギラの他の高級ゲッタウェイと比較しても、CuisinArt Resort&ampSpaは非常に緑豊かです。鮮やかな白い建物は、活気に満ちた熱帯植物、鮮やかな花、素敵なハーブガーデンに囲まれています。ここでは、香りのよいキーライムの木陰で休む前に、そびえ立つバジル、タイム、マジョラムの間を散歩できます。スタッフはどのようにしてこれらの植物の偉業をだましましたか。まあ、岩?

私がCuisinArt&apossの有名な水耕栽培農場を見学したとき、私の質問は、リゾート&apossの常駐ガーデンの第一人者であるハワードレッシュ博士によって(完全に、そしていくつか)答えられました。 CuisinArtは、1999年にホテルがオープンして以来、Resh博士によって厳密な効率で運営されている、独自の無農薬水耕栽培農場を備えたカリブ海で唯一のリゾートです。農場では、目を見張るようなトマト、長さ1マイルの温室きゅうり、ボクチョイ、レタスを栽培しています。ブライダルブーケよりも愛らしく、特別に作られたハリケーンに強い構造で、土のない、より実用的に完璧な農産物がたくさんあります。

Resh博士は、水耕栽培により、リゾートは従来の園芸方法よりも少ない水と少ない平方フィートで、より多くの種類の作物を栽培できると説明しました。 CuisinArt&apossのレストランや料理学校では、自家製の野菜をカラフルに使用しています。プールサイドバーでも、温室トマトとキュウリを注入したウォッカで作ったカクテルを提供しています。そして、多くの必需品が高い経済的および化石燃料コストで出荷される13平方マイルの島では、農場はリゾートが農場から食卓までの地元の食事哲学を新しいレベルに引き上げることを可能にします。ここで紹介されているメニューからわかるように、CuisinArtのレシピは、シーフード、ピーマン、トマト、グリーンなどの新鮮な地元の食材に焦点を当てています。

リゾートでは、レタスの葉と水1リットルをすべて使用しています。3つのレストランのいずれかで使用されていない農産物は、200人のスタッフが自宅のキッチンで使用します。農場からの農産物とハーブは、スパでの特別なトリートメントに組み込まれています。最後に、温室から残ったすべての「灰色の水」(植物に優しい栄養素が残っている)は、リゾートとアポスの造園にリサイクルされます。これは、島の残りの部分が乾いたように見えても、目がくらむほどの植物相が繁栄する理由を説明しています。

レッシュ博士がブドウの木のすぐそばにある宝石のようなチェリートマトを手伝ってくれるように勧めた後、リゾートがミントやチョコレートの代わりにゲストの枕にチェリートマトを残す理由を理解しました。理想的なトマト。私はそれを味わいました、そして私はあなたに言うためにここにいます、それは良いです:非常に明るく、ほとんどキャンディーのようで、そしてジューシーです。

水を足す(注ぐ)だけ

カリブ海の高級リゾートでは、どんなに素晴らしいものであっても、温室ですべての時間を過ごすことができます。午後のシャーベットと気配りの行き届いたスタッフが「水を飲む」ことを通常よりもさらに回復させる鮮やかな青いビーチに加えて、クイジナートは、ヴィーナススパと呼ばれる巨大な海辺の贅沢な宮殿を誇っています。ここでは、湾を見下ろす屋上で温かい貝殻のマッサージを楽しんだり、贅沢な設備の整ったトリートメントルームでソークやソルトスクラブを楽しんだりできます。大規模な真新しい「ヒーリングウォーターズ」プールは、究極のアクア​​セラピーを提供します(長い一日のんびりした後もストレスがたまっている場合はご存知でしょう):栄養豊富な水でマッサージセラピストが案内する穏やかな動きのラウンドは去るはずですあなたは心地よい麺っぽさを感じます。

屋外のヨガクラス、パーソナルトレーナー、印象的なジムにもかかわらず、CuisinArtは、高速、クレンジング、デトックス、そしてレモンジュースをまぶしたルッコラの葉を義務付ける厳格なプログラムを期待できるスパの1つではありません。ここでは、喜び、自然、そして海の贈り物など、貴重なものを最大限に活用することが重要です。


プエルトリコ近くのカリブ海にある小さな島アンギラに到着した瞬間、同じ大きさで少し有名なマンハッタン島よりも1平方マイルあたりのレストランの数が多いと地元の人から聞いています。ランデブーベイにあるCuisinArtResort&amp Spaは、食事をしたり、甘やかしたり、自分を元に戻したりする場所がたくさんある島にあります。 それ Cuisinart)は、Anguilla&apossの最も貴重な資源である水を革新的に使用していることで際立っています。

最近のアンギラへの訪問(忙しい冬のハイシーズンを逃すために春に注意深くタイミングを合わせた)で、私はしばしば自分がビーチで唯一の水泳選手であることに気づきました。 リトル・マーメイド 波から飛び出して、グーニーセレナーデを届けます。ティファニーボックスブルーの海には、真のスモーガスボードがあります。ゴージャスなスパイクロブスター、魅力的なフエダイとモンガラカワハギ、ザリガニとエビ(そしてもちろん、私のような肌の薄い観光魚)です。

しかし、35インチのアンギラとアポスの年間降雨量は非常に少ないため、地元の人々は島を「ロック」と呼んでいます。雨水は屋上の貯水池に集められ、島の淡水化プラントからの高価な配達で補われます。一滴一滴の水が貴重な島では、皿の上に置いたり、設備の整った別荘への散歩に隣接したりするなど、何かを緑にするための努力に感謝することができます。

温室効果

アンギラの他の高級ゲッタウェイと比較しても、CuisinArt Resort&ampSpaは非常に緑豊かです。鮮やかな白い建物は、活気に満ちた熱帯植物、鮮やかな花、素敵なハーブガーデンに囲まれています。ここでは、香りのよいキーライムの木陰で休む前に、そびえ立つバジル、タイム、マジョラムの間を散歩できます。スタッフはどのようにしてこれらの植物の偉業をだましましたか。まあ、岩?

私がCuisinArt&apossの有名な水耕栽培農場を見学したとき、私の質問は、リゾート&apossの常駐ガーデンの第一人者であるハワードレッシュ博士によって(完全に、そしていくつか)答えられました。 CuisinArtは、1999年にホテルがオープンして以来、Resh博士によって厳密な効率で運営されている、独自の無農薬水耕栽培農場を備えたカリブ海で唯一のリゾートです。農場では、目を見張るようなトマト、長さ1マイルの温室きゅうり、ボクチョイ、レタスを栽培しています。ブライダルブーケよりも愛らしく、特別に作られたハリケーンに強い構造で、土のない、より実用的に完璧な農産物がたくさんあります。

Resh博士は、水耕栽培により、リゾートは従来の園芸方法よりも少ない水と少ない平方フィートで、より多くの種類の作物を栽培できると説明しました。 CuisinArt&apossのレストランや料理学校では、自家製の野菜をカラフルに使用しています。プールサイドバーでも、温室トマトとキュウリを注入したウォッカで作ったカクテルを提供しています。そして、多くの必需品が高い経済的および化石燃料コストで出荷される13平方マイルの島では、農場はリゾートが農場から食卓までの地元の食事哲学を新しいレベルに引き上げることを可能にします。ここで紹介されているメニューからわかるように、CuisinArtのレシピは、シーフード、ピーマン、トマト、グリーンなどの新鮮な地元の食材に焦点を当てています。

リゾートでは、レタスの葉と水1リットルをすべて使用しています。3つのレストランのいずれかで使用されていない農産物は、200人のスタッフが自宅のキッチンで使用します。農場からの農産物とハーブは、スパでの特別なトリートメントに組み込まれています。最後に、温室から残ったすべての「灰色の水」(植物に優しい栄養素が残っている)は、リゾートとアポスの造園にリサイクルされます。これは、島の残りの部分が乾いたように見えても、目がくらむほどの植物相が繁栄する理由を説明しています。

レッシュ博士がブドウの木のすぐそばにある宝石のようなチェリートマトを手伝ってくれるように勧めた後、リゾートがミントやチョコレートの代わりにゲストの枕にチェリートマトを残す理由を理解しました。理想的なトマト。私はそれを味わいました、そして私はあなたに言うためにここにいます、それは良いです:非常に明るく、ほとんどキャンディーのようで、そしてジューシーです。

水を足す(注ぐ)だけ

カリブ海の高級リゾートでは、どんなに素晴らしいものであっても、温室ですべての時間を過ごすことができます。午後のシャーベットと気配りの行き届いたスタッフが「水を飲む」ことを通常よりもさらに回復させる鮮やかな青いビーチに加えて、クイジナートは、ヴィーナススパと呼ばれる巨大な海辺の贅沢な宮殿を誇っています。ここでは、湾を見下ろす屋上で温かい貝殻のマッサージを楽しんだり、贅沢な設備の整ったトリートメントルームでソークやソルトスクラブを楽しんだりできます。大規模な真新しい「ヒーリングウォーターズ」プールは、究極のアクア​​セラピーを提供します(長い一日のんびりした後もストレスがたまっている場合はご存知でしょう):栄養豊富な水でマッサージセラピストが案内する穏やかな動きのラウンドは去るはずですあなたは心地よい麺っぽさを感じます。

屋外のヨガクラス、パーソナルトレーナー、印象的なジムにもかかわらず、CuisinArtは、高速、クレンジング、デトックス、そしてレモンジュースをまぶしたルッコラの葉を義務付ける厳格なプログラムを期待できるスパの1つではありません。ここでは、喜び、自然、そして海の贈り物など、貴重なものを最大限に活用することが重要です。


プエルトリコ近くのカリブ海にある小さな島アンギラに到着した瞬間、同じ大きさで少し有名なマンハッタン島よりも1平方マイルあたりのレストランの数が多いと地元の人から聞いています。ランデブーベイにあるCuisinArtResort&amp Spaは、食事をしたり、甘やかしたり、自分を元に戻したりする場所がたくさんある島にあります。 それ Cuisinart)は、Anguilla&apossの最も貴重な資源である水を革新的に使用していることで際立っています。

最近のアンギラへの訪問(忙しい冬のハイシーズンを逃すために春に注意深くタイミングを合わせた)で、私はしばしば自分がビーチで唯一の水泳選手であることに気づきました。 リトル・マーメイド 波から飛び出して、グーニーセレナーデを届けます。ティファニーボックスブルーの海には、真のスモーガスボードがあります。ゴージャスなスパイクロブスター、魅力的なフエダイとモンガラカワハギ、ザリガニとエビ(そしてもちろん、私のような肌の薄い観光魚)です。

しかし、35インチのアンギラとアポスの年間降雨量は非常に少ないため、地元の人々は島を「ロック」と呼んでいます。雨水は屋上の貯水池に集められ、島の淡水化プラントからの高価な配達で補われます。一滴一滴の水が貴重な島では、皿の上に置いたり、設備の整った別荘への散歩に隣接したりするなど、何かを緑にするための努力に感謝することができます。

温室効果

アンギラの他の高級ゲッタウェイと比較しても、CuisinArt Resort&ampSpaは非常に緑豊かです。鮮やかな白い建物は、活気に満ちた熱帯植物、鮮やかな花、素敵なハーブガーデンに囲まれています。ここでは、香りのよいキーライムの木陰で休む前に、そびえ立つバジル、タイム、マジョラムの間を散歩できます。スタッフはどのようにしてこれらの植物の偉業をだましましたか。まあ、岩?

私がCuisinArt&apossの有名な水耕栽培農場を見学したとき、私の質問は、リゾート&apossの常駐ガーデンの第一人者であるハワードレッシュ博士によって(完全に、そしていくつか)答えられました。 CuisinArtは、カリブ海で唯一、無農薬の水耕栽培農場を備えたリゾートで、1999年の開業以来、Resh博士によって正確な効率で運営されています。農場では、目を見張るようなトマト、長さ1マイルの温室きゅうり、ボクチョイ、レタスを栽培しています。ブライダルブーケよりも愛らしく、特別に作られたハリケーンに強い構造で、土のない、より実用的に完璧な農産物がたくさんあります。

Resh博士は、水耕栽培により、リゾートは従来の園芸方法よりも少ない水と少ない平方フィートで、より多くの種類の作物を栽培できると説明しました。 CuisinArt&apossのレストランや料理学校では、自家製の野菜をカラフルに使用しています。プールサイドバーでも、温室トマトとキュウリを注入したウォッカで作ったカクテルを提供しています。そして、多くの必需品が高い経済的および化石燃料コストで出荷される13平方マイルの島では、農場はリゾートが農場から食卓までの地元の食事哲学を新しいレベルに引き上げることを可能にします。ここで紹介されているメニューからわかるように、CuisinArtのレシピは、シーフード、ピーマン、トマト、グリーンなどの新鮮な地元の食材に焦点を当てています。

リゾートでは、レタスの葉と水1リットルをすべて使用しています。3つのレストランのいずれかで使用されていない農産物は、200人のスタッフが自宅のキッチンで使用します。農場からの農産物とハーブは、スパでの特別なトリートメントに組み込まれています。最後に、温室から残ったすべての「灰色の水」(植物に優しい栄養素が残っている)は、リゾートとアポスの造園にリサイクルされます。これは、島の残りの部分が乾いたように見えても、目がくらむほどの植物相が繁栄する理由を説明しています。

レッシュ博士がブドウの木のすぐそばにある宝石のようなチェリートマトを手伝ってくれるように勧めた後、リゾートがミントやチョコレートの代わりにゲストの枕にチェリートマトを残す理由を理解しました。理想的なトマト。私はそれを味わいました、そして私はあなたに言うためにここにいます、それは良いです:非常に明るく、ほとんどキャンディーのようで、そしてジューシーです。

水を足す(注ぐ)だけ

カリブ海の高級リゾートでは、どんなに素晴らしいものであっても、温室ですべての時間を過ごすことができます。午後のシャーベットと気配りの行き届いたスタッフが「水を飲む」ことを通常よりもさらに回復させる鮮やかな青いビーチに加えて、クイジナートは、ヴィーナススパと呼ばれる巨大な海辺の贅沢な宮殿を誇っています。ここでは、湾を見下ろす屋上で温かい貝殻のマッサージを楽しんだり、贅沢な設備の整ったトリートメントルームでソークやソルトスクラブを楽しんだりできます。大規模な真新しい「ヒーリングウォーターズ」プールは、究極のアクア​​セラピーを提供します(長い一日のんびりした後もストレスがたまっている場合はご存知でしょう):栄養豊富な水でマッサージセラピストが案内する穏やかな動きのラウンドは去るはずですあなたは心地よい麺っぽさを感じます。

屋外のヨガクラス、パーソナルトレーナー、印象的なジムにもかかわらず、CuisinArtは、高速、クレンジング、デトックス、そしてレモンジュースをまぶしたルッコラの葉を義務付ける厳格なプログラムを期待できるスパの1つではありません。ここでは、喜び、自然、そして海の贈り物など、貴重なものを最大限に活用することが重要です。


プエルトリコ近くのカリブ海にある小さな島アンギラに到着した瞬間、同じ大きさで少し有名なマンハッタン島よりも1平方マイルあたりのレストランの数が多いと地元の人から聞いています。ランデブーベイにあるCuisinArtResort&amp Spaは、食事をしたり、甘やかしたり、自分を元に戻したりする場所がたくさんある島にあります。 それ Cuisinart)は、Anguilla&apossの最も貴重な資源である水を革新的に使用していることで際立っています。

最近のアンギラへの訪問(忙しい冬のハイシーズンを逃すために春に注意深くタイミングを合わせた)で、私はしばしば自分がビーチで唯一の水泳選手であることに気づきました。 リトル・マーメイド 波から飛び出して、グーニーセレナーデを届けます。ティファニーボックスブルーの海には、真のスモーガスボードがあります。ゴージャスなスパイクロブスター、魅力的なフエダイとモンガラカワハギ、ザリガニとエビ(そしてもちろん、私のような肌の薄い観光魚)です。

しかし、35インチのアンギラとアポスの年間降雨量は非常に少ないため、地元の人々は島を「ロック」と呼んでいます。雨水は屋上の貯水池に集められ、島の淡水化プラントからの高価な配達で補われます。一滴一滴の水が貴重な島では、皿の上に置いたり、設備の整った別荘への散歩に隣接したりするなど、何かを緑にするための努力に感謝することができます。

温室効果

アンギラの他の高級ゲッタウェイと比較しても、CuisinArt Resort&ampSpaは非常に緑豊かです。鮮やかな白い建物は、活気に満ちた熱帯植物、鮮やかな花、素敵なハーブガーデンに囲まれています。ここでは、香りのよいキーライムの木陰で休む前に、そびえ立つバジル、タイム、マジョラムの間を散歩できます。スタッフはどのようにしてこれらの植物の偉業をだましましたか。まあ、岩?

私がCuisinArt&apossの有名な水耕栽培農場を見学したとき、私の質問は、リゾート&apossの常駐ガーデンの第一人者であるハワードレッシュ博士によって(完全に、そしていくつか)答えられました。 CuisinArtは、1999年にホテルがオープンして以来、Resh博士によって厳密な効率で運営されている、独自の無農薬水耕栽培農場を備えたカリブ海で唯一のリゾートです。農場では、目を見張るようなトマト、長さ1マイルの温室きゅうり、ボクチョイ、レタスを栽培しています。ブライダルブーケよりも愛らしく、特別に作られたハリケーンに強い構造で、土のない、より実用的に完璧な農産物がたくさんあります。

Resh博士は、水耕栽培により、リゾートは従来の園芸方法よりも少ない水と少ない平方フィートで、より多くの種類の作物を栽培できると説明しました。 CuisinArt&apossのレストランや料理学校では、自家製の野菜をカラフルに使用しています。プールサイドバーでも、温室トマトとキュウリを注入したウォッカで作ったカクテルを提供しています。そして、多くの必需品が高い経済的および化石燃料コストで出荷される13平方マイルの島では、農場はリゾートが農場から食卓までの地元の食事哲学を新しいレベルに引き上げることを可能にします。ここで紹介されているメニューからわかるように、CuisinArtのレシピは、シーフード、ピーマン、トマト、グリーンなどの新鮮な地元の食材に焦点を当てています。

リゾートでは、レタスの葉と水1リットルをすべて使用しています。3つのレストランのいずれかで使用されていない農産物は、200人のスタッフが自宅のキッチンで使用します。農場からの農産物とハーブは、スパでの特別なトリートメントに組み込まれています。最後に、温室から残ったすべての「灰色の水」(植物に優しい栄養素が残っている)は、リゾートとアポスの造園にリサイクルされます。これは、島の残りの部分が乾いたように見えても、目がくらむほどの植物相が繁栄する理由を説明しています。

レッシュ博士がブドウの木のすぐそばにある宝石のようなチェリートマトを手伝ってくれるように勧めた後、リゾートがミントやチョコレートの代わりにゲストの枕にチェリートマトを残す理由を理解しました。理想的なトマト。私はそれを味わいました、そして私はあなたに言うためにここにいます、それは良いです:非常に明るく、ほとんどキャンディーのようで、そしてジューシーです。

水を足す(注ぐ)だけ

カリブ海の高級リゾートでは、どんなに素晴らしいものであっても、温室ですべての時間を過ごすことができます。午後のシャーベットと気配りの行き届いたスタッフが「水を飲む」ことを通常よりもさらに回復させる鮮やかな青いビーチに加えて、クイジナートは、ヴィーナススパと呼ばれる巨大な海辺の贅沢な宮殿を誇っています。ここでは、湾を見下ろす屋上で温かい貝殻のマッサージを楽しんだり、贅沢な設備の整ったトリートメントルームでソークやソルトスクラブを楽しんだりできます。大規模な真新しい「ヒーリングウォーターズ」プールは、究極のアクア​​セラピーを提供します(長い一日のんびりした後もストレスがたまっている場合はご存知でしょう):栄養豊富な水でマッサージセラピストが案内する穏やかな動きのラウンドは去るはずですあなたは心地よい麺っぽさを感じます。

屋外のヨガクラス、パーソナルトレーナー、印象的なジムにもかかわらず、CuisinArtは、高速、クレンジング、デトックス、そしてレモンジュースをまぶしたルッコラの葉を義務付ける厳格なプログラムを期待できるスパの1つではありません。ここでは、喜び、自然、そして海の贈り物など、貴重なものを最大限に活用することが重要です。


プエルトリコ近くのカリブ海にある小さな島アンギラに到着した瞬間、同じ大きさで少し有名なマンハッタン島よりも1平方マイルあたりのレストランの数が多いと地元の人から聞いています。ランデブーベイにあるCuisinArtResort&amp Spaは、食事をしたり、甘やかしたり、自分を元に戻したりする場所がたくさんある島にあります。 それ Cuisinart)は、Anguilla&apossの最も貴重な資源である水を革新的に使用していることで際立っています。

最近のアンギラへの訪問(忙しい冬のハイシーズンを逃すために春に注意深くタイミングを合わせた)で、私はしばしば自分がビーチで唯一の水泳選手であることに気づきました。 リトル・マーメイド 波から飛び出して、グーニーセレナーデを届けます。ティファニーボックスブルーの海には、真のスモーガスボードがあります。ゴージャスなスパイクロブスター、魅力的なフエダイとモンガラカワハギ、ザリガニとエビ(そしてもちろん、私のような肌の薄い観光魚)です。

しかし、35インチのアンギラとアポスの年間降雨量は非常に少ないため、地元の人々は島を「ロック」と呼んでいます。雨水は屋上の貯水池に集められ、島の淡水化プラントからの高価な配達で補われます。一滴一滴の水が貴重な島では、皿の上に置いたり、設備の整った別荘への散歩に隣接したりするなど、何かを緑にするための努力に感謝することができます。

温室効果

アンギラの他の高級ゲッタウェイと比較しても、CuisinArt Resort&ampSpaは非常に緑豊かです。鮮やかな白い建物は、活気に満ちた熱帯植物、鮮やかな花、素敵なハーブガーデンに囲まれています。ここでは、香りのよいキーライムの木陰で休む前に、そびえ立つバジル、タイム、マジョラムの間を散歩できます。スタッフはどのようにしてこれらの植物の偉業をだましましたか。まあ、岩?

私がCuisinArt&apossの有名な水耕栽培農場を見学したとき、私の質問は、リゾート&apossの常駐ガーデンの第一人者であるハワードレッシュ博士によって(完全に、そしていくつか)答えられました。 CuisinArt is the only resort in the Caribbean with its own pesticide-free hydroponic farm, run with exacting efficiency by Dr. Resh since the hotel opened in 1999. The farm grows eye-popping tomatoes, mile-long hothouse cucumbers, bok choy, lettuces lovelier than bridal bouquets, and lots more practically perfect produce𠅊ll without soil, in a specially built hurricane-proof structure.

Dr. Resh explained that the hydroponic farm enables the resort to grow a greater amount and variety of crops using less water and less square footage than via traditional gardening methods. CuisinArt&aposs restaurants and cooking school make colorful use of the homegrown veggies𠅎ven the poolside bar offers cocktails made with greenhouse tomatoes and cucumber-infused vodka. And on a 13-square-mile island where many essentials are shipped in at high financial and fossil-fuel cost, the farm enables the resort to take farm-to-table local-eating philosophies to a new level. As you can see from the menu featured here, CuisinArt recipes focus on fresh, local ingredients, such as seafood, peppers, tomatoes, and greens.

The resort makes use of every leaf of lettuce and every liter of water: Any produce not used by one of the three restaurants goes to members of the 200-person-strong staff for use in their home kitchens. Produce and herbs from the farm are incorporated into special treatments at the spa. Finally, all the "gray water" left over from the greenhouse (bearing residual plant-friendly nutrients) is recycled for the resort&aposs landscaping, which explains why the dizzying array of flora thrives even when the rest of the island looks parched.

After Dr. Resh encouraged me to help myself to a jewellike cherry tomato right off the vine, I understood why the resort leaves cherry tomatoes on guests&apos pillows instead of mints or chocolates. The ideal tomato. I have tasted it, and I&aposm here to tell you, it&aposs good: remarkably bright, almost candylike, and juicy.

Just Add Water

At a Caribbean luxury resort, you can&apost spend all your time in a greenhouse, no matter how amazing it is. Besides the brilliant-blue beach, where afternoon sorbets and attentive staff make "taking the waters" even more restorative than usual, CuisinArt boasts a massive seaside pampering palace, appropriately called the Venus Spa. Here, you can indulge in a warm-seashell massage on the rooftop overlooking the bay or retreat to one of the lavishly equipped treatment rooms for a soak or a salt scrub. A massive, brand-new "Healing Waters" pool offers the ultimate aqua-therapy (you know, if you&aposre still stressed out after a long day of lounging): A round of gentle movements guided by a massage therapist in the nutrient-enriched water should leave you feeling pleasingly noodle-ish.

Despite the outdoor yoga classes, personal trainers, and impressive gym, CuisinArt isn&apost one of those spas where you should expect a rigorous program mandating a fast, then a cleanse, then a detox, and then one leaf of arugula drizzled with lemon juice. It&aposs more about making the most of what&aposs precious here: pleasure, nature, and the gifts of the sea.


T he moment you arrive on the tiny island of Anguilla, located in the Caribbean near Puerto Rico, you&aposll hear from locals that it boasts more restaurants per square mile than the similarly sized but slightly more famous isle of Manhattan. On an island crowded with places to eat, pamper, and restore yourself silly, the CuisinArt Resort & Spa on Rendezvous Bay (and yes, it&aposs affiliated with それ Cuisinart) stands out for its innovative use of Anguilla&aposs most precious resource: water.

On a recent visit to Anguilla (carefully timed for spring to miss the hectic winter high season), I often found myself the sole swimmer at beaches so idyllic that I half-expected the cast of リトル・マーメイド to leap out of the waves and deliver a goony serenade. The Tiffany-box-blue seas are home to a veritable smorgasbord: gorgeous spiked lobster, tempting snapper and triggerfish, plus crayfish and shrimp (and, of course, pale-skinned touristfish like myself).

But Anguilla&aposs annual rainfall of 35 inches is so scant that locals call the island "The Rock." Rainwater is collected in rooftop cisterns and supplemented with expensive deliveries from desalination plants on the island. On an island where every drop of water is precious, you can&apost help but appreciate the effort that goes into making anything green, whether it&aposs on your plate or bordering the walk to your well-appointed villa.

The Greenhouse Effect

Even compared to the other high-end getaways on Anguilla, the CuisinArt Resort & Spa is unusually lush. The bright white buildings are surrounded by thriving tropical plants, vibrant flowers, and a lovely herb garden, where you can stroll among towering basil, thyme, and marjoram before resting in the shade of a fragrant Key lime tree. How had the staff coaxed these botanical feats from. well, a rock?

As I toured CuisinArt&aposs justly famous hydroponic farm, my questions were answered (in full, and then some) by the resort&aposs resident garden guru, Dr. Howard Resh. CuisinArt is the only resort in the Caribbean with its own pesticide-free hydroponic farm, run with exacting efficiency by Dr. Resh since the hotel opened in 1999. The farm grows eye-popping tomatoes, mile-long hothouse cucumbers, bok choy, lettuces lovelier than bridal bouquets, and lots more practically perfect produce𠅊ll without soil, in a specially built hurricane-proof structure.

Dr. Resh explained that the hydroponic farm enables the resort to grow a greater amount and variety of crops using less water and less square footage than via traditional gardening methods. CuisinArt&aposs restaurants and cooking school make colorful use of the homegrown veggies𠅎ven the poolside bar offers cocktails made with greenhouse tomatoes and cucumber-infused vodka. And on a 13-square-mile island where many essentials are shipped in at high financial and fossil-fuel cost, the farm enables the resort to take farm-to-table local-eating philosophies to a new level. As you can see from the menu featured here, CuisinArt recipes focus on fresh, local ingredients, such as seafood, peppers, tomatoes, and greens.

The resort makes use of every leaf of lettuce and every liter of water: Any produce not used by one of the three restaurants goes to members of the 200-person-strong staff for use in their home kitchens. Produce and herbs from the farm are incorporated into special treatments at the spa. Finally, all the "gray water" left over from the greenhouse (bearing residual plant-friendly nutrients) is recycled for the resort&aposs landscaping, which explains why the dizzying array of flora thrives even when the rest of the island looks parched.

After Dr. Resh encouraged me to help myself to a jewellike cherry tomato right off the vine, I understood why the resort leaves cherry tomatoes on guests&apos pillows instead of mints or chocolates. The ideal tomato. I have tasted it, and I&aposm here to tell you, it&aposs good: remarkably bright, almost candylike, and juicy.

Just Add Water

At a Caribbean luxury resort, you can&apost spend all your time in a greenhouse, no matter how amazing it is. Besides the brilliant-blue beach, where afternoon sorbets and attentive staff make "taking the waters" even more restorative than usual, CuisinArt boasts a massive seaside pampering palace, appropriately called the Venus Spa. Here, you can indulge in a warm-seashell massage on the rooftop overlooking the bay or retreat to one of the lavishly equipped treatment rooms for a soak or a salt scrub. A massive, brand-new "Healing Waters" pool offers the ultimate aqua-therapy (you know, if you&aposre still stressed out after a long day of lounging): A round of gentle movements guided by a massage therapist in the nutrient-enriched water should leave you feeling pleasingly noodle-ish.

Despite the outdoor yoga classes, personal trainers, and impressive gym, CuisinArt isn&apost one of those spas where you should expect a rigorous program mandating a fast, then a cleanse, then a detox, and then one leaf of arugula drizzled with lemon juice. It&aposs more about making the most of what&aposs precious here: pleasure, nature, and the gifts of the sea.


T he moment you arrive on the tiny island of Anguilla, located in the Caribbean near Puerto Rico, you&aposll hear from locals that it boasts more restaurants per square mile than the similarly sized but slightly more famous isle of Manhattan. On an island crowded with places to eat, pamper, and restore yourself silly, the CuisinArt Resort & Spa on Rendezvous Bay (and yes, it&aposs affiliated with それ Cuisinart) stands out for its innovative use of Anguilla&aposs most precious resource: water.

On a recent visit to Anguilla (carefully timed for spring to miss the hectic winter high season), I often found myself the sole swimmer at beaches so idyllic that I half-expected the cast of リトル・マーメイド to leap out of the waves and deliver a goony serenade. The Tiffany-box-blue seas are home to a veritable smorgasbord: gorgeous spiked lobster, tempting snapper and triggerfish, plus crayfish and shrimp (and, of course, pale-skinned touristfish like myself).

But Anguilla&aposs annual rainfall of 35 inches is so scant that locals call the island "The Rock." Rainwater is collected in rooftop cisterns and supplemented with expensive deliveries from desalination plants on the island. On an island where every drop of water is precious, you can&apost help but appreciate the effort that goes into making anything green, whether it&aposs on your plate or bordering the walk to your well-appointed villa.

The Greenhouse Effect

Even compared to the other high-end getaways on Anguilla, the CuisinArt Resort & Spa is unusually lush. The bright white buildings are surrounded by thriving tropical plants, vibrant flowers, and a lovely herb garden, where you can stroll among towering basil, thyme, and marjoram before resting in the shade of a fragrant Key lime tree. How had the staff coaxed these botanical feats from. well, a rock?

As I toured CuisinArt&aposs justly famous hydroponic farm, my questions were answered (in full, and then some) by the resort&aposs resident garden guru, Dr. Howard Resh. CuisinArt is the only resort in the Caribbean with its own pesticide-free hydroponic farm, run with exacting efficiency by Dr. Resh since the hotel opened in 1999. The farm grows eye-popping tomatoes, mile-long hothouse cucumbers, bok choy, lettuces lovelier than bridal bouquets, and lots more practically perfect produce𠅊ll without soil, in a specially built hurricane-proof structure.

Dr. Resh explained that the hydroponic farm enables the resort to grow a greater amount and variety of crops using less water and less square footage than via traditional gardening methods. CuisinArt&aposs restaurants and cooking school make colorful use of the homegrown veggies𠅎ven the poolside bar offers cocktails made with greenhouse tomatoes and cucumber-infused vodka. And on a 13-square-mile island where many essentials are shipped in at high financial and fossil-fuel cost, the farm enables the resort to take farm-to-table local-eating philosophies to a new level. As you can see from the menu featured here, CuisinArt recipes focus on fresh, local ingredients, such as seafood, peppers, tomatoes, and greens.

The resort makes use of every leaf of lettuce and every liter of water: Any produce not used by one of the three restaurants goes to members of the 200-person-strong staff for use in their home kitchens. Produce and herbs from the farm are incorporated into special treatments at the spa. Finally, all the "gray water" left over from the greenhouse (bearing residual plant-friendly nutrients) is recycled for the resort&aposs landscaping, which explains why the dizzying array of flora thrives even when the rest of the island looks parched.

After Dr. Resh encouraged me to help myself to a jewellike cherry tomato right off the vine, I understood why the resort leaves cherry tomatoes on guests&apos pillows instead of mints or chocolates. The ideal tomato. I have tasted it, and I&aposm here to tell you, it&aposs good: remarkably bright, almost candylike, and juicy.

Just Add Water

At a Caribbean luxury resort, you can&apost spend all your time in a greenhouse, no matter how amazing it is. Besides the brilliant-blue beach, where afternoon sorbets and attentive staff make "taking the waters" even more restorative than usual, CuisinArt boasts a massive seaside pampering palace, appropriately called the Venus Spa. Here, you can indulge in a warm-seashell massage on the rooftop overlooking the bay or retreat to one of the lavishly equipped treatment rooms for a soak or a salt scrub. A massive, brand-new "Healing Waters" pool offers the ultimate aqua-therapy (you know, if you&aposre still stressed out after a long day of lounging): A round of gentle movements guided by a massage therapist in the nutrient-enriched water should leave you feeling pleasingly noodle-ish.

Despite the outdoor yoga classes, personal trainers, and impressive gym, CuisinArt isn&apost one of those spas where you should expect a rigorous program mandating a fast, then a cleanse, then a detox, and then one leaf of arugula drizzled with lemon juice. It&aposs more about making the most of what&aposs precious here: pleasure, nature, and the gifts of the sea.


T he moment you arrive on the tiny island of Anguilla, located in the Caribbean near Puerto Rico, you&aposll hear from locals that it boasts more restaurants per square mile than the similarly sized but slightly more famous isle of Manhattan. On an island crowded with places to eat, pamper, and restore yourself silly, the CuisinArt Resort & Spa on Rendezvous Bay (and yes, it&aposs affiliated with それ Cuisinart) stands out for its innovative use of Anguilla&aposs most precious resource: water.

On a recent visit to Anguilla (carefully timed for spring to miss the hectic winter high season), I often found myself the sole swimmer at beaches so idyllic that I half-expected the cast of リトル・マーメイド to leap out of the waves and deliver a goony serenade. The Tiffany-box-blue seas are home to a veritable smorgasbord: gorgeous spiked lobster, tempting snapper and triggerfish, plus crayfish and shrimp (and, of course, pale-skinned touristfish like myself).

But Anguilla&aposs annual rainfall of 35 inches is so scant that locals call the island "The Rock." Rainwater is collected in rooftop cisterns and supplemented with expensive deliveries from desalination plants on the island. On an island where every drop of water is precious, you can&apost help but appreciate the effort that goes into making anything green, whether it&aposs on your plate or bordering the walk to your well-appointed villa.

The Greenhouse Effect

Even compared to the other high-end getaways on Anguilla, the CuisinArt Resort & Spa is unusually lush. The bright white buildings are surrounded by thriving tropical plants, vibrant flowers, and a lovely herb garden, where you can stroll among towering basil, thyme, and marjoram before resting in the shade of a fragrant Key lime tree. How had the staff coaxed these botanical feats from. well, a rock?

As I toured CuisinArt&aposs justly famous hydroponic farm, my questions were answered (in full, and then some) by the resort&aposs resident garden guru, Dr. Howard Resh. CuisinArt is the only resort in the Caribbean with its own pesticide-free hydroponic farm, run with exacting efficiency by Dr. Resh since the hotel opened in 1999. The farm grows eye-popping tomatoes, mile-long hothouse cucumbers, bok choy, lettuces lovelier than bridal bouquets, and lots more practically perfect produce𠅊ll without soil, in a specially built hurricane-proof structure.

Dr. Resh explained that the hydroponic farm enables the resort to grow a greater amount and variety of crops using less water and less square footage than via traditional gardening methods. CuisinArt&aposs restaurants and cooking school make colorful use of the homegrown veggies𠅎ven the poolside bar offers cocktails made with greenhouse tomatoes and cucumber-infused vodka. And on a 13-square-mile island where many essentials are shipped in at high financial and fossil-fuel cost, the farm enables the resort to take farm-to-table local-eating philosophies to a new level. As you can see from the menu featured here, CuisinArt recipes focus on fresh, local ingredients, such as seafood, peppers, tomatoes, and greens.

The resort makes use of every leaf of lettuce and every liter of water: Any produce not used by one of the three restaurants goes to members of the 200-person-strong staff for use in their home kitchens. Produce and herbs from the farm are incorporated into special treatments at the spa. Finally, all the "gray water" left over from the greenhouse (bearing residual plant-friendly nutrients) is recycled for the resort&aposs landscaping, which explains why the dizzying array of flora thrives even when the rest of the island looks parched.

After Dr. Resh encouraged me to help myself to a jewellike cherry tomato right off the vine, I understood why the resort leaves cherry tomatoes on guests&apos pillows instead of mints or chocolates. The ideal tomato. I have tasted it, and I&aposm here to tell you, it&aposs good: remarkably bright, almost candylike, and juicy.

Just Add Water

At a Caribbean luxury resort, you can&apost spend all your time in a greenhouse, no matter how amazing it is. Besides the brilliant-blue beach, where afternoon sorbets and attentive staff make "taking the waters" even more restorative than usual, CuisinArt boasts a massive seaside pampering palace, appropriately called the Venus Spa. Here, you can indulge in a warm-seashell massage on the rooftop overlooking the bay or retreat to one of the lavishly equipped treatment rooms for a soak or a salt scrub. A massive, brand-new "Healing Waters" pool offers the ultimate aqua-therapy (you know, if you&aposre still stressed out after a long day of lounging): A round of gentle movements guided by a massage therapist in the nutrient-enriched water should leave you feeling pleasingly noodle-ish.

Despite the outdoor yoga classes, personal trainers, and impressive gym, CuisinArt isn&apost one of those spas where you should expect a rigorous program mandating a fast, then a cleanse, then a detox, and then one leaf of arugula drizzled with lemon juice. It&aposs more about making the most of what&aposs precious here: pleasure, nature, and the gifts of the sea.


T he moment you arrive on the tiny island of Anguilla, located in the Caribbean near Puerto Rico, you&aposll hear from locals that it boasts more restaurants per square mile than the similarly sized but slightly more famous isle of Manhattan. On an island crowded with places to eat, pamper, and restore yourself silly, the CuisinArt Resort & Spa on Rendezvous Bay (and yes, it&aposs affiliated with それ Cuisinart) stands out for its innovative use of Anguilla&aposs most precious resource: water.

On a recent visit to Anguilla (carefully timed for spring to miss the hectic winter high season), I often found myself the sole swimmer at beaches so idyllic that I half-expected the cast of リトル・マーメイド to leap out of the waves and deliver a goony serenade. The Tiffany-box-blue seas are home to a veritable smorgasbord: gorgeous spiked lobster, tempting snapper and triggerfish, plus crayfish and shrimp (and, of course, pale-skinned touristfish like myself).

But Anguilla&aposs annual rainfall of 35 inches is so scant that locals call the island "The Rock." Rainwater is collected in rooftop cisterns and supplemented with expensive deliveries from desalination plants on the island. On an island where every drop of water is precious, you can&apost help but appreciate the effort that goes into making anything green, whether it&aposs on your plate or bordering the walk to your well-appointed villa.

The Greenhouse Effect

Even compared to the other high-end getaways on Anguilla, the CuisinArt Resort & Spa is unusually lush. The bright white buildings are surrounded by thriving tropical plants, vibrant flowers, and a lovely herb garden, where you can stroll among towering basil, thyme, and marjoram before resting in the shade of a fragrant Key lime tree. How had the staff coaxed these botanical feats from. well, a rock?

As I toured CuisinArt&aposs justly famous hydroponic farm, my questions were answered (in full, and then some) by the resort&aposs resident garden guru, Dr. Howard Resh. CuisinArt is the only resort in the Caribbean with its own pesticide-free hydroponic farm, run with exacting efficiency by Dr. Resh since the hotel opened in 1999. The farm grows eye-popping tomatoes, mile-long hothouse cucumbers, bok choy, lettuces lovelier than bridal bouquets, and lots more practically perfect produce𠅊ll without soil, in a specially built hurricane-proof structure.

Dr. Resh explained that the hydroponic farm enables the resort to grow a greater amount and variety of crops using less water and less square footage than via traditional gardening methods. CuisinArt&aposs restaurants and cooking school make colorful use of the homegrown veggies𠅎ven the poolside bar offers cocktails made with greenhouse tomatoes and cucumber-infused vodka. And on a 13-square-mile island where many essentials are shipped in at high financial and fossil-fuel cost, the farm enables the resort to take farm-to-table local-eating philosophies to a new level. As you can see from the menu featured here, CuisinArt recipes focus on fresh, local ingredients, such as seafood, peppers, tomatoes, and greens.

The resort makes use of every leaf of lettuce and every liter of water: Any produce not used by one of the three restaurants goes to members of the 200-person-strong staff for use in their home kitchens. Produce and herbs from the farm are incorporated into special treatments at the spa. Finally, all the "gray water" left over from the greenhouse (bearing residual plant-friendly nutrients) is recycled for the resort&aposs landscaping, which explains why the dizzying array of flora thrives even when the rest of the island looks parched.

After Dr. Resh encouraged me to help myself to a jewellike cherry tomato right off the vine, I understood why the resort leaves cherry tomatoes on guests&apos pillows instead of mints or chocolates. The ideal tomato. I have tasted it, and I&aposm here to tell you, it&aposs good: remarkably bright, almost candylike, and juicy.

Just Add Water

At a Caribbean luxury resort, you can&apost spend all your time in a greenhouse, no matter how amazing it is. Besides the brilliant-blue beach, where afternoon sorbets and attentive staff make "taking the waters" even more restorative than usual, CuisinArt boasts a massive seaside pampering palace, appropriately called the Venus Spa. Here, you can indulge in a warm-seashell massage on the rooftop overlooking the bay or retreat to one of the lavishly equipped treatment rooms for a soak or a salt scrub. A massive, brand-new "Healing Waters" pool offers the ultimate aqua-therapy (you know, if you&aposre still stressed out after a long day of lounging): A round of gentle movements guided by a massage therapist in the nutrient-enriched water should leave you feeling pleasingly noodle-ish.

Despite the outdoor yoga classes, personal trainers, and impressive gym, CuisinArt isn&apost one of those spas where you should expect a rigorous program mandating a fast, then a cleanse, then a detox, and then one leaf of arugula drizzled with lemon juice. It&aposs more about making the most of what&aposs precious here: pleasure, nature, and the gifts of the sea.


T he moment you arrive on the tiny island of Anguilla, located in the Caribbean near Puerto Rico, you&aposll hear from locals that it boasts more restaurants per square mile than the similarly sized but slightly more famous isle of Manhattan. On an island crowded with places to eat, pamper, and restore yourself silly, the CuisinArt Resort & Spa on Rendezvous Bay (and yes, it&aposs affiliated with それ Cuisinart) stands out for its innovative use of Anguilla&aposs most precious resource: water.

On a recent visit to Anguilla (carefully timed for spring to miss the hectic winter high season), I often found myself the sole swimmer at beaches so idyllic that I half-expected the cast of リトル・マーメイド to leap out of the waves and deliver a goony serenade. The Tiffany-box-blue seas are home to a veritable smorgasbord: gorgeous spiked lobster, tempting snapper and triggerfish, plus crayfish and shrimp (and, of course, pale-skinned touristfish like myself).

But Anguilla&aposs annual rainfall of 35 inches is so scant that locals call the island "The Rock." Rainwater is collected in rooftop cisterns and supplemented with expensive deliveries from desalination plants on the island. On an island where every drop of water is precious, you can&apost help but appreciate the effort that goes into making anything green, whether it&aposs on your plate or bordering the walk to your well-appointed villa.

The Greenhouse Effect

Even compared to the other high-end getaways on Anguilla, the CuisinArt Resort & Spa is unusually lush. The bright white buildings are surrounded by thriving tropical plants, vibrant flowers, and a lovely herb garden, where you can stroll among towering basil, thyme, and marjoram before resting in the shade of a fragrant Key lime tree. How had the staff coaxed these botanical feats from. well, a rock?

As I toured CuisinArt&aposs justly famous hydroponic farm, my questions were answered (in full, and then some) by the resort&aposs resident garden guru, Dr. Howard Resh. CuisinArt is the only resort in the Caribbean with its own pesticide-free hydroponic farm, run with exacting efficiency by Dr. Resh since the hotel opened in 1999. The farm grows eye-popping tomatoes, mile-long hothouse cucumbers, bok choy, lettuces lovelier than bridal bouquets, and lots more practically perfect produce𠅊ll without soil, in a specially built hurricane-proof structure.

Dr. Resh explained that the hydroponic farm enables the resort to grow a greater amount and variety of crops using less water and less square footage than via traditional gardening methods. CuisinArt&aposs restaurants and cooking school make colorful use of the homegrown veggies𠅎ven the poolside bar offers cocktails made with greenhouse tomatoes and cucumber-infused vodka. And on a 13-square-mile island where many essentials are shipped in at high financial and fossil-fuel cost, the farm enables the resort to take farm-to-table local-eating philosophies to a new level. As you can see from the menu featured here, CuisinArt recipes focus on fresh, local ingredients, such as seafood, peppers, tomatoes, and greens.

The resort makes use of every leaf of lettuce and every liter of water: Any produce not used by one of the three restaurants goes to members of the 200-person-strong staff for use in their home kitchens. Produce and herbs from the farm are incorporated into special treatments at the spa. Finally, all the "gray water" left over from the greenhouse (bearing residual plant-friendly nutrients) is recycled for the resort&aposs landscaping, which explains why the dizzying array of flora thrives even when the rest of the island looks parched.

After Dr. Resh encouraged me to help myself to a jewellike cherry tomato right off the vine, I understood why the resort leaves cherry tomatoes on guests&apos pillows instead of mints or chocolates. The ideal tomato. I have tasted it, and I&aposm here to tell you, it&aposs good: remarkably bright, almost candylike, and juicy.

Just Add Water

At a Caribbean luxury resort, you can&apost spend all your time in a greenhouse, no matter how amazing it is. Besides the brilliant-blue beach, where afternoon sorbets and attentive staff make "taking the waters" even more restorative than usual, CuisinArt boasts a massive seaside pampering palace, appropriately called the Venus Spa. Here, you can indulge in a warm-seashell massage on the rooftop overlooking the bay or retreat to one of the lavishly equipped treatment rooms for a soak or a salt scrub. A massive, brand-new "Healing Waters" pool offers the ultimate aqua-therapy (you know, if you&aposre still stressed out after a long day of lounging): A round of gentle movements guided by a massage therapist in the nutrient-enriched water should leave you feeling pleasingly noodle-ish.

Despite the outdoor yoga classes, personal trainers, and impressive gym, CuisinArt isn&apost one of those spas where you should expect a rigorous program mandating a fast, then a cleanse, then a detox, and then one leaf of arugula drizzled with lemon juice. It&aposs more about making the most of what&aposs precious here: pleasure, nature, and the gifts of the sea.